Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話|あらすじとキャスト。原作やエキストラ募集も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ


大泉洋 高畑充希 三浦春馬

実在の人物である鹿野靖明。彼は筋ジストロフィーにかかるも、自分の夢や欲を持ち素直に生きる。

そんな彼を周囲は愛し続け、身の回りを世話するボランティアの人たちや家族を描いた笑って泣ける感動のヒューマンドラマです。

主演を大泉洋が演じ、共演に高畑充希、三浦春馬が務めた映画とは?

スポンサーリンク

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の作品情報

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)

【監督】
前田哲

【キャスト】
大泉洋、高畑充希、三浦春馬

【作品概要】
筋ジストロフィーという病気にかかりながらも、自分の夢や欲を持ち素直に生きる、実在の人物である鹿野靖明。

鹿野と世話するボランティアたちや家族の様子を描くヒューマンドラマ。

『ブタがいた教室』で知られる前田哲監督が演出を務め、主人公の鹿野靖明を大泉洋が演じ、医学生の田中を三浦春馬、その恋人美咲を高畑充希が務めます。

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』のあらすじ

北海道の医学生である田中。

彼はボランティアとして、身体の不自由な鹿野靖明と知り合います。

病院を飛び出し、自ら集めた大勢のボランティアや両親に支えられ、風変わりな自立生活を送る鹿野。

夜中に突然「バナナが食べたい!」と言い出すなど、いつも王様のような超ワガママぶりだが、自分自身に素直に生きる鹿野は、どこか憎めない愛される存在でした。

ある日、鹿野は新人ボランティアの美咲に惚れ、彼女へのラブレターの代筆を田中に依頼します。

しかし、美咲は田中と付き合っていました。

やがて、彼らの奇妙な三角関係は、鹿野の主治医やベテランボランティアたちを巻き込んで大変な騒動に…。

そんな矢先、鹿野の病状は徐々に悪化。身体はますます自由が利かなくなってしまいます。

実は鹿野には生きているうちに、どうしても叶えたい夢が…。

スポンサーリンク

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の主なキャスト

鹿野靖明役を演じた大泉洋


大泉洋

本作の主演を務めたのは、今最も日本映画界で活躍している俳優といってもよいだろう大泉洋

かつて、2005年にフジテレビのドラマ『救命病棟24時』で、全国ネットの連続ドラマ初出演を果たすと、たちまち人気に火がつき、以後は同じくフジテレビのドラマ『小早川伸木の恋』や日本テレビのドラマ『ハケンの品格』など、ドラマへの出演が続きます。

また、『ハケンの品格』は準主役である販売第二課の東海林武役を演じると、彼の地元である北海道では、関東や関西よりも視聴率が高く、平均で25%を超える高視聴率を見せました。

参考映像:映画『探偵はBARにいる』(2011)

また、映画では、2012年に『探偵はBARにいる』で、第35回日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を受賞。

2014年に『青天の霹靂』で、第6回TAMA映画賞の最優秀男優賞を受賞

2016年に『駆込み女と駆出し男』では、第39回日本アカデミー賞の優秀主演男優賞と、第58回ブルーリボン賞の主演男優賞を獲得した、人気と評価ともに実力を認められた俳優となります。

そんな大泉洋が今回演じた役柄は、筋ジストロフィーにかかるも、自分の夢や欲を持ち素直に生きる鹿野靖明を務めています。

大泉洋は俳優として本作に向き合ったことについて、このように語っています。

「脚本を読ませて頂いて、まず鹿野靖明という人の生き様に衝撃を受けました。重い難病を抱えながらも、それを決してハンデとは捉えず、自ら沢山のボランティアを集め、自分のやりたいように「ワガママに」生き抜いた生涯。

「こんな夜更けにバナナかよ」のタイトルの通り、バナナが食べたいと思えば、深夜でも自ら集めたボランティアにそれをお願いするワガママ。「障がいがあるから」と遠慮することなく、1人で生活して、仕事もして、喧嘩もして、恋もして、どこまでも対等に人と向き合い続けた鹿野さんの人生に強烈に惹かれました。

どんなに「ワガママ」を言っても周りから愛された続けた鹿野さんを、その理由を考えながら真摯にコミカルに演じられたらと思ってます。

前田哲監督とは本当に久しぶりのお仕事で、人の心にズシリと響く作品作りを今からワクワクしながら待ってます。また高畑充希さん、そして三浦春馬くんというキラキラした若いお2人との共演も楽しみにしています。三浦くんの近くに居たら、イケメンが感染(うつ)るんじゃないかと思うので、なるべく三浦くんの至近距離にいようと思ってます」

安藤美咲を演じた高畑充希


高畑充希

若手女優として人気の高い高畑充希。

彼女は中学在学中の2005年に、両親のミュージカル好きが影響もあって応募した、ホリプロ創業45年を記念の『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』の出演者オーディションで主演の座を獲得

シンデレラガールとして女優デビューを果たします。

2007年からは大阪から東京の高校に進学すると、本格的に女優活動を開始します。

2007年から2012年まで、ミュージカル『ピーターパン』で8代目ピーターパン役を務め、そのほかの舞台では、『奇跡の人』『美男ですね』『コーヒープリンス1号店』で主演をこなします。

参考映像:『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(2016)

2007年に公開された映画『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』で、スクリーンデビューを果たすと、やがて、2016年公開の映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』では、主人公の河野さやか役で主演を演じるまでになります。

2017年のアニメ映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』の森川ココネ役の声の務め、2018年公開の『旅猫リポート』では、猫のナナ役の声でも出演を務めました。

高畑充希は本作『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』では、大泉洋演じる筋ジストロフィーにかかった鹿野靖明から、告白をされた安藤美咲役を演じています。

高畑充希は美咲を務めるにあたって、このようなコメントをしています。

「こんな夜更けにバナナかよ、という題名に、ズキュンときました。

そしてこの物語の主人公である鹿野さん。
知れば知るほどそのパワーや色気、吸引力に翻弄され、一度でいいからお会いしてみたかったなぁ、、と。
でもでも、撮影がはじまれば大泉さんの鹿野さんにお会い出来るので、今から楽しみでワクワクしています。

そして、14歳の時、まだ少年の様だった私の映画デビューを見守ってくれた前田監督とまた作品創りが出来ることも、とても幸せに思っています。

1シーン1シーン、丁寧に、北海道でのびのびと。
素敵な映画になりますように、がんばります!」

医学生の田中久役を演じた三浦春馬


三浦春馬

三浦春馬は4歳の頃から児童劇団アクターズスタジオのつくば校に所属。

1997年にNHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビューを果たします。

やがて、2006年に『キャッチ ア ウェーブ』で映画初主演を果たすと、同年にドラマ『14才の母』でヒロインの恋人役を演じ、広く注目を集めるようになります。

2007に映画『恋空』第31回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞
2008年に『ブラッディ・マンデイ』で、連続ドラマ初主演を果たします。

ヒット作となった『永遠の0』では、2014年度の第38回日本アカデミー賞の優秀助演男優賞します。

参考映像:ミュージカル『キンキーブーツ』公開ゲネプロ

三浦春馬は俳優として高い評価を得たのは、2017年の舞台『キンキーブーツ』で、第24回読売演劇大賞優秀男優賞と杉村春子賞を受賞します。

同じ事務所アミューズに所属する先輩の大泉洋と共演を果たした本作『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』で、三浦春馬が演じたのは医大生の田中久役。

この田中役を務めた三浦春馬は、次のように映画に対する意気込みを語っています。

「まず「こんな夜更けにバナナかよ」というタイトルを聞いただけで興味を引き立てられました。そして、そんな作品で素晴らしいキャスト、スタッフの皆様とご一緒できて、とても嬉しく思います。

僕が演じるのは、医師を目指しながらも将来や自分の存在意義に悩む繊細な青年です。この役を前田監督と丁寧に作っていくのが今から楽しみです。
同じ事務所の先輩である大泉さんにしっかりついていき、サポートできるよう頑張ります!!」

前田哲監督のプロフィール

関連映像:高畑充希も出演『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』(2007)

前田哲は大阪府柏原市出身の映画監督です。

東映東京撮影所で映画の下積みとなる大道具や美術助手を経験した後、フリーの助監督になります。

その際に伊丹十三、滝田洋二郎、阪本順治、大森一樹、周防正行たち監督の作品に携わりました。

1998年に相米慎二が総監督を務めたオムニバス映画『ポッキー坂恋物語』で監督デビューを果たします。

『ブタがいた教室』では、第21回東京国際映画祭のコンペティション部門で、観客賞を獲得します。

関連映像:野心的な作風で注目を集めた『ブタがいた教室』(2008)

前田哲監督は映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の作品テーマや、その語り部のキャストたちについて、このように述べています。

「明るいところではとても見えにくい小さな光は、暗闇では輝いて見えて、希望と勇気を与えてくれる。私にとって、渡辺一史著『こんな夜更けにバナナかよ』との出会いは、まさにそうでした。多様性とマイノリティーが危機に瀕している暗闇のような混迷する現在にこそ、必要な物語です。今まで見たこともない生き様をスクリーンに蘇らせ、「生きる力に溢れた希望の映画」として、多くの人々の心を灯したいと強く思っています。

実在した人物と障がいという二重の大きく高いハードルを軽やかに飛び越えつつも、その抱えている葛藤を魅力的に演じることができるのは、大泉洋さんしか考えられませんでした。16年ぶりの映画での再会に心が踊りだしています。

高畑充希さんとは、11年ぶりの映画での再会で、その成長ぶりに身震いしています。鹿野から本気で「生きる」ということを学び、溌剌として可憐でありつつ強くなっていく美咲を生き生きと演じることができるのは、高畑さんであると確信し、期待しています。

三浦春馬さんとは初対面でお会いして、その爽やかさと真っ直ぐさに心がときめきました。田中という自分の殻が破れない男が、鹿野や美咲に挟まれてバトルしていく中、どのように三浦さんと共に変化をしていくか、とても楽しみです」

前田鉄監督は渡部一史の原作に出会ったことに勇気をもらい、また、「多様性とマイノリティーが危機に瀕している暗闇のような混迷する現在にこそ、必要な物語」とも語っています。

前田演出の映画に期待が膨らみますね。

スポンサーリンク

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』エキストラ大募集

本作の公式ホームページによると、エキストラ募集の流れは津日のようになっています。

①下部の【応募はこちらから】の横に記載のリンクをクリックし、「札幌フィルムコミッションボランティアエキストラ」応募フォームに登録。
※登録済みの方は、再登録の必要はございません。

②映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の詳細告知がメール配信されます。

③参加希望の日程に応募してください。注意:応募多数の場合は、こちらで抽選させて頂きます。当選した方にのみ撮影情報をお送り致します。

【公式ホームページの応募はこちらから】⇒ https://www.screensapporo.jp/volunteer/

*エキストラ募集は、本作『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の公式ホームページにあるものです。当サイトとは運営が異なりますので、必ず公式サイトにある情報をご確認のうえ、応募してくださいますよう、お願い致します。

▲公式サイト http://bananakayo.jp/

まとめ

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』は、車イスの人生を、愛のままに、ワガママに生きた実在の人物である鹿野靖明と、彼を支えたボランティアや家族たちの“笑いと涙”の愛しき実話です。

また、キャストの大泉洋や高畑充希、そして三浦春馬が初共演で、オール北海道ロケを敢行。

笑って泣ける最高の感動作は、2018年冬に全国ロードショー。乞うご期待!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『晩春』ネタバレ解説と考察評価。結末までのあらすじで解く、娘の結婚に“複雑な父の思い”

「なるんだよ、幸せに」小津作品の中でも特に傑作と名高い作品『晩春』を観る 映画『晩春』は、小津安二郎の1949年の作品で、小津作品の中でも『東京物語』(1953)などと並ぶ最高峰の一つとして高く評価さ …

ヒューマンドラマ映画

映画『酔うと化け物になる父がつらい』あらすじと感想レビュー。結末必見の実録エッセイを映像化

映画『酔うと化け物になる父がつらい』は2020年3月6日(金)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。 2020年3月6日公開の『酔うと化け物になる父がつらい』は、同名のコミックエッセイの映画化作品です …

ヒューマンドラマ映画

あゝ、荒野|動画を無料で見る方法!【菅田将暉主演】

映画『あゝ、荒野』を今すぐ無料で観る方はこちら 演劇、映画、文学などマルチなアーティストして活躍した、今なお注目され続ける鬼才・寺山修司。 その寺山が唯一遺した長編小説『あゝ、荒野』を実写映画化。 若 …

ヒューマンドラマ映画

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレあらすじと感想。結末でビノシュが新たな始まりを予感させる

映画『私の知らないわたしの素顔』は2020年1月17日より全国順次ロードショー。 人間は誰でも様々な顔を持つ生き物です。 会社での自分、家庭での自分、友人に対しての自分、恋人といる時の自分、そして“意 …

ヒューマンドラマ映画

バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

今回取り上げるのは第87回アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞をはじめ数々の映画祭で賞を獲得した映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』です。 現実と虚構が交錯する少々難解なストーリー …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学