Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/18
Update

映画『芳華(ほうか)Youth』あらすじとキャスト。監督フォン・シャオガンのヒット作が日本公開日決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

中国では公開1ヶ月で約230億円突破の大ヒット!

映画『芳華(ほうか)-Youth-』が2019年4月12日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開されることに決定しました。


(C)2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers
Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd

ヴェネチア、トロントなど数々の映画賞を獲得した巨匠、フォン・シャオガン監督が描く、1970年代の中国-激動の時代に軍歌劇団として前線で生きる若者

4000万人が涙した、美しく切ない青春ラブストーリー映画『芳華-Youth-』。

多くの人を虜にした本作の魅力を、解禁された本予告映像シーン写真の紹介も交えながらお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『芳華-Youth-』予告映像

雨の中、笑顔で敬礼のやり方を教わる少女がいました。

彼女が本作のヒロイン、シャオピンです。

1976年、軍の歌劇団へ希望を抱きながら入団したシャオピン。

華やかな踊りを披露するためには厳しいレッスンや、先輩方のいじめに耐えぬか無ければなりませんでした。

彼女の支えは模範兵のリウ・フォン。

踊りの居残り稽古の相手や、シャオピンの誰にも言えなかった悩みを親身に聞いてくれます。

彼に惹かれて行くシャオピンでしたが、リウ・フォンには想い人がいました。

交錯する若者の想い…。

ですが戦争の波は、彼らの青春もすべて連れ去ってしまいます。

前線で戦うリウ・フォン。

悲しみをこらえながら踊り、歌うシャオピン…。

彼らが再び笑顔で会える日は来るんでしょうか?

プールの色がこの作品を象徴するかのように、美しく切なく青く輝いています。

映画『芳華-Youth-』シーン写真


(C)2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers
Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd

解禁された、プールサイドでの笑顔の面々と、踊りの練習に励むシャオピンたち歌劇団のメンバー。

プールサイドでの写真はポスター画像にも使われている印象的な一枚です。

暑い日差しの中、トレーニングと息抜きを兼ねてプールに来たんでしょうか。

若者たちの笑顔がまぶしいですね。

また、もう一枚の踊りのレッスン風景。

視線や指先まで意識を向け、美しさを追い求めるシャオピンたちが映し出されています。

バレエと中国の伝統舞踊が融合した美しい舞踏のシーンも必見の本作。

ぜひ映像で堪能したいですね。

スポンサーリンク

映画『芳華-Youth-』の作品情報


(C)2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers
Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd

【公開】
2019年(中国映画)

【原題】
芳華

【監督・製作】
フォン・シャオガン(馮小剛)

【キャスト】
ホアン・シュエン(黄軒)、ミャオ・ミャオ(苗苗)、チョン・チューシー(鐘楚曦)、ヤン・ツァイユー(楊采鈺)

【作品概要】
『シュウシュウの季節』(1999)で知られるゲリン・ヤンの原作がもと。

文革、毛沢東の死、中越戦争など、時代や国を揺るがす事件が立て続けに発生した激動の1970年代。その時代の波に翻弄されながらも真っ直ぐに逞しく生きていく若者たちの美しく切ない青春の日々を描き出しました。

『唐山大地震』(2015)『戦場のレクイエム』(2009)の名匠フォン・シャオガンが映画化を切望し監督した本作。

リウ・フォン役は『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』(2018)のホアン・シュアンが務めます。

中国では、公開から1ヶ月で約230億円突破の大ヒットを記録しました。

映画『芳華-Youth-』あらすじ

1976年、軍で歌や踊りを披露し兵士たちを慰労し鼓舞する歌劇団・文工団に、夢と希望を持った17歳のシャオピン(ミャオ・ミャオ)が入団。

なかなか周囲となじめずにいる彼女の唯一の支えは、模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)でした。

だが、程なくしてリウ・フォンには秘密の想い人がいることが判明します。

報われない初恋、秘めた想い、嫉妬、悲しみと喜び、そして、交錯する若者たちのまっすぐで様々な想い。

時代が大きく変化していく中、ある事件をきっかけに、二人の運命は非情な岐路を迎え…。

スポンサーリンク

まとめ

フォン・シャオガン監督は本作への想いをこのように語っています。

「文工団での生活は何年経っても忘れることはなく、多くのことを記憶から忘れ去っても、この時代のことは私の心に永遠に刻み込まれています。過去の困難な日々を思い出しながら、それは色鮮やかな経験として蘇る。年月を経て、映画監督として60歳を迎えた時、この作品を撮りたいと思いました。」

20代の頃に実際に文工団に所属「いつか文工団をテーマにした作品を撮り続けたいと願い続け、初監督から数十年が経ち、ようやくその願いが叶った」というフォン・シャオガン監督。

何十年にもわたる男女の関係を軸に、文工団の若者たちの初恋と交錯する切ない想いが、心に沁みる美しい音楽に彩られ、描かれる青春ラブストーリー『芳華(ほうか)-Youth-』。

予告では離ればなれになってしまった彼らは、監督と本作のように、いつか再び出会いたいという願いが叶うんでしょうか。

バレエと中国の伝統舞踊が融合した美しい舞踏のシーンも必見です。

映画『芳華(ほうか)-Youth-』は2019年4月12日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国ロードショーです!

関連記事

新作映画ニュース

映画『クシナ』キャスト廣田朋菜インタビュー動画。監督や共演者と過ごした舞台裏を語る

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開。 鹿宮(カグウ)役の廣田朋菜インタビュー動画 女だけが暮らす山奥の集落を舞台へ、人類学者の女性が現れた事で、村に暮らす母 …

新作映画ニュース

土屋太鳳映画『春待つ僕ら』あらすじとキャスト。原作あなしん漫画を実写化

雑誌デザートで大ヒット連載中の累計300万部を突破した、あなしんの漫画『春待つ僕ら』が実写映画化しました。 主演の美月役は土屋太鳳、バスケ部のイケメン四天王に北村匠ら、幼なじみの亜哉役に小関裕太と、フ …

新作映画ニュース

ワールド・エクストリーム・シネマ201​8|作品あらすじと上映日程

「ワールド・エクストリーム・シネマ201​8」が10月13日(土)~10月26日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催が決定しました! いよいよ5周年を迎えたWECにて上映される個性豊かな4作品を …

新作映画ニュース

齋藤飛鳥の可愛すぎるキミオイのウェディング画像!『あの頃、君を追いかけた』本予告映像解禁

誰の心にも眠る“あの頃”の記憶を呼び覚まし、アジアで歴史的ヒットを記録した同名台湾映画のリメイク作品。 多感な10代を送った全ての人にささげる、可笑しくて切ない恋の記憶の物語。 『あの頃、君を追いかけ …

新作映画ニュース

『マダムのおかしな晩餐会』の上映館情報と映画冒頭の動画解禁。パリで始まる大人のロマンチック・コメディとは

映画『マダムのおかしな晩餐会』は、2018年11月30日 TOHO シネマズ シャンテほか全国順次公開。 © 2016 / LGM CINEMA – STUDIOCANAL – PM – …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP