Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ガンジスに還る』ネタバレ感想レビュー。死期を悟った父と息子の向き合う幸福の時間とは

  • Writer :
  • 福山京子

母なるガンジス河の畔の聖地バラナシ。そこは幸福で安らかな死を迎えられる心のやすらぎの郷でした。

死期を悟った父と、それを見守る家族たちのかけがえのない日々を綴った珠玉の感動作。

誰にでも訪れる「死」というテーマを、ユーモアと人情味溢れるタッチで描き、心温まる家族の物語です。

スポンサーリンク

映画『ガンジスに還る』の作品情報


© Red Carpet Moving Pictures

【公開】
2018年(インド映画)

【原題】
HOTEL SALVATION

【脚本・監督】
シュバシシュ・ブティアニ

【キャスト】
アディル・ フセイン、ラリット・ベヘル、ギータンジャリ・クルカルニ、パロミ・ゴーシュ、ナヴニンドラ・ベヘル、アニル・ラストーギー

【作品概要】
本作は2016年ヴェネチア国際映画祭ビエンナーレ・カレッジ・シネマ部門でワールドプレミアが行われ、上映後には10分間のスタンディングオベーションが起きる盛況となりました。

2014年の映画『マダム・イン・ニューヨーク』や『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』などに出演したインドを代表する名優アディル・フセインで、生真面目だが家族思いの息子ラジーヴを繊細に演じています。

監督・脚本は弱冠27歳の新鋭監督シュバシシュ・ブティアニ。監督自らバラナシに現存する「解脱の家」やそこを訪れた人たちに取材を重ね、物語の骨格を作りました。

映画『ガンジスに還る』のあらすじとネタバレ


© Red Carpet Moving Pictures

ダヤは母の声に呼ばれ、迷路になったような道を走ります。すると前に一人の少年が現れ、ダヤはその少年が自分であることを悟り、意のままについて行きます。しかし開かれた場所は何処かわからず…。

翌朝、食卓で父親ダヤは、自分の見た不思議な夢を語ると、息子のラジーヴと彼の妻ラタ、そして孫娘のスニタは怪訝な顔で話を聞いています。

「いつもの夢じゃないか」と言いながら、仕事に向かうラジーヴに向かって、ダヤが話を続けます。

「わしは死期の訪れを感じている。明日雄牛を寄進して、バラナシに行こうと思う」という、突然の宣言に家族全員が困惑します。

「娘の結婚式まで待ってくれても…」とラジーヴが説得しますが、家族の不安もよそにダヤの決意は固く、仕事人間の息子ラジーヴは仕方なく付き添うことを決めます。

ラジーヴが職場でパソソンに向かっていると、ボスに呼び出されます。

「ガンジス川はいここにも流れているし、解脱はここでもできる。なぜ君まで行く?仕事はどうするんだ?」と上司に問われ、ラジーヴは苦笑いを返します。

出発日にダヤとラジーヴが乗り合いタクシーに乗り、聖地バラナシに近づくにつれて、ダヤの表情は生き生きと変化し、一方ラジーヴは仕事の電話がひっきりなしに掛かり不機嫌になります。

二人はリキシャに乗り換え、ラジーヴも降りてリキシャを支えながら狭い石段を抜けていくと、眼前に雄大なガンジス河が広がると「母なるガンジスよ」とダヤは祈りを捧げました。

ようやく、聖地バラナシに着きました。そこで「解脱の家」の施設長ミシュラが、施設の決まりごとを説明します。

健康維持は自己責任で医療設備がないこと、食事は自炊で外食でも肉魚は禁止、アルコールは禁止だがバンク(大麻)入りラッシー(ヨーグルトにミルク等を加えたインドの飲み物)はOK。

そして解脱できなくても滞在は最大15日までなどの内容でした。

与えられた部屋に入ると、ダヤは柱を見つめています。その柱には滞在した人の名前と日付が書かれてありました。

ダヤは、「ダヤナンド・クマル2016年3月2日〜」と記しました。

階下で祈祷している声が聞こえるので、ダヤとラジーヴは祈祷の輪に入ります。

その後、祈祷の間で出会った女性ヴィムラが食事に二人を誘い、話を聞きます。

彼女は、夫と来て共に解脱するつもりでしたが、夫に先立たれた後18年もここで滞在していました。

ダヤは周囲の人たちにすぐに心を開きますが、ラジーヴは手に携帯電話を常に持ち、会社と連絡を取りながら、なかなか馴染むことができませんでした。

日が昇ると滞在している人は、それぞれの過ごし方を見せます。

掃除をしたり、語り合ったりする中、ヴィムラがノートに神「ラーマ」の名前を何度も書いています。

二人は河岸で、ヨガを教えてもらっていました。ダヤも触発され、ガンジス河に入り身を清めます。

相変わらず食事の席で、仕事の電話をするラジーヴにダヤは、切ない表情で口に食物を運びます。

「これがメシか?味がない」と言いながらラジーヴの作った食事に顔が曇ります。

ラジーヴは不満そうに口に入れた途端、他の容器に吐き出しました。

ある日、広場で滞在する人々にダヤが新聞の死亡広告を読んで聞かせていると、誤字脱字が多く、怒った様子で「死亡広告は自分で書く」と周囲に宣言します。

薬も拒み、死への準備を淡々と行うダヤの姿をラジーヴは、複雑な表情をして見守っています。

河の洗濯場で、ラジーヴが慣れない手つきで服を洗っている側で、ダヤは書き物をしていました。

「昔はよく物語を書いてたな」とダヤがラジーヴに話し掛けました。「物語じゃなくて、詩です。…お父さんのせいです。」とラジーヴは言い返しました。

ある夜ダヤは高熱で寝込みます。

最期が来たと思ったダヤは、ガンジスの聖水を飲ませてほしいとラジーヴに頼みます。

ラジーヴは急いで家族を呼び、ミシュラに葬儀の相談を持ちかけます。

河岸にある火葬場にラジーヴは立ち寄ります。そこでは毎日のように、人が群がり煙が立ち込める中で遺体が河に流されていました。

ラジーヴは、燃え上がる炎をじっと見つめています。

夜通しベットで苦しむダヤをラジーヴが介抱していると、「わしはお前の才能を伸ばしてやれなかった」とか細い声でダヤが囁きます。

ラジーヴはダヤを抱きしめ、声を上げて泣いています。

朝ふと目覚めたラジーヴは、ダヤの枕元に近付くと…。

以下、『ガンジスに還る』ネタバレ・結末の記載がございます。『ガンジスに還る』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

翌朝、ラジーヴは恐る恐るダヤの鼻の下に、そっと指をかざすとダヤが目を開きました。

その後、孫娘スニタとラジーヴの妻ラタが駆けつけました。

「お父さんはまだ元気よ。いつまでいるの?」とラタがラジーヴに聞きました。

久しぶりに家族が揃い、街へ出るとスニタとラタは挙式用のサリーを選び、スニタはダヤとヴィムラとこっそりバング入りラッシーを飲みます。

バングのせいか、スニタとダヤは大盛り上がりで、ラジーヴは呆れた顔で見守っています。

日が暮れるとガンジス河岸に大勢の人が集まり、祭礼が始まります。

ロウソクの灯りのが揺らぐなか、祈りを捧げる人々が幻想的となり、家族はガンジス河を堪能しました。

部屋代を払いながら「明日は15日目なので、出て行きます」と言うラジーヴに、ミシュラは「その必要はない、お父様は解脱の途中である」と伝えます。

ダヤは引き続き滞在することになり、スニタとラタに別れの挨拶を交わします。

別れ際スニタに「お前の心の声だけに従えばいい」とダヤが話します。

ある日、ラジーヴがダヤの頭をマッサージをしている時に、スニタが結婚に乗り気じゃないことが気がかりだと、ダヤが伝えます。

「お前のために結婚するのではないか?」と聞くダヤに、「余計なことを吹き込まないで」とラジーヴが言い返し、険悪なムードになります。

ダヤとヴィムラが並んで歩いています。

ダヤが先に逝ってしまいそうな時、嫉妬してしまったことをヴィムラが打ち明けます。

自分が夫が逝った後、何度も死のうといろんな方法で試みたが、18年も生きてしまったことを告げました。

「小手先の努力では、死は訪れない。死は心から訪れる」とヴィムラに言われた言葉が、ダヤの胸に突き刺さりました。

仕事で大事なお客を失ったラジーヴを元気付けようと、ダヤは外に連れ出します。

夜の河岸で、生まれ変わっても同じ家族にというラジーヴの問いに、「人間じゃないといけないのか?ライオンになりたい、母さんにライオン坊やと言われてた」とダヤが答え、ラジーヴの顔に笑みがこぼれました。

ネットカフェのスカイプ電話で、ラジーヴがラタと話しています。

スニタが結婚をやめて就職したいと言い出したことをラジーヴが聞き、泣き崩れるスニタを責め続けています。

しかも回線が悪く、途中で通信が切れてしまいます。

怒りとショックのあまりラジーヴは、部屋に閉じ籠ります。

会社からも最悪な状況を聞かされ、ラジーヴは仕事と父親のことに挟まれ苦悩しますが、ミシュラに「今帰れば、一生自分を許せなくなる」と諭されます。

翌朝、ヴィムラが息をひきとりました。

河岸で葬式が行われ、ヴィムラの顔に黄色い布が掛けられ、多くの人が遺体を持ち上げています。

その中にダヤの姿もありました。

ダヤの元にやってくるラジーヴが、一緒に帰ろうと声をかけますが、「お前は行かねばならん。わしはゾウだ、逝かしてくれ」と真剣な目で訴えます。

ラジーヴはダヤと抱き合った後、リキシャーに荷物を積み、帰途に着きました。

解脱の家のダヤの部屋にラジーヴが座っていて、「ダヤナンド・クマル2016年3月2日〜3月30日」と柱に記してからベットに横たわりました。

スニタが荷物をまとめていると、鞄にダヤの手帳を見つけます。

「ダヤナンド・クマルは、高名な詩人で作家であった。故人の作品は、今もごく稀に古書店の片隅で埃にまみれて見つかることがある…」と、ダヤの死亡広告を笑いつつも二人は涙がこぼれ落ちました。

ラタも部屋に入ってきて肩を寄せ合い部屋を出ます。

葬儀のパレードが始まりました。遺体を担ぎ更新しながら泣き出すラジーヴを、鳴り響く太鼓と手拍子そして歌声が包み込みます。

一行は、母なるガンジス河へと向かいます。

スポンサーリンク

映画『ガンジスに還る』の感想と評価


© Red Carpet Moving Pictures

本作『ガンジスに還る』の物語の核となる聖なる場所バラナシとは、雄大なガンジス河が流れ、生と死が混沌とする神聖な所として知られています。

ガンジスの水は全てのものを浄化するため、この世の苦しみから解き放たれると言われており、信仰する者にとってこの地で最期を遂げることは、最大の喜びとされています。

実際に、父ダヤのように死期を悟った人びとが、インド国内から数多く押し寄せ、インド特有の死生観の在り方が、色濃く浮かび上がってきます。

朝陽に煌くガンジス河、迷路のような路地裏、河岸の煙に包まれた火葬場、幻想的な炎の夜の祭りなど、それらすべてが観る者の身を臨場に置くようなカメラワークで詩情豊かに映し出されます。

異国情緒あふれるバラナシの悠久の時の流れがスクリーンを通り抜け、静かに感じさせてくれます。


© Red Carpet Moving Pictures

死期を悟った父ダヤは、家族になぜだと問われても頑なに聖地バラナシに向かいます。

死期を感じたゾウが、姿を消すことがよく知られていますが、自分もゾウになりたいと言い放つダヤのめには、揺るぎない決意が感じ取れます。

だからこそ息子のラジーヴも、寄り添うことを決め共にバラナシで日々を過ごしていきます。

キレイゴトではないことが、日々のバラナシの生活で見えてきます。

毎日のようにガンジス河岸では、多くの木材が積まれており、それを燃やして遺体を火葬し、ガンジス河へと流します。

その傍らにある「解脱の家」では、死を迎える準備をする人々がインド全土から集まってきます。


© Red Carpet Moving Pictures

そのなかで父ダヤが穏やかに準備を整えていく中、息子の戸惑いと実生活へ焦りが手に取るように伝わり、ラジーヴの心も少しずつ純化していく様子がわかります。

父ユダが最期に命をかけて息子ラジーヴに伝えたかったことが、聖地バラナシに行くことだったかもしれません。

実際に息子とそれまで疎遠で、仕事人間のラジーヴにゆっくりと謝り、そして伝えたかったことをバラナシで話す場面が印象的でした。

一方のラジーヴも携帯電話を気にしながらも、父ダヤと過ごす時間を大切にしていることが伝わってきます。

特に後半に描かれた、高熱に裏されるダヤをラジーヴが夜通し看病する場面や、ダヤの頭を念入りにマッサージする場面は、つい観ているこちらも笑いながら、目の奥が痛んで切ない涙が溢れます

まとめ


© Red Carpet Moving Pictures

愛する大切な人が自ら死期を悟った時、これはインドの聖地バラナシのことに限らず、観ている者も様々なシチュエーションが浮かぶかもしれません。

不治の病、不慮の事故、自然災害、戦争…最期の別れに立ち会えなかった後悔やもっと会いに行ったり、話しておけばよかったと自分を責めたりしてしまう自分を感じるかもしれません。

ダヤの言葉を借りるなら、「母さんにライオン坊やと呼ばれてた」ことが幸せで「わしはお前の才能を伸ばしてやれなかった」ことが、ラジーヴに託した将来の夢でしょう。

そして息子ラージヴと過ごせたバラナシの日々こそが、ダヤにとっての生きてきた時間の眩しさを感じます。

その眩しさは、決して華やかな光ではなく静かにガンジス河に溶け込んでいくようでした。

死とは静かなものであることを、この映画は生きとし生けるものに謳っています。

この映画の聖地バラナシに身を任せながら、愛する大切な人に会いにいきませんか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『浜の記憶』あらすじと感想。元東宝の名優加藤茂雄が演じる年の離れた男女の孤独な物語

映画『浜の記憶』は2019年7月27日(土)よりK’s cinemaにて公開! 黒澤明監督の『生きる』や成瀬巳喜男監督の『流れる』など、数多くの東宝作品に出演したほか、テレビドラマ『太陽に …

ヒューマンドラマ映画

映画『風をつかまえた少年』あらすじネタバレと感想。実話で描く14歳の純粋なこころざし

映画『風をつかまえた少年』は2019年8月2日(金)より、ヒューマントラスト有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。 『風をつかまえた少年』は、ウィリアム・カムクワンバの同名自伝(ブライアン・ミーラー共 …

ヒューマンドラマ映画

映画『輝ける人生』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

勇気を出して、ホップ・ステップ・ダンス! 幸せのステップで、泣いて笑って第二の人生を生きていくシニアたち。 若者もカリスマな人も出てこないのですが、れっきとした心温まる青春映画です。 スポンサーリンク …

ヒューマンドラマ映画

映画『あさがくるまえに』あらすじとキャスト!秦基博がイメージソングを

2017年9月16日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次公開される『あさがくるまえに』。 カンヌ、ベネチア、トロントなどの海外国際映画祭で大注目され、アメリカのバラエティ誌が2017年上半期 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ゴールドフィンチ』あらすじネタバレと感想。原作小説を監督ジョン・クローリーいかにして生まれ変わらせたのか

原作ドナ・タートのベストセラー小説をいかにして映画『ザ・ゴールドフィンチ』としたのか 今回取り上げるのは今最も注目を集めると言っても過言ではない若手俳優アンセル・エルゴート。 そして、オークス・フェグ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学