Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/03
Update

『泣くな赤鬼』小説ネタバレあらすじ。映画化された重松清の原作とキャストはマッチングしているか?

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『泣くな赤鬼』は2019年6月14日(金)全国ロードショー

ベストセラー作家・重松清の短編小説が待望の映画化。

“赤鬼”と呼ばれた教師と、余命半年の元生徒の交流を描きます。

映画公開に先立ち、原作短編小説『泣くな赤鬼』をネタバレありで登場人物やラストまでのあらすじをご紹介。

スポンサーリンク

小説『泣くな赤鬼』の登場人物

赤鬼

55歳の高校教師。古文を教えています。野球部の部長兼監督。

10年ほど前はゴルゴの担任をしていました。

日焼けした顔と厳しさから“赤鬼”と呼ばれていましたが、現在の赴任先の高校では“メタボン”というあだ名に。

小説は彼の視点で進んで行きます。

ゴルゴ

26歳。本名は斎藤智之。

漫画『ゴルゴ13』の作者が“さいとうたかを”のため、高校時代は“ゴルゴ”と呼ばれていました。

高校時代は野球部で、才能もありましが、努力嫌いの性格ゆえに退部し、高校も中退。

現在は自動車工場で働いています。

雪乃

ゴルゴの妻。シュウという名のまだ幼い息子がいます。

和田

ゴルゴの高校の同級生で野球部員。

努力を重ね、高校2年の時にレギュラーになりました。

現在の様子は描かれていません。

小説『泣くな赤鬼』のあらすじとネタバレ

“私”こと赤鬼は、大学病院で、かつての教え子“ゴルゴ”と再会します。

ゴルゴは高校2年で中退し、暴力沙汰やバイクの暴走で警察に捕まり荒れていましたが、現在は大きな自動車工場で働き、妻の雪乃と息子のシュウとまっとうに暮らしているそうです。

彼が病院に来たのは、会社の健康診断で再検査項目があったため。

ゴルゴは“ゴルゴ”と呼ばれたのは久しぶりだと懐かしみますが、赤鬼もそう呼ばれたのは久しぶりでした。

今の勤務先の高校では以前の厳しさも無くなった赤鬼は、“メタボン”というあだ名を陰で付けられていました。

赤鬼はゴルゴの高校時代を回想します。

当時勤めていた高校の野球部は、甲子園まであと一歩と言う実力。赤鬼はその一歩のために部員である生徒たちに厳しく接して来ました。

甲子園という夢のため、何人もの弱い生徒を切り捨ててきた赤鬼。

特にゴルゴが在籍していたころは甲子園に一番近いチームでした。

野球のプレイの才能はあったゴルゴですが、地道な基礎練習に耐えられなかったんです。

病院での再会の数日後、雪乃がひとりで赤鬼を訪ねてきました。

雪乃は泣きながら、ゴルゴが末期のガンだったことを伝えます。

余命半年。進行が早ければ3ヶ月。

骨にまで転移したガンは、まだ26歳と言う若さのゴルゴの全身を蝕んでいました。

赤鬼は雪乃に、何故自分に会いに来たのか尋ねます。ゴルゴに恨まれていると思っていたからです。

雪乃は、赤鬼と再会した後のゴルゴの嬉しそうな様子を話します。

大人になった姿を見て、「しっかりがんばってるんだな」と、赤鬼先生が初めてほめてくれて嬉しかったんだと。

雪乃はゴルゴ本人に告知をすること、赤鬼に見舞いに来てほしいことを伝えて去ります。

再びゴルゴの高校時代を思い出す赤鬼。

努力を重ねて野球部レギュラーの座をつかんだ和田と、才能はありながらも努力が出来なかったゴルゴ。

次第に部活の練習に顔を出さなくなったゴルゴは素行も乱れ、退部しました。

赤鬼は当時どうしたら良かったのか、どう接したら良かったのか、いまでもその答えが出ないままです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには小説『泣くな赤鬼』ネタバレ・結末の記載がございます。小説『泣くな赤鬼』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

雪乃から電話があり、ゴルゴの様子を教えられる赤鬼。

精神的に不安定になり死に怯えるゴルゴの姿は、高校を中退すると言いだした彼と重なりました。

気持ちが落ち着いているときには子どもの頃の話や、厳しかった赤鬼の話もしてくれると雪乃は伝えます。

ゴルゴは、自分が死んでも赤鬼は泣かないと言ったそうです。

そして赤鬼は、自分にとって最後の先生なんだとも。

雪乃に頼まれ、赤鬼は見舞いの約束をします。

赤鬼は、退部届を持ってきたゴルゴを見限ってしまった日を偲び、自ら高校を去って行った多くの生徒たちに思いを巡らせました。

再会から2ヶ月後。

ガンの進行は予想より早く、ゴルゴは別人のように痩せこけてしまいました。

赤鬼が冗談交じりに、高校時代もほめて欲しかったのかと聞と、「惜しい」くらいは言って欲しかったと告げるゴルゴ。

幾度か見舞をするうち、赤鬼は秘めていた後悔を打ち明けます。

努力出来ず、強くなれなかった生徒のことを考えてこなかったこと。中退したあとのゴルゴになにもしてやらなかったこと。

肩を震わせる赤鬼に、ゴルゴは優しく「泣くな、赤鬼」と笑いかけます。

数週間後、ゴルゴの容体はさらに悪化。最後の苦痛をやわらげるため、数日後には薬で眠らせると雪乃に知らされた赤鬼は、ゴルゴの病室を訪れます。

意識も混濁し、話すことも困難になったゴルゴがそこにいました。

枕元には、クリスマスに息子に渡すと言う野球のグローブが置かれています。

ゴルゴは声なき声で、悔しい、と伝えます。

彼の手を取り、「ありがとう」と口にする赤鬼。

僅かに動いたゴルゴの指が、泣くな赤鬼、と言い返しました。

スポンサーリンク

小説『泣くな赤鬼』の感想と評価

浜田廣介作の児童文学に、ご存知『泣いた赤鬼』という作品があります。

どちらの作品の赤鬼も、目の前のことに追われ毎日を過ごしていたら、いつの間にか大切なものは遠く旅立ってしまいました。

『泣くな赤鬼』の短編小説は文庫にして50ぺージと短く、とても読みやすい長さですが、その中にたくさんの人生が凝縮されています。

まずは主人公の赤鬼。人生も折り返し地点をとうに過ぎ、教師生活もあと数年と言う彼の、悔恨に満ちた語り口。

先生”という存在は決して完璧なものではないと改めて気付かされますし、悩みながらいくつもの苦い選択をしてきたひとりの人間として描かれています。

彼がゴルゴと再会し、思い出を辿って現在に帰りつくことで、いままでの自分と向き合う。

教師と生徒という図が、最後には逆転し、赤鬼がゴルゴから学んだということが伝わるラストは涙なくして読めません。

また、ゴルゴの人物像と、彼を支える雪乃も魅力的です。

弱いのに見栄っ張りで流されやすいゴルゴがやっと努力して手に入れた幸せ。

それがぽろぽろと崩れて行くさまは残酷です。

遺された雪乃が心穏やかに過ごせる日が一刻も早く訪れて欲しいと願ってしまいます。

映画版では、赤鬼を堤真一、ゴルゴを柳楽優弥、雪乃を川栄李奈が演じるということで、あまりにイメージ通りなキャスティングに期待が膨らみますね

映画『泣くな赤鬼』の作品情報


(C)2019「泣くな赤鬼」製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【原作】
重松清『せんせい。』より「泣くな赤鬼」(新潮社文庫)

【監督】
兼重淳

【脚本】
上平満、兼重淳

【主題歌】
竹原ピストル『おーい!おーい!!』

【キャスト】
堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、佐藤玲、キムラ緑子、麻生祐未、

【作品概要】
生徒と教師の絆を描いた重松清の同名短編小説を堤真一、柳楽優弥、川栄李奈の共演で映画化。

主演・赤鬼役を、NHKドラマ『とんび』(2012)に続く重松清作品となる堤真一。

ゴルゴ役を柳楽優弥、その妻役を川栄李奈がそれぞれ演じます。

ゴルゴの高校時代の野球部メンバー和田役は竜星涼です。

監督は『キセキ-あの日のソビト-』(2017)の兼重淳。

主題歌は、本作のために書き下ろされた、竹原ピストルによる『おーい!おーい!!』です。

スポンサーリンク

映画『泣くな赤鬼』のあらすじ


(C)2019「泣くな赤鬼」製作委員会

日に焼けた赤い顔、鬼のような熱血指導から、かつては「赤鬼」と呼ばれていた城南工業野球部監督・小渕隆。

しかし、甲子園出場の夢はかなうことなく、10年の歳月が流れました。

あの頃のような野球への熱い思いは衰え、身体にもガタがきている50代の疲れた中年となった赤鬼は、診察を受けた病院でかつての教え子、斎藤智之=愛称ゴルゴと偶然再会。

類まれなる野球センスを持ちながら、努力もせずに途中で挫折し、高校を中退したゴルゴも、今では20代半ばとなり、妻と息子の3人で幸せな家庭を築く、一人前の大人に成長していました。

しかし、ゴルゴが若くし末期がんにより余命半年であることを知った赤鬼は、ゴルゴのためにあることを企画し…。

まとめ

2019年6月14日(金)全国ロードショーの映画『泣くな赤鬼』

重松清の同名原作は50ページという長さながら、非常に濃く、読み手の想像力が膨らむ優れた小説でした。

映画化されるにあたり、映像だからこそできる表現にも期待しています。

また、個性的な登場人物たちを彩る俳優陣の演技も楽しみですね。

赤鬼を演じる堤真一は、阪神甲子園球場の近くで育ち、幼いころから野球をしていたといいます。ゴルゴのように、高校時代に途中で野球部を辞め、学校をさぼっていたそう。

野球が身近な存在だった堤真一だからこその、リアルな監督ぶりが滲みでるはずです。

その体系から現在は“メタボン”と陰口をたたかれている、という設定の赤鬼ですが、映画版ではメタボン堤は見られるんでしょうか。

また、柳楽優弥の不敵な笑みと、目で語る演技力はゴルゴにうってつけですね。

女優として着実に歩みを進める川栄李奈も、健気に夫を支える妻を好演してくれそうです。

映画『泣くな赤鬼』、6月14日の公開日が待ちきれません。

関連記事

新作映画ニュース

映画『バトル・ドローン』あらすじとキャスト。未体験ゾーンの映画たち2019にて上映

映画『バトル・ドローン』は2019年3月29日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷で行われている「未体験ゾーンの映画たち2019」で公開します。 個性派揃いの傭兵部隊と殺人機械兵団が血で血を洗う激 …

新作映画ニュース

映画『ジュリアン』キャストの天才子役トーマス・ジオリアの評価と演技力あふれる場面画像を解禁

映画『ジュリアン』は2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開。 親子の在り方を問い、本国フランスで40万人動員のロングランヒットを記録した本作。 離婚し …

新作映画ニュース

アカデミー賞オスカー授与はシリーズ初。映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が快挙

『スパイダーマン:スパイダーバース』長編アニメーション賞受賞!! 全米初登場第1位を獲得し、各国メディアから「スパイダーマン映画史上、最高傑作!」と空前の大絶賛を受けた新たなるスパイダーマンの誕生を描 …

新作映画ニュース

『台北セブンラブ』あらすじとキャスト。台湾の恋愛映画テーマした特集上映で日本公開へ

台湾映画『台北セブンラブ』は、「台湾巨匠傑作選 2019~恋する台湾~」にて日本初上映決定。 2018年末に日本公開に向けてのクラウドファンディングを実施していた台湾映画『台北セブンラブ』。 本作の上 …

新作映画ニュース

高円寺シアターバッカスにて佃尚能監督の特集上映開催!映画『万置き姉弟』が劇場初公開

佃尚能監督の特集上映 2019年3月23日(土)・24日(日)の2日間、高円寺シアターバッカスリニューアルオープンを記念して、佃尚能監督の無料特集上映が開催されます。 カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占・宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP