Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/06/04
Update

オーストラリアで人気の青春サーフィン文学を映画化!『ブレス あの波の向こうへ』の予告編が解禁

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

オーストラリアで10週連続TOP10入りの大ヒットを記録した青春サーフィン映画!

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

日本の直木賞にあたるオーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス」を、ドラマ「メンタリスト」(2008-2015)で知られる人気俳優サイモン・ベイカーが初監督と主演を務め映画化。

サーフィンを通して成長していく美しき少年たちの姿を描いた映画『ブレス あの波の向こうへ』が、2019年7月27日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開されます。

今回は、本作の予告編が解禁されました。監督と主演を務めたサイモン・ベイカーのインタビュー付きの特別な映像となっています。

スポンサーリンク

映画『ブレス あの波の向こうへ』とは


© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

第8回オーストラリア・アカデミー賞にて作品賞を含む9部門がノミネートされるなど、本国オーストラリアで高い評価を得た大ヒット青春サーフィン映画『ブレス あの波の向こうへ』。

原作は、日本の直木賞にあたるオーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説『ブレス』。伝説のサーフ文学とされる一作です。

テレビドラマ「メンタリスト」シリーズ(2008-2015)で知られ、当時、“最もセクシーなテレビ俳優”という称号を得て、甘いマスクで人気を博しました。

また、容姿からの人気のみならず、第61回エミー賞主演男優賞にノミネートされるなど、その演技力も評価されました。

このオーストラリア出身の人気俳優サイモン・ベイカーが、この原作に惚れ込み、初監督・製作・脚本、そして主演も務めた渾身の一作です。

映画『ブレス あの波の向こうへ』の予告編

サイモン・ベイカーのインタビュー


© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

サイモン・ベイカーの『ブレス あの波の向こうへ』秘蔵インタビュー映像は、「自伝のようにすら感じた」と原作に対する思い入れを熱く語る姿や、息子を持つ親としての視点、彼を人気俳優へと導いたTVドラマ「メンタリスト」と同時進行で監督準備を進めたことを告白する姿が捉えられています。

もともとタレ目な彼が笑うとさらにタレ目になる姿を見ればさらにファンを増やしそうです。

イケオジ、サイモン・ベイカー渾身の一作にご注目ください。

『ブレス あの波の向こうへ』予告編

インタビュー映像に続く予告編では、西オーストラリアの自然豊かな美しい景色とともに、2人の美少年パイクレットとルーニーが天真爛漫に川や自転車で遊び、無邪気な笑顔を見せる爽やかなシーンから始まります。

そんな彼らが、伝説のプロサーファーだったサンドーとの出会いにより、平凡な日常が一転する様子が収められています。

荒波に向かって深く呼吸する少年たちの表情。その強い眼差しに大人へと変化を遂げる兆しが感じられ、身も心も男らしくなっていく姿が活写されます。

まるで彼らと一緒に海中にいるような疑似体験を味わえる圧巻のサーフィンシーンは、『ドリフト』(2012)など多くの作品でサーフ撮影を担当する水中カメラマン、リック・リフィチが手掛けており、スリルと迫力満点の映像にも注目です。

スポンサーリンク

映画『ブレス あの波の向こうへ』の作品情報

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

【公開】
2019年(オーストラリア映画)

【監督】
サイモン・ベイカー

【キャスト】
サイモン・ベイカー、エリザベス・デビッキ、サムソン・コールター、ベン・スペンス、リチャード・ロクスバーグ、レイチェル・ブレイク

【作品概要】
ドラマ「メンタリスト」(2008-2015)で知られるオーストラリアの人気俳優サイモン・ベイカーの初監督作品。

オーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス」を原作に、サーフィンを通して成長していく美しき少年たちの姿が描かれます。

演技経験のない実際のサーファー、サムソン・コールターとベン・スペンスが少年たちを演じており、彼らの迫力あるサーフ・シーンも大きな見どころです。

映画『ブレス あの波の向こうへ』のあらすじ


© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

オーストラリア西南部の小さな街。

内向的な少年パイクレットは、好奇心旺盛な友人ルーニーの無鉄砲な行動に影響を受けながら、彼の後を追うように日々過ごしていました。

ある日、彼らは、不思議な魅力を持つ男性サンドーと出会い、サーフィンを教えてもらうことになります。

暇を見つけてはサンドーと妻イーヴァが暮らす家に通い出す2人。

彼らにとって、大人の女性イーヴァの謎めいた存在感も刺激となっていました。

サンドーはいつしか彼らを命をも脅かす危険な波へと挑ませ、恐いもの知らずのルーニーはスリルを楽しむように果敢に挑戦するがパイクレットは…。

スポンサーリンク

まとめ

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる伝説のサーフ文学の映画化に、サーフィンになじみのない方も夏の熱気とともに気分が高揚すること間違いなしです。

本作が初監督作となるサイモン・ベイカーが、要となる少年役に、演技経験のない実際のサーファー、サムソン・コールターとベン・スペンスを抜擢したのも話題となっています。

映画『ブレス あの波の向こうへ』は、2019年7月27日(土)より新宿シネマカリテ他全国順次公開です。



関連記事

新作映画ニュース

2020年1月の4DXシアター上映劇場情報!映画館でフォードvsフェラーリとサマーウォーズを見る

2020年1月の4DX公開作品ラインナップ発表。 ついに『サマーウォーズ』“OZ の世界”が4DXで体感できる!! 2020年新春。日常から少し離れて、衝撃と感動に胸を躍らせる、映画ファンにも4DXフ …

新作映画ニュース

映画『イサドラの子どもたち』日本公開日/上映館。実在のダンサーの遺作をダミアン・マニヴェルが再構築する

第72回ロカルノ国際映画祭 最優秀監督賞受賞作が公開決定。 『若き詩人』『泳ぎすぎた夜』のフランスの俊英ダミアン・マニヴェル監督の最新作『LES ENFANTS D’ISADORA』。 第72回ロカル …

新作映画ニュース

映画『ともしび』シャーロット・ランプリングがヴェネチア主演女優賞受賞。ポスタービジュアル解禁

2017年ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門において主演女優賞を受賞した、シャーロット・ランプリング主演映画『ともしび』。 人生の終盤、積み上げてきたものを失った一人の女の“生き直し”の物語です …

新作映画ニュース

『スピルバーグ!』映画監督の真実に迫ったドキュメンタリー独占日本初放送!

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』などで知られるHBOが製作。 ドキュメンタリー『スピルバーグ!』は、BS10スターチャンネルにて独占日本初放送されますが、冒頭3分間の映像を特別 …

新作映画ニュース

映画『少女ムシェット』『バルタザールどこへ行く』4K劇場公開日/上映館。ロベールブレッソンおすすめ最高傑作のデジタルリマスター版!

巨匠ロベール・ブレッソンによる、映画史に輝く最高傑作。 巨匠ロベール・ブレッソンが遺した、映画史に輝く最高傑作『バルタザールどこへ行く』『少女ムシェット』。 『バルタザールどこへ行く』のポスター・ビジ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP