Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/08/08
Update

『天地明察』ネタバレあらすじ結末と感想解説の評価。感動おすすめ映画を岡田准一x宮崎あおいで夫婦の愛を演じる!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

正しい暦を手にするために奮闘する研究者の汗と涙

2010年の本屋大賞第1位に輝いた冲方丁のベストセラー小説を、『おくりびと』(2008)の滝田洋二郎監督が『永遠の0』(2013)の岡田准一を主演に迎えて映画化しました。

江戸時代に、日本初の暦を作った天文・数学に長けた棋士・安井算哲の挑戦が描かれます。

算哲の妻を演じる宮﨑あおいをはじめ、中井貴一、松本幸四郎、佐藤隆太、岸部一徳ら豪華キャストが共演。人々が天の真理を知るために力を合わせて奮闘するさまが熱く描かれます。

深い夫婦愛にも胸打たれる名作の魅力についてご紹介します。

映画『天地明察』の作品情報


(C)2012「天地明察」製作委員会

【公開】
2012年(日本映画)

【原作】
冲方丁:『天地明察』(角川文庫)

【脚本】
加藤正人、滝田洋二郎

【監督】
滝田洋二郎

【編集】
上野聡一

【出演】
岡田准一、宮﨑あおい、佐藤隆太、市川猿之助、笹野高史、岸部一徳、市川染五郎、中井貴一、松本幸四郎

【作品概要】
2010年の本屋大賞第1位に輝いた冲方丁のベストセラー小説を、『壬生義士伝』(2003)『おくりびと』(2008)の滝田洋二郎監督が映画化。

主人公を『永遠の0』(2013)『ザ・ファブル』(2019)の岡田准一、その妻を『舟を編む』(2013)の宮﨑あおいが演じます。

松本幸四郎、中井貴一、佐藤隆太、市川猿之助、市川染五郎、岸部一徳ら豪華俳優陣が顔を揃えるほか、真田広之がナレーションで参加しています。

映画『天地明察』のあらすじとネタバレ


(C)2012「天地明察」製作委員会

江戸前期。鎖国中の日本。地球が丸いこともまだ知られていなかった時代。

天文学や数学に目がない好奇心旺盛な安井算哲。金王八幡宮に新たな和算の設問が奉納されたと聞いてとんでいき、その場で解き始めたところ、掃除中だった女性・えんに注意されます。

その後急いで城に向かった算哲が忘れた棋譜を取りに慌てて戻ると、えんが笑顔で手渡しました。

自分がいない間にやって来た男によってすべての設問が解かれていた上、新たな設問絵馬が残されていることに算哲が気づきます。絵馬に書かれた「関孝和」という名に興味を持つ算哲。

遅刻して登城した算哲は、将軍家綱の御前で本因坊道策と囲碁で真剣試合をします。将軍に碁の本当の面白さを伝えたいという思いから、算哲は師からあらかじめ指示されていた打ち筋ではなく、初手を碁盤の中央に打つ奇手をさしました。

周囲が動揺する中、将軍は興味を示し、身を乗り出して観戦します。しかし、不吉の前兆とされる蝕が発生したことからすべての儀式は取りやめとなり、囲碁の勝負も中止されました。

会津藩主で将軍後見役の保科正之に呼び出された算哲は、初手天元の真意を尋ねられた後、半月後から日本各地で北極星の位置を確認するようにと命じられます。それは幕府の正式な下命でした。

関孝和がいると聞き村瀬塾を訪ねた算哲は、えんと再会します。えんは塾長の村瀬義益の妹でした。算哲は義益から借りた関の書いた本に夢中になります。

見事に難問を解いた算哲は、新たに自分の作った設問絵馬を村瀬塾に置いてもらい、もし関が自分の設問に回答したら預かっておいてほしいとえんに頼みます。ほのかな恋心を互いに抱くふたりは、一年後の再会を約束し合って別れました。

制裁により公開の場での対局を禁じられた道策は、算哲が戻った後には封じ手とした上覧碁の続きを対局しようと約束します。

算哲は上役の建部伝内、伊藤重孝らと北極出地に旅立ちました。歩測と方角を元にした計算から角度を割り出して競っていたふたりに混じり、競争に参加した算哲は熱田での観測で完璧な解答を出して建部らを驚かせます。

算哲は幼少から高名な山崎闇斎に師事して北極星観察をしてきたことを話しました。関孝和の本とともに、出立前に関に作り残してきた設問をふたりに見せます。すると、彼らが解いた結果、答えが無数に存在する誤問であることがわかりました。

恥じ入る算哲でしたが、一方の関は、これまで出会ってきた設問の中で一番好きだと言って喜びます。

そんなある日、月が欠けていることに気づく一行。800年前の唐から伝わった宣明暦はすでに暦がずれていました。

厳しい道のりに行程は遅れ、年配の建部は体調を崩し亡くなります。彼の遺志を継ぐことを算哲は誓いました。

算哲はやっと故郷に戻り、村瀬塾を訪ねますが、すでにえんは嫁いで家を出ていました。

水戸光圀に呼び出された算哲は、暦に二日のずれがあることを光圀に話します。光圀は朝廷の公家が利権のために暦を独占している事実を話して聞かせました。

その後、正之は算哲を呼び、改暦の総大将となることを命じます。それは水戸光圀、建部、伊藤、安藤、恩師・闇斎すべてから推挙されて決まったことでした。算哲は大事業を引き受けます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『天地明察』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『天地明察』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2012「天地明察」製作委員会

三つの暦と照らし合わせながら細かい観測を行い算哲らは仕事を進めていきました。3年に渡る観測で、これまで日本が用いてきた宣命暦は頻繁に外れることがわかり、その後、関孝和の設問から彼が授時暦に詳しいことに算哲は気づきます。

授時暦こそが最高の暦だと算哲らは結論を出しました。

幕府は京の御所に改暦の願いを出しますが、元の暦である授時暦は不吉だと言って受け入れられませんでした。

算哲は民の前で蝕の予測をする「三暦勝負」を行うことを決め、幕府と公家を困惑させます。「三暦勝負」の紙を持って村瀬塾を訪ねた算哲の前に、離縁されたえんが姿を現しました。

算哲は約束の日に帰れなかったことを詫び、3年後に三暦勝負に勝った暁には話したいことがあるとえんに申し入れ、笑顔で受け入れられます。

授時暦はひとつも誤ることなく、蝕を当て続けましたが、関は「三番勝負」の書かれた紙をにらみつけて大きなバツ印を書き込みました。

ある晩、無数の火の矢が観測所を襲い、算哲をかばった闇斎は殺されてしまいます。

最後の勝負の夜。授時暦の予測は外れて蝕が起こります。算哲はうろたえ、公家はほくそ笑みました。水戸光圀らの前で、算哲はひれ伏して謝ります。病床にあった正之は、算哲にいつまでも星に手を伸ばし続けていろと言い残して逝去しました。

泣き崩れる算哲が関を訪ねると、関は自分の数理を盗んだ算哲を叱り、授時暦そのものが間違っていることになぜ気づかなかったのかと怒りをぶつけます。そしてその後、自分の研究の全部を渡してすべてを算哲に託しました。

もう一度改暦に挑むことを決めた算哲はえんに結婚を申し込みました。ふたりきりで契りを交わす中、算哲はえんに自分より先に死なないでほしいと頼みます。

夫婦ふたりきりで天体観測を続け、その後、授時暦は一度も外れることはありませんでした。しかしある時、とうとうまた予測が外れます。

取り乱して怒り狂う夫をえんは厳しく叱咤します。本因坊道策もまた生気のない算哲を叱り、いつか勝負しようという約束を忘れたことはないと言って去って行きました。

道策が去った後、えんは観測の時間だと夫に声をかけ寄り添います。

再び算哲は光圀を訪ね、天地明察を成し遂げたいという算哲に光圀は助力を申し出ます。諸外国の天文学を知りたいという願いを聞き、鎖国中にも関わらず資料や器具を取り寄せてやります。

地球儀にろうそくの灯りを回しながら当てていた算哲は、とうとう陽の軌道がずれているという真実に気付きます。そのことを関と光圀に報告した後、暦は「大和暦」と名付けられました。しかし、朝廷はいまだ反対し、「大統暦」を正式なものと認めてしまいます。

光圀に思わず怒りをぶつけた算哲は、刀を向けられました。それでもひるまず意見する算哲に、光圀はもう一度朝廷と対峙するチャンスを与えます。

算哲はえんに、今回の蝕を外したら自害すると伝えます。えんはそんな夫に、「どうか私より先に死なないでください」と言って頭を下げました。

民衆の前に立った算哲と改暦推進派の土御門泰福は、明日午の刻に蝕があると予言しますが、公家がやってきて邪魔をします。そして、もし予測が外れたら皆の目の前で腹を切ることを算哲に約束させました。

翌日、大観衆の前で午の刻が訪れましたが、蝕は起こりません。算哲の胸の内には彼をこれまで支えてくれた人たちの姿が去来しました。

算哲が刀を抜いてえんの顔を思い浮かべたその時、鳥たちが一斉に飛び立ち、蝕が始まりました。笑顔で駆け寄ったえんを算哲は抱きしめ、ふたりで太陽を見上げます。

人々が算哲をほめたたえ、光圀らも笑顔で空をみつめました。

算哲の「大和暦」は世間に知られることとなり、その後ほどなくして「貞亨暦」として帝に新暦として採用されました。

算哲はその後渋川春海と名を改め、暦を創始した功績によって初代天文方に任じられます。

算哲とえんは奇しくも同じ年、同じ日に亡くなりました。

映画『天地明察』の感想と評価


(C)2012「天地明察」製作委員会

未知の世界に挑む情熱のすばらしさ

中国から伝わった800年前の暦を用いてきた日本の人々が、二日ものずれがあることに気づいて真の暦を求めて奮闘するさまを描く『天地明察』。真実を追求する情熱が心地よく爽やかで、忘れかけていた大切なことを思い出させてくれる作品です。

暦をつかさどっていた京の帝が真実を世に広めることの障壁となっていた時代。決して真理の追究を諦めなかった安井算哲を、『永遠の0』(2013)『蜩の記』(2014)でアカデミー最優秀主演および助演男優賞をダブル受賞した実力派・岡田准一が演じています

そんな背景は地動説を認めようとしなかったヨーロッパの教会にも通じるところがあり、科学の進歩が権力者たちの利権絡みで妨げられてきたことがよくわかる作品です。

天文、数学に優れていることで知られていた棋士・算哲は、会津藩主・保科正之から日本各地から北極星の位置を確認する「北極出地」の任に命じられます。

彼は仕事の中でさまざまな師や同志と出会い、成長を遂げていきます。困難な任務中に何度も挫折を味わいながらも、やがて、長く思いを寄せていたえんを妻に迎え、彼女の叱咤激励のもとついに正しい暦にたどりつくのです。

この作品の何よりの魅力は、未知のものへのあくなき探求心と、そこに集う人々が互いの知をたたえ合う清々しさです。

好奇心という宝を胸に、老若男女問わず真実への道を進んでいく姿の美しさ。道半ばで老齢で病死する者も、邪魔する者の手によって殺されていく人も皆、真実にたどり着くための礎となっていきます。

日ごろ用いている暦をはじめ、さまざまな科学の恩恵がこうした人々の熱い思いと苦労の上に成り立っていることを思い、思わず胸が熱くなる一作です。

二人三脚で真実に挑む夫婦の愛


(C)2012「天地明察」製作委員会

本作の大きなもう一つの見どころは深い夫婦愛です。主人公の算哲とその妻・えんを、本作共演後にプライベートでも結婚した岡田准一と宮﨑あおいが好演しています。

村瀬塾の塾長の妹だったえんは、「北極出地」から約束の日に戻らなかった算哲を待つことができずに一度は別の人のもとに嫁ぎますが、後に離縁して帰ってきます。

結婚した事情も、離縁となった事情も全く明かされませんが、算哲はそれらを気に留めることもなくえんを思い続けます。

仕事で結果を出した暁にはえんに申し込もうと考えるあたりは、真面目な算哲らしさがよく表されています。しかし、授時暦の誤りをみつけるまでにあと10年かかると言われたえんは、傍で支えたいと答えました。笑顔で逆プロポーズするとはさすがしっかり者です。

えんは若い頃から自分の意見をはっきり言える女性でしたが、主導権を握れるまでになったのはもしかすると離縁先での苦労が培った逞しさだったのかもしれません。

ふたりきりで契りの盃を交わした晩、算哲は「お願いがあります」と切り出します。それは自分より先に死なないでほしいという頼みでした。

その後、蝕の予測が外れて自暴自棄になる算哲を厳しく叱りつけるえん。彼女は夫に寄り添い、全力で支え続けます。彼女の思いにこたえ、算哲は命がけで光圀、朝廷、民衆の前で蝕の予測に挑みます。

予測を外せば人々の前で腹を切るという算哲に、今度はえんがどうか自分より先に死なないでくださいと頭を下げるのでした。

蝕が起きたと知った時、算哲にとっては妻を悲しませずに済んだことが何より嬉しかったのではないでしょうか。「天地明察でございます」という妻の声が何よりの勲章となったに違いありません。

互いが先に死なないことを願い合う深い夫婦愛。その願いを叶えた「同年同日に亡くなる」というロマンティックな奇跡のエンディングが、観る者の心をさらに温めてくれます。

まとめ


(C)2012「天地明察」製作委員会

天の正しい摂理を知るために、命がけで挑む主人公・算哲のまぶしい生涯を描く映画『天地明察』。算哲とその妻・えんの深い愛情にも心打たれる名作です。

現在でも未知の世界が限りなく広がる宇宙。天を仰ぎ星をみつめながら、算哲の胸はいったいどれほど大きな好奇心で満たされていたことでしょう。

人の持つ探求心とその可能性への賞賛に胸が満たされると同時に、一生かけて打ち込める使命を持つ算哲に羨望の思いを抱かずにはいられません。

一方で、研究にすべてをかけて生きてきた算哲は、自身の命が愛する人のためにこそ大切なものなのだという事実に気付きます。

愛する人とともに生きることの喜びを教えてくれる素敵な本作をぜひご覧になってください。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

『シャイロックの子供たち』原作ネタバレあらすじと結末の感想評価。WOWWOWドラマを井ノ原快彦×映画を阿部サダヲが演じる銀行マンの正義が爆発!

池井戸潤の小説『シャイロックの子供たち』が井ノ原快彦主演・WOWWOWドラマで10月配信!さらに阿部サダヲ主演・映画が2023年2月17日(金)に劇場公開! 池井戸潤が「ぼくの小説の書き方を決定づけた …

ヒューマンドラマ映画

『ラーゲリより愛を込めて』映画原作ネタバレあらすじと結末の感想解説。辺見じゅんが実話から山本幡男のシベリア抑留の真実を描く

小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』が2022年に実写映画化に! 作家の辺見じゅんのベストセラー小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』が、映画タイトルを『ラーゲリより愛を込めて』とし、2022年12 …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ』あらすじネタバレと感想。チャン・リュル監督が死生観を静かに鮮やかに表現

『キムチを売る女』、『春の夢』など世界の映画祭で注目を集めてきた韓国の名匠チャン・リュル監督が描く男と女、生と死の物語 チャン・リュル監督の2014年の作品『慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ』が、全国順 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アキラとあきら』原作小説のネタバレあらすじ結末と感想評価。池井戸潤おすすめ作品が描く銀行員の青春と使命

小説『アキラとあきら』は2022年8月26日(金)に実写映画公開! 元銀行員の池井戸潤が描く経済小説『アキラとあきら』。 零細企業の息子の瑛と大海運会社経営者一族の御曹司の彬。2人のアキラの数奇な運命 …

ヒューマンドラマ映画

映画『半世界』ネタバレ感想と結末あらすじの評価解説。稲垣吾郎が演じた“ブロマンスな男”に込められた意味とは

映画『半世界』は2019年2月15日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開! 『エルネスト もう一人のゲバラ』『顔』などの阪本順治監督のオリジナル脚本作品である映画『半世界』。 主演を稲垣吾郎が …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学