Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/05/30
Update

映画『朝が来る』キャストの浅田美代子は養子縁組団体代表・浅見静恵役を演じる【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介

映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

世界で高い評価を受け、東京2020オリンピック競技大会の公式映画監督にも就任した河瀨直美監督が、直木賞・本屋大賞受賞のベストセラー作家・辻村深月のヒューマンミステリー『朝が来る』を映画化。

実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女を繋ぐ「特別養子縁組」。この制度によって新たに芽生えた家族の美しい絆と胸を揺さぶる葛藤を描いています。

永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子ら実力派俳優が、人間の真実に踏み込む演技を披露。家族とは何かに迫りながらも、最後に希望の光を届ける感動のヒューマンドラマです。

この記事では特別養子縁組団体「ベビーバトン」代表の浅見静恵役の浅田美代子について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『朝が来る』の作品情報


(C)2020「朝が来る」Film Partners

【上映】
2020年(日本映画)

【原作】
辻村深月『朝が来る』

【脚本・監督・撮影】
河瀨直美 

【共同脚本】
髙橋泉

【キャスト】
永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子、佐藤令旺、田中偉登、中島ひろ子、平原テツ、駒井蓮、山下リオ、森田想、堀内正美、山本浩司、三浦誠己、池津祥子、若葉竜也、青木崇高、利重剛

【作品情報】

東京2020オリンピック競技大会の公式映画監督にも就任した河瀨直美監督が手掛けた本作『朝が来る』。原作は、直木賞・本屋大賞受賞のベストセラー作家・辻村深月の同名の小説。

キャストに永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子ら実力派俳優が揃います。

「特別養子縁組制度」で生まれた家族の問題は、血の繋がりか、魂の繋がりか。現代の日本社会が抱える問題を深く掘り下げ、家族とは何かに迫り、それでも最後に希望の光を届ける感動のヒューマンドラマです。

映画『朝が来る』のあらすじ


(C)2020「朝が来る」Film Partners

「子どもを返してほしいんです。」平凡な家族のしあわせを脅かす、謎の女からの1本の電話。

この女はいったい何者なのか…。

一度は子どもを持つことを諦めた栗原清和と佐都子の夫婦は「特別養子縁組」というシステムを知り、男の子を迎え入れます。

それから6年、夫婦は朝斗と名付けた息子の成長を見守る幸せな日々を送っていました。

ところが突然、朝斗の産みの母親“片倉ひかり”を名乗る女性から、「子どもを返してほしいんです。それが駄目ならお金をください」という電話がかかってきます。

当時14歳だったひかりとは一度だけ会いましたが、生まれた子どもへの手紙を佐都子に託す、心優しい少女でした。

渦巻く疑問の中、訪ねて来た若い女には、あの日のひかりの面影は微塵もありませんでした。

いったい、彼女は何者なのか、何が目的なのか…?

スポンサーリンク

映画『朝が来る』浅見静恵役は浅田美代子

参考映像:『エリカ38』(2019)

映画『朝が来る』で浅見静恵役を演じる浅田美代子は1956年2月15日生まれの女優、タレント。東京都出身。CBSソニー所属。

スカウトされた後、1973年国民的ドラマ『時間ですよ』でデビュー。劇中歌でデビュー作の「赤い風船」は大ヒットとなりました。

その後も『寺内貫太郎一家』『時間ですよ・昭和元年』などの人気ドラマをはじめ、映画、歌でも活躍。

1974年『あした輝く』で映画初主演。

映画『釣りバカ日誌』シリーズで、主人公“ハマちゃん”の妻・みち子を15年間好演しています。

そのほか、『きな子〜見習い警察犬の物語〜』『ツナグ』『0.5ミリ』『あん』など多数の作品に出演。

2019年、親交の深かった故・樹木希林企画作品『エリカ38』で、主人公の稀代の悪女を演じました。

天然のキャラクターで、明石家さんま司会のバラエティ番組『さんまのSUPERからくりTV』のレギュラーとして大人気に。

さんまとの会話中に「金曜日って何曜日だったっけ」というありえない質問をし、これを面白がったさんまはコントライブの第12回公演サブタイトルとしてこのフレーズを用いました。

映画『朝が来る』浅見静恵はどんな役?


(C)2020「朝が来る」Film Partners

浅田美代子演じる浅見静恵は、特別養子縁組団体「ベビーバトン」の代表。

井浦新と永作博美演じる主人公の栗原夫婦と、中学生で男の子を出産した片倉ひかりを引き合わせます。

久しぶりに河瀨監督作品に出るにあたり、嘘(お芝居)は通用しないから正直こわかったと語る浅田。

役に生きるために、期間中はずっと「浅見」として過ごしたとうです。

クランクアップで「浅見」が自分から出て行った時は、新しい自分が生まれた瞬間。河瀨監督との出会いを幸せに思うと熱いコメントを残しています。

スポンサーリンク

浅田美代子の演技力の評価は

参考映像:『釣りバカ日誌20 ファイナル』(2009)

1973年国民的ドラマ『時間ですよ』でお手伝いさんのミヨコとして鮮烈なデビューを果たした女優・浅田美代子。

このドラマの新人オーディションで約25,000名の中から選ばれて手にした大役でした。

抜きんでたスター性で劇中歌の「赤い風船」は大ヒットとなり、1973年の第15回日本レコード大賞新人賞を受賞。

その後も『寺内貫太郎一家』『時間ですよ・昭和元年』などの人気ドラマに出演。

長年に渡って映画や舞台、歌手活動と多岐に渡って第一線で活躍しています。

1974年『あした輝く』で映画初主演。

飾らないチャーミングな魅力を持ち、大人気映画シリーズ『釣りバカ日誌』では、“ハマちゃん”こと主役の浜崎伝助の妻・みち子を15年間務めました。

『きな子〜見習い警察犬の物語〜』『ツナグ』『0.5ミリ』『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』『あん』『いのちスケッチ』『山中静夫氏の尊厳死』など、長年に渡って数多くの映画に出演。

『エリカ38』では主人公の女詐欺師役を熱演。

2018年に逝去した浅田と親交深かった樹木希林が、浅田美代子の「代表作」にしたいと立ち上がり、自ら初の企画を務めました

その思いにこたえた浅田は、これまでの愛らしく優しいキャラクターを打破して、体当たりで新境地を開いています。

本作『朝が来る』では、養子縁組で新しい親子を生み出す大切な役どころ・浅見静恵を熱演しています。

浅田美代子の公式SNSの紹介

残念ながら浅田美代子の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2020「朝が来る」Film Partners

『殯の森』『あん』『光』といった魂の叫びを映画に映し出してきた河瀨直美監督が、二人の母と子どもの葛藤やそれぞれの人生を丹念に描きだした本作『朝が来る』。

永作博美と井浦新という実力派が、実の子を持つことがかなわなかった主人公夫婦役を演じます。

蒔田彩珠、浅田美代子、中島ひろ子ら演技派が共演。

長い女優キャリアを持ち、河瀨作品『あん』にも出演経験を持つ浅田美代子が、主人公夫婦に養子を紹介する重要な役・浅見静恵を演じます。

実力派キャストが揃い映画化された『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『マーウェン』あらすじとキャスト。実話を基にしたロバート・ゼメキス監督作が7月19日公開!

ロバート・ゼメキス監督が知られざる感動の実話を映画化! (C)2018 UNIVERSAL STUDIOS 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」『フォレスト・ガンプ 一期一会』のロバート・ゼメキス監督が …

新作映画ニュース

映画『グッド・ワイフ』あらすじ/キャスト/公開日。予告動画で経済危機と主婦たちのマウンティングが描かれる!

アッパークラスの主婦たちのマウンティング合戦を描く社会派スタイリッシュドラマ。 最悪の経済危機に見舞われた1982年のメキシコを舞台に、アッパークラスの主婦たちの戦いを描いた映画『Las Ninas …

新作映画ニュース

【東京フィルメックス2019情報】仲野太賀映画『静かな雨』からキンフーの代表作まで新旧上映!

2000年12月に第1回が開催された国際映画祭「東京フィルメックス/TOKYO FILMeX」。 開催から20年、記念すべき「第20回東京フィルメックス」が、2019年11月23日(土)~12月1日( …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの静江役は木村多江【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

大林宣彦新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』が東京国際映画祭2019にて上映!代表的作品の特集イベントも

第32回東京国際映画祭の特集企画第1弾が決定!! 映像の魔術師、日本を代表する映画監督の偉大な軌跡。 ©PSC 2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間にて開催される第32回東京国際映画 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学