Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『東京裁判』4Kデジタル版。真実のドキュメンタリーで編集マン浦岡敬一の仕事が再び劇場で見られる

  • Writer :
  • 石井夏子

第35回ベルリン国際映画祭国際評論家連盟賞受のドキュメンタリー映画『東京裁判』
日本で唯一無二の編集マン・浦岡敬一の仕事が見られる

(C)講談社2018

極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録フィルムを小林正樹監督が5年をかけて製作したドキュメンタリー映画『東京裁判』

本作が、戦後74年を迎える2019年夏に、4Kデジタルリマスター版として蘇ります。

映画『東京裁判』4Kデジタルリマスター版は2019年8月3日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開です。

スポンサーリンク

映画『東京裁判』について

“東京裁判”と呼ばれ、戦後日本の進路を運命づけた極東国際軍事裁判。

アメリカ国防総省によって撮影された50万フィートに及ぶ膨大な記録フィルムをもとに、小林正樹監督が5年の歳月をかけて編集、製作した巨編が本作『東京裁判』です。

太平洋戦争敗戦後の1946年(昭和21年)、市ヶ谷の旧陸軍省参謀本部にて開廷された裁判の模様を、判決から35年の後の1983年(昭和58年)に公開されました。

日本映画史上に残るドキュメンタリー映画が、平成の終わりと新しい時代の幕開けに4Kフィルムスキャン、2K修復版によるデジタルリマスターで鮮やかに蘇ります。

監督補佐・脚本・デジタルリマスター監修の小笠原清コメント

1983年公開当時の映画『東京裁判』のチラシ

映画『東京裁判』の監督補佐・脚本を務め、デジタルリマスター版の監修として関わった小笠原清。

小笠原清は、デジタルリマスター版公開に向けての思いを以下のように語りました。

この作品は公開の度に「今、なぜ東京裁判か」問われ続けてきた。法廷で明るみに出された第2次世界大戦の実態と、責任追求の現実を映像に収めた映画『東京裁判』は、常に「今こそ見るべき映画」として存在し、回答の任を果たしてきた。そして今日、劣化の影響が著しかった歴史映像や音声が、デジタルリマスター版により鮮やかに回復された。臨場感に満ちた完成品としてこれが公開されることは、製作スタッフ一同の本懐でもある。

第2次世界大戦が終戦を迎えて74年。

戦争の記憶を持った方も少なくなり、戦争というものを遠い世界の出来事のように考えてしまいがちな現在だからこそ、映画作品としておさめられた戦争の実態を観るべきなのかもしれません。

デジタルリマスターによって、より鮮烈に記録と記憶が押し迫ってくることは確かでしょう。

スポンサーリンク

映画『東京裁判』の作品情報

【日本初公開】
1983年(日本映画)

【4Kデジタルリマスター版公開】
2019年

【原案】
稲垣俊

【監督・脚本】
小林正樹

【監督補佐・脚本・デジタルリマスター監修】
小笠原清

【作品概要】
「人間の條件」シリーズ、『切腹』(1962)の名匠・小林正樹監督が、戦後日本の進路を決定づけたともいえる極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録を、膨大な映像群からまとめあげた4時間37分におよぶ歴史的ドキュメンタリー。

第2次世界大戦後の昭和23年、東京・市ヶ谷にある旧陸軍省参謀本部で「極東国際軍事裁判」、俗にいう「東京裁判」が開廷。

その模様は、アメリカ国防総省(ペンタゴン)による第2次世界大戦の記録として撮影され、密かに保管されていました。

50万フィートにも及んだ記録フィルムは25年後に解禁され、その中には、法廷の様子のみならず、ヨーロッパ戦線や日中戦争、太平洋戦争などの記録も。

それらの膨大なフィルムを中心に、戦前のニュース映画や諸外国のフィルムも交え、小林監督のもと5年の歳月をかけ、公開当時日本一の編集技術者として知られる浦岡敬一が編集作業に従事ています。そこから見える戦後世界の原点の資料的価値は必見。

まとめ

1983年に初公開されたドキュメンタリー映画『東京裁判』。

4Kフィルムスキャン、2K修復版によるデジタルリマスター版が、2019年8月3日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開されます。

シネ・ヌーヴォ(大阪)、シネマ5(大分)、名古屋シネマテーク(愛知)、シネマイーラ(浜松)、京都シネマ(京都)、元町映画館(兵庫)、横浜シネマリン(横浜)でも公開が決定した本作。

あの戦争はこの国になにを残したのか。

昭和から平成そして新たな時代の幕開けに、現代の日本が浮かびあがります。

戦後日本の運命を決定づけた極東国際軍事裁判の全貌を見つめ歴史の瞬間に立ち会う、至高の4時間37分です。

膨大な映像資料に目を通した、日本で唯一無二の編集マン・浦岡敬一。亡き浦岡がショットつなぎやモンタージュ、映像のリズムとテンポといった、編集作業の仕事に全てを注ぎ込んだ代表作です。

編集者としての浦岡敬一を知る渾身の作品です。

またナレーションを担当した亡き昭和の名優・佐藤慶の声にも注目。

大きなスクリーンで、真実の目撃者となる機会をお見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

【試写会プレゼント】やまなみ工房の映画『地蔵とリビドー』を10組20名様ご招待(10/2・3 イメージフォーラム)

2018年11月、シアター・イメージフォーラムにてロードショーが決定している映画『地蔵とリビドー』。 上映に先立ち、10月2日(火)、3日(水)にシアター・イメージフォーラムにて行われるマスコミ試写会 …

新作映画ニュース

【映画ダーク・フェニックス】X-MEN DAY開催レポートとソフィー・ターナーのコメント映像紹介!

長年のファンからも大反響! ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation 2019年6月21日(金)に全国ロードショーされる映画『X-MEN:ダーク・フェニ …

新作映画ニュース

『タイニー・ファニチャー』渋谷イメージフォーラムにて映画8月公開。2018年待望のロードショー!

大ヒットドラマ『GIRLS /ガールズ』の原点、レナ・ダナム監督の『タイニー・ファニチャー』待望の公開決定です! レナ・ダナムの劇場初監督作品の『タイニー・ファニチャー』が、8月よりシアター・イメージ …

新作映画ニュース

シルヴェスター・スタローン映画『大脱出2』あらすじとキャスト。2019年公開決定!

シルヴェスター・スタローン主演作!『大脱出2』は、2019年3月新宿バルト9ほか全国ロードショー。 あの脱獄のプロが帰ってきた!全世界待望のプリズン・ブレイク・アクション第2弾。 © 2018 GEO …

新作映画ニュース

『ある少年の告白』あらすじとキャスト。実話映画化の“同性愛治療”という問題作に演技派俳優ルーカス・ヘッジズが挑む

ジョエル・エドガートン監督による、ルーカス・ヘッジズ主演作『BOY ERASED (原題)』の日本公開タイトルが『ある少年の告白』に決まり、2019年4月より、TOHOシネマズシャンテほか全国公開する …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占・宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP