Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/11/05
Update

ジョニー・デップ映画『ネバーランド』あらすじネタバレ結末と感想評価。ピーターパンの原作本を書いた際の背後にあったエピソードとは?

  • Writer :
  • spygame

マーク・フォースター監督とジョニー・デップで描いた映画『ネバーランド』

世界中で数多くの人たちに今も愛されている「ピーター・パン」の物語。

この物語が生まれるきっかけになった実話を背景に、夢見ることの大切さと想像の翼を大きく広げていくことを教えてくれる感動の映画が『ネバーランド』です。

本作を見終わった後、心が温かい涙で包まれるでしょう。

名優の共演でジョニー・デップほか、ケイト・ウィンスレットとダスティン・ホフマンが脇を固める名演技も楽しめる、映画『ネバーランド』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ネバーランド』の作品情報


MiramaxFilms/FilmColony/Photofest/MediaVastJapan

【公開】
2005年(アメリカ・イギリス合作映画)

【原題】
Finding Neverland

【監督】
マーク・フォースター

【キャスト】
ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマン、ジュリー・クリスティ、フレディ・ハイモア

【作品概要】
夢見る心を持ち続ける劇作家のジェームズ・マシュー・バリと父親を亡くして心に深い傷を負った少年ピーターが出会い、世界中で愛される「ピーター・パン」の物語が生まれるまでを丁寧に描いた作品。

監督は『チョコレート』でハル・ベリーにアカデミー主演女優賞をもたらしたマーク・フォースター。音楽を担当したヤン・A・P・カチュマレクは米国アカデミー作曲賞受賞しました。

2.映画『ネバーランド』のあらすじとネタバレ


MiramaxFilms/FilmColony/Photofest/MediaVastJapan

1903年のイギリス・ロンドン。夢見る心と少年のような純粋な心を持ち続ける劇作家のジェームズ・マシュー・バリは新作舞台が上演されたものの、観客の心をつかむことができず、翌日の新聞でも評論家たちから酷評されてしまいます。

そんな彼はロンドンにあるケンジントン公園に出掛けていきます。そこで夫を亡くし、4人の息子たちと一緒にいるシルヴィアに出会います。

バリは少年の心を持っていることから彼女の子供たちとすぐに仲良くなるのですが、たった1人だけ心を閉ざした男の子がいました。

彼の名前はピーターです。父親を亡くしたことで心に深い傷を負い、心を閉ざしてしまったのです。

ピーターにバリは夢見ることの大切さ、そして想像の翼を大きく広げていくことを教えます。

バリは公園でシルヴィアと彼女の4人の子供たちと凧揚げをしたり、シルヴィアの家の庭で「カウボーイとインディアンごっこ」をしたりします。

またバリは別荘にシルヴィアと子供たちを連れていき、「海賊ごっこ」をして交流を深めていきます。

少しずつピーターも閉ざしていた心を開き始めていき、バリから勧められて自分で物語を書いていくのです。

子供たちとの交流を通して、バリは失いかけていた創作への熱い思いを取り戻して、永遠に歳を取らない少年を主人公にした物語を書いていきます。

その物語の主人公にピーターの名前を使うことに決めたのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ネバーランド』ネタバレ・結末の記載がございます。『ネバーランド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

バリは物語を完成させて、その物語は「ピーター・パン」という舞台劇になった上演されます。1904年12月27日です。

この舞台は大成功となり、バリは劇作家として再び注目を浴びるようになります。

ですが、ピーターたち4人の子供たちに悲しいできごとが起こります。それは彼らの母親であるシルヴィアが病気で亡くなってしまうのです。

シルヴィアの葬儀に参列してから、バリは公園に向かっていきます。そこにあるベンチにはピーターがいました。立ち上がったピーターに座るようにバリは言います。

母親を亡くしたピーターは目に涙を浮かべています。ピーターの手には自分で書いた物語があります。

「どのページにも君のお母さんがいるよ。彼女はネバーランドに行ったんだよ。いつでも行くことができるよ。信じることで」と言って、バリはピーターを優しく抱きしめます。

スポンサーリンク

3.映画『ネバーランド』の感想と評価


MiramaxFilms/FilmColony/Photofest/MediaVastJapan

映画館で予告編を見ただけで涙があふれてきました。

「ピーター・パン」の物語が誕生することになった背景には劇作家バリと心に傷を負った少年の出会いがあったことを初めて知りました。

そしてこれが実話であることも初めて知りました。

大人になっていくにつれて忘れてしまった夢見る心と想像の翼を広げていくことの大切さを思い出させてくれました。

映画でジョニー・デップが演じた劇作家のように、ノートと万年筆で物語を書いていきたいと思いました。

特に公園の木の下でアイディアを万年筆でノートに書き留めていくシーンが大好きです。劇作家になった気分でした。

見るたびにハンカチで涙を拭いています。心が本当に温かい涙で包まれます。

まとめ


MiramaxFilms/FilmColony/Photofest/MediaVastJapan

夢見ることの大切さを見るたびに思い出すことができる感動的な映画です。

ジョニー・デップ演じる劇作家のバリが創作への熱い思いを取り戻して、「ピーター・パン」の物語を書いていく過程が興味深いです。

この作品では、ジョニー・デップの新たな魅力を知ることができ、スコットランドなまりの英語を身につけ、優しくて気品のある紳士になりきっています。

また、ケイト・ウィンスレット、ジュリー・クリスティ、ダスティン・ホフマンというアカデミー賞に輝いた共演者が映画に花を添えています。

映画を見る時はハンカチを用意して下さい。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『アニエスによるヴァルダ』感想とレビュー評価。特集上映の過去作紹介も【アニエス・ヴァルダを知るための3本の映画】

特集上映『アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画』は2019年12月21日(土)から公開。 2019年3月29日、“ヌーヴェル・ヴァーグの祖母”と称された映画製作者がこの世を去りました。 アニ …

ヒューマンドラマ映画

映画『狼煙が呼ぶ』あらすじネタバレと感想。松田龍平らキャストの演技力で魅せる16分の短編

火防盗賊除 枷鎖難除 魔除けの札は手に入った。 法という権力に縛られない想像力で狼煙を上げろ! 2019年4月。拳銃の不法所持で逮捕され、不起訴処分になった豊田利晃監督。その拳銃は、祖父の代から受け継 …

ヒューマンドラマ映画

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』あらすじと感想レビュー。たった一人で宮殿を作ってしまった男

愛する娘のために“おとぎの国の宮殿”を建ててしまった男の、ウソのような本当のお話 フランスに実在する建築物「シュヴァルの理想宮」を作ったのは、1人の無名な郵便配達員だった。 この驚くべき実話を映画化し …

ヒューマンドラマ映画

映画『エイス・グレード』ネタバレ感想と評価。SNS時代に生きる少女の青春像を繊細なタッチで描く

オバマ前大統領が年間ベスト映画に選出したことでも話題の青春映画 生まれた時からウェブサイトやSNSが存在する、若き少女たちのリアルな葛藤や恋愛。 そして、父親との家族関係を描き、全米で公開4館からわず …

ヒューマンドラマ映画

『2つ目の窓』動画無料視聴はHulu!感想レビューと考察も 

2017年度のカンヌ国際映画祭に登場して、メディアに多く取り上げられた女性監督・河瀬直美。 『光』のほかに『あん』では異例のヒットを記録したことで、日本中にその名を知らしめた監督の一人です。 監督の祖 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学