Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの東野良子役は江口のりこ【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開!

『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国公開されます。

ピエロの仮面を被った凶悪犯に占拠された病院。鉄格子で閉ざされた空間からの脱出を試みる医師・速水と、女子大生・瞳の決死の脱出劇が描かれます。

この記事では、看護師・東野良子役を演じる江口のりこについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『仮面病棟』の作品情報


(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
知念実希人

【監督】
木村ひさし

【キャスト】

坂口健太郎、永野芽郁、内田理央、江口のりこ、朝倉あき、丸山智己、笠松将、永井大、佐野岳、藤本泉、小野武彦、鈴木浩介、大谷亮平、高嶋政伸

【作品概要】
現役の医師でもある人気ミステリー作家・知念実希人の累計発行部数100万部を突破した「病棟シリーズ」から、『仮面病棟』が、坂口健太郎を主演に映画化。

監督は、昨年公開したばかりの『屍人荘の殺人』をはじめ、ドラマ「99.9刑事専門弁護士」などスピード感あふれる演出を得意とする木村ひさし。

ピエロの仮面を被る凶悪犯に占拠された病院を舞台に、当直医・速水(坂口健太郎)と、怪我を負った女子大生・瞳(永野芽郁)が、危険な密室と化した病院からの脱出劇を繰り広げます。

ピエロの正体、犯行の真の目的とは。そして、病院に隠された秘密とは。

究極のノンストップ脱出医療ミステリーです。

映画『仮面病棟』のあらすじ


(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

先輩医師から頼まれて一夜限りの当直をすることになった速水秀悟。婚約者を事故で亡くした過去を持ちます。

その夜、ピエロの仮面をつけた凶悪犯が、鉄格子で閉ざされた病院を占拠し、身元不明の入院患者64人と職員たちと共に速水は閉じ込められてしまいます。

犯人に銃で撃たれて傷を負った女子大生・瞳を治療する速水。

瞳と共に脱出を試みるものの、かたくなに通報を拒む院長や、院長とともに何かを隠している様子の看護師、さらには身元不明の入院患者や隠された最新鋭の手術室など、次々と不可解な事態に直面し…。

スポンサーリンク

映画『仮面病棟』東野良子役は江口のりこ

参考映像:『お姉ちゃん、弟といく』(2006)

映画『仮面病棟』で東野良子役を演じる江口のりこは、1980年4月28日生まれの女優。本名および旧芸名は江口徳子(とくこ)。兵庫県出身。劇団東京乾電池、ノックアウト所属。

双子の姉と2人の兄、妹の5人兄妹の次女。

高校進学せずにアルバイトを始め、地元の神戸市の映画館に通う中で映画女優を志すようになります。

上京して、ファンだった岩松了がかつて所属していた「劇団東京乾電池」のオーディションを受けて入団。

2001年より、舞台『パック探偵団』『夏の夜の夢』などに出演。

2002年『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』で映画デビュー。

2004年、タナダユキ監督作品『月とチェリー』で主演に抜擢されました。

2006年主演の『お姉ちゃん、弟といく』では、数々の映画賞を受賞。

人気ドラマ『時効警察』で独特のキャラクターを演じるなど、名脇役としてじわじわと人気者に。

そのほか映画『愛がなんだ』『ソロモンの偽証』、ドラマ『わたし、定時で帰ります。』『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』など数々の話題作で活躍中。

映画『仮面病棟』東野良子はどんな役?

江口のりこ演じる東野良子は、坂口健太郎演じる主人公・速水が閉じ込められた病院の看護師。

高嶋政伸演じる田所院長と共に、何か秘密を隠している人物です。

スポンサーリンク

江口のりこの演技力の評価は

参考映像:『戦争と一人の女』(2012)

連ドラ常連の名バイプレーヤーとして、数多くの作品で大活躍中の江口のりこ。

2004年にタナダユキ作品『月とチェリー』で初主演。

2006年『お姉ちゃん、弟といく』でも主演し、第2回シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション(CO2)女優賞及び2008年ゆうばりファンタ審査員特別賞を受賞。

2012年には『戦争と一人の女』では、ヌードもいとわず官能的な主人公を体当たりで演じきりました。

江口本人は「演じる役は周囲に決めてもらうのがいい。自分でやれる役ややりたい役だけやっていたら傷つかないから面白くない」と女優道を語っています。

主演の一方で、個性派バイプレーヤーとしても大活躍。

NHK連続テレビ小説『マッサン』、大河ドラマ『花燃ゆ』、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』など数多くの作品でひっぱりだこの演技派です。

独特の世界観で大人気のドラマ『時効警察』シリーズでは、時効管理課の一員で、常に冷静でダメ出しするサネイエ役を好演し、話題となりました。

内村光良の『LIFE!~人生に捧げるコント~』にも準レギュラーとして出演。見事なコメディエンヌぶりをみせて、人気を博しています。

硬軟自在に演じ分けるカメレオン女優・江口のりこが、本作では疑惑を隠し持つ看護師役で出演。どんな怪演をみせるのか期待が高まります。

江口のりこの公式SNSの紹介

残念ながら江口のりこの公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

現役医師でもある知念実希人の人気ミステリー小説『仮面病棟』が、坂口健太郎と永野芽郁の共演で映画化。

繋がらない携帯電話、病院の鉄格子、秘密の倉庫、7人のカルテ、2つの手術台、65人の入院患者、撃たれた美少女。

散りばめられたピースがはまり、そしていくつかの仮面が剥がされた時、衝撃の真実が明らかとなります。

数多くの作品で活躍中の名バイプレーヤー・江口のりこが、疑惑を隠し持つ看護師・東野良子役で出演。コメディからシリアスな官能作まで演じ分ける演技派が作品を盛り立てます。

究極のノンストップ脱出ミステリー『仮面病棟』は、2020年3月6日公開です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』あらすじ。実話を基に描く大人のためのアニメーション

猫好き必見! 40年間、ある夫婦に連れ添った猫がいました――。 『スノーマン』『風が吹くとき』のレイモンド・ブリッグズ原作、ポール・マッカートニーがエンディング曲を書き下ろした話題のアニメーション映画 …

新作映画ニュース

小説版『哀愁しんでれら』結末ネタバレ!映画を原作に凶悪事件をもう一人のシンデレラの物語として描く

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー。 「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠 …

新作映画ニュース

アンソニーウォン映画『淪落(りんらく)の人』あらすじとキャスト。公開日は2020年2月1日に決定!

新人女性監督が描いた、香港中を涙と希望で包んだ感動作。 2019年、公開と同時に香港中を涙と感動で包み大ヒットを記録した『淪落(りんらく)の人』(原題:淪落人/英題:STILL HUMAN)が、202 …

新作映画ニュース

【青木柚×中尾有伽×越後はる香】舞台挨拶に登壇。映画『暁闇』初日レイト公開は満員の盛況!

映画『暁闇』は2019年7月20日(土)より渋谷ユーロスペースほかにて公開中! 「MOOSIC LAB 2018」長編部門で準グランプリと男優賞をW受賞し、韓国・全州国際映画祭でもインディーズ映画とし …

新作映画ニュース

映画『わたしはダフネ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館/。娘と父親の旅を描く感動作の予告編紹介!

第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門 国際批評家連盟賞受賞! 監督が SNS で見出した主演カロリーナに拍手喝采!! 最愛の母を亡くしたダウン症の娘と父親が、悲しみを乗り越えて、互いを理解し合うかけ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学