Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/01
Update

『メアリと魔女の花』のスタジオポノックが新作映画アニメーター育成プログラムの新設と採用を開始!

  • Writer :
  • 石井夏子

劇場映画制作のアニメーター育成プログラムを新設。
2022年度新卒・第二新卒募集開始。

これからの世界に生きる子どもたち、かつて子どもだった全ての大人たちが、心から楽しめるアニメーション映画制作を志すアニメーション映画会社スタジオポノック。

スタジオポノックでは、22年度採用より、次代の長編アニメーション映画制作で活躍するアニメーター育成のための教育プログラム「Ponoc’s “Principles of Animation” Program(“P.P.A.P.”)」を新設

また、 現在、スタジオでは劇場長編アニメーション映画の制作に取り組んでいるとのことで、併せて、2022年度の新卒・第二新卒を中心として各職種を2021年4月1日より募集が開始されました。

スポンサーリンク

スタジオポノックについて

参考:『メアリと魔法の花』

スタジオポノックは、2015年4月15日設立した日本のアニメーション映画制作会社

2014年末にスタジオジブリを退社した後、プロデューサーの西村義明が立ち上げたアニメーション映画スタジオです。

「ポノック」という名前は、クロアチア語で「深夜0時」を意味する(ponoć)に由来し、新しい一日のはじまりの意味が込められているそう。

スタジオジブリ作品で活躍してきたクリエイターやスタッフが多数参加した第一回長編アニメーション映画『メアリと魔女の花』は2017年夏に日本で劇場公開された後、世界155ヶ国の国と地域で公開・上映されました。

2018年、新たな才能の発掘と新たな表現への挑戦を目的とした短編レーベル「ポノック短編劇場」を立ち上げ、短編3作品のアンソロジーフィルム『ちいさな英雄ーカニとタマゴと透明人間ーを発表。

2019年、国際オリンピック委員会と共同で、オリンピズムをテーマとした世界初となる短編アニメーション映画の制作を開始。2021年現在、長編アニメーション映画の制作が進行中。

教育プログラム「Ponoc’s “Principles of Animation” Program(“P.P.A.P.”)」

近年、日本発の手描きアニメーション作品が世界からの注目を集め、作品数は増加し続けていますが、一方でクリエイター不足は慢性化しています。

資金や時間の不足、育成環境や教育者不足という実情がある中、適切な待遇と共に適切な成長の機会を設け、より多くの優秀なクリエイターを育て輩出していくことは業界全体に亘る課題です。

この度、スタジオポノックが新設する“P.P.A.P.”は、将来的に長編アニメーション映画制作で活躍できるアニメーターを志す若者を対象に、弊社で有期雇用契約として籍を置きながら、アニメーション映画の基礎となる「アニメーションの原則」を習得するための年間教育プログラムとなります。

第一線で活躍するトップアニメーターを講師陣に迎え、観察・デッサン力、演出・表現力、レイアウト・作画力を中心に養い、長編アニメーション映画の現場で活躍できるアニメーターになるための基盤を築くことを目標とします。

現在、スタジオでは複数の劇場長編アニメーション映画の制作に取り組んでおり、併せて、2022年度の新卒・第二新卒を中心として各職種を募集いたします。

スポンサーリンク

スタジオポノック採用概要

参考:『ちいさな英雄ーカニとタマゴと透明人間ー』

【募集開始日時】
2021年4月1日(木)正午より

【募集職種】
1:Ponoc’s “Principles of Aanimation” Program(P.P.A.P.)※育成プログラム
アニメーター(原画) 有期雇用契約(過程修了後、正社員雇用制度有)
月額:224,000円

2:制作進行 正社員(1年間の有期雇用期間有)
月額:224,000円

3:アニメーター(動画専門職)正社員(1年間の有期雇用期間有)
年収例:(25歳)3,500,000円(動画検査職は別途手当有)

※123共に学歴・経験不問、性別・国籍不問(但し、日本語でのコミュニケーションができる方)/各種社会保険完備/交通費全額支給(社内規定に応じ
る)
※23各種福利厚生有

募集・概要の詳細は、スタジオポノック公式HPにてご確認ください。


関連記事

新作映画ニュース

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『左様なら』を5組10名様ご招待。上映は9月6日公開!

映画『左様なら』は2019年9月6日(金)よりアップリンク吉祥寺にて公開! MOOSIC LAB 2018長編部門にて初公開され、観客の圧倒的な支持を集めた『左様なら』。 新進気鋭の女性監督・石橋夕帆 …

新作映画ニュース

映画『名探偵ピカチュウ』あらすじとキャスト。スクリーンX上映劇場情報も

ScreenXにハリウッドで初の実写映画化された “ピカチュウ”が登場!! 見た目はカワイイ、中身は“おっさん”で話題の映画『名探偵ピカチュウ』が2019年 5月3日(金) に全国公開されます。 そし …

新作映画ニュース

映画『ミは未来のミ』あらすじ/キャスト/公開日。磯部鉄平監督特集をアップリンク吉祥寺にて開催!

河瀬直美らを輩出したビジュアルアーツ専門学校大阪の出身、磯部鉄平監督特集。 大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、Kisssh-Kissssssh映画祭など、さ …

新作映画ニュース

IMAX版『パラサイト半地下の家族』が日本公開!ポン・ジュノ監督こだわりのモノクロバージョンも上映決定

感覚を、研ぎ澄ませ。 最高傑作を圧倒の臨場感で堪能できる新たな2バージョン上映決定! 第92回アカデミー賞で外国語映画として初めての作品賞を受賞、さらに監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4冠に輝いた …

新作映画ニュース

『泣くな赤鬼』小説ネタバレあらすじ。映画化された重松清の原作とキャストはマッチングしているか?

映画『泣くな赤鬼』は2019年6月14日(金)全国ロードショー ベストセラー作家・重松清の短編小説が待望の映画化。 “赤鬼”と呼ばれた教師と、余命半年の元生徒の交流を描きます。 映画公開に先立ち、原作 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学