Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/23
Update

映画『片袖の魚』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トランスジェンダーモデル・イシヅカユウが新たな一歩を踏み出す女性を演じた東海林毅最新作

  • Writer :
  • 大塚まき

文月悠光(原案)×東海林毅(監督)×イシヅカユウ(主演)
いましなやかに泳ぎ出す。

ゲイ老人の性と苦悩を描いた『老ナルキソス』(2017)がレインボーリール東京や上海クィア映画祭などで最高賞を獲得し、以降に監督した作品も世界のLGBTQ+映画祭で高い評価を得ている東海林毅。


(c)2021 みのむしフィルム

自分を不完全な存在だと思い込み、自信を持てないまま社会生活を送るひとりのトランス女性が新たな一歩を踏み出そうとする…。

そんなささやかな瞬間の物語を、詩人・文月悠光の詩を原案として、東海林毅が丁寧に映像化した映画『片袖の魚』が、新宿K’s cinemaにて2021年7月10日(土)より公開することが決定しました。

映画『片袖の魚』について


(c)2021 みのむしフィルム

本制作開始にあたっては、日本で初めてとなるトランスジェンダー女性当事者の俳優オーディションを開催

多数の応募者の中から主役に選ばれたのは、ファッションモデルとして活躍し、これが映画初主演となるイシヅカユウ

主人公の友人には同じくオーディションで選ばれた広畑りか

高校時代の同級生に黒住尚生、職場の同僚に猪狩ともか、そして原日出子が包容力ある職場の上司を演じています。

音楽は、蓮沼執太フィルでドラマーを務める尾嶋優(Jimanica)がオリジナル楽曲を提供。

主題歌「RED FISH」の歌詞は、原案の文月悠光が映画のために書き下ろしました。

また本作では新型コロナウィルス対策として少人数かつスピーディーな制作に対応するため、全編にわたりスマートフォン(Sony Xperia1)1 台のみで撮影が行われました。

監督:東海林毅のコメント

東海林毅監督は、イシヅカユウを主演に抜擢したことに以下のようなコメントを寄せています。

映画の中でイシヅカユウさんが「演じて」いるのは彼女とは生い立ちも考え方も違う、全く別人の一人のトランスジェンダー女性です。僕はこの作品制作を通して人間の魅力というのは属性もポリティカルコレクトネスも超えて輝くものだということをイシヅカユウさんから教えられました。どうか「トランスジェンダー当事者が演じるトランスジェンダー」というフィルターを超えて届く光を見届けて欲しいです。

原案:文月悠光 (ふづき・ゆみ)のプロフィール

文月悠光は1991年北海道生まれの詩人。東京在住。

中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年のときに発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。詩集に『屋根よりも深々と』『わたしたちの猫』。

近年は、エッセイ集『洗礼ダイアリー』、『臆病な詩人、街へ出る。』が若い世代を中心に話題になりました。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、詩作のオンライン講座を開くなど広く活動中。

映画『片袖の魚』の特報映像


この度解禁された特報映像では、主演のイシヅカユウが熱帯魚が泳ぐ水槽を見つめる横顔からはじまります。

「あなたが誰かのものになっていく。
触れることもせず、
祈るように見つめるわたし。
彼らの暮らす水槽は、
あまりに澄んでいたから。」

と原案となっている文月悠光の詩「片袖の魚」の一部が朗読されます。

詩の言葉が映像と紡ぎあう瞬間に期待が高まります。

映画『片袖の魚』の作品情報


(c)2021 みのむしフィルム

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原案】
文月悠光「片袖の魚」 (『わたしたちの猫』/ナナロク社刊)

【監督・脚本】
東海林毅

【キャスト】
イシヅカユウ、広畑りか、黒住尚生、猪狩ともか、田村泰二郎、原日出子ほか

映画『片袖の魚』のあらすじ


(c)2021 みのむしフィルム

トランスジェンダー女性の新谷ひかり(イシヅカユウ)は、ときに周囲の人々とのあいだに言いようのない壁を感じながらも、友人で同じくトランス女性の千秋(広畑りか)をはじめ上司である中山(原日出子)や同僚の辻(猪狩ともか)ら理解者に恵まれ、会社員として働きながら東京で一人暮らしをしています。

ある日、出張で故郷の街へと出向くことが決まります。ふとよぎる過去の記憶。

ひかりは、高校時代に同級生だった久田敬(黒住尚生)に、いまの自分の姿を見てほしいと考え、勇気をふり絞って連絡をするのですが…。

まとめ


(c)2021 みのむしフィルム

本作はささやかながらも確かな一歩を刻む34分をスクリーンに映し出します。

それは、わたしがわたしを生きる物語。

そして本作の映像化にあたり、文月悠光が書き下ろした主題歌「RED FISH」。この歌詞の言葉と映像が出会い交錯しながら、イメージがたおやかな像となって結ばれてゆきます。

東海林毅監督が丁寧に映像化した映画『片袖の魚』は、2021年7月10日(土)より新宿K’s cinemaにてロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

下北沢映画祭2019グランプリ受賞は大森歩監督『春』。深田晃司ら審査員のトークセッションの紹介も

第11回下北沢映画祭は2019年10月13日(日)〜14日(月)に開催 クリエイティブとカルチャーが暮らす街・下北沢を代表するイベントの一つであり、下北沢における映画の祭典「下北沢映画祭」は、2019 …

新作映画ニュース

室井滋がトークショーでドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』への思いを語る【ポレポレ東中野】

『山懐に抱かれて』は2019年4月27日(土)よりポレポレ東中野にて上映 ドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』が2019年4月27日(土)からポレポレ東中野にて公開となりました。 それを記念しまして …

新作映画ニュース

『ドラゴンボール超ブロリー』4DX映画が全世界で大ヒット中!お得な体感型鑑賞の情報も

4DX、第1四半期歴代最高のグローバル興行成績を記録! 体感型プレミアムシアター4DXが、日本、中国、フランスなど、スクリーン数の増加とローカル作品の大ヒットにより、第1四半期歴代最高のグローバル興行 …

新作映画ニュース

豊川悦司×エメリッヒ映画『ミッドウェイ』あらすじとキャスト。日本公開は2020年秋でイベントレポートも!

巨匠ローランド・エメリッヒ×日米豪華キャスト競演! 巨匠ローランド・エメリッヒが構想20年・製作費120億をかけて、真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦までを史実に基づき描いたスペクタクル超大作『MIDWA …

新作映画ニュース

映画『ノイズ』キャストの神木隆之介は守屋真一郎役!演技力の評価とプロフィール

映画『ノイズ』は2022年1月28日(金)ロードショー 『デスノート』シリーズで共演した藤原竜也と松山ケンイチの主演で、同名コミックを実写映画化したサスペンス映画『ノイズ』が2022年1月28日(金) …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学