Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2019/01/30
Update

映画『ザ・ファブル』キャスト。主人公ファブル役は岡田准一の演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。

原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。

凄腕の伝説的殺し屋が、「誰も殺さず普通に暮らす」ことに悪戦苦闘する様をコミカルに描いたアクション・エンターテイメント作品です。

監督を務めるのは、数々の広告祭で受賞歴を持ちCM界の巨匠と呼ばれ、『めんたいぴりり』監督として知られる江口カン

脚本は『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を手掛けた渡辺雄介が担当しています。

主人公ファブルを演じる岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗など豪華俳優が共演。

この記事では、主人公・ファブル役を演じる岡田准一について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』の作品情報


(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
南勝久『ザ・ファブル』(講談社)

【監督】
江口カン

【キャスト】
岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕

【作品概要】
ボスの命令で休業することとなった伝説的な殺し屋・ファブル。「普通」の生活に悪戦苦闘する彼の姿がコメディタッチで描かれます。本格的アクション・エンターテイメント作品です。

岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕など実力派の豪華俳優陣が集結。

『めんたいぴりり』で知られるCM界の巨匠・江口カン監督と、『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を連発する脚本家・渡辺雄介がタッグを組んでいます。

映画『ザ・ファブル』のあらすじ

「どんな相手も6秒以内に殺す」ことで知られる謎の殺し屋・ファブル。

「ファブル」とは「寓話」という意味。裏社会では誰もが恐れる伝説的存在です。

しかし、仕事をし過ぎていた彼に、育ての親であるボスはある指令を与えます。

「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」

ファブルは佐藤アキラという偽名を使い、兄妹という設定を与えられた相棒・ヨウコと大阪で暮らし始めます。

生まれて初めて一般人としての生活をするようになったファブルは、生活に溶け込むためにインコを飼ったり、バイトをしたりして毎日悪戦苦闘。

徐々に「普通」の生活を満喫し始めるファブルでしたが、彼の命を狙う裏社会の組織や、彼に助けを求める者たちが次々に現れて、事態は思わぬ方向へ発進し…。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』ファブル役は岡田准一(おかだじゅんいち)

参考映像:映画『永遠の0』(2014)

映画『ザ・ファブル』でファブル役を演じる岡田准一(おかだじゅんいち)は、ジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループ・V6(ブイ・シックス)のメンバーです。

近年では実力派俳優としての地位を確立しています。

1980年11月18日生まれの38歳。大阪府枚方市出身。妻は同じく実力派女優の宮崎あおいで、2018年に第一子を授かっています。

1995年にバラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ‼』のコーナー『ジャニーズ予備校』公開オーディションに合格して芸能界入りを果たしました。

直後にバレーボールワールドカップの公式応援団として結成されたダンス&ボーカルユニットのV6のメンバーに選ばれます。この時若干14歳。ジャニーズ史上最短でのCDデビューとなりました。

同年V6主演のドラマ『Vの炎』で俳優デビューV6の年少組ユニットComing Century(カミングセンチュリー)での活動も開始します。

2002年主演ドラマ『木更津キャッツアイ』が大ヒット。

2003年Coming Century主演映画『COSMIC RESCUE(コズミック・レスキュー)』で映画初出演

同年『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』で単独映画初主演を果たします。2006年には『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』も公開となり、シリーズ作品キャスト一員として木更津市民栄誉賞受賞。

2006年主演映画『花よりもなほ』で日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎新人賞を受賞。

2014年にはNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で初出演にして主演を務め、日本全国老若男女から支持される人気俳優となりました。

2015年には『永遠の0』で第38回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『蜩の記』で最優秀助演男優賞をダブル受賞。男優賞でのダブル受賞は同賞で初めての快挙となりました。

2018年には主演映画『散り椿』が第42回モントリオール世界映画祭で最高賞に次ぐ審査員特別グランプリを受賞。

そのほか映画『天地明察』『図書館戦争』シリーズ、『海賊とよばれた男』『関ケ原』『来る』など数々のヒット作に主演し、日本アカデミー賞ほか多くの映画賞での受賞者常連となっています。

ドラマでもマニア的人気を誇る『タイガー&ドラゴン』や、得意のアクションを披露して大ヒットとなった『SP 警視庁警備部警護課第四係』など、多数の作品で活躍。

演技力と共にアクションでも高い評価を得ている岡田准一は、実際に武術のカリ、ジークンドー、USA修斗のインストラクター認定を受けています。自身いわく「歴史と格闘技オタク」とのこと。

映画『ザ・ファブル』ファブルはどんな役?

岡田准一演じる主人公・ファブルは「どんな敵でも6秒以内に殺す」という謎の殺し屋。

裏社会では「伝説」と恐れられている存在です。

しかし仕事をし過ぎたために、育ての親のボスから「一年間一般人として普通に暮らせ」と命令されます。

佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコと大阪でに暮らし始めますが、生まれて初めての「普通の日常」に悪戦苦闘。

そんな中、偶然知り合った女性・ミサキが事件に巻き込まれたことから、ファブルは再び裏社会に乗り込むこととなり…。

スポンサーリンク

岡田准一の演技力の評価は

いまや実力派として名高い、日本を代表する俳優・岡田准一。

第38回日本アカデミー賞では、主演映画『永遠の0』で最優秀主演男優賞、『蜩の記』で最優秀助演男優賞をダブル受賞し、その高い演技力を評価されました。

授賞式での自身のスピーチでは、名優の故・緒形拳から「君は芝居が向いてる。続けるには難しい環境かもしれないけど、続けなさい」という言葉を贈られたことを明かしています。

『永遠の0』では狂気にかられていく主人公を見事に演じ切りましたが、妥協ない役作りのため、どんどんと痩せて目つきも険しくなっていったそうです。

高い演技力に加え、高い「アクション能力」も岡田准一の代名詞となっています。

ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』では高い身体能力を存分に生かし切り、新境地を開きました。

このドラマをきっかけに本格的に格闘技をはじめ、カリ、ジークンドー、USA修斗のインストラクター資格を取得し、更に演技に磨きをかけています。

時代劇から現代作品、シリアスからコメディ、王道からマニア向けまで、様々な役を演じる実力派俳優として、今後も目を離せません。

岡田准一の公式SNSの紹介

岡田准一の公式SNSは残念ながらみつけられませんでした。

まとめ

本格的アクションを交えてのコメディ大作映画として大きな注目を集める『ザ・ファブル』。

キャストには、岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗といった実力派が勢ぞろいしています。

監督を務めたCM界の巨匠・江口カン自身が「こんな映画が撮りたかった!!」と語る、笑えてカッコいいエンターテイメント作品となっています。

主人公ファブルを演じるのは日本を代表する実力派アクション俳優・岡田准一。カッコいい格闘シーン満載ながら、大爆笑必至のコメディ作品をどう演じるのか、大きな期待が寄せられています。

一大エンターテイメント作品、アクション・コメディ『ザ・ファブル』は2019年6月21日より全国ロードショーです。



関連記事

アクション映画

映画『ロンゲストヤード(1974)』ネタバレあらすじと感想。アルドリッチ監督が描く反骨精神

タフガイ俳優のバート・レイノルズがゴールデングローブ賞に初ノミネートされた作品 俳優バート・レイノルズは、1961年ハリウッドで映画デビューを果たし、1970年代はタフガイ・セックスシンボルのイメージ …

アクション映画

映画スキップ・トレースあらすじとキャスト!ジャッキー見どころ解説も

ジャッキー・チェン期待の新作『スキップ・トレース』は、9月1日より劇場公開! 香港警察のベニー刑事とアメリカ人詐欺師ワッツは、香港の闇に潜む悪の組織追われる身となり、ロシアから香港まで陸路を逃亡する様 …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の信役は山崎賢人。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超え …

アクション映画

NETFLIX【ポイントブランク】ネタバレあらすじと感想。元ネタ『この愛のために撃て(2010)』とリメイク版の比較解説

看護師とアウトロー、凸凹コンビの戦いの行方は。 フランス国内で大ヒットを記録した映画『この愛のために撃て』(2010)。 渋くそれでいて熱いサスペンス映画の秀作が2019年に、ジョー・リンチの手によっ …

アクション映画

映画『キャノンボール』ネタバレあらすじと感想。日本人役のジャッキーとマイケルホイを筆頭にバート・レイノルズが君臨!

不朽の人気を誇る、お気楽ロードレース・コメディ映画! かつて香港を代表する映画会社であったショウ・ブラザース。そこを離れたレイモンド・チョウらが設立した映画会社ゴールデン・ハーベストです。 彼らはカン …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学