Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/09/23
Update

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』感想評価と内容解説。男性登場人物の視点も描き小説と異なる結末に導く

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。

チョ・ナムジュによる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』は、韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前“ジヨン”を主人公に配しながらも、女性の生きづらさと社会問題に向き合ったベストセラーです。

この小説を原作とした映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が、2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開となります。

ジヨンを繊細に演じるのはチョン・ユミ。ジヨンを支える夫役にコン・ユと、実力派の俳優陣がストーリーに彩りを添え、多様な人生を描き出しました。

小説とは異なる手触りとなった映画『82年生まれ、キム・ジヨン』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の作品情報

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原作】
チョ・ナムジュ著『82年生まれ、キム・ジヨン』斎藤真理子訳(筑摩書房刊)

【原題】
82년생 김지영 

【英題】
Kim Ji-young: Born 1982

【監督】
キム・ドヨン

【キャスト】
チョン・ユミ、コン・ユ、キム・ミギョン、コン・ミンジョン、キム・ソンチョル、イ・オル、イ・ボンリョン

【作品概要】
映画『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)と共演が続くチョン・ユミとコン・ユが、3度目の共演にして初の夫婦役を演じています。

韓国で130万部突破し、社会現象を巻き起こした大ベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』を原作として、短編映画で注目され、本作が長編デビュー作となるキム・ドヨンが監督を務めました。

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』のあらすじ

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

1982年生まれのキム・ジヨンは、夫のデヒョンと幼い娘アヨンと3人暮らし。

妊娠を機に勤めていた広告代理店を退職し、現在は専業主婦として家事と育児に追われる日々を過ごしています。

公園でコーヒーを飲んでほんの束の間の休息時間を過ごそうとしても、居合わせたサラリーマンたちに陰口を叩かれ、夫の自宅に帰省しても、大量のご飯作りの手伝いをさせられ、休む暇なんてありません。

ジヨンには、すこし変わった言動が見られるようになってきました。急に別人が憑依したようになってしまう時があるんです。それに気づいたデヒョンは彼女を気にかけていました。

正月は、毎年恒例でデヒョンの実家に向かいます。台所でひとり料理をするジヨンと、リビングで寛ぐ義母たち一家。

ジヨンは突然、彼女の母ミスクのような口ぶりで、「娘に会わせて。ジヨンが気の毒だ」と泣きながら訴えます。

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

デヒョンは慌ててジヨンとアヨンを車に乗せ、実家を飛び出しました。行き先はジヨンの実家。ジヨンは道中で眠ってしまいます。

ジヨンの実家では、両親と姉のウニョン、弟のジソクが出迎えてくれました。

母のミスクは苦労人で、若い頃は兄弟たちの学費のために工場で働き、進学して先生になりたいという夢を諦めたことがありました。そのため、娘であるジヨンとウニョンには自由に生きて欲しいと願っています。

ウニョンは学校の先生として自立していますが、独身であるという理由で親戚から嫌味を言われることも。父方の祖母から甘やかされて育ったジソクは、自分勝手に生きています。

目が覚めたジヨンは、義実家での出来事を全く覚えていませんでした。

心配になったデヒョンは、ひとりカウンセラーに相談しに行くものの、本人と直接話してみないと診断できないと言われてしまいます。

デヒョンは、「憑依」のことは告げずに、ジヨンにカウンセリングに行くようさりげなく勧めますが、ジヨン本人は真剣に取り合いません。

ですが、ジヨンの症状はますます進行してしまい…。

スポンサーリンク

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の感想と評価

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

キャストの演技力に引き込まれる

本作冒頭の数分で、ジヨンの慌ただしい毎日が映し出されます。幼い娘の世話、掃除、娘の衣類の消毒、大量のおむつゴミの破棄、散らかった部屋の整頓…。

その間も娘から目が離せず、ジヨンがやっと一息つけるのは、日も暮れかけた頃。

この場面でのジヨン役のチョン・ユミの佇まいで、本作に一気に引き込まれました。うつろな眼差しでベランダに立つ彼女は、幽霊のように儚げな危うさを放っています。

その後もチョン・ユミは、若さで輝いていた大学生時代、やる気で満ちていた社会人時代も見事に演じ分け、その分、現在のジヨンの自己肯定感の低さを浮き彫りにしました。

ジヨンを支える夫デヒョンは、コン・ユが安定の演技力を披露。『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)でもそうでしたが、コン・ユの「誰かのために流す涙」が非常に美しく、自責の念や、相手を思って溢れ出す彼の感情に心動かされる方も多いはず。

そして、キム・ミギョンがジヨンの母ミスクの温かさを、コン・ミンジョンが姉ウニョンの強さを、それぞれとても魅力的に演じています。家族だから理解し、家族だからこそ口を出さずにに見守るという絶妙な距離感を保っていました。

原作との違い

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

原作小説では、ジヨンのカウンセラーが語り手となってストーリーが展開していきます。

“ジヨン”という名を持つ平凡な女性の、少女時代から結婚、出産に至るまでの人生に、韓国のジェンダー意識に関わる現代史や社会問題を織り交ぜながら、女性が負う重圧と生き辛さを描いてた原作小説。

登場する女性たちには名前がありますが、ジヨンの夫チョン・デヒョン以外の男性には名前が与えられていませんでした。

この原作は、今まで感じてきた違和感を可視化させ、女性の生きづらさに気づかせるなど、読んだ者たちに考えるための大きなきっかけを与えました。

映画版である本作は、原作とは異なるアプローチでジヨンの人生と、彼女を取り巻く環境を描いていきます原作では描かれなかった男性側の視点もピックアップされました。

それにより、原作では名前がなかった男性キャラクターたちに名前が与えられました。

彼らは、それまで当たり前と思っていた男女の不平等さや、それによって男性たちも苦しんでいたことに気づくことができたから、名前と顔と個性のある人間として描かれたんです。

原作が韓国で出版された2016年とは少しずつ社会の認識が変わり、女性の生き辛さ、また、男性の生き辛さにも目を向けられる機会が増えてきました。

本作は、原作とは異なる、もうひとりの「キム・ジヨン」の物語を紡ぎ出します。

まとめ

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

本作鑑賞していて何度も胸が苦しくなりました。女性であるからと一括りにされ、小さな夢すら潰されていく「彼女」たち。

一つ一つは小さな出来事でも、澱となって溜まったそれらは、どうしたらいいんでしょうか。

ジヨンは「憑依」させることで壊れかけの心を守るしかありませんでした。

ジヨンの夫デヒョンもはじめは無自覚に彼女を追い詰めていました。しかし、彼女の苦しみに気づいたから、彼は変わることができたんです。

変わろうと努力することは、相手を愛すること。

観賞後は、すこし前向きな気分で歩けるようになる、そんな作品です。

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開







関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『左様なら』評価レビューと解説。石橋夕帆監督が高校生活の多感な時期を静かに描く

映画『左様なら』は2019年9月6日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか順次公開! 映像と音楽がコラボレーションした作品を送り出す若手作家の登竜門「MOOSIC LAB 2018」長編部門として制作された …

ヒューマンドラマ映画

映画『虹色デイズ』あらすじとキャスト紹介。【佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星】

佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星 カルテット主演『虹色デイズ』7月6日(金)全国公開! 別冊マーガレットで連載されていた少女漫画でありながら、男子目線で物語が展開されるという斬新なストーリーが話 …

ヒューマンドラマ映画

嘘を愛する女あらすじとキャスト!原作はある?長澤まさみ主演映画

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILMにて、2015年初代グランプリ受賞したミステリー&ラブストーリー作品企画の映画化が遂にクランクアップ。 監督脚本を担当するのは長編 …

ヒューマンドラマ映画

映画『スプリングブレイカーズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

今回取り上げるのはハーモニー・コリン監督による映画『スプリング・ブレイカーズ』です。 海と熱い太陽の地で繰り広げられる青春物語と思いきや、その正体は過激で死臭がにおい立つ不思議な作品。本作の魅力をコリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ビューティフル・ボーイ』ネタバレ感想。ティモシー・シャラメが朗読する詩が胸に迫る

すべてを超えて愛している 『君の名前で僕を呼んで』で大反響を巻き起こしたティモシー・シャラメがドラッグ依存で堕ちていく少年を演じた映画『ビューティフル・ボーイ』。 ドラッグ依存で苦しむ息子と、そんな彼 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学