Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/01/14
Update

映画『ベイビーティース』感想解説と考察。ラストまでエリザ・スカンレンの演技力と家族愛に泣ける感動作!

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『ベイビーティース』は、2021年2月19日(金)よりロードショー。

前衛的な世界観で少女の最初で最後の恋をヴィヴィッドに描き出した、シャノン・マーフィ監督長編デビュー作『ベイビーティース』。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019)のエリザ・スカンレンが、恋をすることで限りある命を謳歌し始めるミラ役を好演。

オーストラリアを代表する俳優エシー・デイヴィス、ベン・メンデルソーンも、彼女を見守る両親役でストーリーに厚みを持たせました。

2021年2月19日(金)よりロードショーされる映画『ベイビーティース』についてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ベイビーティース』の作品情報

(C) 2019 Whitefalk Films Pty Ltd, Spectrum Films, Create NSW and Screen Australia

【日本公開】
2021年(オーストラリア映画)

【原題】
BABYTEETH

【監督】
シャノン・マーフィー

【キャスト】
エリザ・スカンレン、トビー・ウォレス、エシ―・デイヴィス、ベン・メンデルソーン

【作品概要】
監督は、本作が⻑編デビューとなるシャノン・マーフィー。世界各国の映画祭を席巻、「注目すべき10人の監督」(Variety誌)にも選出されています。

ミラ役は『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019)で注目を集め「次世代スター10人」(Hollywood Reporter誌)にも選ばれたエリザ・スカンレン。

モーゼス役には、本作でヴェネチア国際映画祭にて最優秀新人賞を受賞したブレイク必至のトビー・ウォレスが務めました。

映画『ベイビーティース』のあらすじ

(C) 2019 Whitefalk Films Pty Ltd, Spectrum Films, Create NSW and Screen Australia

16歳の高校生、ミラは、病に体を蝕まれ、思うように過ごせないもどかしさを感じていました。

カウンセラーの父ヘンリーと、元ピアニストの母アナは、ミラをとても愛していて、それゆえ過保護気味。

ある朝、ミラは、モーゼスという青年と出会います。彼に興味を持ったミラは、なりゆきで、彼にお金を渡すかわりに、自分の髪の毛のカットを頼みます。

モーゼスは23歳で無職。全身タトゥーだらけで、ドラッグ漬け。実家から勘当されている彼には、帰る場所がありません。

ミラの両親は、モーゼスと付き合うことを反対しますが、ミラは分け隔てなく接してくれるモーゼスに恋をしました。

ミラの世界は、モーゼスと関わることで、刺激に満ちたものとなっていき…。

スポンサーリンク

映画『ベイビーティース』の感想と評価

(C) 2019 Whitefalk Films Pty Ltd, Spectrum Films, Create NSW and Screen Australia

舞台を映像作品として昇華

本作『ベイビーティース』は、脚本を担当したリタ・カルネハイスによる同名舞台『BABYTEETH』を原作としています。

少ない登場人物、その中での濃密な関係性、時空の飛躍など、その名残を感じさせます。

そしてそこに、映像だからこそできるカメラワークを駆使。ミラ視点での場面では、吐息を感じられるほどのクローズアップで彼女の感情の変化を捉え、両親視点での場面は、広角レンズを使用した長回しで、彼らの空虚な関係性を捉えることに成功しています。

また、色も効果的に使い、ミラの心情を表現。ミラが被るウィッグの色であり、作中に何度か登場するターコイズブルー(青緑色)は、明るい空や南国の海のような、開放的なイメージの色です。

ブルーには「内向的」「コミュニケーション」という意味が、グリーンには「調和」「バランス」という意味があります。

そのふたつが合わさったターコイズブルーには、「周囲と調和してバランスを図りながらコミュニケーションを取る」という意味が生まれ、まさにバラバラになりそうな家族や、孤独な人々を繋いでいくミラにぴったりはまります。

ミラの輝きと両親の葛藤の対比

(C) 2019 Whitefalk Films Pty Ltd, Spectrum Films, Create NSW and Screen Australia

ミラは16歳ですが、まだ生え変わらない乳歯があります。それは大人から守られてきたミラ自身。

両親は心配と愛情から、ミラを無理に押し込めてきました。ミラがいたからこそ繋がっていられたヘンリーとアナにとって、ミラを失うかもしれないという恐怖は耐え難いもの。

そこへ、ヘンリーたちが深く関わりたくないタイプの人間・モーゼスが入り込むことで、本作はスリリングに展開していきます。

モーゼスと出会うことで、ミラは揺れ、大人への階段を駆け足で上ります。今までできなかったこと、禁止されていたことを、モーゼスと経験していくミラは、危うい美しさをまとい始めます。

命の炎を燃やして輝くミラと反対に、崩れ落ちそうになりながらも必死で家族であろうとするヘンリーとアナの葛藤に胸が締め付けられました。

ミラ役のエリザ・スカンレンは、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019)にて三女のベス役で注目を集めた若手実力派

本作では、死んだように生きていた冒頭から、命ある限り精一杯に生きようと変化していくミラをキュートに演じています。少女らしさの中にふと現れる色気にもドキッとさせられました。

相手役のモーゼスを演じるのは、13歳で出演した映画デビュー作『Lucky Country』(2009)で、オーストラリア映画協会賞最優秀若手俳優賞にノミネートされたトビー・ウォレス

本作では、どうしようもないダメ男・モーゼスをリアリティたっぷりに体現し、ヴェネチア国際映画祭にて最優秀新人賞を受賞。やり場のない孤独を抱えたモーゼスが、ミラと関わることで平穏を取り戻していくさまにも注目です。

そして、両親役のエシー・デイヴィスとベン・メンデルソーンの演技力にも魅了されます。アーティスト気質で、繊細な母親アナと、包容力があるようで、実は迷ってばかりの父親・ヘンリーの姿に、激しく心を揺さぶられました。

まとめ

(C) 2019 Whitefalk Films Pty Ltd, Spectrum Films, Create NSW and Screen Australia

本作は、お涙頂戴の難病もの映画とは一線を画しています。無鉄砲なミラの言動は、生きていることへの喜びに満ちており、不思議な愛おしさで包み込んでくれます。

ただただ一所懸命に目の前にいつ人物にぶつかっていくミラの姿は、観客の心をつかんで離さないことでしょう。

派手さはありませんが、鑑賞後、時間が経つにつれ、じんわりと心にしみ入ってくる、温かいラブストーリーです。
 
映画『ベイビーティース』は、2021年2月19日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国で公開




関連記事

ラブストーリー映画

ジエン・マンシュー映画ママダメ主演の女優のプロフィールは?

映画『ママダメ』のヒロイン役を演じた台湾の女優の簡嫚書(ジエン・マンシュー)が、ネットで可愛いと大注目。 ジエン・マンシューは、どのような女の子なのでしょう? スポンサーリンク CONTENTS1.映 …

ラブストーリー映画

瀬々敬久映画『糸』あらすじ感想とレビュー評価。菅田将暉×小松菜奈が中島みゆきの名曲を描くラブストーリー

監督は瀬々敬久、主演は菅田将暉と小松菜奈。 中島みゆきの名曲『糸』をモチーフにしたラブストーリー 映画『糸』は、1998年にリリースされた中島みゆきのヒット曲「糸」をモチーフにして、『8年越しの花嫁 …

ラブストーリー映画

映画キミスイ北村匠海(高校生)演技評価と感想【君の膵臓がたべたい】

『君の膵臓をたべたい』の劇場公開日は2017年7月28日より全国一斉ロードショー! 学生時代の僕を演じた北村匠海に注目して、今回は映画「キミスイ」のご紹介をします。 スポンサーリンク CONTENTS …

ラブストーリー映画

映画『蝶々夫人』ロイヤルオペラの公開日と上映館は?

映画館でオペラを観るのはいかがでしょうか? 日本に魅せられたプッチーニが書き上げたオペラ名曲『蝶々夫人』。ロイヤル・オペラは2017年5月26日(金)から公開! 他人を愛することを知ったわずか15歳の …

ラブストーリー映画

映画パーフェクトレボリューション清野菜名(ミツ)評価と演技力は?

リリー・フランキーを主演に、ヒロイン役に清野菜名を抜擢して、障がい者の恋と性をポップに描いた映画『パーフェクト・レボリューション』が、2017年9月29日(金)に公開されることが決定しました。 ヒロイ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学