Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『カスリコ』あらすじとキャスト。監督高瀨將嗣が全編モノクロで賭場の人間模様を描く

  • Writer :
  • 石井夏子

裏社会で生きる人びとの姿を描く人情ドラマ。


(C)2018 珠出版

昭和40年代の土佐、究極のギャンブル“手本引き”に翻弄される人々、人生の哀歓を描いた映画『カスリコ』が2019年6月22日(土)渋谷ユーロスペースほかにてロードショーされます。

公開に先駆け緊張感溢れる賭場のシーンが映し出された予告編が解禁され、各界著名人よりコメントが届きました。

本記事では全編モノクロ、オール高知ロケによって描き出した『カスリコ』の魅力についてお伝えして行きます。

スポンサーリンク

映画『カスリコ』について


(C)2018 珠出版

“手本引き”に翻弄される人々、盆中(賭場)に満ちる冒険的で愛おしい人生の哀歓を全編モノクロ、オール高知ロケによって描き出した本作。

高知在住の國吉卓爾が、放蕩三昧だった若い頃に目にした、賭場の人間模様を基にシナリオを執筆し、第26回新人シナリオコンクール準佳作を受賞しました。

映画『ビー・バップ・ハイスクール』(1985)、「あぶない刑事」シリーズ、『マルタイの女』(1997)をはじめ、殺陣師として活躍する高瀨將嗣が監督を務め、賭場での札のやり取りには殴り合いを凌駕する緊張感が溢れます。


(C)2018 珠出版

キャストは、1986年に映画『君は裸足の神を見たか』の主演で俳優デビューを果たし、2018年にはドラマ『正義のセ』や『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』に出演するなど活躍を続ける実力派・石橋保と、ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズで新たな魅力を見せつけた宅麻伸という2人の名優をメインに迎えました。

中村育二、山根和馬、金児憲史、伊嵜充則、高橋かおり、高橋長英、小市慢太郎といったベテラン俳優が脇を固め、骨太な芝居を見せます。

また、西村雄正、大家由祐子、鎌倉太郎、池上幸平、掛水杏樹ら高知県の俳優がネイティブの土佐弁を披露しており、舞台・土佐の魅力をいかんなく発揮している点も注目です。

“カスリコ”とは


(C)2018 珠出版

賭場(盆)で客の世話や使い走りをして、わずかなご祝儀をもらう下仕事。

高知の賭場で呼称された隠語です。

“手本引き”とは


(C)2018 珠出版
1~6の数字のうち、親が選んだ1枚の札を複数の子が推理して当てるゲーム

親の性格やクセを読む心理戦の性質もあり、日本における「究極の賭博」とも言われています。

映画『カスリコ』の予告編

予告編では、主人公吾一が身を滅ぼすまでにのめり込み「賭博の終着駅」とも称される、日本が生んだ究極のギャンブル“手本引き”の緊張感溢れる賭場のシーンが映し出されます。

人生のやり直しを懸けた吾一の決意が伝わる予告編となっています。

あわせて、『仁義なき戦い 完結篇』の脚本家としても有名な高田宏治からは「モノクロの光と影でいのち札にかける男の情念の哀しさ愚かさを丁寧に描いて大人の映画にしている」とコメントが。

また、俳優・永島敏行からは「アクションも恋愛も無い映画だが、男の本能、血が騒ぐ映画だ」など、絶賛のコメントが寄せられました。

スポンサーリンク

映画『カスリコ』の作品情報

(C)2018 珠出版

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督】
高瀨將嗣

【脚本】
國吉卓爾

【音楽】
辻陽

【キャスト】
石橋保、宅麻伸、中村育二、山根和馬、鎌倉太郎、金児憲史、高橋かおり、高橋長英、小市慢太郎、西山浩司、高杉亘、伊嵜充則、及川いぞう、西村雄正、大家由祐子、池上幸平、服部妙子

【作品概要】
昭和40年代の高知県土佐を舞台に、裏社会で生きる人びとの姿を描く人情ドラマ。

高知在住の脚本家・國吉卓爾がシナリオ大賞に入賞した脚本を高知全編ロケ、多数の高知出身俳優出演で映画化しました。

吾一役を石橋保、五郎役を宅麻伸がそれぞれ演じます。

監督は殺陣師としても活躍する高瀬将嗣です。

映画『カスリコ』のあらすじ


(C)2018 珠出版

昭和40年代、土佐。

高知一の料理人と呼ばれた岡田吾一(石橋保)は、「賭博の終着駅」と言われる“手本引き”で破滅。

途方に暮れていたところをヤクザの荒木五郎(宅麻伸)に拾われ、かつて自分が客として入り浸った賭場の下働き「カスリコ」として働き始めます。

行き場のない吾一はプライドを捨てて懸命に働きますが、賭場の客たちやカスリコ仲間の悲喜交々を目の当たりにし、やがて人生を賭けた最後の大勝負に挑むことに…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 珠出版
男は己の人生に勝てるのか、再びどん底に落ちるのか。

脚本の國吉卓爾は、自身が目にしてきた賭場の人間模様を基にシナリオを執筆し、第26回新人シナリオコンクールにて準佳作を受賞ました。

國吉卓爾は本作の映画化について以下のように語っています。

若き日、放蕩三昧に生きていたあの頃、共に生きたひとたちの息吹を感じてもらえるよう、努力をしたつもりです。今回、映画化に至り、私の思い描いていた作品に仕上げていただき、監督をはじめ、全てのスタッフのご尽力に感謝します。

國吉卓爾が描いた当時の人びとを、高瀬将嗣監督らスタッフと、キャストの硬派な演技力で映画化した本作に期待が高まりますね。

全編モノクロだからこその説得力と緊迫感を、ぜひスクリーンで味わって下さい。

映画『カスリコ』は2019年6月22日(土)より渋谷ユーロスペースほかにてロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

【なら国際映画祭2020情報】 学生映画部門のコンペティション作品応募受付は5月15日まで延長!

NARA-wave2020/なら国際映画祭 ~学生映画・映像作品募集期間延長のお知らせ~ (c)なら国際映画祭 2020年9月18日(金)~22日(祝)に開催すべく準備中の「なら国際映画祭 2020」 …

新作映画ニュース

映画『ホムンクルス』の原作者は山本英夫!おすすめのカルト的人気を誇る漫画家のプロフィール解説

サイコミステリー『ホムンクルス』は2021年4月2日公開 山本英夫原作の国民的カルト漫画を、『呪怨』シリーズ、『犬鳴村』など国内外で活躍する日本ホラー界の巨匠・清水崇監督が綾野剛を主演に迎え実写化した …

新作映画ニュース

映画『彼女が好きなものは』あらすじ。キャスト神尾楓珠がゲイの男子高校生役で“カノホモ”実写作品に初主演!

「異性を愛し、家庭を築きたい。」 僕はゲイだ。だからって“ふつう”の幸せをあきらめたくない・・・。 交わることのない二人の恋を描いた恋愛青春小説『彼⼥が好きなものはホモであって僕ではない』が、『彼女が …

新作映画ニュース

映画『ピーターラビット2』あらすじ/キャスト/公開日。実写続編「バーナバスの誘惑」は都会で暴れまわる⁉︎

今度のピーターは“悪”に染まる!? 湖水地方を飛び出したピーターが都会で出会ったのは…。 イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されるウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター …

新作映画ニュース

映画『よこがお』筒井真理子×池松壮亮ら舞台挨拶に登壇。公開舞台挨拶会リポート

ロカルノ国際映画祭での反応に期待 『淵に立つ』の深田晃司監督と筒井真理子が再びタッグを組み、世界を目指すヒューマンストーリー『よこがお』。 (c)Cinemarche 2019年7月27日(土)に東京 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学