Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/09/24
Update

ママ虫(マムチュン)の意味と真相。原作者の体験談から映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は完成した

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。

チョ・ナムジュによる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』は、韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前“ジヨン”を主人公に配しながらも、女性の生きづらさと社会問題に向き合ったベストセラーです。

この小説を原作とした映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が、2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開となります。

本作内で、非常に印象的な言葉として「ママ虫」という強烈な侮蔑用語が登場します。実はこの「ママ虫」こそが、チョ・ナムジュが原作小説を書くきっかけとなった言葉でした。

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の作品情報

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原作】
チョ・ナムジュ著『82年生まれ、キム・ジヨン』斎藤真理子訳(筑摩書房刊)

【原題】
82년생 김지영 

【英題】
Kim Ji-young: Born 1982

【監督】
キム・ドヨン

【キャスト】
チョン・ユミ、コン・ユ、キム・ミギョン、コン・ミンジョン、キム・ソンチョル、イ・オル、イ・ボンリョン

【作品概要】
映画『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)と共演が続くチョン・ユミとコン・ユが、3度目の共演にして初の夫婦役を演じています。

韓国で130万部突破し、社会現象を巻き起こした大ベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』を原作として、短編映画で注目され、本作が長編デビュー作となるキム・ドヨンが監督を務めました。

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』のあらすじ

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

1982年生まれのキム・ジヨンは、夫のデヒョンと幼い娘アヨンと3人暮らし。

妊娠を機に勤めていた広告代理店を退職し、現在は専業主婦として家事と育児に追われる日々を過ごしています。

公園でコーヒーを飲んでほんの束の間の休息時間を過ごそうとしても、居合わせたサラリーマンたちに陰口を叩かれ、夫の自宅に帰省しても、大量のご飯作りの手伝いをさせられ、休む暇なんてありません。

ジヨンには、すこし変わった言動が見られるようになってきました。急に別人が憑依したようになってしまう時があるんです。それに気づいたデヒョンは彼女を気にかけていました。

正月は、毎年恒例でデヒョンの実家に向かいます。台所でひとり料理をするジヨンと、リビングで寛ぐ義母たち一家。

ジヨンは突然、彼女の母ミスクのような口ぶりで、「娘に会わせて。ジヨンが気の毒だ」と泣きながら訴えます。

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

デヒョンは慌ててジヨンとアヨンを車に乗せ、実家を飛び出しました。行き先はジヨンの実家。ジヨンは道中で眠ってしまいます。

ジヨンの実家では、両親と姉のウニョン、弟のジソクが出迎えてくれました。

母のミスクは苦労人で、若い頃は兄弟たちの学費のために工場で働き、進学して先生になりたいという夢を諦めたことがありました。そのため、娘であるジヨンとウニョンには自由に生きて欲しいと願っています。

ウニョンは学校の先生として自立していますが、独身であるという理由で親戚から嫌味を言われることも。父方の祖母から甘やかされて育ったジソクは、自分勝手に生きています。

目が覚めたジヨンは、義実家での出来事を全く覚えていませんでした。

心配になったデヒョンは、ひとりカウンセラーに相談しに行くものの、本人と直接話してみないと診断できないと言われてしまいます。

デヒョンは、「憑依」のことは告げずに、ジヨンにカウンセリングに行くようさりげなく勧めますが、ジヨン本人は真剣に取り合いません。

ですが、ジヨンの症状はますます進行してしまい…。

著者のチョ・ナムジュの執筆のきっかけとなった「ママ虫」

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

原作小説『82年生まれ、キム・ジヨン』著者のチョ・ナムジュは、キム・ジヨンよりも3歳年上の1978年生まれ

梨花女子大学社会学科を業後は、社会派番組のトップ「PD手帳」や「生放送・今日の朝」などで時事・教養プログラムを10年間担当しました。

その経歴による観察眼からか、小説はキム・ジヨンという人物のドキュメンタリーのような不思議な手触りを感じさせ、だからこそ他人事ではないキム・ジヨンの人生を描くことに成功しています。

チョ・ナムジュが『82年生まれ、キム・ジヨン』を執筆したのは、子育て中のこと。執筆のきっかけとなったのが、知らない男性から浴びせられた「マムチュン(ママ虫)」という侮辱だったんです。

彼女はその時に感じた怒りと悲しみを、ジヨンを取り囲むひとつの出来事として織り込みました。

「ママ虫」と言われたことで、それまでうつろだった現在のキム・ジヨンが大きく感情を動かすのにはこうした理由があるんです。

「ママ虫」とは?

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

学歴も仕事のキャリアもありながら、妊娠と子育てのために退職し、専業主婦となったキム・ジヨン。

原作小説でも、映画でも、キム・ジヨンを大きく蝕んでいったのは、他者の心無い言葉でした。

小説では、娘をベビーカーに乗せ、たった1500ウォン(約150円)のコーヒーを公園で飲もうとした彼女のことを、たまたま居合わせたサラリーマンたちが「ママ虫」だと仲間内で揶揄します。

彼らが本当にジヨンに向けて言ったのかどうかはわかりませんが、ギリギリの精神状態だったジヨンにとっては、その言葉の刃は深く心に突き刺さりました。

映画でも「ママ虫」という言葉が、とても印象深く使われています。

ママ虫とは、韓国語で맘충(マムチュン)と言い、「ママ」という意味の맘(マム)と、「虫」という意味の충をあわせたネットスラング

コーヒーショップ、レストランなどで、騒ぎ回る子どもを放置する迷惑な母親や、夫の稼いだお金で遊び回っている母親を侮辱する言葉です。

韓国では、特定の層や集団をさげすみ「虫」と呼ぶことがあるそう。日本でも「おじゃま虫」「弱虫」など、「虫」を使ったネガティブな言葉がたくさんありますが、それ以上に韓国語の「虫」は、とても語感が悪く、嫌な印象を与える言葉なんです。

まとめ

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

街で見かけた見知らぬ人の言動が目に付くこともあります。

スマホばかりで子どもに目を向けない親、大きな声で話すお年寄り、ぶつかっても謝らずに走り去る人…。

でも、もしかしたら、大切な連絡が来たのかもしれない。小さな声では聞こえづらいのかもしれない。お腹が痛くてトイレを探していたのかもしれない。

本作の「ママ虫」のエピソードは、世界を自分の色眼鏡で見ていないかと投げかけてくれます。

他者のことを思いやり、想像力を働かせれば、この社会はもっと住みよくなるのかもしれません。

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開です。







関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』感想評価と解説レビュー。豪華なキャストで“戦争と平和”を真正面から描く

2019年5月24日(金)に公開される映画『空母いぶき』 「空母」が存在する近未来の日本を舞台に、決して絵空事などではない危機を克明に描いた映画『空母いぶき』。 『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』など多 …

ヒューマンドラマ映画

『クオリア』あらすじ感想と評価解説。佐々木心音×石川瑠華キャストの牛丸亮監督デビュー作は養鶏場営む一家の歪なブラックコメディ

映画『クオリア』は2023年11月18日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開! 『激怒』(2022)『餓鬼が笑う』(2022)など多数の作品に出演し、俳優として長年活躍してき …

ヒューマンドラマ映画

映画『そして父になる』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【福山雅治×是枝裕和代表作】

是枝裕和監督と福山雅治がタッグを組んだ映画『三度目の殺人』が話題ですね。 その原点といえる是枝監督の代表作『そして父になる』9月16日にフジテレビ系土曜プレミアムで放送。 病院で子どもを取り違えられて …

ヒューマンドラマ映画

映画グレイテストショーマンあらすじとキャスト。実話バーナムの評価とは

映画『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフが再び集まったミュージカル映画。 華麗な歌声を披露した映画『レ・ミゼラブル』のヒュー・ジャックマンが主演を務める、2018年見逃せない大作です。 大注目の2月16日 …

ヒューマンドラマ映画

ポエトリーエンジェルあらすじとキャスト!上映劇場情報も

和歌山県で開催されている第10回を迎える、「田辺・弁慶映画祭」を記念して製作された、飯塚俊光監督の『ポエトリーエンジェル』。 モデルとしても活躍する武田玲奈と、若手俳優として注目される岡山天音のダブル …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学