Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/12/09
Update

映画『誰かの花』あらすじ/キャスト【ミニシアター・ジャック&ベティの30周年記念】奥田裕介監督が等身大の横浜を描きだす!

  • Writer :
  • 大塚まき

横浜のミニシアター ジャック&ベティ30周年企画映画『誰かの花』が始動!
抜擢されたのは、横浜出身の映画監督、奥田裕介。

2021年に30周年を迎える横浜のミニシアター、ジャック&ベティの30周年記念映画『誰かの花』の製作が発表となりました。

製作発表にあたり、ジャック&ベティ梶原俊幸支配人、奥田裕介監督、飯塚冬酒プロデューサーからのコメントが到着

また、出演者からのコメントも続々と到着しましたので、あわせてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『誰かの花』について

本作の映画製作に、横浜シネマ・ジャック&ベティ、加藤組鉄工所、本間興業、タヒチプロモーション、ガチンコ・フィルムが中心となり製作委員会を結成。

監督には横浜出身・横浜育ちの奥田裕介が大抜擢されました。

奥田裕介監督は、ジャニス・ジョプリンの『SUMMERTIME』にインスパイアされた『世界を変えなかった不確かな罪』(2017年)にて劇場デビュー、鮮烈な印象とともに映画ファンを中心に確かな評価を得ました。

『誰かの花』は奥田監督の長編2作目となります。

主演に、カトウシンスケ(『ケンとカズ』小路紘史監督、『風の電話』諏訪敦彦監督、『最初の晩餐』常盤司郎監督、『サムライマラソン』バーナード・ローズ監督)、吉行和子(『愛の亡霊』大島渚監督、『家族はつらいよシリーズ』『東京家族』山田洋次監督)、高橋長英(『マルサの女』伊丹十三監督、『それでもボクはやってない』周防正行監督、『兄消える』西川信廣監督)が中心となり物語が展開していきます。

そして、和田光沙、テイ龍進、篠原篤、村上穂乃佳など実力派俳優が参加、横浜に縁の深い俳優の大石吾朗、渡辺梓、寉岡萌希、堀春菜、笠松七海の参加も決定しています。

映画『誰かの花』の製作者からコメント

この度、ジャック&ベティ梶原俊幸支配人、奥田裕介監督、飯塚冬酒プロデューサー、からコメントが届きましたので、ご紹介します。

梶原俊幸(ジャック&ベティ支配人)のコメント

ジャック&ベティは1991年開館(前身の名画座は1952年開館)。一時期の閉館や厳しい時期を乗り越えて、2007年から引継いだ我々が30周年に立ち会えること、とても嬉しく思います。30周年記念映画のお話も、お世話になっている監督、出演者の皆様、関係者の皆様に関わっていただけることも、本当にありがたく思います。2021年、必ず良い30周年にします。

奥田裕介監督のコメント

大好きなジャック&ベティさんの30周年記念映画で監督させていただくこと大変嬉しく思います。自分が生まれ育った街で、尊敬する俳優部の方々と、信頼できるスタッフと一緒に精一杯、映画に向き合っていきたいと思います。

飯塚冬酒プロデューサーコメント

僕はジャック&ベティさんとのご縁により映画製作・配給業務に携わることになり2014年よりガチンコ・フィルムを立ち上げました。今回このような企画に携わることができることを光栄に思います。
そして、横浜に生まれ育った奥田裕介監督ならではの視点で横浜に住み暮らす人々を描いた物語をご期待ください。

スポンサーリンク

映画『誰かの花』のキャストからコメント

実際に住み、暮らす人々の目線で横浜を描いた映画『誰かの花』の出演者よりコメントが続々と届きましたのでご紹介します。

カトウシンスケのコメント

脚本を拝見した時にまず、奥田監督の人となりがそのまま文字になっている脚本だ、と感じました。
決して奇をてらうわけでもなく、余計な説明もなく。物語というものに真摯に向き合っていて奥田監督らしいと思いました。
僕は今まで、何かを作る・表現することは1%でも他者を傷つける可能性があるということをどこか考えたりしながら生きて、演じてきたところがあると思います。この映画からはその想いをものすごく感じることができました。
生きている以上、誰かを傷つけることなく生きていくことは難しい、そう思ったりします。傷つけたくはないけれど。
この映画が誰かの救いになったら嬉しいけど、同時に誰かを傷つけるかもしれない。それでも観てくれる方々に何か刺激となり意味のある映画になりますように。そしてその後に続く人生をとりあえず生きていてくれたら、幸いです。その為に、祈るように、祈りのように、カメラの前に立ちたいと思います。

吉行和子のコメント

胸が痛くなるような経験をした人々のお話ですね。
監督の優しい目線で描かれていて、辛い経験を乗り越えていこうという強くて優しい心を持った人々の想いを感じることのできる物語だと思います。

高橋長英のコメント

年齢や立場により色々な見方や感じ方ができる作品になると思います。
一生懸命生きてきて、僕と同じ歳になった同年代の方々にぜひ見てもらいたいですね。
いい作品になって多くの人に見てもらえるように期待しています。

和田光沙のコメント

この作品の登場人物の生き方を考えると悲しいしとてもつらいです。
何が正しいのか、はひとつの側面だけではわからないし、見る人のそれぞれの視点で感じることが違うと思います。そんなことを強く感じさせる映画になると思います。
この作品では、自分の演じる役が誰かの救いになるように演じたいです。

村上穂乃佳のコメント

脚本を読んだときに私自身この作品にリンクするような過去の出来事があって、ちょっとでもそのような気持ちに整理がつくというか、前向きな気持ちになるということができるような気がしました。

篠原篤のコメント

自分の役は心に哀しみを抱えて生きている人物なんですが、周りからはそのように見えず大きな誤解をされている。
周囲に誤解されながらも生きている方は世の中に沢山いると思います。想像すること、人の想いを感じること、それがスクリーンで観る映画の意義だとも思います。
そんな映画になることを期待しています。

映画『誰かの花』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
奥田裕介

【キャスト】
カトウシンスケ、吉行和子、高橋長英、和田光沙、テイ龍進、篠原篤、村上穂乃佳、大石吾朗、渡辺梓、寉岡萌希、堀春菜、笠松七海

スポンサーリンク

映画『誰かの花』のあらすじ

横浜のとある団地で、とある出来事が起こります。

関わる人々の想いが交錯しながら物語が動き出し…。

まとめ

2021年12月に30週年を迎える横浜のミニシアター、シネマ・ジャック&ベティの30周年企画映画『誰かの花』

横浜出身の奥田裕介が脚本・監督を担当する『誰かの花』は、等身大の横浜を描きだす作品として、地元横浜のお店・商店街、横浜を愛する方々から期待を寄せられ多くの支援・協力を受けながら製作されています。

続報にも乞うご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ひとくず』木下ほうかキャスト陣と監督 上西雄大が舞台挨拶。上映館は大阪なんばパークスシネマなどさらに拡大!

映画『ひとくず』は2021年も全国にて劇場公開を拡大中! 「劇団テンアンツ」を主宰する俳優・上西雄大が監督・脚本・主演などを務め、児童虐待や育児放棄の本質と人々の哀しみを描いた映画『ひとくず』。 20 …

新作映画ニュース

アンジー映画『マレフィセント2』あらすじとキャスト。スクリーンX上映劇場情報とおすすめ鑑賞ポイントも

視界いっぱいの大画面で、マレフィセントと一緒に大空を舞う! ディズニー・クラッシック・アニメーションの金字塔「眠れる森の美女」に隠されていた“禁断の呪い”を描き、全世界で空前の大ヒットを記録した『マレ …

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの佐藤役は三浦春馬【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

ホアキン・フェニックスが実在の漫画家を演じた映画『ドント・ウォーリー』メイキング映像解禁!

ホアキンの情熱が伝わるメイキング 故ロビン・ウィリアムズが映画化を熱望した風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を描いた、映画『ドント・ウォーリー』。 ガス・ヴァン・サント監督がホアキン・フェニックスを主 …

新作映画ニュース

映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』あらすじとキャスト。ビーガン監督が3Dワンシークエンスで紡ぐ映像美

映画史上初の後半60分、驚異の3D・ワンシークエンスショット映像! 2015年、長編映画『凱里ブルース』で映画界に衝撃的なデビューを飾った中国映画界・新時代の旗手ビー・ガン監督。 監督待望の第2作目で …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学