Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/12/17
Update

特集上映【奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション】裁かるゝジャンヌなど4作がデジタルリマスターで蘇る

  • Writer :
  • 大塚まき

「二十世紀の至宝」カール・テオドア・ドライヤー監督作品
『裁かるゝジャンヌ』『怒りの日』『奇跡』『ゲアトルーズ』を上映!

「二十世紀の至宝」と謳われ、世界映画史が誇る孤高の映画作家カール・テオドア・ドライヤー監督珠玉の4作品がスクリーンで蘇ります。

「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」が、2021年12月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次開催します。

併せて著名人からのコメントが到着、デンマークから貴重なメイキング写真も解禁となります。

スポンサーリンク

「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」について

1889年2月3日にデンマーク・コペンハーゲンで生まれ、79年の生涯で長編14作品を発表したカール・テオドア・ドライヤー

人間の心の本質をフィルムで捉え続け、常に独創的で革新的な作品を生み出し後世に多大なる影響を与えました。

今回の上映作品は、“人間”ジャンヌ・ダルクを描いた無声映画の金字塔『裁かるゝジャンヌ』魔女狩りが横行した混沌の時代を映し出した衝撃作『怒りの日』家族の葛藤と信仰の真髄を問い、ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞した傑作『奇跡』愛を探し求め続けた一人の女性の姿を完璧な様式美の映像で捉えた遺作にして集大成的作品『ゲアトルーズ』の4作品をラインナップ。

すべてデジタルリマスターされた素材での貴重な上映となります。

映画『裁かるゝジャンヌ』『奇跡』『ゲアトルーズ』のメイキング写真


(C)Danish Film Institute

この度、特集上映に併せてデンマークより、『裁かるゝジャンヌ』『奇跡』『ゲアトルーズ』の撮影当時の貴重なメイキング写真が到着しました。


(C)Danish Film Institute

『裁かるゝジャンヌ』からはジャンヌが火刑に処されることになる処刑場のセットを背にしたドライヤー監督の姿を捉えたカット、『奇跡』からはボーオン家長男の妻・インガーを演じたビアギッテ・フェザースピルに監督が真剣に演技指導をしている姿『ゲアトルーズ』からはドライヤー監督が真剣な眼差しで撮影を見届ける姿とスタッフと談笑するカットの計4点が解禁となりました。


(C)Danish Film Institute

スポンサーリンク

著名人からのコメントも到着!

この度、特集上映に併せて映画監督をはじめとした著名人からのコメントが届きましたのでご紹介します。

アルノー・デプレシャン(映画監督)のコメント

『ゲアトルーズ』は、サイレント映画が音を迎え入れた作品として革命的な作品と言えるだろう。
燃えるような熱さと、凍えるような冷酷さの両方をあわせ持ち、その緊張関係が、この作品の美しさとなっている。

万田邦敏(映画監督)のコメント

ドライヤーほどいまもって先端的な映画作家は他にいない。それが証拠に、『裁かるゝジャンヌ』から『ゲアトルーズ』に向けて進化していく、登場人物のあの形容不能で奇妙な「まなざし」が持つ刺激の秘密を、批評でも実作でも解き明かせたものはいないのだ。

深田晃司(映画監督)のコメント

私たちの現実には一生起こりえないかもしれない「奇跡」に、ある種の映画は軽やかに到達してしまう。
ドライヤーの『奇跡』はまさにその一本である。
しかし考えてみれば映画もまた私たちにとって一つの体験であるのだから、そこに起きる奇跡はやはり本物の奇跡なのだ。

三宅唱(映画監督)のコメント

たとえば『怒りの日』冒頭、〈なにか〉が動きだす。ゆっくりと、すこしずつ、しかし確実に動きだす。
その変化が美しくて、恐ろしくて、艶かしくて……
いや、何といえばいいか言葉にならず、狂おしい。何度みても驚く。

石橋英子(音楽家)のコメント

ドライヤーの映画ほど、見た後に人間の顔を当たり前のように見れなくなる映画監督はいない。
火葬場で骨が顔を構成している様を見るように、登場人物の顔そのものから目が離せなくなる。
破れ目が見えてくる。まるで向こう側から破れ目を通してこちらに光が差してくるようだ。

中原昌也(ミュージシャン・作家)のコメント

“吸血鬼が日光で腐敗するような一瞬を、永遠の時間に投射するエクスタシー。
ドライヤーは映画に神々しい光の奇跡を発見した。
いつまでもスクリーンで鑑賞されるべき傑作の数々に、ひたすらにため息”。

映画『裁かるゝジャンヌ』の作品情報


(C)1928 Gaumont

【製作】
1928年(フランス映画)

【監督・脚本・編集】
カール・テオドア・ドライヤー

【キャスト】
ルネ・ファルコネッティ、アントナン・アルトー

【作品概要・あらすじ】
ジャンヌ・ダルクは百年戦争で祖国オルレアンの地を解放に導くが、敵国イングランドで異端審問を受け司教からひどい尋問を受けます。

心身ともに衰弱し一度は屈しそうになるが、神への信仰を貫き自ら火刑に処される道を選び処刑台へと向かっていく…。

実際の裁判の記録をもとに脚本化、“人間”ジャンヌ・ダルクを映し出した無声映画の金字塔的作品。

スポンサーリンク

映画『怒りの日』の作品情報


(C)Danish Film Institute

【製作】
1943年(フランス映画)

【監督・脚本】
カール・テオドア・ドライヤー

【キャスト】
ハンス・ヴィアス=イェンセン

【作品概要・あらすじ】
中世ノルウェーの村で牧師アプサロンと若き後妻アンネの夫婦は平穏に暮らしていました。

しかし、前妻との一人息子マーチンが帰郷するとアンネと親密な関係に。そんな折アプサロンが急死し、アンネが魔女として死に至らしめたと告発を受けてしまい…。

陰影を巧みに使ったモノクロームの映像美で、魔女狩りが横行する時代の複雑に絡み合う関係性を映した衝撃作です。

映画『奇跡』の作品情報


(C)Danish Film Institute

【製作】
1954年(フランス映画)

【監督・脚本】
カール・テオドア・ドライヤー

【キャスト】
ヘンリック・マルベア、エーミール・ハス・クリステンセン

【作品概要・あらすじ】
ユトランド半島に農場を営むボーオン一家が暮らしていました。

長男の妻で妊婦であるインガーはお産が上手くいかず帰らぬ人に。家族が悲嘆に暮れる中、自らをキリストだと信じ精神的に不安定な次男ヨハンネスが失踪、しかし突如正気を取り戻しインガーの葬儀に現れます。

カイ・ムンクの戯曲「御言葉」を原作に、演劇的目線で家族の葛藤と信仰の真髄を問う傑作です。

映画『ゲアトルーズ』の作品情報


(C)Danish Film Institute

【製作】
1928年(フランス映画)

【監督・脚本】
カール・テオドア・ドライヤー

【キャスト】
ニーナ・ペンス・ローゼ、ベント・ローテ

【作品概要・あらすじ】
弁護士の妻であるゲアトルーズは夫との結婚生活に不満を抱き、若き作曲家エアランとも恋愛関係にありました。

ある日、彼女の元恋人であり著名な詩人ガブリエルが帰国し祝賀会が催され、ゲアトルーズはエアランの伴奏で歌唱するが卒倒してしまいます。

愛を探し求め続けたゲアトルーズの姿を完璧な様式美の画面におさめ会話劇に徹したドライヤー遺作にして集大成的作品です。

特集上映前売券・販売情報

【発売日】
全国共通特別鑑賞券が販売中!

【特典・価格】
ポストカードセット付4回券 /¥4,000(税込)
※当日1回券:一般¥1,800、大学・専門学生・シニア¥1,300の処
※シアター・イメージフォーラム窓口、メイジャー・ネット通販ほかで発売中!

まとめ


(C)Danish Film Institute

孤高の映画作家の魂揺さぶる珠玉の4作品がデジタルリマスターでスクリーンに蘇ります。

特集上映「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」は、2021年12月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次にて開催です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『いつくしみふかき』あらすじ。キャストの渡辺いっけい初主演作は2月先行上映・6月19日公開!

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で観客賞受賞作。 2018年の『カメラを止めるな!』に続き、2019年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で観客賞である「ゆうばりファンタランド大 …

新作映画ニュース

【一般試写会プレゼント】映画『ブレス あの波の向こうへ』5組10名様ご招待!7月10日(水)に「めぐろパーシモンホール」にて開催

オーストラリアで大ヒット!5週連続TOP10入りを記録! T・ウィントンが描いた伝説のサーフ文学を映画化! © 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath …

新作映画ニュース

映画版『柴公園』あらすじ。渋川清彦らキャストがドラマから飛び出しラブストーリーが展開!

公園ダベリエンターテインメント (C)2019「柴公園」製作委員会 2019年6月14日(金)全国のイオンシネマ、シネマート新宿ほかにて公開される映画版『柴公園』。 柴犬連れの中年男性3人が、公園で会 …

新作映画ニュース

【オーディションで女性キャスト募集!】新たなアイドルを生み出したい荻颯太郎監督がバラエティ番組に始動

荻颯太郎監督が映像バラエティ番組のキャスト募集! (C)Cinemarche 若手の荻颯太郎監督が、2019年11月より開設予定のYouTubeチャンネル内の動画番組「シネマゴ★Chinemago」の …

新作映画ニュース

映画『スウィート・シング』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。アレクサンダー・ロックウェルが実子を主人公に描く切ないファンタジー

2020ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門最優秀作品賞 スティーヴ・ブシェミ、シーモア・カッセル主演の『イン・ザ・スープ』(1992)や、クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲスらと共同 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学