Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/10/09
Update

ネタバレ考察で映画『82年生まれ、キム・ジヨン』と小説の違いをラスト結末の終わり方まで比較!

  • Writer :
  • 金澤響子

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。

チョ・ナムジュによる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』は、韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前“ジヨン”を主人公に配しながらも、女性の生きづらさと社会問題に向き合ったベストセラーです。

この小説を原作とした映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が、2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開されます。

映画ではチョン・ユミ演じるキム・ジヨンを中心にストーリーが展開していきますが、小説とはかなり手触りの異なる作品となりました。

原作と映画での違いを、ネタバレ込みで解説していきます。

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の作品情報

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原作】
チョ・ナムジュ著『82年生まれ、キム・ジヨン』斎藤真理子訳(筑摩書房刊)

【原題】
82년생 김지영 

【英題】
Kim Ji-young: Born 1982

【監督】
キム・ドヨン

【キャスト】
チョン・ユミ、コン・ユ、キム・ミギョン、コン・ミンジョン、キム・ソンチョル、イ・オル、イ・ボンリョン

【作品概要】
映画『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)と共演が続くチョン・ユミとコン・ユが、3度目の共演にして初の夫婦役を演じています。

韓国で130万部突破し、社会現象を巻き起こした大ベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』を原作として、短編映画で注目され、本作が長編デビュー作となるキム・ドヨンが監督を務めました。

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』のあらすじ

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

1982年生まれのキム・ジヨンは、夫のデヒョンと幼い娘アヨンと3人暮らし。

妊娠を機に勤めていた広告代理店を退職し、現在は専業主婦として家事と育児に追われる日々を過ごしています。

公園でコーヒーを飲んでほんの束の間の休息時間を過ごそうとしても、居合わせたサラリーマンたちに陰口を叩かれ、夫の自宅に帰省しても、大量のご飯作りの手伝いをさせられ、休む暇なんてありません。

ジヨンには、すこし変わった言動が見られるようになってきました。急に別人が憑依したようになってしまう時があるんです。それに気づいたデヒョンは彼女を気にかけていました。

正月は、毎年恒例でデヒョンの実家に向かいます。台所でひとり料理をするジヨンと、リビングで寛ぐ義母たち一家。

ジヨンは突然、彼女の母ミスクのような口ぶりで、「娘に会わせて。ジヨンが気の毒だ」と泣きながら訴えます。

デヒョンは慌ててジヨンとアヨンを車に乗せ、実家を飛び出しました。行き先はジヨンの実家。ジヨンは道中で眠ってしまいます。

ジヨンの実家では、両親と姉のウニョン、弟のジソクが出迎えてくれました。

母のミスクは苦労人で、若い頃は兄弟たちの学費のために工場で働き、進学して先生になりたいという夢を諦めたことがありました。そのため、娘であるジヨンとウニョンには自由に生きて欲しいと願っています。

ウニョンは学校の先生として自立していますが、独身であるという理由で親戚から嫌味を言われることも。父方の祖母から甘やかされて育ったジソクは、自分勝手に生きています。

目が覚めたジヨンは、義実家での出来事を全く覚えていませんでした。

心配になったデヒョンは、ひとりカウンセラーに相談しに行くものの、本人と直接話してみないと診断できないと言われてしまいます。

デヒョンは、「憑依」のことは告げずに、ジヨンにカウンセリングに行くようさりげなく勧めますが、ジヨン本人は真剣に取り合いません。

ですが、ジヨンの症状はますます進行してしまい…。

ジヨンに重きを置いたストーリー

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

原作は祖母・母・そしてジヨンの3世代が描かれ、ジヨンの現代パートは意外にも短いんですが、映画では回想シーンを使いながら、現代パートに重きを置いて、ジヨンの出口の見えない日常にスポットを当てています。

母のエピソードは、兄弟のために先生になる夢を諦めたということが語られる程度ですが、そこは母役のキム・ミギョンが、微細な表情で母の人生を伝えてくれました。この母の温かい存在に救われます。

ジヨンの若かりし頃のエピソードも回想シーンとして挿入されるものの、原作にあったあの息苦しさは軽めになっています。しかし、回想への移り変わりは映画ならではの工夫と楽しさが散りばめられていました。

疲れ切った現代のジヨンから、若さと仕事への意欲で輝いていた過去のジヨンを鮮やかに演じ分けたチョン・ユミ。確かな演技力がある彼女だからこそ、ジヨンの生きてきた道を描くことができました。

少し残念だったのは、ジヨンの社会人時代と、ジヨンの元上司の掘り下げが薄まってしまっていた点。

家庭を持ちながらチーム長(原作では課長と訳されています)としてキャリアを積んでいる上司が、女性の部下や後輩のために尽力し、それでも育休を取らなかった過去の選択に後悔している、というエピソードは入れて欲しかったところです。

自分が育休を取らなかったという前例が、後に続く社員たちの権利を奪ってしまったのではないか。

その葛藤が、上司の人間像をより豊かにすると同時に、読者への問いかけとなっていたんです。

また、ジヨンがどんなに会社で「女性だから」という理由で辛酸を舐めてきたか、それでもやりがいを感じて働いてきたかを、もう少し丁寧に描くと、現代のジヨンにより共感できたかもしれません。

男性側の描き方

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

男性を無理解な存在として辛辣に描く原作小説。

原作でも映画でも、夫のデヒョンだけはジヨンの良き理解者のように見えます。コン・ユが柔らかな空気で演じていることもあり、一見完璧なパートナーです。

しかし、やはり根本がわかっていないと感じられる言動も。新婚時に義母から孫をせがまれたジヨンへ「なら作っちゃえばいい。なにも生活は変わらないよ。僕も手伝うし」と、無責任発言。

仕事を休む、辞めるという大きな選択はジヨンに任せきりですし、ふたりの子どもなのに「手伝う」とは…。

現代パートでも、ジヨンを救いたい一心で「僕が育休を取るよ。読書や勉強をゆっくりしたかったし」と言うデヒョン。育児と家事で精一杯で、読書も家事もゆっくりもできていないジヨンにそれを言うかと、詰め寄りたくなってしまいます。

原作ではデヒョン以外の男性は名前がなく、女性への理解が無い存在として描かれていましたが、映画ではデヒョンをはじめ、「理解したい」と歩み寄る男性たちを描き、希望が残る後味になりました。

まずは、デヒョンの同僚男性。はじめは女性軽視のような発言をしていた彼ですが、セクハラについての研修を文句を言いながらも受け、自分の妻のために育休取るか悩む姿に、時代とともに考えを変えていく柔軟さが見えます。

そして、ジヨンの弟ジソク。父方の祖母に甘やかされて育った彼は、原作では名前どころか出番がほぼありません。映画では、すこしづつ姉たちのことを理解し、自分が与えられてきたものを彼女たちに分けられる真の優しさを手に入れました。

たとえデヒョンのように少しずれていても、相手のことを想像し、共感し、理解しようと努める。そうすれば互いに感じている生きづらさが少し軽くなるのかもしれません。

語り手は誰なのか

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

原作は、ジヨンのカウンセラーである男性医師によって語られています。彼の書いたカルテが主な内容ですが、最後の章になって、男性医師の本質が見え、そのどんでん返しにハッとさせられた方も多かったはず。

そしてジヨンは、まだ治療中で、根本的な解決はせずに物語は幕を閉じます。

映画ではカウンセラーは女性で、ジヨンが彼女に出会うのは物語終盤です。女性医師が、「ここに来られたら、治療はほぼ終わっています」とジヨンを出迎えるように、ジヨンが自分のことを見つめ、自覚し、新たな扉を開けるようになるまでを、映画は繊細に追っていきます。

そして、ジヨンは一歩踏み出したことで、抑え込んでいた想いを表明出来るようになり、自分がやりたかったことを実現していきます。

広告代理店に務め、ものを書くことが好きだった彼女。

自分のことを文章として描き出した回想録が、映画『82年生まれ、キム・ジヨン』なんです。

まとめ

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

ここでほっこりするトリビアをひとつ。原作では娘の名前は「ジウォン」ですが、映画では「アヨン」となっています。

これは、演じた子役のリュ・アヨンちゃんの名前に合わせたため。幼いアヨンちゃんの自然な笑顔や泣き顔が、観客をさらにジヨンの感情と共鳴させてくれます。

心をえぐるような描写が多く、観ていて辛くなってしまうこともある本作。

映画内には、ジヨンの陰口を言う見知らぬサラリーマンの集団の中に、女性がひとり混じっていました。ジヨンのことを蔑むような眼差しで見て、嘲笑う同性を配置したことで、悪意は異性から向けられるだけではないと思い知らされます。

そういった細かな描写にも打ちのめされますが、本作の根底に流れているのは「愛」という温かな感情。ジヨンのように、前へ進む原動力にもなってくれる一作です。

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開




関連記事

ヒューマンドラマ映画

フィフティ・シェイズ・ダーカーあらすじとキャスト!試写会情報も

世界的な大ヒットを記録した前作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の待望の続編が登場! よりゴージャスに、よりドラマティックに“深化”した『フィフティ・シェイズ・ダーカー』をご紹介します。 CONT …

ヒューマンドラマ映画

映画『燃えよ剣』感想レビュー評価。原田眞人監督が問う‟土方歳三の敗者の美徳”

主演・岡田准一×原作・司馬遼太郎×監督・原田眞人 新選組副長・土方歳三が幕末を鮮烈に駆け抜ける『燃えよ剣』! 2021年10月15日(金)より全国ロードショー公開される映画『燃えよ剣』。幕末に6年間だ …

ヒューマンドラマ映画

『コーダ あいのうた』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。サンダンス映画祭の4冠に輝くエミリア・ジョーンズの歌声

『青春の光と影』 彼女の歌声は家族に届くのか。 2014年製作のフランス映画『エール!』のハリウッド・リメイク版。耳の聴こえない両親に育てられた子ども=「CODA(コーダ)」の少女の物語。 両親と兄と …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】海の上のピアニスト|あらすじ結末感想と評価考察。船を降りない理由は何/なぜ?も解説《ティム・ロス代表作》

海に人生を捧げた奇跡のピアニストの物語 『ニュー・シネマ・パラダイス』(1988)の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、豪華客船で生まれ育ち一度も船を降りなかったピアニストの生涯を描いた『海の上のピア …

ヒューマンドラマ映画

映画『悲しみに、こんにちは』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『悲しみに、こんにちは』は、誰もがきっと心の片隅にしまっている小さな大切な物語を思い出す作品。 宝石のような煌めきと、シャボン玉のような儚さを描いた少女の“ひと夏”の物語です。 今回は映画『悲しみ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学