Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/05/31
Update

映画『歌と羊と羊飼い』内容/キャスト/上映館。ゴスペルを歌う日本人を追ったドキュメンタリーが10月公開

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『歌と羊と羊飼い』は2021年10月から東京・ユーロスペース他にて劇場公開。

黒人キリスト教会ルーツの宗教音楽「ゴスペル」を歌う日本人たち。

彼らはなぜ、ゴスペルを歌うのでしょうか。

ゴスペル音楽ドキュメンタリー映画『歌と羊と羊飼い』が、2021年10月から東京・ユーロスペース他にて劇場公開されます。

あわせて、ポスタービジュアル、場面写真、予告編動画が解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『歌と羊と羊飼い』について

ゴスペル音楽は黒人教会にルーツを持ちキリスト教と密接な関係にあります。日本のゴスペル人口は約20万人、そのうち90%以上がノンクリスチャン、無宗教の人々がゴスペル音楽に親しんでいるんです。

これは世界にもあまり類を見ない現象。

なぜ、無宗教の日本人が宗教音楽のゴスペルを歌うのか、本作では個々人の経験・インタビュー・活動を追いながらその一端を明らかにもしています。

スペイン出身のゴスペルシンガー(MARISA)、全国ゴスペルコンテストの頂点を目指す少女たち(眞塩藍咲、HIKARU)、米国黒人教会で活動していた牧師(Rev.Taisuke)、ゴスペルに真摯に向き合うミュージシャンたち(遠谷政史、大山小夜子)、ゴスペルに出会い変わっていく主婦(杉本民奈子)の姿を追いながら、「歌」「生きること」を描いたドキュメンタリー作品となりました。

映画『歌と羊と羊飼い』の見どころ

本作の見どころは何といっても、我々が普段目にすることのない洗礼シーンです。

日本でも珍しい、海での洗礼。その貴重なシーンが撮影されました。

また、作品内では、2020年8月に急逝したシンガー・松谷麗王の貴重なインタビュー映像や、彼が率いるPencil Bunchの姿も撮影されています。

松谷麗王は、日本のゴスペルレジェンド亀渕友香に師事し、次世代のゴスペルリーダーと目されていたゴスペルアーティストです。彼の急逝は多くのゴスペルファンに悲しみを持って伝わりました。

スポンサーリンク

監督:四海兄弟のプロフィール

参考動画:『ぼくと、彼と、』

本作の監督は、四海兄弟(しかいきょうだい)。

ミス日本ファイナリストを日常を追った短編『今を憂う君も春になれば』(2019)、ベトナム人青年と日本人青年の結婚式を追った『ぼくと、彼と、』(2019)、横浜・長者町の伝説のライブハウス『FRIDAY』(2020)などのドキュメンタリーを手掛けてきました。

製作総指揮:飯塚冬酒のプロフィール


製作総指揮は、日米のゴスペルを追ったドキュメンタリー『GOSPEL』(2014|松永大司監督)のプロデューサーを務めた飯塚冬酒。

自身がゴスペルを歌うことなく、どこのゴスペル派閥にも属さずに14年続く日本最大のゴスペルイベント「横濱ゴスペル祭」を作り上げた、日本のゴスペル界では稀有な存在でもあります。

ゴスペルドキュメンタリー映画『GOSPEL』、ミス日本50周年ドキュメンタリー『夢こそは、あなたの生きる未来』(2018|小野篤史監督)、『世界を変えなかった不確かな罪』(2017|奥田裕介監督)、『誰かの花』(2021年|奥田裕介監督)などのプロデュースを手掛けています。

スポンサーリンク

映画『歌と羊と羊飼い』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
四海兄弟

【製作総指揮】
飯塚冬酒

【撮影】
長棟航平、中田敦樹

【音楽】
伴正人

【整音】
東凌太郎

【キャスト】
眞塩藍咲、HIKARU、MARISA、杉本民奈子、Rev.Taisuke、遠谷政史、大山小夜子、Pencil Bunch(松谷麗王 、KIWA、綿引京子、平田ゆり)、千代延大介(サルーキ=)、Timothy Riley、Steven MacCaster、鈴木智晴、松枝利育、河崎将己

映画『歌と羊と羊飼い』のあらすじ

スペイン生まれのゴスペルシンガー(MARISA)、米国黒人教会でゴスペルを指導していた経歴を持つ牧師(Rev.Taisuke)、全国ゴスペルコンテストに挑戦する二人の少女(眞塩藍咲、HIKARU)、ゴスペルに向き合うゴスペルミュージシャン(遠谷政史、大山小夜子、Pencil Bunch)、ゴスペルと出会い変わっていく女性(杉本民奈子)。

それぞれの活動を中心に、ゴスペルに関わる人々の想いと人生が交錯していき……。

まとめ

本作は、飯塚冬酒×四海兄弟の3作目となるドキュメンタリー映画。

今の日本に生きるゴスペルアーティストたちに焦点を当て、ゴスペルを通じて「生きること」「愛すること」を強く問いかけます。

映画『歌と羊と羊飼い』は2021年10月から東京・ユーロスペース他にて劇場公開

また、劇場公開予定に先駆けて、日本最大のゴスペルイベント「YOKOAHMAゴスペルフェスティバルVOL.14 横濱ゴスペル祭2021」(2021年8月29日開催|神奈川県民ホール)にてプレミア上映が予定されています。


関連記事

新作映画ニュース

実話映画おすすめ『ゴヤの名画と優しい泥棒』盗難事件から誕生した笑いと涙誘う感動作、予告編動画を解禁!

ナショナル・ギャラリーで起きた、ゴヤの「ウェリントン公爵」盗難事件。 イギリス中を巻き込んだ嘘のような感動の実話。 アカデミー賞受賞製作チーム『ジュディ 虹の彼方に』『クィーン』×ロジャー・ミッシェル …

新作映画ニュース

『東南アジア映画の巨匠たち』有楽町スバル座にて開催!7月3日より文化交流の祭典【響きあうアジア2019】の関連イベント情報

ワールドクラスの巨匠監督が集結! 国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)共催で、2019年7月3日(水)から10日(水)まで、躍進が目覚ましい東南アジアの巨匠にスポ …

新作映画ニュース

『PARALLEL MOTHERS(パラレルマザーズ )』あらすじ/キャスト。アルモドバル監督×ペネロペ・クルス主演最新作が第94回アカデミー賞にノミネート決定!

2022年(第94回) アカデミー賞ノミネート決定作品 アルモドバル監督×ペネロペ・クルス主演最新作による同じ日に出産を迎える二人の母の物語。 (C)Remotamente Films AIE &am …

新作映画ニュース

映画『フォーリング50年間の想い出』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ヴィゴ・モーテンセン初監督作品は親子の長く切ない絆を紡ぐ

アカデミー賞作品賞『グリーンブック』主演のヴィゴ・モーテンセン初監督作品 3度アカデミー賞にノミネートされた名優ヴィゴ・モーテンセンの初監督作品『FALLING(原題)』。 (C)2020 Falli …

新作映画ニュース

映画『ブレス あの波の向こうへ』あらすじとキャスト。サイモン・ベイカーが美少年サーファーを撮る

オーストラリアで5週連続TOP10入りの大ヒットを記録! ティム・ウィントンが描いた伝説のサーフ文学『ブレス:呼吸』を、人気俳優サイモン・ベイカーが初監督と主演を務め、邦題『ブレス あの波の向こうへ』 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学