Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/05/13
Update

映画『マルクス・エンゲルス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【共産党宣言の誕生】

  • Writer :
  • 福山京子

2018年はカール・マルクス生誕から200年を迎え、映画『マルクス・エンゲルス』は、岩波ホールほか全国順次公開

19世紀を代表する革命的な名著『資本論』を著したカール・マルクス。

フリードリッヒ・エンゲルスとの運命的な出会いから、大きな運命のうねりのなか誕生させた二人の共作『共産党宣言』までの深い友情と絆を描いた映画『マルクス・エンゲルス』が公開されました。

スポンサーリンク

映画『マルクス・エンゲルス』の作品情報


(C)AGAT FILMS & CIE – VELVET FILM – ROHFILM – ARTEMIS PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINEMA – JOUROR – 2016

【公開】
2018年 (フランス・ドイツ・ベルギー合作映画)

【原題】
The Young Karl Marx

【監督】
ラゥル・ペック

【キャスト】
アウグスト・ディール、シュテファン・コナル、スケ、ビッキー・クリープス、オリヴィエ・グルメ、ハンナ・スティール、アレキサンダー・シェアー、ハンス=ウーベ・バウアー、ミヒャエル・ブランドナー、イバン・フラネク、ペーター・ベネディクト、ニールス・ブルーノ・シュミット、マリー・マインツェンバッハ

【作品概要】
科学的社会主義を構築したカール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスの若き日の出会いと活躍を描くヒューマンドラマ。

19世紀のヨーロッパでは、産業革命が社会に格差をもたらし、貧困の嵐が吹き荒れた中、20代半ばのカール・マルクスは惨状を目の当たりにし、搾取と不平等な世界に独自の政治批判を展開。その後ドイツを追われフランスに逃亡し、エンゲルスと運命的な出会いを果たし、2人は深い友情で結ばれます。演出は『ルムンバの叫び』のラウル・ペック監督。

映画『マルクス・エンゲルス』のあらすじとネタバレ


(C)AGAT FILMS & CIE – VELVET FILM – ROHFILM – ARTEMIS PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINEMA – JOUROR – 2016

「昔森の恵みは、森の民のものであった。今や『木材窃盗取締法』によって森の所有者は、落ちている枝を拾う民さえも窃盗罪で捕える。落ちた枝は誰の所有なのか?それでも民は命をかけてこの窃盗という行為を繰り返すのだ…」

19世紀初頭絶対王政下のプロイセン(現在のドイツ)、多くの貧困と差別があちこちで見られ、森を多くの貧しい人々が逃げ回り、官吏たちが馬に乗って森を駆け巡ります。

女性も子供も容赦なく暴力で打ちのめし、多くの民たちは木々の下で息が絶えていきます。

一方でライン新聞社の部屋では、たくさんの記者が息を上げて、意見を交わしています。

カール・マルクスが書いた『木材窃盗取締法』に対する告発文が槍玉に上がっていました。

当局の怒りを買うだけだというのが、大多数の意見でした。

マルクスの言論の封殺を恐れず、公然と国家を告発する姿勢は当局の取締の対象となり、すでに、階下に多くの官吏がやってきます。

マルクスを筆頭に全員が捕まり、新聞は発禁になります。やがて、彼はドイツを離れ、フランスのパリを目指します。

一方イギリス、マンチェスターの紡績工場主を父に持つフリードリッヒ・エンゲルスは、父の専制的な経営方針に疑問を持ちながらも、代理者として工場を管理する日々を送っていました。

ある日、一人の女工員が居眠りをして機械で指を切断するという事故が起こり、労働者たちと話し合いをする機会に立ち会いました。

工場長は、オーナーの父親に問題を先導する女工員がいることを耳打ちします。

案の定、彼女がリーダーとなって、昼夜働かせて三日三晩寝ていないこの状態を改善してほしいと訴えます。

オーナーは「規律を乱すものは全員出て行け」と言い放ち、その女メアリー1人が出て行きました。

エンゲルスは父親にやりすぎだと告げ、女の後を追いかけます。

メアリーが向かったのは、アイルランド人の住む貧民街でした。

娼婦、お金を乞う子供、酔いつぶれた男。異様な目つきで見られながらも奥のバーに進みます。

そこでメアリーは仲間とお酒を飲んでいました。

「おぼっちゃまが来るところじゃないよ。」と言われながらも、仲間とともにエンゲルスはお酒を組み交わす日々が続き、次第に労働者階級への理解と慈愛を深めていきました。
  
赤ん坊の泣き声が響き、ベッドから女性が起きて、子どもを抱きかかえながら朝食の用意を始めると、男が近づいてきました。

その男カールは、パリで妻イェニーと娘とともに慎ましいながらも、幸せな日々を過ごしていました。

イェーニーはかつてプロイセンの男爵令嬢でしたが、本人にとってブルジョアの生活に生きる喜びを見出せないと感じ、カールと人生をともにする思いでパリにやってきました。

ある日、マルクスは革命家の先鋒プルードンの噂を聞き、演説を聴きにいきました。

しかし、プルードンの“所有”についての部分は、抽象的で曖昧な言葉でしか表現しておらず、保身に走っているように思え、マルクスは幻滅し家路に着きます。

自分自身の生活も困窮を極める中、仕方なく郵便局の雑用の仕事に面接に行くも、門前払いを受けました。

マルクスは心身共に追い詰められていました。
 
やがて、マルクスは革命家の友人に会いに行きます。

何度も原稿を書いているのに、まだ原稿料をもらっていなかったので、妻や子どもを養うためにマルクスは頼みにやって来ました。

部屋には見たことのある顔の男が1人座っていました。マルクスはベルリンで出会ったことを思い出します。

彼の名はフリードリッヒ・エンゲルス。2人は激動の時代のうねりの中で、運命的な再会を果たしました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『マルクス・エンゲルス』ネタバレ・結末の記載がございます。『マルクス・エンゲルス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)AGAT FILMS & CIE – VELVET FILM – ROHFILM – ARTEMIS PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINEMA – JOUROR – 2016

ベルリン当時マルクスは彼を空想的な社会主義者と思い、エンゲルスも良い印象を持っていなかったようでした。

その後、エンゲルスマルクスの著書に感銘を受けたと話し、マルクスはエンゲルスの発表した論文を絶賛します。

すぐに2人は意気投合し、夜中待ちを見張る警察から逃れ、マルクスの家でワインを飲み明かし、永遠の友であり、理解者を得た夜となりました。

その後、プロイセン国王の暗殺未遂事件が起こり、ヨーロッパは大きな変革の波が渦巻いていました。

マルクスとエンゲルスは時間を忘れて執筆に没頭し、共著『聖家族』を出版させます。 

当時の中心となっていたヘーゲル青年党を批判し、労働者たちに表面的には支持されている手応えがあったものの、エンゲルスは自分の立場が支配階級でありながら労動者たちの中で共産主義(ここでは、私有財産を無くし、すべての財産を共有することによって貧富のない社会を実現しようとする思想)を啓蒙するという矛盾に悩みます。

マルクスは自分の辛辣で激しいが、所以に言説が思った以上に受け入れられず、生活が困窮を極めていきました。

更にパリから2人は追放され、ベルギーのブリュッセルに移ります。

マルクスの妻イェーニは2人目の娘ができたことを喜んで報告し、エンゲルスの妻メアリーと同じ理想を持ち、マルクスを支え続けていました。

ある日、今やヨーロッパで最も影響力のある革命家ヴァイトリングが組織する正義者同盟から連絡が入ります。

マルクスとエンゲルスはロンドンを旅立ち、正義者同盟の面談に臨みました。

その面接で真っ向から批判を浴びせるマルクスとエンゲルスでしたが、委員会と落とし所をお互いに見出し、正式加入を認められました。

委員会演説のある日、エンゲルスの発言を発端に多数決の結果、“共産主義同盟”としてスタートを切り、労働者たちの熱い支持と自分たちの宣言の必要性を感じていました。

プルードン、ヴァイトリングは勢いを失い、共に新たな時代の流れを2人は感じ取っていました。

来る日も来る日も執筆を続けるマルクスとエンゲルス。

マルクス、イェーニ、エンゲルスとメアリーの4人が部屋で嬉しそうに話しています。

「ここは“幽霊”だな。」言いながら、マルクスが言葉を書き直しました。

「ヨーロッパに幽霊が出る、共産主義という幽霊である。」という冒頭で始まる『共産主義宣言』が完成した瞬間でした。

新たな時代が始まろうとしていました。

スポンサーリンク

映画『マルクス・エンゲルス』の感想と評価

冒頭から引き込まれる作品テーマ


(C)AGAT FILMS & CIE – VELVET FILM – ROHFILM – ARTEMIS PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINEMA – JOUROR – 2016

映画の冒頭の農夫たちが森で薪拾いをしている場面では、木材窃盗の罪で管理が襲撃します。

あまりの壮絶さに目を覆ってしまいそうになりますが、幹から落ちた枝は誰のものか?

森は?この貧しい人々は?

森の中で起こる事件の混沌さの中で、作品のテーマである「所有とは何か」の核心に迫っていく、映画の冒頭はとても印象的です。

マルクスとエンゲルスのバックボーン


(C)AGAT FILMS & CIE – VELVET FILM – ROHFILM – ARTEMIS PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINEMA – JOUROR – 2016

カール・マルクスは『資本論』を著した共産主義の経済学者という難しい解釈ではなく、本作ではライン新聞社の記者という、ジャーナリストの一面から物語を描いてもいます。

産業革命以後ヨーロッパでは資本家階級と労働者階級の格差が生まれ、貧富の差か拡大していきます。

その現状を目の当たりにしたマルクスは、どんどん激しく論争をぶつけていく姿に心を打たれます

マルクスの思いが強くなる一方、生活が逼迫していく切ない現実も描かれています。

また、エンゲルスの苦悩も複雑です。

当時のイギリスのマンチェスターの紡績工場のシークエンスが産業革命の賜物です。

大型機械を取り入れて、多くの工員が並んで1日中、糸を紡いでおり、工員のほとんどがアイルランドの移民。

そのオーナーがエンゲルスの父親で専制的な資本家です。

その搾取の上で自分が生きているという矛盾と葛藤がいつまでも彼を苦しめます。

2人ともが20代半ばの高潔な志を持った熱き青年であり、彼らが世界の波に翻弄されながらも、真実を求め、貧苦に喘いでいる人々の心を打たないはずがありません。

歴史的な背景や宗教、思想など難解な言葉や理論が出てきて、ストーリーが分からなくなるのではないかと危惧していましたが、若き純粋な2人の様子を見つめているうちに、新しい時代到来の光が射して行くまでを飽きることなく見せてくれます

思わず現代に置き換えて、誰もが真摯に受け止めるべき事象や人物を思い浮かべることでしょう。

やはり、生きていくことは一縷の希望を抱いくものだと与えてくれるのが、本作『マルクス・エンゲルス』の素晴らしさと言えます。

まとめ


(C)AGAT FILMS & CIE – VELVET FILM – ROHFILM – ARTEMIS PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINEMA – JOUROR – 2016

映画のエンドロールは、ボブ・ディランの名曲『ライク・ア・ローリング・ストーン』にのって、様々な20世紀を代表する人物の映像が映り出されます。

チェ・ゲバラ、ケネディ大統領、ネルソン・マンデラ…等々。

マルクス・エンゲルス亡き後の時代も、世界で続いている不正義とそれを変えようと命を賭けた人たちの闘いの歴史にも思いを馳せます。

どんな世界を求めて、何に向かって生きていくのか?

そう若きマルクスとエンゲルスに問われているような気がしました。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『予兆 散歩する侵略者 劇場版』第68回ベルリン国際映画祭に正式出品決定!

黒沢清監督ファンのあなたに吉報です!映画『予兆 散歩する侵略者 劇場版』が、2018年2月15日から25日まで開催される第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に正式出品に決まりました。 映画『散歩す …

ヒューマンドラマ映画

映画『クリミナル・タウン』あらすじと感想レビュー【クロエ・モレッツ&アンセル・エルゴート共演】

映画『クリミナル・タウン』は、8月25日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開。 『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴート、『彼女が目覚めるその日まで』のクロエ・グレース・モレッツが共演した …

ヒューマンドラマ映画

『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』あらすじネタバレと感想。ハプニングだらけの世界旅行で見えたものは

世界30か国で販売された小説、「IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅」。この人気作が国際色豊かなキャストで映画化されました。 こうして誕生した作品が、『クローゼットに閉じこめられた僕 …

ヒューマンドラマ映画

『ラッシュ/プライドと友情』動画無料視聴!ネタバレと実話の評価は

『インフェルノ』『白鯨との闘い』など、大味な作品を手がけるイメージの強いロン・ハワード監督。 そんな監督が、実在のF1レーサー、ジェームズ・ハントと、ニキ・ラウダの熱い戦いと、そこから芽生える男らしい …

ヒューマンドラマ映画

映画『奪還者』ネタバレあらすじと感想!動画無料視聴方法も

映画『神様メール』や『殿、利息でござる!』など、作品の内容とメインビジュアルの不一致について言及しましたが、この度新たにビジュアルギャップのある作品を発見! デビッド・ミショッド監督の作品『奪還者』を …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学