Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/06/07
Update

吉沢亮映画『あのコの、トリコ。』あらすじとキャスト。公開日はいつ?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

キラキラ映画『あのコの、トリコ。』は、10月5日(金)より、全国ロードショー!

主演に吉沢亮を迎え、ヒロインには新木優子、そして最強ライバルを杉野遥亮と、若手俳優たちがそろった、ドキドキの恋とキラキラの夢を追いかける、幼なじみ3人のシンデレラ・ラブストーリーです。

人気を博した白石ユキの同名のコミック「あのコの、トリコ。」を映画化したもので、地味で冴えないメガネ男子・頼は、大好きな雫のためにカッコよく変わっていこうとする姿と描いています。

また、頼、雫、そして、昴の幼なじみ3人が、恋と夢を追いかける物語になっています。

スポンサーリンク

映画『あのコの、トリコ。』の作品情報


(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

【公開】
2018年10月5日(金)(日本映画)

【原作】
白石ユキ「あのコの、トリコ。」(小学館「Sho-Comiフラワーコミックス」刊) 

【脚本】
浅野妙子

【監督】
宮脇亮

【キャスト】
吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮

【作品概要】
白石ユキ原作の同名の人気少女コミックを実写映画化。『続・最後から二番目の恋』などのテレビドラマで知られる宮脇亮の長編映画初監督作品。

主人公頼役を映画『ママレード・ボーイ』の吉沢亮が演じ、ヒロイン雫役を『僕らのごはんは明日で待ってる』の新木優子が務めます。また、恋のライバル昴役を『キセキ あの日のソビト』の杉野遥亮が演じています。

脚本は『NANA』『クローバー』などで知られる浅野妙子が担当。

映画『あのコの、トリコ。』のあらすじ

男子高校生の鈴木頼は、田舎で地味に暮らす冴えないメガネ男子。

そんな彼が、東京にある芸能コースを持つ高校に転入すると、幼い頃から好意を抱いてきた立花雫と再会を果たします。

女優という夢に向かい真っすぐに頑張りを見せる雫に、あらためて恋心を焦がす頼は、彼女が所属する芸能事務所に頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになりました。

さっそく、ランジェリー広告の撮影現場に行くと、共演する予定だった頼と雫の幼なじみでもある人気俳優の東條昴が、“あるアクシデント”で現場を放棄。

帰ってしまった昴によって、雫は降板させられるはめになるが、そんな雫を助けたい頼は、なんと、昴の代役を受けることにします。

頼はキャメラマンの前に立つと、別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずトキメキを感じます。

やがて、この広告が世間の注目を集め話題となり、頼、そして雫と昴の未来を変えていく…。

スポンサーリンク

映画『あのコの、トリコ。』の感想と評価

白石ユキの描いた原作「あのコの、トリコ。」は、「Sho-Comi」(小学館)に連載され、既刊5巻のコミックスは累計発行部数100万部突破。

主人公の地味で冴えないメガネ男子の鈴木頼は、大好きな雫のためにカッコよく変わっていく様子を描いたもので、今回の映画化は、『ママレード・ボーイ』や『BLEACH』の吉沢亮が演じています。

吉沢亮の2018年に映画出演作は、なんと7本も公開されるという人気ぶり。そんな誰もが認める美貌と演技力を兼ね備えた吉沢亮は、“最高に冴えない地味男子”をみごとに演じ切り、新境地を切り開きます。

大好きな“あのコ”のため、カッコイイ姿に変貌していく様子を魅力全開に表現することで、当初とのギャップもあり、あなたをトリコにすることでしょう。

そんな頼が一途に思いを寄せるヒロインの立花雫を務めるのは、non-noモデルとして活躍するなか、演技力への評価も高い新木優子。

ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(2016)、ドラマ『トドメの接吻(キス)』(2018)など、話題作への出演が相次ぎ、今夏『劇場版-コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命-』の公開も控えた、今注目女優です。

そして、頼のライバルで超人気イケメン俳優の東條昴には『キセキーあの日のソビトー』(2017)や『覆面系ノイズ』(2018)などで注目を集める杉野遥亮。

この今話題の3人のキャストが集められ制作されたのが、2018年秋注目のキラキラ映画『あのコの、トリコ。』なのです。

しかも、俳優たちを盛り上げるための脚本は、『今日、恋をはじめます』(2012)『クローバー』(2014)などのヒットに導いてきた浅野妙子が務めています。

この秋、恋と夢を追いかけるあなたも、“トリコ”にしてしまう、シンデレラ・ラブストーリーになっています。どうぞ、ご期待ください。

まとめ

原作白石ユキの「あのコの、トリコ。」を宮脇亮が劇場初監督デビューで完全映画化。

主演に吉沢亮を迎え、ヒロインには新木優子、そして最強ライバルを杉野遥亮と、魅力あるキャストがそろった作品です。

キラキラ映画『あのコの、トリコ。』は、10月5日(金)より、全国ロードショー!

ぜひともご期待ください。

関連記事

ラブストーリー映画

オムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』感想レビューと評価。宮本亮監督の「うわさのわれわれ」は噂話とそれに関わる男女を描いた群像劇

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)イオンシネマ名古屋茶屋ほか全国順次公開。 若手の監督とキャストによる、4つの恋愛ストーリーを描いた、映画『おかざき恋愛四鏡』。 それぞれ違う作風を持 …

ラブストーリー映画

映画『ゴッズ・オウン・カントリー』あらすじネタバレと感想。ラストの主人公ジョニーたちの決断が清々しい余韻を与える

“神の恵みの地“と呼ばれるイギリス・ヨークシャー地方を舞台に二人の孤独な青年の間に生まれる愛の行方を綴った映画『ゴッズ・オウン・カントリー』をご紹介します。 昨年7月に開催された「レインボーリール東京 …

ラブストーリー映画

ティモシー・シャラメ映画最新作『ホット・サマー・ナイツ』あらすじと感想。いち早く見どころ紹介

アメリカで2018年7月27日に公開された映画『Hot Summer Nights(原題)』。 主演は『君の名前で僕を呼んで』(2018)でおなじみ、実力派若手俳優のティモシー・シャラメ。 配給は『エ …

ラブストーリー映画

カンヌ映画祭2017『光』永瀬正敏の演技と河瀬直美監督への評価

永瀬正敏は河瀬直美監督の前作『あん』に引き続き『光』でも主演を果たして、2017年のカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを踏みました。 彼は日本人初の3年連続のカンヌ入りをした俳優。また、俳優人生では4 …

ラブストーリー映画

映画『殺さない彼と死なない彼女』ネタバレあらすじと感想。恒松祐里や箭内夢菜の提案を柔軟に取り入れる小林啓一監督の妙味

ねぇ、未来の話をしましょう! SNS漫画家・世紀末によるTwitter発の大人気4コマ漫画を『ももいろそらを』など青春映画を撮りつづけてきた小林啓一監督が実写映画化。 最高のスタッフと最高のキャストが …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学