Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/23
Update

映画『片袖の魚』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トランスジェンダーモデル・イシヅカユウが新たな一歩を踏み出す女性を演じた東海林毅最新作

  • Writer :
  • 大塚まき

文月悠光(原案)×東海林毅(監督)×イシヅカユウ(主演)
いましなやかに泳ぎ出す。

ゲイ老人の性と苦悩を描いた『老ナルキソス』(2017)がレインボーリール東京や上海クィア映画祭などで最高賞を獲得し、以降に監督した作品も世界のLGBTQ+映画祭で高い評価を得ている東海林毅。


(c)2021 みのむしフィルム

自分を不完全な存在だと思い込み、自信を持てないまま社会生活を送るひとりのトランス女性が新たな一歩を踏み出そうとする…。

そんなささやかな瞬間の物語を、詩人・文月悠光の詩を原案として、東海林毅が丁寧に映像化した映画『片袖の魚』が、新宿K’s cinemaにて2021年7月10日(土)より公開することが決定しました。

スポンサーリンク

映画『片袖の魚』について


(c)2021 みのむしフィルム

本制作開始にあたっては、日本で初めてとなるトランスジェンダー女性当事者の俳優オーディションを開催

多数の応募者の中から主役に選ばれたのは、ファッションモデルとして活躍し、これが映画初主演となるイシヅカユウ

主人公の友人には同じくオーディションで選ばれた広畑りか

高校時代の同級生に黒住尚生、職場の同僚に猪狩ともか、そして原日出子が包容力ある職場の上司を演じています。

音楽は、蓮沼執太フィルでドラマーを務める尾嶋優(Jimanica)がオリジナル楽曲を提供。

主題歌「RED FISH」の歌詞は、原案の文月悠光が映画のために書き下ろしました。

また本作では新型コロナウィルス対策として少人数かつスピーディーな制作に対応するため、全編にわたりスマートフォン(Sony Xperia1)1 台のみで撮影が行われました。

監督:東海林毅のコメント

東海林毅監督は、イシヅカユウを主演に抜擢したことに以下のようなコメントを寄せています。

映画の中でイシヅカユウさんが「演じて」いるのは彼女とは生い立ちも考え方も違う、全く別人の一人のトランスジェンダー女性です。僕はこの作品制作を通して人間の魅力というのは属性もポリティカルコレクトネスも超えて輝くものだということをイシヅカユウさんから教えられました。どうか「トランスジェンダー当事者が演じるトランスジェンダー」というフィルターを超えて届く光を見届けて欲しいです。

スポンサーリンク

原案:文月悠光 (ふづき・ゆみ)のプロフィール

文月悠光は1991年北海道生まれの詩人。東京在住。

中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年のときに発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。詩集に『屋根よりも深々と』『わたしたちの猫』。

近年は、エッセイ集『洗礼ダイアリー』、『臆病な詩人、街へ出る。』が若い世代を中心に話題になりました。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、詩作のオンライン講座を開くなど広く活動中。

映画『片袖の魚』の特報映像


この度解禁された特報映像では、主演のイシヅカユウが熱帯魚が泳ぐ水槽を見つめる横顔からはじまります。

「あなたが誰かのものになっていく。
触れることもせず、
祈るように見つめるわたし。
彼らの暮らす水槽は、
あまりに澄んでいたから。」

と原案となっている文月悠光の詩「片袖の魚」の一部が朗読されます。

詩の言葉が映像と紡ぎあう瞬間に期待が高まります。

スポンサーリンク

映画『片袖の魚』の作品情報


(c)2021 みのむしフィルム

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原案】
文月悠光「片袖の魚」 (『わたしたちの猫』/ナナロク社刊)

【監督・脚本】
東海林毅

【キャスト】
イシヅカユウ、広畑りか、黒住尚生、猪狩ともか、田村泰二郎、原日出子ほか

映画『片袖の魚』のあらすじ


(c)2021 みのむしフィルム

トランスジェンダー女性の新谷ひかり(イシヅカユウ)は、ときに周囲の人々とのあいだに言いようのない壁を感じながらも、友人で同じくトランス女性の千秋(広畑りか)をはじめ上司である中山(原日出子)や同僚の辻(猪狩ともか)ら理解者に恵まれ、会社員として働きながら東京で一人暮らしをしています。

ある日、出張で故郷の街へと出向くことが決まります。ふとよぎる過去の記憶。

ひかりは、高校時代に同級生だった久田敬(黒住尚生)に、いまの自分の姿を見てほしいと考え、勇気をふり絞って連絡をするのですが…。

まとめ


(c)2021 みのむしフィルム

本作はささやかながらも確かな一歩を刻む34分をスクリーンに映し出します。

それは、わたしがわたしを生きる物語。

そして本作の映像化にあたり、文月悠光が書き下ろした主題歌「RED FISH」。この歌詞の言葉と映像が出会い交錯しながら、イメージがたおやかな像となって結ばれてゆきます。

東海林毅監督が丁寧に映像化した映画『片袖の魚』は、2021年7月10日(土)より新宿K’s cinemaにてロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

日常の崩壊を予感させる映画『ある船頭の話』予告編公開!オダギリジョーが捉えた日本とは

船頭は今日も、様々な人たちの喜びと悲しみ、生と死を乗せて舟を漕ぐ。 オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開されます。 公開に先立ちまし …

新作映画ニュース

映画『アングスト/不安』あらすじ/キャスト/公開日。ガチ怖すぎて上映禁止の実話スリラーが日本の劇場に初上陸!?

世界各国で上映禁止された常軌を逸した実話。 本物の《異常》がいま、放たれる。 あまりにも”異常“かつ、あまりにも”危険”な傑作映画が1983年、それまでジャンル映画が存在しなかったオーストリアで突然変 …

新作映画ニュース

神戸のミニシアター「元町映画館」が制作・発信したリモート短編映画『アワータイム」とは?

リモート短編映画『アワータイム』全国一⻫配信開始。

新作映画ニュース

【映画試写会プレゼント】女性限定で参加モニター募集!アオザイ娯楽ムービー『サイゴン・クチュール』の鑑賞ご招待《8月26日(月)渋谷・映画美学校試写室》

誰よりもひと足先に話題の新作映画を鑑賞しましょう! いつもCinemarcheをご愛読いただきまして、ありがとうございます。 2019年12月に劇場公開を予定している映画『サイゴン・クチュール』のモニ …

新作映画ニュース

実際に起きた犯罪実話の事件が元ネタの映画『アングスト/不安』。web限定ビジュアルと新場面写真紹介!

話題沸騰のトラウマ級ビジュアルに続き、別ビジュアル解禁。 あまりにも異様で危険な実録スリラー映画『アングスト/不安』が2020年7月3日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開されます。 (C)1 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学