Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【4DX映画『天気の子』劇場情報】上映は9月27日より公開!体感する気象現象の内容はオリジナル効果⁈

  • Writer :
  • 石井夏子

劇場に、雨、雪、そして太陽の光が降り注ぐ⁉︎
気象現象の表現に最適な4DXが果たす最高のコラボレーション。

2019年7月19日に公開され、早くも興行収入120億円を突破し、第92回アカデミー賞国際長編映画賞の日本代表にも選出され、まだまだ興奮冷めやらない新海誠監督最新作『天気の子』

その『天気の子』がついに4DX版上映を開始します!

SNSには、『天気の子』と4DXの相性を早くも予測したファンたちが、劇場に様々な気象現象が巻き起こることを期待した予想を上げていいます。

そんな熱い声援に応えて、『天気の子』が2019年9月27日(金)より、満を持して4DX版を上映開始

豪雨、霧、雪など、作中の次々と変動する気象現象を4DXがどのように再現するのか

劇場に雨が!霧が!雪が!そして太陽の光が降り注ぐのか

本記事でたっぷりとご紹介していきます。

映画『天気の子』特集記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『天気の子』4DXの最注目ポイント

『天気の子』4DXの最注目ポイントは、ド迫力4DX効果による豪雨、暴風、霧、雷、雪といった気象現象の表現です。

<水>、<風>、<煙>、<雪>、<フラッシュ>、<エアショット>など迫力の4DX環境効果は、豪雨、暴風、霧、雷、雪といった気象現象の表現に最適。

吹き上がる水滴、強風、稲光が迫り来るんです。

特に、物語終盤、天井をひっくり返したような豪雨シーンは圧巻

4DX史上最大級の水の演出が、全身を包み込み、爽やかな感動の嵐が劇場に巻き起こります。

主人公の帆高の視点から語られた物語に合わせ、帆高の喜びや悲しみが雨や雪となり、多彩な4DX効果が確かな実感を持って観客の体と心に訴えかけます。

『天気の子』の天気を、あなたにそのままお届けする最強の気象現象4DX効果に、美しいアニメーション、そしてRADWIMPSの音楽が奏でる三位一体のハーモニー。

目で、耳で、そして肌で感じる、かつてないアニメーション体験が4DXシアターであなたを待っています。

4DX(フォー・ディー・エックス)シアターとは

参考映像:実写映画『アラジン』4DXシアター360°VR映像

4DX(フォー・ディー・エックス)は、いま映画業界で最も注目を集める最新の体感型上映システムです。

映画のシーンに完全にマッチした形で、モーションシートが前後・上下・左右に動き、頭上からは雨が降り、水や風が吹きつけ、閃光が瞬く、など全21種類以上の特殊効果が稼働し、まるで映画の主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。

さらに、 演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で映画を“観る”から“体感する”へと転換。

特にヨーロッパや北米20〜30代を中心とし、“観る映画の代案”として若い層に人気のトレンドになっています。

全世界65カ国、667スクリーンで運営中、日本国内では59劇場に導入中です。(※2019年9月現在)

スポンサーリンク

映画『天気の子』の作品情報

(C)2019「天気の子」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督・原作・脚本】
新海誠

【音楽監督・主題歌】
RADWIMPS

【キャラクターデザイン】
田中将賀

【作画監督】
田村篤

【美術監督】
滝口比呂志

【キャスト】
醍醐虎汰朗、森七菜、本田翼、吉柳咲良、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子、小栗旬

【作品概要】
『君の名は。』(2016)が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。

『君の名は。』に続いて川村元気が企画・プロデュース、田中将賀がキャラクターデザインを手掛け、『猫の恩返し』(2002)などスタジオジブリ作品に多く携わってきた田村篤が作画監督、『言の葉の庭』(2013)の滝口比呂志が美術監督を担当しました。

『兄に愛されすぎて困ってます』(2017)に出演した醍醐虎汰朗と、『地獄少女』(2019)『Last Letter』(2020)など話題作への出演がひかえる森七菜という新鋭の2人が、帆高と陽菜の声をそれぞれ演じます。

他にも、小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子らが出演し、『愛にできることはまだあるかい』など複数の主題歌を含む全ての音楽を人気ロックバンドRADWIMPSが担当しています。

映画『天気の子』のあらすじ


(C)2019「天気の子」製作委員会

「あの光の中に、行ってみたかった」

高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。

しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業でした。

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。

そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会います。

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。

彼女には、不思議な能力がありました。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019「天気の子」製作委員会

2019年7月19日に公開され、いまなお観客を増やし続けている新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』。

天候や登場人物の心の揺れを表現する4DX版が、満を持して公開されることになりました。

映画『天気の子』4DX版は2019年9月27日(金)より、全国4DX劇場にて上映

映画『天気の子』4DX上映劇場


(C)2019「天気の子」製作委員会

【ユナイテッドシネマ】

【シネマサンシャイン】

【イオンシネマ】

【コロナシネマワールド】

【109シネマズ】

【USシネマ】

【フォーラム那須塩原】

【アースシネマズ姫路】

※劇場情報は、各劇場サイトよりご確認ください。
※劇場により、対応している効果が異なります。
※上映劇場は変更となる場合があります。

映画『天気の子』特集記事一覧はこちら





関連記事

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストのいじわるなホームレス役は水澤紳吾【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

映画『1999年の夏休み』あらすじとキャスト。公開30周年記念の初日満席スタート!

映画『1999年の夏休み』公開30周年記念デジタルリマスター版が7月28日より新宿K’s cinemaにて公開され、満員御礼のなか、主演の宮島依里と金子修介監督が舞台挨拶に登壇。 上映後に …

新作映画ニュース

『ホムンクルス』映画監督は日本ホラー界の名匠 清水崇!最新作の注目点をプロフィールともに紹介

サイコミステリー『ホムンクルス』は2021年4月2日公開 山本英夫原作の国民的カルト漫画を、『呪怨』シリーズなどで国内外で活躍する日本ホラー界の名匠・清水崇監督が綾野剛を主演に迎え実写化したサイコミス …

新作映画ニュース

《動画で見る佐野岳インタビュー》BL映画『リスタートはただいまのあとで』マル秘の役作りノートを監督に見せながら挑んだキャラクター

映画『リスタートはただいまのあとで』は、2020年9月4日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開! 小さな田舎町で出会った正反対の2人が共に農園を営むことで、互いに情が芽生えていく過程を、美しい景色 …

新作映画ニュース

香取慎吾主演『凪待ち』感想と評価。白石和彌作品からロケ地宮城に暮らす人々は何を感じとったのか?

映画『凪待ち』は2019年6月28日(金)より、TOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 監督・白石和彌。俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台に …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学