Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2016/12/07
Update

映画『3泊4日、5時の鐘』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2016年10月開催された、第29回東京国際映画祭のコンペティション部門にて、新作『雪女』を発表して話題となった杉野希妃監督。

女優や監督として多才ぶりが注目される一方。彼女は若き才能の育成を目的として製作を務め、そこで見事に開花させた新鋭の三澤拓哉監督をご存知でしょうか。

今回は、デビュー作でありながら海外映画祭でも上映された、『3泊4日、5時の鐘』をご紹介します。

映画『3泊4日、5時の鐘』の作品情報

【公開】
2014年(日本・タイ)

【脚本・監督】
三澤拓哉

【キャスト】
出演
小篠恵奈、杉野希妃、堀夏子、中崎敏、柳俊太郎、福島珠理、二階堂智、兵藤公美、松崎颯花、坂椎南、三澤啓吾、ドンサロン・コーウィットワニッチャー、飯島珠奈、オノエリコ、夏都愛未、大崎優花、三島ゆういち、畑野秀明、折田侑駿、末永典子、伊藤沙弥、香知念沙也樺、石井優月、高橋俊之介、森浩章、伊藤久美子、三津谷葉子

【作品概要】
三澤拓哉監督は、日本映画大学に在籍中に初監督デビュー。監督の出身地である茅ヶ崎で撮影を行い、巨匠小津安二郎監督ゆかりの「茅ヶ崎館」の舞台にして繰り広げられる群像劇を描きました。

三澤監督の非凡な才能は、人物像の徹底的に書き込むことではなく、映画的な構造やシネフィル的な要素に重点が置いた演出が見られます。(例:トランプやサンドイッチ、遺跡発掘といった「重層」を一貫したイメージで描かれる)

映画『3泊4日、5時の鐘』のあらすじとネタバレ

『3泊4日、5時の鐘』
(C)Wa Entertainment, Inc.

神奈川県茅ヶ崎に古くからある旅館「茅ヶ崎館」。旅館の長女の理沙の結婚披露パーティーに出席するため、元同僚の花梨と真紀がやって来ます。

花梨は、部屋に着いて早々に、茅ヶ崎館のアルバイト大学生の知春に気のある素振りで近づきます。しかし、生真面目な真紀は、学生を弄ぶような彼女の態度や、いい加減な様子を口うるさく注意をします。

翌日になっても花梨は、真紀の事などは御構いなしに自分勝手な行動で、真紀との海に行く約束を無視して、知春とデートまがいなことに勤しみます。

ついに、怒りを抑えきれなくなった真紀は、苛立ちを募らせて花梨に感情をぶつけてしまいます。

そのよう時に、大学のゼミ合宿を引率する大学教授の近藤たちが、「茅ヶ崎館」に泊まりに来ます。

懐かしい近藤教授に会った真紀は、花梨の事など忘れたかのように、恩師近藤へ学生時代に恋心を取り戻したかのように、真紀の気持ちは燃え上がってしまいます。

また、そのゼミ合宿には、知春を慕う大学生の彩子いて、花梨に知春気は気があるのではないかと気を揉みます。

『3泊4日、5時の鐘』
(C)Wa Entertainment, Inc.

以下、『3泊4日、5時の鐘』ネタバレ・結末の記載がございます。『3泊4日、5時の鐘』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

理沙の弟の宏太は、花梨に興味があるような素振りも見せてはいますが、いつも世話を焼いてくれる姉に好意があり、本心からは姉の結婚を快くは思っていません。

そんな矢先、真紀は、廊下の奥にある厨房で、幸せな結婚を迎えるはずの理沙と、憧れの大学教授近藤が浮気の真っ最中を目撃。

またも、怒りに打ち震える真紀は、手にしていたワインを理沙にぶちまけます…。

それぞれの男女7人が思いおもいにならぬ感情を持ち合わせながら、結婚披露パーティーに出席をします。

「ムーライト・セレナーデ」の演奏が流れる中、それぞれが心中とは異なりながらもペアを組んでチークダンスを踊ります。

そして残った2人が、真紀と花梨。「余っちゃった…」手を取り合い踊る2人…。

結婚式を盛り上げる余興の凧揚げは、風を受けながら舞い上がって行くと、男女7人はそれぞれに空を見上げるのです。

映画『3泊4日、5時の鐘』の感想と評価

三澤拓哉監督に、ある雑誌のインタビューをさせていただいた際に、映画へのたくさんの思いを聞かせていただきました。

その際にお聞きしたことを混じえながら感想を述べいきたいと思います。

三澤監督は、クランク・イン前にプロデューサーなどから、ジャック・ロジェ監督やホン・サンス監督などを参考にしてはどうかとアドバイスを受けたそうです。

しかし、三澤監督は、かつてから思い入れの強かったウッディ・アレン監督への影響が色濃く出た作品に仕上げています。

ラストシーンの浜辺の結婚披露パーティは、ウッディ・アレンの『スターダスト・メモリー』のオマージュが熱く詰まったハッピーエンドとなっています。

大学生監督としては異例づくしの快挙を達成。海外の映画祭で多くの評価を得たようです。

ギリシャで開かれたシロス国際映画祭最優秀作品賞、北京国際映画祭「注目未来部門」最優秀賞受賞など、合わせて海外6カ国の映画祭に参加したのです。

まとめ

『3泊4日、5時の鐘』
(C)Wa Entertainment, Inc.

この作品に描かれた男女7人は、それぞれの思いのようなペアになれませんでした。三澤監督は、人生とはそんなものだと他人を見つめて、どうしても余りの人が出てきてしまう姿を描いていたように思います。

ペアになれなかった人を、この作品のラストシーンでは結びつけていきます。

そのペアは、必ずしも男女の組み合わせや、仲の良い者同士だけではない。同性や不仲な者どうし、いわば既存の価値ではない者をペアとして結びつける。

そんなカラッとした開放感を漂わせながら、そのようなペアでチークダンスを踊らせるという演出は見事なものでした。

劇中に行われたトランプのババ抜きゲームのペア作りや、少女が書いた作文表彰される話題では、「LGBT」の問題が登場します。全てはこのラストシーンのために、三澤監督が撒いたキーワードなのです。

また、そのラストシーンを包み込むように流れる曲が、三澤監督が愛してやまないウッディ・アレンの映画『スターダスト・メモリー』の挿入曲「ムーンライト・セレナーデ」。

空に舞い上がるコントロール不能な凧。どうにもままならないものの象徴であり、それを見上げる人々の心には、どのような状況でも上を向いていこうという希望を感じ取ることができるのではないでしょうか。

三澤拓哉監督も、この処女作から未来の希望を見上げているのかもしれません。

ぜひ、ご覧管いただきたい作品です。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『ひるなかの流星』あらすじとキャスト一覧。【永野芽郁×三浦翔平×白濱亜嵐出演】

“はじめて人を好きになった瞬間、はじめての告白、はじめての失恋、そしてはじめての…” 究極の三角関係を描いた胸キュン度200%のラブストーリー『ひるなかの流星』をご紹介します。 スポンサーリンク CO …

ラブストーリー映画

映画『海の底からモナムール』あらすじと感想考察。幽霊のラブストーリーは海よりも深い純愛である

映画『海の底からモナムール』が2021年3月27日(土)より、大阪シネ・ヌーヴォでの1週間限定上映が決定! フランス出身のロナン・ジル監督が日仏合作で挑んだ映画『海の底からモナムール』。桐山漣、清水く …

ラブストーリー映画

海辺の生と死キャストとあらすじ&試写会情報【満島ひかり主演映画】

そこは“神の島”―。はかない恋の一瞬のきらめきを描いた恋愛映画がここに誕生。 『夏の終り』以来4年ぶりの単独主演を務めた満島ひかりさんの野生の魅力が溢れた『海辺の生と死』をご紹介します。 スポンサーリ …

ラブストーリー映画

映画『アンナ(1966)』あらすじネタバレと感想。2019年にデジタルリマスター版にて復刻リバイバル

世界がアンナに恋をした。 伝説の女優アンナ・カリーナ、幻の傑作。 『アンナ』は始め、1966年、フランス国営放送が初のカラーテレビ番組として製作した作品でした。 主演のアンナ・カリーナは『気狂いピエロ …

ラブストーリー映画

映画『巴里のアメリカ人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『巴里のアメリカ人』は、アーサー・フリード、ヴィンセント・ミネリというMGMミュージカルの黄金コンビが、ジーン・ケリーを主役に、新星レスリー・キャロンを迎えて撮った傑作ミュージカルです。 以下、あらす …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学