Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『東京裁判』4Kデジタル版。真実のドキュメンタリーで編集マン浦岡敬一の仕事が再び劇場で見られる

  • Writer :
  • 石井夏子

第35回ベルリン国際映画祭国際評論家連盟賞受のドキュメンタリー映画『東京裁判』
日本で唯一無二の編集マン・浦岡敬一の仕事が見られる

(C)講談社2018

極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録フィルムを小林正樹監督が5年をかけて製作したドキュメンタリー映画『東京裁判』

本作が、戦後74年を迎える2019年夏に、4Kデジタルリマスター版として蘇ります。

映画『東京裁判』4Kデジタルリマスター版は2019年8月3日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開です。

スポンサーリンク

映画『東京裁判』について

“東京裁判”と呼ばれ、戦後日本の進路を運命づけた極東国際軍事裁判。

アメリカ国防総省によって撮影された50万フィートに及ぶ膨大な記録フィルムをもとに、小林正樹監督が5年の歳月をかけて編集、製作した巨編が本作『東京裁判』です。

太平洋戦争敗戦後の1946年(昭和21年)、市ヶ谷の旧陸軍省参謀本部にて開廷された裁判の模様を、判決から35年の後の1983年(昭和58年)に公開されました。

日本映画史上に残るドキュメンタリー映画が、平成の終わりと新しい時代の幕開けに4Kフィルムスキャン、2K修復版によるデジタルリマスターで鮮やかに蘇ります。

監督補佐・脚本・デジタルリマスター監修の小笠原清コメント

1983年公開当時の映画『東京裁判』のチラシ

映画『東京裁判』の監督補佐・脚本を務め、デジタルリマスター版の監修として関わった小笠原清。

小笠原清は、デジタルリマスター版公開に向けての思いを以下のように語りました。

この作品は公開の度に「今、なぜ東京裁判か」問われ続けてきた。法廷で明るみに出された第2次世界大戦の実態と、責任追求の現実を映像に収めた映画『東京裁判』は、常に「今こそ見るべき映画」として存在し、回答の任を果たしてきた。そして今日、劣化の影響が著しかった歴史映像や音声が、デジタルリマスター版により鮮やかに回復された。臨場感に満ちた完成品としてこれが公開されることは、製作スタッフ一同の本懐でもある。

第2次世界大戦が終戦を迎えて74年。

戦争の記憶を持った方も少なくなり、戦争というものを遠い世界の出来事のように考えてしまいがちな現在だからこそ、映画作品としておさめられた戦争の実態を観るべきなのかもしれません。

デジタルリマスターによって、より鮮烈に記録と記憶が押し迫ってくることは確かでしょう。

スポンサーリンク

映画『東京裁判』の作品情報

【日本初公開】
1983年(日本映画)

【4Kデジタルリマスター版公開】
2019年

【原案】
稲垣俊

【監督・脚本】
小林正樹

【監督補佐・脚本・デジタルリマスター監修】
小笠原清

【作品概要】
「人間の條件」シリーズ、『切腹』(1962)の名匠・小林正樹監督が、戦後日本の進路を決定づけたともいえる極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録を、膨大な映像群からまとめあげた4時間37分におよぶ歴史的ドキュメンタリー。

第2次世界大戦後の昭和23年、東京・市ヶ谷にある旧陸軍省参謀本部で「極東国際軍事裁判」、俗にいう「東京裁判」が開廷。

その模様は、アメリカ国防総省(ペンタゴン)による第2次世界大戦の記録として撮影され、密かに保管されていました。

50万フィートにも及んだ記録フィルムは25年後に解禁され、その中には、法廷の様子のみならず、ヨーロッパ戦線や日中戦争、太平洋戦争などの記録も。

それらの膨大なフィルムを中心に、戦前のニュース映画や諸外国のフィルムも交え、小林監督のもと5年の歳月をかけ、公開当時日本一の編集技術者として知られる浦岡敬一が編集作業に従事ています。そこから見える戦後世界の原点の資料的価値は必見。

まとめ

1983年に初公開されたドキュメンタリー映画『東京裁判』。

4Kフィルムスキャン、2K修復版によるデジタルリマスター版が、2019年8月3日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開されます。

シネ・ヌーヴォ(大阪)、シネマ5(大分)、名古屋シネマテーク(愛知)、シネマイーラ(浜松)、京都シネマ(京都)、元町映画館(兵庫)、横浜シネマリン(横浜)でも公開が決定した本作。

あの戦争はこの国になにを残したのか。

昭和から平成そして新たな時代の幕開けに、現代の日本が浮かびあがります。

戦後日本の運命を決定づけた極東国際軍事裁判の全貌を見つめ歴史の瞬間に立ち会う、至高の4時間37分です。

膨大な映像資料に目を通した、日本で唯一無二の編集マン・浦岡敬一。亡き浦岡がショットつなぎやモンタージュ、映像のリズムとテンポといった、編集作業の仕事に全てを注ぎ込んだ代表作です。

編集者としての浦岡敬一を知る渾身の作品です。

またナレーションを担当した亡き昭和の名優・佐藤慶の声にも注目。

大きなスクリーンで、真実の目撃者となる機会をお見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

松本穂香・奈緒らが映画『みをつくし料理帖』会見に登壇。角川春樹監督は二人を“大女優になる”と大絶賛!

映画『みをつくし料理帖』は2020年10月16日(金)より全国一斉ロードショー! 名将・角川春樹が最後の監督作品として作り上げた、作家・高田郁のベストセラー小説の映画化作品『みをつくし料理帖』。 この …

新作映画ニュース

【スパイダーマン:スパイダーバース】アニマックスで映画公開記念特番。声優陣が魅力を語りつくす!

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本公開は2019年3月8日より全国ロードショー! スパイダーマン映画シリーズ初のゴールデングローブ賞にノミネートされるなど、アカデミー賞前哨戦に向けて次々と …

新作映画ニュース

勝地涼映画『アンダードッグ』崖っぷち芸人ボクサーのミヤギを熱演【演技評価とプロフィール】

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』 『銃』『全裸監督』『ホテルローヤル』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをモチーフに、森山未來、北村匠海 …

新作映画ニュース

岡田准一映画『燃えよ剣』あらすじキャスト。司馬遼太郎の原作を原田眞人が実写化!

岡田准一主演の映画『燃えよ剣』2020年公開! 国民的作家・司馬遼太郎による伝説の幕末小説『燃えよ剣』が実写映画化されることになりました。 『関ヶ原』(2017)の原田眞人監督と岡田准一が再タッグを組 …

新作映画ニュース

尾野真千子映画『茜色に焼かれる』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。石井裕也最新作は母子の愛と希望を描く

主演は尾野真千子、共演に和田庵、片山友希、オダギリジョー、永瀬正敏らキャスト解禁。 社会のゆがみがいよいよ表面化している現代なればこそ生まれ得た、激しくも深い魂の軌跡。これは、あなた自身の現実、今日を …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学