Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2024/04/19
Update

『風の奏の君へ』あらすじ感想と評価解説。松下奈緒×杉野遥亮共演作品は美しき茶畑の風景とピアノの旋律が紡ぐ切ない恋物語

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『風の奏の君へ』は2024年6月7日(金)より新宿ピカデリーほかで全国ロードショー!

お茶の名産地である岡山県美作地域を舞台に、ピアニストの女性と茶葉屋を営む兄弟が織りなすドラマを描いたラブストーリー『風の奏の君へ』が2024年6月7日(金)より新宿ピカデリーほかで全国ロードショーとなります。

あさのあつこの小説『透き通った風が吹いて』を原案に、美作市出身の大谷健太郎が監督・脚本を手がけました。

ピアニストとしても活躍する俳優・松下奈緒が主演を務め、「東京リベンジャーズ」シリーズの杉野遥亮、ロックバンド「flumpool」のボーカル・山村隆太が兄弟役を演じます。

のどかな岡山県美作を訪れた美しいピアニスト・里香。彼女が兄・淳也のかつての恋人だったことを知りながら、弟・渓也はどうしようもなく心惹かれていきます。

切ない三角関係が美しく描かれる本作の魅力をご紹介します。

映画『風の奏の君へ』の作品情報


(C)2024「風の奏の君へ」製作委員会

【日本公開】
2024年(日本映画)

【原案】
あさのあつこ

【監督・脚本】
大谷健太郎

【キャスト】
松下奈緒、杉野遥亮、山村隆太、西山潤、泉川実穂、たける、池上季実子

【作品概要】
あさのあつこの小説『透き通った風が吹いて』を原案に、自身も美作市で育った大谷健太郎が監督・脚本を手がけた切なくも美しいラブストーリー。美しい緑に萌える茶畑の風景の中で、ピアニストのヒロインと茶葉屋を営む兄弟との恋模様を描きます。

ピアニストとしても活躍する『風よ あらしよ 劇場版』(2024)の俳優・松下奈緒が主演。

東京リベンジャーズ」シリーズの杉野遥亮が弟・渓哉、ロックバンド「flumpool」のボーカルである山村隆太が兄・淳也を演じます。

祖母役を池上季実子が熱演。白髪1本にもこだわって色を6回抜き、周囲が誰も池上本人と気づけないほど本格的なおばあちゃん姿で役に挑戦しています。

映画『風の奏の君へ』のあらすじ


(C)2024「風の奏の君へ」製作委員会

美作で無気力な日々を過ごす浪人生の真中渓哉と、家業の茶葉屋「まなか屋」を継いで町を盛り上げようと尽力する兄・淳也は、やさしい祖母と三人で暮らしていました。

ある日、コンサートツアーで町にピアニストの里香がやってきます。2年前に彼女と出会っていた渓哉は、演奏中に倒れた里香を病院に訪ね再会します。

作曲のインスピレーションが得られるこの町を気に入った里香は、療養を兼ねて真中家の離れにしばらく滞在することに。

彼女はかつて大学時代の東京で、淳也と交際していました。淳也は再会した里香に冷たい態度をとりますが、渓哉は里香にほのかな恋心を募らせていきます。

実は里香には、どうしてもこの地へ来なければならない理由がありました……。

映画『風の奏の君へ』の感想と評価


(C)2024「風の奏の君へ」製作委員会

美しいピアノの音色に乗せて、切ない恋心が映し出されるラブストーリーです。

ピアニストでもある松下奈緒が圧巻のピアノ演奏を披露するとともに、悲しい運命を持つヒロイン・里香の心情を繊細に表現しています

高校時代に里香と偶然出会っていた渓哉は、彼女の美しさと柔らかな性格に惹かれます。しかし当時の彼女は兄・淳也の恋人であり、彼に会うために岡山を訪れていました。淳也との恋に終止符が打たれ、里香はひとり東京へと帰っていきます。

その2年後、ピアニストとなった里香は再び渓哉たちの住む町へとやってきました。演奏後倒れた里香を心配する渓哉。彼は再び里香に心を奪われるようになり、里香も優しい渓哉と心通わせるようになっていきます。

淳也は里香を拒絶し続けますが、里香は作曲のインスピレーションが湧くという理由で、療養も兼ねて真中家の離れに滞在することとなりました。

渓哉の里香に対する純粋な憧れ。里香の淳也に対する消えない恋心。冷たいそぶりの陰で今も里香への想いを秘めている淳也緑一面の茶畑の圧倒的な美を背景に、心に染み入るピアノの旋律に乗って、三人三様の切ない恋心が飛び交います

渓哉が憑依したかのように、まっすぐすぎるほど強い視線で里香を見つめる杉野遥亮から目が離せません。

真中兄弟を見守るやさしい祖母を演じる池上季実子にも注目です。普段の華やかなビジュアルから打って変わって、リアルなおばあちゃん姿で挑んだ渾身の演技に圧倒されます。

まとめ


(C)2024「風の奏の君へ」製作委員会

切なくすれ違う恋心をあたたかな視線で描くハートフルラブストーリー『風の奏の君へ』

美しい緑一面ののどかな茶畑、香り高くお茶を丁寧に入れるさま、ひたすら美しいピアノの旋律など、心癒やすシーンがたっぷり盛り込まれています。

茶葉屋を営む兄弟と美しいピアニストの切ない恋の行方を、どうぞ最後まで見届けてください。

映画『風の奏の君へ』は2024年6月7日(金)より新宿ピカデリーほかで全国ロードショーです。



関連記事

ラブストーリー映画

オムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』感想レビューと評価。宮本亮監督の「うわさのわれわれ」は噂話とそれに関わる男女を描いた群像劇

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)イオンシネマ名古屋茶屋ほか全国順次公開。 若手の監督とキャストによる、4つの恋愛ストーリーを描いた、映画『おかざき恋愛四鏡』。 それぞれ違う作風を持 …

ラブストーリー映画

『エゴイスト』ネタバレ映画原作のあらすじと結末の感想評価。鈴木亮平を主演で描き出す“BLの恋愛模様”

高山真の自伝的小説『エゴイスト』が2023年に映画になって登場! 『羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界』(集英社)『愛は毒か 毒が愛か』(講談社)など、数々のコラムを世に送り出し …

ラブストーリー映画

映画昼顔キャストとあらすじ!公開はいつから?試写会情報も

“決して、もう二度と。 せめて、もう一度。 ” 一躍“昼顔”旋風を巻き起こしたあの大人気ドラマのその後を描いた映画『昼顔』をご紹介します。 CONTENTS映画『昼顔』の作品情報映画『昼顔』のキャスト …

ラブストーリー映画

映画『民生ボーイと狂わせガール』あらすじネタバレと感想!ラストも

渋谷直角のサブカルマンガを大根仁監督により、キャスト妻夫木聡&水原希子主演で映画化! 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』をご紹介します。 CONTENTS映画『奥田民生になりた …

ラブストーリー映画

Netflix映画『ブルージェイ』ネタバレ感想と考察解説。大人のラブストーリーをアレックス・レーマン×マーク・デュプラスが描く

ロマンス映画『ブルージェイ』はNetflixで配信中! 映画『ブルージェイ』は、2016年に米国で限定公開されました。かつての恋人同士が偶然の再会を果たし、過去の思い出を振り返りながら互いの消せない記 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学