Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

ジョー・ブラックをよろしく|ネタバレ結末考察とあらすじ感想解説。ブラピとアンソニーホプキンス共演の事故死から蘇る死神がおこすラブ騒動

  • Writer :
  • からさわゆみこ

死神が人間界の営みを学び、真実の「愛」を知るラブファンタジー

今回ご紹介する映画『ジョー・ブラックをよろしく』は、映画『明日なき抱擁』(1934)のリメイク作品です。

『明日なき抱擁』が公開された当時、映画界からの絶賛と評価が高かったこともあり、第19回ゴールデンラズベリー賞で、最低リメイク続編賞にノミネートされるという経緯があります。

ニューヨークの「パリッシュ・コミュニケーション」の取締役ビル(ウィリアム・パリッシュ)のもとに、夜突然見知らぬ男が訪ねてきます。

その男はビルを迎えに来た死神でした。ジョーは人間の世界に興味があり、ビルを案内人にしてこの世界を見て周ろうと目論んでいました。

ビルの娘スーザンは、彼の顔を見るなり驚きます。ジョーは朝、街のカフェで初めて出会い、意気投合した青年にそっくりだったからです。

スポンサーリンク

映画『ジョー・ブラックをよろしく』の作品情報

(C) 1998 Universal Studios – All Rights Reserved

【公開】
1998年(アメリカ映画)

【監督】
マーティン・ブレスト

【脚本】
ロン・オズボーン、ジェフ・レノ、ケビン・ウェイド、ボー・ゴールドマン

【原題】
Meet Joe Black

【キャスト】
ブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンス、クレア・フォーラニ、ジェイク・ウェバー、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ジェフリー・タンバー

【作品概要】
ジョー・ブラック役を『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(2008)、『マネーボール』(2011)に出演し、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)で、初のアカデミー助演男優賞を受賞したブラッド・ピットが演じます。

ウイリアム・パリッシュことビル役は、『羊たちの沈黙』(1992)、『ファーザー』(2021)でアカデミー賞主演男優賞を受賞した、アンソニー・ホプキンスが演じます。

監督は『ビバリーヒルズ・コップ』(1985)、『ミッドナイト・ラン』(1988)のマーティン・ブレストが務めます。

映画『ジョー・ブラックをよろしく』のあらすじとネタバレ

(C) 1998 Universal Studios – All Rights Reserved

謎の幻聴で目を覚ました紳士は、肩から腕にかけて違和感を感じますが、異常はなく顔を洗ってベッドに戻るとまた、「イエスだ…」という幻聴が聞こえ困惑します。

紳士の名前はウィリアム・パリッシュ、通称ビルです。ビルの娘のアリソンは、65歳になる父のバースデーパーティーを、盛大に行うため準備に大忙しでした。

ビルはニューヨークでは知らぬ者がいない、“パリッシュ・コミュニケーション”の社長であり、大統領とも親交のある大富豪です。

ビルにはアリソンのほかに、スーザンという娘がいます。ビルは2人の心優しい娘、部下でスーザンの恋人ドリュー、アリソンの夫クインスに囲まれ暮していました。

彼の誕生日はパリッシュ・コミュニケーションと、ボンテキュー社との提携契約が交わされる日でもありました。

そんな順風満帆なビルでしたが、スーザンのドリューに対する愛情が、希薄であることが気になっています。

ドリューはビルにとって有能な右腕ですが、スーザンが彼に情熱的な愛を持たぬまま、結婚を視野に入れていることに不満を持っています。

恋愛に対して冷めているスーザンにビルは、“相手無しでは生きられない”と思えるほどの経験がなければ、人生には意味が無いとスーザンに諭します。

内科医のスーザンはドリューとの関係に情熱はなく、打算的に捉えていました。ビルは「心を開けば、稲妻に打たれる」と、真に人を愛せる豊かな人生を望みました。

ヘリがニューヨークに到着し一行が歩きだすと、ビルには「足が地につかぬ想い、恋に酔い、我知らず、歌い踊る気持ち」という、スーザンに説いた言葉が幻聴として聞こえます。

スーザンは勤務先の病院に向かう前に、コーヒーショップに立ち寄ります。店に入ると電話ボックスで、通話相手をしきりに元気づけようとする男性の声を聞きます。

スーザンは仕事のことをノートにまとめながら、男性の会話を微笑ましく思いながら耳を傾けました。

電話を済ませた男性は、スーザンの斜向かいに座り、彼女を一瞬で意識しました。男性はスーザンに声が大きかったことを詫びると、スーザンは楽しい会話だったと返します。

青年は大学生の妹が失恋したと話し、「恋愛なんて永遠じゃない」と言うと、スーザンはその言葉に共感しました。

その反応に青年は興味を抱き「なぜそう思うの?」と、人懐こくスーザンに話しかけますが、彼女は切り上げようとします。

青年はそれでもお構いなしに、妹の恋バナや仕事をみつけ、ニューヨークに来たばかりの恋人募集中だと話します。

スーザンが内科医だと知ると、何かあったら診てもらおうと微笑みます。そして、話を引き延ばそうと、コーヒーのおかわりをすすめます。

“パリッシュ・コミュニケーション”では、明日の取締役役員会の前に、契約の調印をすることを確認し、ビルは社長室に入ります。

ビルがネクタイを緩めると、突然胸に強い痛みを覚え、また「イエスだ」という幻聴が聞こえてきました。

彼は「何のことだ?」とつぶやくと、質問の答えが“イエス”だと声がします。ビルは声の主を尋ねますが、自分でよく考えるよう言われます。

ビルは声の主と問答し、何者なのか知ろうとすると、胸の痛みが強くなり、声は「君は主導権を取れない」と言い放ち苦しめます。

そして、「今日のところは許す」と言い、ビルの痛みも落ち着きます。

一方、スーザンの方は仕事と結婚観について、青年と話していました。青年は結婚したら妻の意向を優先し、それが夫婦であり、互いに思いやるものだと力説しました。

スーザンは同じ価値観の人は少ないと言いますが、青年は「稲妻に打たれるのを待とう」と言い、彼女はその言葉に驚きます。

青年はスーザンに「好き」になったから、診察してもらうのをやめると言い、彼女も「とても好き」になったから診察しない・・・、そう言いながら名残惜しそうに別れます。

2人は何度も振り返りますが、タイミングが合いません。青年はスーザンが角を曲がっていくのを見送り、交差点を渡ろうとした時、自動車にはねられてしまいました。

その夜、ビルのニューヨークの家では、パーティーの打ち合わせをするため、家族が集まります。アリソンがしきりに内容を話しますが、ビルは上の空です。

すると再び、幻聴が聞こえてきます。しかも、声の主は玄関先に来ていると言い、ビルは家政婦に確認させると、玄関ロビーにいたと伝えられます。

書斎に声の主を通し、ビルは会いに向かいます。声の主は書庫の裏側に身を潜め、威圧的な言葉で、永遠の千年、無限の時を生き、全ての存在を司る者と名乗ります。

そして、人類に興味と関心を持ち始めたと話し始め、ビルと共に発つ前に、人間界を案内するよう命じます。

ビルがなぜ自分になのか問いかけると、彼の権力・知識・経験からその役目を与えたと話し、自分の興味を満たすよう言いました。

声の主は案内係を引き受ける代わりに、時間を与えるといいます。それは寿命のことでした。ビルは体の不調から“死期が近いのか?”と自分に問いかけていました。

声の主はその問いに「イエス」と答えていたといいながら、姿を現してきます。

するとそれは、スーザンがコーヒーショップで出会った青年でした。ビルは若い姿をした声の主に、再び何者なのか聞きますが、答えさせようとします。

ビルが出した答えは「死神」でした。死神は人間界に紛れ込むために、人間の体に憑依したと言います。

死神が興味を抱いている人間界を、ビルがガイドしている間は、見返りとして彼の命が引き伸ばされます。

死神はビルの家族と夕食を共にすると言い、自分の命令は絶対だと告げます。ビルは半信半疑で取引を受け入れました。

以下、『ジョー・ブラックをよろしく』のネタバレ・結末の記載がございます。『ジョー・ブラックをよろしく』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C) 1998 Universal Studios – All Rights Reserved

ビルは彼をダイニングに案内し、アリソンとクインス、ドリューに“友人”だと紹介します。名前を聞かれてビルは、適当に「ジョー・ブラック」と名付けて紹介しました。

アリソンとクインスは戸惑いながらも、ジョーを好意的に招き入れました。しかし、遅れて帰宅したスーザンは、ジョーの姿を見て驚きます。

しかも朝、陽気に話していた青年とは別人のように、よそよそしい彼に困惑し気分を害してしまいます。

ビルはスーザンと顔見知りだったことに驚きますが、ジョーが肉体を必要として、青年の身体を乗っ取ったと知り愕然とします。

ジョーはゲストルームに案内されますが、ビルがいなくなると屋敷の中の探検をはじめます。

鏡で自分の姿を確認したり、厨房で使用人が食べていたピーナツバターに興味を示して、味見をするとそれを気に入りました。

ジョーは最上階のプールに迷い込みます。プールではスーザンが泳いでいました。ジョーは彼女の泳ぐ姿に、不思議な感情を抱きます。

そして、急によそよそしくなったのは、知らない街で仕事に追われていたせいだと詫び、もっと違う世界を知りたいと、スーザンに友達になってほしいと頼みます。

スーザンはジョーが街に来たばかりだと思い出したように、彼を許して友達になることを了承しました。

翌日、ジョーはビルと一緒に会社にもついて行き、取締役員会に無理矢理出席します。ドリューはジョーに対し、ビルとスーザンの関係にも不信感があり怪訝そうです。

ドリューはおかまいなしな態度のジョーの存在に次第に苛立っていきます。会議ではボンテキュー社との合併について、ビルの経営方針とかけ離れていると、意見が対立しました。

ドリューはボンテキュー社との合併は、会社の新たな発展のために必要と考えますが、ビルは利益重視ではなく、自社で新しい事業拡大をするべきだと考えます。

ドリューが合併の道は「死と税金」のように避けられないと言うと、ジョーはその言葉に反応して口を挟み、ドリューの苛立ちを助長してしまいます。

ビルは会議を閉会し、社長室へ戻るとジョーに1人にしてほしいと、金を渡して散策に行くよう促します。

(C) 1998 Universal Studios – All Rights Reserved

ジョーが向かったのはスーザンの勤める病院でした。スーザンは戸惑いながらも、奇想天外な行動と言動に、あの朝の青年を感じていました。

そこに受診しにきた老婦人が、ジョーを見つめ彼も彼女を凝視します。すると彼女は「オベア」とつぶやき、怯え始めます。

スーザンは付き添いの娘に何のことか聞くと、ジャマイカの「悪霊」という意味だと言いました。

ジョーは「私はオベアではない」と話しかけ、娘に入院の手続きをするよう言い、ジョーは老女にオベアではないが、あの世から来た者だと告白します。

すると彼女は張り裂けそうな痛みから解放されたいがために、ジョーに助けを求めます。その助けとは、あの世に連れて行ってほしいということでした。

ジョーはまだ寿命が残っていると諭しますが、彼女は強く死を望んだため、ジョーはその願いを叶えるように、肩にそっと手を添えると、老女の表情が和らぎます。

ジョーが「もう少し辛抱して」と声をかけると、彼女は病室へ連れて行かれました。

スーザンはジョーが病院に来てくれたことを歓迎しましたが、ドリューの存在と診察の途中で話ができないと謝り、仕事に戻っていきます。

ジョーが会社に戻ると、ビルは亡くなった妻から伝授された、ラム肉のサンドイッチを振舞います。ジョーはビルと妻のなれそめについて興味を示します。

ビルは少し話し始めたところで涙ぐみます、そこにドリューが社長室を訪ねてきました。そして、合併の話を白紙にすることに抗議します。

ジョーは幾ばくも無い寿命のビルに、事業に執着する意味を問いかけると、ビルは一代で築き上げた会社を、やすやすと手渡すことに抵抗があると語りました。

クインスはビルの考えを支持すると言いながら、他にも交渉できる企業があると、来週にでも紹介すると持ちかけますが、ビルは「ジョー次第だ・・・」と言いました。

クインスはそのことをドリューに話すと、“ジョー次第”という言葉に怒りを覚えます。

二晩続けてのパリッシュ家の夕食会は、ビルが心優しい娘と家族に感謝し、明日も家族で夕食を共にしたいと言い、アリソンとスーザンはそんな父を微笑ましくみつめます。

ジョーはスーザンの病院で会った、ジャマイカ人の患者について話し、医師としてのスーザンを讃えます。するとその話にビルとドリューが過剰に反応します。

ビルはスーザンに興味を抱くジョーを嫌悪し、家族を巻き込まないよう釘を刺します。

ドリューはスーザンにジョーが彼女を見る目つき、話し方が嫌いだと言い放ちます。ところがスーザンはそんなドリューにうんざりし、自分はジョーが好きだと返します。

その様子を見ていたジョーにスーザンは、彼の魅力について語り始め、ジョーはその言葉とスーザンの眼差しに戸惑いを覚えました。

ビルはジョーに関心を向けるスーザンに理由を聞くと、彼女はビルが話した恋愛観の“稲妻”に打たれたかもしれないと言います。

しかし、ビルはその“稲妻”とは違うと、急にドリューを評価し始めます。スーザンはジョーと父には、2人だけの隠し事があると察します。

一方ドリューは秘密裏に取締役達を集め、ビルはパリッシュのために尽力してきた関係者よりも、何者かもわからないジョーの言葉に耳を傾けていると、不信感があると訴えます。

そして、クインスとの話で今後の合併交渉も、“ジョー次第”だということを発言させ、役員達を扇動していきます。

ビルの家では3日目の夕食会で、アリソンがパーティーに出すケーキの試食を促しますが、ビルはパーティーもケーキにも興味がなく、つれない態度をしてしまいます。

父のために一生懸命なアリソンは泣き出し、ビルは我に返り繕おうとします。そんな家族の様子をジョーは、微笑ましくみつめました。

その晩、ジョーとスーザンは初めて、くちづけを交わしました。

翌日、パリッシュ社では役員が招集され、ビルはドリューから、ジョーとの関係を説明するよう詰め寄られます。

ビルは答えることができず、法規によって解雇されてしまいました。

そして、そのことはビルの誕生日パーティーで発表すると告げ、ボンテキュー社との新たな交渉について、会議を遂行しはじめました。

ところがそのボンテキューとの合併は、後にパリッシュ社を解体し、条件の良い企業に切り売りし、利益を得るという画策でした。

そのことを知ったクインスは、ビルを裏切りドリューの片棒を担いでしまったと、自責の念で自失放心になってしまいます。

屋敷に戻ったジョーは、仕事の合間に立ち寄ったスーザンとプールで、彼女への愛を自覚し、2人は結ばれます。

ビルは抱擁しキスをする2人を見てしまいます。ビルはジョーには死後の世界に連れて行く以外に、何か目的があり自分を苦しめていると思い責めたてます。

ビルはジョーが人間の言葉に感化され、宇宙の法則を破るドジをしたと言います。ジョーは冷静を装いながらも、的を得られ憤慨します。

ジョーはスーザンに会いに病院へ行きますが、夜勤のため不在でした。そこで彼は出会った老女を見舞いに行きます。

老女は正体を明かさず、スーザンに恋をしたというジョーに、ここにいては2人とも不幸になる、一緒にあの世へ行こうと諭します。

ところが恋を知ったジョーは「孤独は嫌だ」と言います。老女は楽しい思い出のまま戻る方が利口で、人間もこの世では孤独だと教えます。

ジョーはビルと発つ日をパーティーの晩と決めました。そして当日、ジョーはクインスに恋について迷いがあると話します。

彼はクインスにアリソンのことを愛しているか聞くと、彼は即答で愛していると答えます。理由は彼女が自分の欠点を全て許し、お互いに隠しごとのない関係だからだと言います。

しかし、クインスは事業のことで、ビルを裏切る形になったことを悔いていました。ジョーはそのことを今すぐに、ビルに伝えるべきだと促します。

ビルはアリソンへのスーザンとは別の愛を伝え、アリソンもそのことを理解していると、惜しみない愛を父に捧げたいと答えます。

(C) 1998 Universal Studios – All Rights Reserved

パーティーが始まり、ドレスアップしたスーザンが会場に到着します。ジョーは彼女の姿をみつけ、2人は歩み寄ります。

ジョーは今夜、発つとスーザンに伝えますが、裏腹に別れたくないとも言い、スーザンは離れないと伝えました。

クインスはビルにドリューの謀略を話しました。ビルはドリューをパーティー会場に呼ぶよう、クインスに指示しました。

ジョーはスーザンを愛しているから、一緒に連れて逝くと言いだしますが、ビルは彼の言う「愛」には本質的なものが欠けていると、語気を強めます。

ビルは「真の愛とは奪うことではなく、生涯を懸けて相手への信頼と責任を全うする事、そして愛する者を傷つけないこと」と諭しました。

何よりもスーザンは生きて出会った青年を愛していて、ジョーではないと言い放ち、娘のことを命がけで愛していると告げます。

立ち去ろうとするジョーにビルは、許可を得ようとしたのは、彼に善の心が芽生え、気が咎めているからと指摘し、スーザンに自分の正体を告げ、反応を見るよう言います。

ジョーは再びスーザンの元に行き、話したいことがあると言いますが、自分が何者であるか言いだせません。

沈黙しているとスーザンが、コーヒーショップで出会った日に青年が「互いを思いやる相手をみつけたい」と言った、希少な相手は私だと言います。

さらにスーザンはあのコーヒーショップで、会話を交わした青年に恋したと告げました。その時、ジョーは彼女が愛しているのは、自分ではないと悟ります。

ジョーはスーザンを抱きしめますが、彼女はジョーの心が離れていくのを感じ、彼がコーヒーショップの青年ではないこと、理由もわからぬまま、別れが来ると察します。

ジョーはスーザンに「愛をありがとう」と告げて、彼女の元を離れました。ドリューが到着する時、ビルは取締役たちを電話の向こうに待機させ、事の一部始終を聞かせようとします。

ビルはドリューの魂胆は知っていると詰め寄りますが、ジョーが吹き込んだでたらめで、証拠がないと反論します。

そこで突然ジョーは自分の正体を明かすと切り出し、国税局の秘密調査員だと名乗ります。

ボンテキューには悪質な脱税疑惑があり、証拠を掴むためビルに協力要請をしたと告げます。

役員に真実を話し会社を辞任すれば、罪は免れると追究すると、電話の向こうで聞いていた役員達は、再びビルを社長として迎える準備を進めると言います。

パーティーはビルのスピーチで、フィナーレを迎えようとしていました。ビルは何度もアリソンを抱きしめ、感謝の言葉を言います。

群衆の中に不安げなスーザンの姿を見つけたビルは、自分の人生は満ち足りて何の悔いもない、何が起こっても心配しなくていいと諭します。

スーザンは頭で理解しつつも、ビルに何が起こるのかと不安の涙を流します。ビルは彼女の手を取り、2人はダンスを踊ります。

その様子をジョーは小高い丘の上からながめています。やがて、曲が終わり花火が盛大に打ち上がります。

スーザンは近くで花火を観ようと誘いますが、ビルは彼女を1人で行かせ、ジョーの待つ丘へと歩きだしました。

ジョーは花火の打ち上がる美しい光景と、スーザンとの別れに涙を流しました。ビルは「別れがたいのが生」だとジョーに教えました。

2人は丘の上の庭園に架かる橋を渡っていきます。何かを感じ振り向いたスーザンは、その2人の姿を見て、胸騒ぎから後を追いました。

しかし、しばらくすると橋の向こうから、ジョーが1人で戻って来ます。彼はスーザンを見て戸惑い、“ここはどこ?”といった表情で、何が何だかよく覚えていない・・・と言います。

それでも彼は、街角を曲がって消えた彼女と、あれきり会えないと思っていたのに・・・と、嬉しそうに話します。

スーザンがコーヒーショップで・・・と言いかけると、青年はその時のことを語り始め、彼女が「好き」と言ってくれたことが、胸に刺さったと言います。

すると、彼女は「とても好き」だと訂正し、スーザンは知らない者同士と言うと、青年は時間をかけて、お互いを知り合おうと答えます。

スーザンは彼を父に「会わせたかった」と、青年は「会いたかった」と言うと、彼はこの先のことは「時に委ねよう」と、彼女の手を取りパーティー会場へ戻って行きました。

スポンサーリンク

映画『ジョー・ブラックをよろしく』の感想と評価

(C) 1998 Universal Studios – All Rights Reserved

思いやる「人間愛」に満ちた映画

映画『ジョー・ブラックをよろしく』の見どころは、人間と死神のラブロマンスや親子愛、夫婦愛など愛に満ちた物語というところです。

寿命を迎えたビルに接近した死神は、彼の博識さと人望から人間界に興味を持ちました。きっかけは死神の気まぐれと好奇心からの、人間界でのバカンスです。

死神はビルのことを知るうちに、スーザンにも興味を持ち接近しあの朝、青年の肉体を奪ったのでしょう。そして、人間の体を通して死神は、愛することや愛する者との別れを惜しむ気持ちを学びます。

ジョーは宇宙を司る死神として、欲しいものを手に入れることはたやすい立場です。ところがジョーの正体を見破った老女から、死神と承知の上での恋愛か?と問われ迷いました。

そのことでジョーはわざわざ、ビルにスーザンも一緒に連れて逝くと宣言をしました。

ビルからも老女と同じことを言われ、スーザンに正体を言えないジョーは、彼女が愛しているのは自分ではないと、諦めるきっかけを突きつけられました。

「死神」と「人間」の立場の逆転

ジョーがビルを人間界の案内人に選んだことで、死神が持ち得ない人の「情」を知ります。そして、ビルの死が近づくうちに立場が逆転します。

ジョーは死を司る、大天使サリエルであろうと推察します。サリエルは神の意志を執行する司令官の役割があり、その命令は絶対です。

ところがビルの人となり、ビルの家族との関わりの中で、神の絶対命令も及ばない「愛」や「生」の意味を説かれていき、ジョーの口から「学ばせてもらった」と言わしめます。

ビルのセリフには深い意味を持つものが多くあり、生きていく中で重要な格言にも満ち溢れています。

邪視を持つサリエルには、ひざまづくのが人間ですが、愛に満ち充実した生涯を送った人間にとって、死は恐れるに足らないことでした。

ビルの持つ善知識は邪なサリエルにすら良心を与え、ラストシーンのこの世を去る2人の姿は、まるで父と息子のように見えました。

まとめ

(C) 1998 Universal Studios – All Rights Reserved

『ジョー・ブラックをよろしく』は、名優アンソニー・ホプキンスの生き様すらも、ビルから垣間見れる説得力がありました。

また、好青年と死神の傲慢という二面性を演じる、若きブラット・ピットの演技、表現の秀逸さが光る名作でした。

スーザンが「人混みに佇む姿がセクシー」というセリフがありますが、まさにブラッド・ピットの魅力が凝縮された作品のひとつでもあります。

1934年の名作をリメイクし、ラズベリー賞にノミネートされてしまいますが、当時の作品を知らない者にとっては、新鮮かつ重厚なラブストーリーだったといえます。

何にも代えがたい存在、ずっとそばに居たい存在、確かにその出会いは希少ですが、「思いやる」「さらけ出す」「許す」の3つの気持ちを持つことで、深く知り合うことができると、本作は教えてくれました





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『脱脱脱脱17』あらすじとキャスト!松本花奈監督の評価は?

『鈴木先生』の入江沙季役や『恋につきもの「いばらのばら」のいばら役などで知られる女優・松本花奈。 彼女が監督を務め才能を発揮した『脱脱脱脱17』は、MOOSIC LAB 2016で準グランプリなど4部 …

ヒューマンドラマ映画

映画『オーファンズ・ブルース』あらすじと感想。工藤梨穂監督の世界観を「肌(はだ)」で感じる

徐々に記憶が欠落していく女性エマの、幼馴染を探す旅を描いたロードムービー映画『オーファンズ・ブルース』。 2019年5月31日から、テアトル新宿にて1週間限定で上映される、本作をご紹介します。 スポン …

ヒューマンドラマ映画

映画『ギャング・オブ・アメリカ』あらすじ感想評価とレビュー解説。実録ドラマでアメリカ暗黒街を支配した“男の人生”を描く

アメリカの暗黒街を支配したマフィア王の実像とは? 名優ハーヴェイ・カイテル主演の映画『ギャング・オブ・アメリカ』が、2022年2月4日(金)より新宿バルト9ほかにて全国ロードショーとなります。 全米最 …

ヒューマンドラマ映画

映画『海街diary』ネタバレ感想とあらすじ結末の考察評価。漫画原作の綾瀬はるか×長澤まさみ×広瀬すず×夏帆の人気代表作

美人四姉妹を豪華キャストが描く『海街diary』 映画『海街diary』は、吉田秋生の人気コミックの映画化作品です。 鎌倉で暮らす3姉妹の元に、15年前に出て行った父親の訃報が届き、葬儀に参加していた …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラストデイズ』動画無料配信はHulu。あらすじネタバレと感想

パニック・スリラー映画を多く手掛けるダビ・パストールとアレックス・パストールの兄弟監督。 彼らが現代のスペインを舞台に突如蔓延した“ある病気”に翻弄され、ひたすら地下鉄を歩いていく映画『ラスト・デイズ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学