Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/10/06
Update

韓国映画『ただ君だけ』ネタバレ感想とラスト結末。日本リメイク“きみのめ”原作の感動ラブストーリー

  • Writer :
  • 石井夏子

孤独な元ボクサーと目の不自由な女性のラブストーリー。

吉高由里子と横浜流星のW主演で、2020年10月23日(金)より全国ロードショーされる恋愛映画『きみの瞳が問いかけている』。

その原作となったのが、2011年製作の韓国映画『ただ君だけ』です。

孤独な元ボクサーをソ・ジソブが、彼と心を通わせていく目の不自由な女性をハン・ヒョジュが演じました。

すれ違う切ない恋、迫力たっぷりのアクションと、見応えたっぷりの一作です。

スポンサーリンク

映画『ただ君だけ』の作品情報

(C)2011 SHOWBOX / MEDIAPLEX AND HB ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2012年(韓国映画)

【原題】
오직 그대만

【英題】
Always

【監督】
ソン・イルゴン

【キャスト】
ソ・ジソブ、ハン・ヒョジュ、カン・シニル、パク・チョルミン、チョ・ソンハ、オ・グァンロク、キム・ジョンハク、キム・ミギョン

【作品概要】
『マジシャンズ』(2007)のソン・イルゴンが監督を務め、『映画は映画だ』(2009)、『Be With You いま、会いにゆきます』(2019)のソ・ジソブが主演したラブストーリー。

チャールズ・チャップリンの名作『街の灯』(1931)をモチーフに、孤独な男性と目が不自由な女性の純愛を描きます。

ヒロインのジョンファ役に、日本でも話題を呼んだ大河ドラマ『トンイ』(2010)ではタイトルロールを演じたハン・ヒョジュ。

映画『ただ君だけ』のあらすじとネタバレ

(C)2011 SHOWBOX / MEDIAPLEX AND HB ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

30歳のチョルミン(ソ・ジソプ)は、将来を期待された実力派のボクサーでしたが、いまはボクシングから離れ、朝はミネラルウォーターの配達、夜は駐車場の料金所で働いています。

料金所の仕事を引退するという年配男性から、仕事を引き継いだチョルミン。その夜、料金所の狭い一室に、見知らぬ女性がやってきて、親しげにチョルミンに話しかけながら、自分の作ってきたご飯を手渡します。

目が不自由なその女性ジョンファ(ハン・ヒョジュ)は、引退した年配男性と交流があり、一緒にご飯を食べたりテレビドラマを見たりしていたため、チョルミンのことを年配男性だと思って接していたんです。

チョルミンの声で、彼が年配男性では無いと知ったジョンファは料金所を立ち去ろうとしますが、外は雨が降り、真っ暗。チョルミンはジョンファに、料金所でドラマを見ていくよう声を掛け、引き止めます。

その日から、ふたりの不思議な交流が始まりました。ドラマを全身で楽しむジョンファの様子を、チョルミンは黙って見つめるという、穏やかな時間が流れます。

帰り際に握手を求められたチョルミン。ジョンファは握り返してきた彼の手の硬さに驚き、どんな職業をしていたのかと興味を抱きますが、チョルミンは手を引っ込めて、何も語ろうとはしませんでした。

ある夜、駐車場から出てきた車のクラクションに驚いたジョンファは、転んで足を怪我してしまいます。チョルミンは病院に付き添い、家まで送ることに。

電車の中で名前を尋ねられた彼は、「ジャン・マルセリーノ」だと答えました。

駅からジョンファの自宅までは、チョルミンが彼女をおんぶします。元ボクサーの彼は体力に自信がありましたが、あまりに急で長い階段に息を切らせます。

途中、近所の子どものいたずらを受けながらも、なんとか無事にジョンファを自宅まで背負ったチョルミン。自宅の排水口のつまりも直してくれたチョルミンへのお礼に、ジョンファはコンサートのチケットを渡しました。

一緒に行く相手がいないと断ろうとするチョルミンでしたが、ジョンファと一緒にコンサートに行く約束をします。

コンサート当日。お互いにいつもよりおしゃれをして待ち合わせし、コンサートを楽しみました。

その後、ジョンファは、父とよく行ったという店へチョルミンを連れ出します。

自分の「目」のことを語るジョンファ。目が悪くなる前は、大学で彫刻を専攻していたこと。彫刻のことは思い出せるのに、父や自分の顔は思い出せないこと。

毎日見ていたはずなのに、記憶しようとは考えていなかった、忘れてしまった大切なもののことを、彼女は笑顔で語ります。

そして、チョルミンに、昔は何をしていたのかと質問します。答えたくないチョルミンは、冷たい態度で彼女を傷つけてしまいました。

別れ際、謝るジョンファに、チョルミンはぽつりぽつりと、自分のことを打ち明けます。

「30歳。ボクシングをしてた。若い頃はかなりのワルだった。でも今は違う」。

さらに、自分が不器用ゆえにうまく伝えられなかっただけで、ジョンファを傷つけるつもりはなかったと言いますが、ふたりは気まずい空気のまま別れます。

その日から、ジョンファは料金所には訪れなくなりました。

チョルミンが以前お世話になっていたボクシングジムの館長と、兄貴分であるトレーナーが、彼を連れ戻そうと声をかけます。ボクシングはもう稼げないから、総合格闘技をやってみないかと言うんです。

そこでチョルミンは、ボクシングだけでは生活できず、副業で借金の取り立ての「殴り屋」の仕事をして、4年3ヶ月刑務所に入っていたことを明かしました。

彼が最後に取り立てようとした男は重傷を負い、今でもキリスト教系の病院に入院しています。

その病院のシスターに、洗礼名としてチョルミンにつけられたのが、「ジャン・マルセリーノ」でした。シスターは、修道会で障がい者が作ったというカチューシャを、チョルミンに渡します。

一方、ジョンファが帰宅しようとすると、家の前に上司が待ち伏せしていました。コールセンターで働くジョンファに、立場を利用していつも過度なスキンシップをしたり、プレゼントを渡して食事に誘ってきたりする男です。

無下にするわけにもいかず、ジョンファは上司を家に上げますが、荒々しい態度に急変した彼に、ジョンファは押し倒されてしまいます。

チョルミンがやってきて、上司をジョンファから引き離し、殴って追い出しました。

ジョンファは仕事を失ってしまうことに怯え、チョルミンを責め立てます。チョルミンはシスターにもらったカチューシャをそっと置き、彼女の元を去りました。

ですが、彼は彼女を見捨てませんでした。彼女が外出する時は、少し離れて後を見守ります。

久しぶりに料金所を訪れ、仕事を辞めたと告げるジョンファ。

ふたりは、チョルミンの運転で、彼が育った養護施設跡に出かけます。車に乗る前に、チョルミンは、ゴールデンレトリバーの子犬「ディンガ」をジョンファにプレゼント。

孤児だったチョルミンは、養護施設で育ちましたが、洪水で今は跡形もなくなり、湿地になっています。僕には帰るところがないと呟くチョルミンに、「石をひとつ探して」と言うジョンファ。

お互いに拾った石を、相手だと思って持っていてと優しくジョンファは語り、ふたりは手を繋ぎました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ただ君だけ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ただ君だけ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2011 SHOWBOX / MEDIAPLEX AND HB ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

チョルミンは、ボクシングジムを訪れ、格闘技界デビューを目指し、特訓を始めます。そしてジョンファの家をリフォームし、段差を無くし家具の角を削り、窓を新しくして光が差し込むようにしました。

ジョンファは彼の優しさに胸を打たれ、彼の顔を優しく触れます。ふたりはキスを交わし、お互いの気持ちを確かめ合いました。

格闘技の世界でもメキメキと頭角を表していくチョルミン。

ジョンファとの同棲生活も順調です。点字で書かれた本でマッサージを覚えたジョンファは、チョルミンにマッサージをして労わります。

チョルミンは、彼女の彫刻の才能を生かすため、アトリエを持とうと提案。ふたりの夢は膨らんで行きます。

5月5日のこどもの日。ジョンファは亡くなった両親の墓にチョルミンを連れていき、両親に彼を紹介し、両親が亡くなった日のことを語り出します。

数年前のこどもの日。ジョンファの運転で、家族3人は旅行に向かっていました。

雨が降り、視界が悪い夜のこと。突然近くのビルから、火達磨になった人間が飛び降りるのが目に入ってきたんです。動転したジョンファの車と、横から来たトラックは衝突。

その事故でジョンファの両親は亡くなり、彼女も視力を失いました。

チョルミンは、過去の過ちを思い出します。警察に捕まる前の最後の取り立てで追い詰めた男。

彼は目を離した隙に全身に灯油をかけ、火を放って飛び降りようとしたんです。チョルミンは手を差し伸べましたが、男はビルから飛び降りました。

窓の外は雨。数台の車が事故を起こし、横転していました。

あらゆる元凶が自分だったとチョルミンは気づき、絶望します。

そんな時、ジョンファの主治医から、一刻も早く角膜手術をしないと彼女は完全に失明すると告げられたチョルミンは、手術代稼ぎのために、裏の格闘技界と通じている元弟分のテシクを訪ねます。

テシクから与えられたのは、タイで行われている、命を掛けた対戦試合。

ジョンファに迷惑がかからないよう、チョルミンは彼女の家から自分の痕跡を消し、手術に向かう彼女に「外で待ってる」と言い残し、「キム・ハクソン」という別人になりすましてタイに向かいます。

ルール無用の対戦試合で、なんとか勝利を収めたチョルミン。追加の仕事としてダイヤの運搬を依頼されますが、引き渡しの寸前で何者かに刺されて意識を失ってしまいます。

手術に成功し、視力を取り戻したジョンファですが、ともに喜んでくれるはずのチョルミンは姿を消しました。捜索願を出そうにも住民登録番号もわからないため、警察は取り合ってくれません。

ふたりで暮らした家も、取り壊しのために立ち退きすることに。そこへ、チョルミン宛の荷物が届きます。

中身は手作りのカチューシャ。送り主は、チョルミンが最後に取り立てた、あの火達磨になった男性からでした。

ジョンファは男性が入院している病院を訪れます。彼は、チョルミンからジョンファの話を聞いていました。そして、自分が火傷を負った5月5日の話をします。

ジョンファは全てを悟りました。

2年後、ジョンファは自分のアトリエを持ち、陶芸品を販売して生活ができるようになっていました。仕事が休みの日は、病院でマッサージのボランティアもしています。

ある日、訪れた病院で、「キム・ハクソン」という新たな入院患者にマッサージを施すジョンファ。話すことができず、顔には傷を負い、痩せ細った「キム・ハクソン」の正体がチョルミンということに、ジョンファは気づきません。

チョルミンはかつて拾った石を握り締めながら、黙って涙を流します。

足に障がいが残ったものの、退院したチョルミンは、ジョンファの陶芸品が売っている店に向かいます。そこで夜香木の鉢植えを買い、その隣に置いてあった、ふたりで飼っていた亀を持ち去ります。

店を出ると、すっかり大きくなったゴールデンレトリバーのディンガが鳴きながらチョルミンに飛びついてきました。謝るジョンファに、何も言わずに立ち去るチョルミン。

店に戻ったジョンファは、夜香木が売れ、亀の入っていた瓶が無くなったことを知り、彼こそがチョルミンだと気づき、慌てて追いかけますが、見つけることができませんでした。

チョルミンは、養護施設のあった湿地に亀を放します。そこへ、ジョンファがやってきました。傷ついた彼の姿に涙を流し、謝るジョンファ。

労わるように優しく彼の顔を撫でた後、互いに抱きしめ合い、笑顔を浮かべるふたり。

チョルミンの声が聞こえます。

「ジョンファ。愛してる」

スポンサーリンク

映画『ただ君だけ』の感想と評価

(C)2011 SHOWBOX / MEDIAPLEX AND HB ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

本作の原案となったのは、“喜劇王”チャールズ・チャップリン監督・主演の映画『街の灯』(1931)。目が見えないヒロインの手術代のために、格闘技の試合に出ることになった主人公、という元の設定を膨らませ、両思いのラブストーリーとして生まれ変わらせました。

『街の灯』が自己犠牲の無償の愛ならば、本作は贖罪を愛を持って赦すことを描いています。

ジョンファとチョルミンの過去がつながっているという点は、ドラマ的ではありますが作品として無理のない設定になっており、チョルミンが自分の命をかけても償うという大きな決意に繋がるポイントになっていました。

ソ・ジソブは、暗い瞳をした口数の少ないチョルミン役で物語を牽引

ぽつりぽつりと語る言葉に込められた力と、ジョンファに出会って笑顔になっていく様子が、とても丁寧に積み重ねられていきます。撮影に入る前に1ヶ月半かけてトレーニングをしたという身のこなしと肉体美にも注目です。

また、ジョンファを演じたハン・ヒョジュの愛らしいこと。瞳は動かさずにくるくると変わる豊かな表情に、チョルミンでなくても引きつけられてしまいます。

目が見えるようになった後の、少し落ち着いたトーンでの演技も、チョルミンを失った彼女の2年間を想像させてくれました。

そして、出番は少ないながらも、『82年生まれ、キム・ジヨン』(2020)でも好演している、シスター役のキム・ミギョンが絶妙な存在感を出しています。包容力のあるシスターを軽やかに演じ、このシスターがいたから、チョルミンが足を洗えたんだと納得させられました。

まとめ

(C)2011 SHOWBOX / MEDIAPLEX AND HB ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

本作でジョンファはチョルミンを「アジョシ」と呼んでいます。日本語では「おじさん」と訳されてしまいますが、「アジョシ」には、年上の男性に親しみと尊敬を込めた、「おじさん」とはちょっと違ったニュアンスもあります。

日本版リメイクである『きみの瞳が問いかけている』では、ジョンファにあたる吉高由里子が、チョルミンにあたる横浜流星を「おじさん」と呼んでいる予告編が見られます。

横浜流星は「おじさん」と程遠い年齢とキャラクターですので、「おじさん」呼びをする理由になった、日本版ならではのエピソードが組み込まれているんじゃないでしょうか。

チャン・チョルミン、ジャン・マルセリーノ、キム・ハクソンと、さまざまな名前を持ったチョルミンを、愛おしそうに「アジョシ」と呼ぶジョンファ。

退院後は言葉を発さなくなってしまったチョルミンですが、チョルミンのラストの「声」は、きっとジョンファに届いたはずです。

リメイク公開を前に、ぜひ『ただ君だけ』もご鑑賞ください。温かな気持ちに包まれますよ。







関連記事

ラブストーリー映画

映画『ホットギミック』ネタバレ感想。山戸結希が『溺れるナイフ』以上に作家性を発揮した完成度!

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』は、2019年6月28日(金)より全国ロードショー 山戸結希監督がジョージ朝倉の原作を映画化した『溺れるナイフ』(2016)に続いて、再び少女漫画作品を実写映 …

ラブストーリー映画

映画『貌斬りKAOKIRI』感想と考察!ディザスタームービーの俳優たち

本作『貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より』は、細野辰興監督の10作品目で、ひとつの節目となる作品です。 この作品の題材に用いられたのは、「長谷川一夫の暴漢顔切り事件」。 昭和 …

ラブストーリー映画

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』あらすじネタバレ感想。原作は東野圭吾の異色恋愛小説

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』は、2019年5月31日(金)より全国ロードショー! 東野圭吾の同題作品を多作ではないものの『宇宙兄弟』『聖の青春』と良作を発表し続ける森義隆監督が映画化。 主 …

ラブストーリー映画

兄に愛されすぎて困ってます試写会と舞台挨拶情報!キャストあらすじも

兄系イケメンズ・フェスティバル開幕!!! 夜神里奈さんの同名少女漫画を実写化した映画『兄に愛されすぎて困ってます』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『兄に愛されすぎて困ってます』 …

ラブストーリー映画

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』あらすじとキャスト。上映館はどこ?

2月17日(土) より全国のイオンシネマにて公開される『パンとバスと2度目のハツコイ』をご紹介します。 深川麻衣、山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE) …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP