Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/01/11
Update

映画『ギャング・オブ・アメリカ』あらすじ感想評価とレビュー解説。実録ドラマでアメリカ暗黒街を支配した“男の人生”を描く

  • Writer :
  • 松平光冬

アメリカの暗黒街を支配したマフィア王の実像とは?

名優ハーヴェイ・カイテル主演の映画『ギャング・オブ・アメリカ』が、2022年2月4日(金)より新宿バルト9ほかにて全国ロードショーとなります。

全米最大の犯罪組織《シンジケート》を率いて暗黒街を支配した実在のマフィアの生涯を描いた、本作の見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ギャング・オブ・アメリカ』の作品情報

(C)2021 MLI HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Lansky

【監督・原案・脚本】
エタン・ロッカウェイ

【共同原案】
ロバート・ロッカウェイ

【製作】
ジェフ・ホフマン、ロバート・オグデン・バーナム、エリック・ビンズ

【撮影】
ペーター・フリンケンバリ

【キャスト】
ハーヴェイ・カイテル、サム・ワーシントン、アナソフィア・ロブ、ミンカ・ケリー、デビッド・ジェームズ・エリオット、ジョン・マガロ

【作品概要】
禁酒法時代から半世紀にわたりアメリカの暗黒街を支配した実在のマフィア、マイヤー・ランスキーの生涯を描いたクライムドラマ。

『レザボア・ドッグス』(1991)、『ピアノ・レッスン』(1993)のハーヴェイ・カイテルがランスキーを、『アバター』(2009)のサム・ワーシントンが彼にインタビューを試みる作家ストーンを、それぞれ演じます。

そのほかのキャストに、『ソウル・サーファー』(2012)のアナソフィア・ロブ、『オーヴァーロード』(2019)のジョン・マガロ、『(500)日のサマー』(2010)のミンカ・ケリー。

カルト教団による殺戮ホラー『サモン・ザ・ダークネス』(2020)の製作総指揮を務めたエタン・ロッカウェイが監督・原案・脚本を手がけ、彼の実父ロバートが実際に生前のランスキーにインタビューを行った経験がベースとなっています。

映画『ギャング・オブ・アメリカ』のあらすじ

(C)2021 MLI HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

1981年、マイアミ。長らくスランプ状態だった作家のデヴィッド・ストーンは、伝説的マフィアとして知られるマイヤー・ランスキーの伝記を書いて、起死回生を狙います。

しかしインタビューに応じたランスキーは、「俺が生きているうちは、誰にも伝記を読ませるな」と条件を提示。

かくしてインタビューは始まり、自らの人生を赤裸々に語るランスキー。それは、半世紀以上に及ぶギャングたちの壮絶な抗争の記録でもありました。

インタビューが終わりに近づいた頃、ストーンはFBIが3億ドルともいわれるランスキーの巨額資産を捜査していることに気付きます。

捜査協力を強いられたストーンが下すこととなる決断とは……。

スポンサーリンク

映画『ギャング・オブ・アメリカ』の感想と評価

(C)2021 MLI HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

アメリカの暗黒街を支配し、ラスベガスを築いた男

本作『ギャング・オブ・アメリカ』は、アメリカに実在したマフィア、マイヤー・ランスキーの生涯をドラマ化したものです。

1902年、ロシア帝国領だったグロドノ(現在のベラルーシ、フロドナ)にてユダヤ系ロシア人として生まれ、8歳でアメリカに移住するも、貧しい幼少時代を過ごします。

しかし、同じユダヤ人で“バグジー”のあだ名で知られるベンジャミン・シーゲルとのコンビで、路上賭博や窃盗強盗などの稼業で名を上げます。

その後、イタリア系マフィアで構成される犯罪組織コーサ・ノストラの最高幹部ラッキー・ルチアーノとの出会いを機に、シーゲルを含む3人で殺し屋集団《マーダー・インク》を結成。1930年代には全米各地で次々と闇賭博の拠点を作ります。

さらに40年代に入り、人口わずか2,000人程度だったネバダ州の町ラスベガスをギャンブルの一大都市へと変貌させるなど、アメリカ経済にも影響を及ぼしたほど。

ちなみにランスキーが登場するほかの映画として、『バグジー』(1991)でベン・キングスレーが、テレビ映画『ランスキー アメリカが最も恐れた男』(1998)ではリチャード・ドレイファスが、それぞれ彼を演じています。

『バグジー』(1991)

明かされるマフィア王の二面性

(C)2021 MLI HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

アル・カポネやフランク・コステロら、名立たるマフィアと肩を並べるランスキーですが、彼が異彩を放っていたのは、その頭脳と才覚です。

身長は160センチ代と小柄でしたが、金銭の記憶と扱い方において卓越した知識を持ち、さらに警戒心の強さから犯罪行為なども直接手を下さないなど、表に出ることを極力避けるようにしていたのです。

また、マーダーインクや賭博ビジネスで雇用を創出したり、第二次世界大戦時にはFBIの依頼で、アメリカ国内にはびこる親ナチス団体狩りも行っていました。

暗黒街でマフィアの域を超えた存在となったランスキー。しかしながら私生活では、長男が障害を抱えた状態で生まれたのを機に、妻アンナとは不和状態に。

さらには、相棒シーゲルがカジノホテル経営に失敗したことで、2人の友情にも陰りが生じていきます。

あらゆるものを支配してきた男が、唯一支配できなかったもの――彼のもう一つの顔である、悩める姿が描かれます。

光るハーヴェイ・カイテルの老境演技

(C)2021 MLI HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

本作は、年老いたランスキーに作家のストーンがインタビューを行い、そこで語られる人生を、1910年代から80年代までの時代を行き来しながら描きます。

その80年代の老ランスキーを演じるのは、ハーヴェイ・カイテル。

『ミーン・ストリート』(1973)や『レザボア・ドッグス』(1991)、『バグジー』では実在したギャングのミッキー・コーエンを演じるなど、数々の作品でアウトサイダーな役をこなしてきた彼ですが、ある意味ランスキーは、そうした役どころの集大成的人物といえるかもしれません。

また、自らの出自を切々と語っていくランスキーは、東欧系ユダヤ人の血筋を引くカイテル自身とも重なる面も。

80代という老境に入ったこともあってか、これまでにない深みのあるランスキー像を構築しています。

まとめ

(C)2021 MLI HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

「パパのようになりたい」と長男に言われたランスキーは、「お前は何にでもなれる。でも俺みたいにはなるな」と告げます。

もしランスキーがまともな職に就いていたなら、確実に敏腕経営者となっていたはず。しかし、ユダヤ人として生まれた血筋と、移民として社会を生きねばならなかったアメリカという国が、それを許さなかった。

「この世は白と黒ではなく、グレーの濃淡で出来ている」

彼は悪人だったのか?それとも…

グレーに包まれたマフィア王の実像を、その目で確かめてください。

映画『ギャング・オブ・アメリカ』は、2022年2月4日(金)より新宿バルト9ほかにて全国ロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『サムライマラソン』ネタバレ感想。一気にラストまで駆け抜ける結末に爽快感がある時代劇

日本初のマラソンは江戸時代に行われた「安政遠足(あんせいとおあし)」だった。 優勝すれば願いが叶う夢のマラソン大会が、藩の存亡をかけた戦いに変わる。行きはマラソン、帰りは戦。 『超高速!参勤交代』の土 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ル・コルビュジエとアイリーン追憶のヴィラ』あらすじとキャスト!

モダニズム華やかなりし時代、2人の天才建築家の惹かれながらも相克する関係を、美しき映像で綴る極上の物語。 映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』は、10月14日(土)よりBunkamura …

ヒューマンドラマ映画

映画『マスタング(2019)』あらすじネタバレと感想。馬が受刑者の心を修復するホース・ウィスパリング・プログラム

映画『マスタング』(原題:The Mustang)は、ロール・ドゥ・クレルモン=トネール監督の長編映画デビュー作! 映画『マスタング』(原題:The Mustang)は、12年間刑務所で服役するローマ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ギフテッド』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

恋愛映画のクラシック『(500日)のサマー』で知られるマーク・ウェブ。 『アメイジング・スパイダーマン』2作で大作を経験した彼の待望の新作がついに公開! 主演のマッケンナ・グレイスの可愛らしさに皆メロ …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『心のカルテ』ネタバレ感想と考察評価。リリーコリンズの演技力で摂食障害で苦しむ若者の姿を具現化

人気女優リリー・コリンズを主演に、摂食障害を抱える女性がグループホームでの生活や仲間たちとの交流を描く Netflix映画『心のカルテ』は“摂食障害”で苦しむ主人公が、同じ病気に向きあう若者とケアハウ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学