Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/11/30
Update

スパイ・レジェンド|ネタバレあらすじ結末と感想評価。スパイ映画の“どんでん返し二転三転”にピアース・ブロスナンが挑む!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

引退した凄腕スパイが復讐のため動き出すスパイアクションムービー

1994年から2002年まで4作品でジェームズ・ボンドを演じたピアース・ブロスナン。

演技派としてミュージカルからサスペンスまでジャンルを問わず映画界で活躍し続けるピアース・ブロスナンは、還暦を越えても歳を感じさせない激しいアクション映画に挑み続けています。

今回はピアース・ブロスナンが引退したスパイを演じたアクション映画『スパイ・レジェンド』(2015)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『スパイ・レジェンド』の作品情報


(C)2014 No Spies, LLC. All Rights Reserved

【原題】
The November Man

【日本公開】
2015年(アメリカ映画)

【監督】
ロジャー・ドナルドソン

【脚本】
マイケル・フィンチ、カール・ガイダシェク

【キャスト】
ピアース・ブロスナン、ルーク・ブレイシー、オルガ・キュリレンコ、イライザ・テイラー、カテリーナ・スコーソン、ビル・スミトロヴィッチ、ウィル・パットン

【作品概要】
ビル・グレンジャーによる小説を『世界最速のインディアン』(2007)のロジャー・ドナルドソンが映像化した作品。

「007」シリーズで5代目ボンドを演じたピアース・ブロスナンが主演を務め、『007/慰めの報酬』(2009)や『オブリビオン』(2013)でヒロインを演じたオルガ・キュリレンコが共演を務めました。

映画『スパイ・レジェンド』のあらすじとネタバレ


(C)2014 No Spies, LLC. All Rights Reserved

2008年、モンテネグロ。

CIAに所属する「ノベンバーマン」ことデヴェローは自身が教育するエージェントのメイソンと共に重要人物の護衛任務にあたっていました。

現地には既にテロリストが潜入しており、デヴェローはメイソンを狙撃手として配置した上で護衛対象の服を着て囮として車を降ります。

デヴェローにテロリストと思わしき男が接近していく様子を確認したメイソンはその男を射殺しようとしますが、デヴェローは民間人に犠牲が出ることを鑑みてメイソンに無線で発砲しないようにと命令。

しかし、その男はテロリストでありデヴェローに向けて発砲し、メイソンは命令を無視し男に向けて狙撃を実行。

防弾チョッキを着ていたデヴェローは助かり犯人は射殺されましたが、メイソンの撃った弾は民間人の少年の命も奪ってしまいました。

5年後、スイスで引退生活を過ごすデヴェローの前にかつての同僚であるハンリーが現れます。

ハンリーはデヴェローに引退したロシアの諜報員が次々と殺害されている事件の概要を話した上で、次期大統領候補のフェデロフが自身の暗部を知る人間を殺し屋に始末させていると言います。

自身との関連を疑問に思うデヴェローでしたが、ハンリーは次に狙われるのはデヴェローとかつて恋仲であったナタリアであると言い、元CIAの彼女の身を救うようにデヴェローに求めます。

ロシア、フェデロフの暗部を知ったことで告発を考えるナタリアは、その行動を察知され帰路に追跡を受けます。

デヴェローが車で駆け付け、彼の車に乗ることで安全を確保したナタリアはデヴェローに対し「ミラ」と言う名前がフェデロフのアキレス腱となることを話します。

同刻、CIAはナタリアを確保するつもりで動いており、ロシアの当局に察知され「何者」かに攫われたナタリアを危険と判断し、現地にいたエージェントのメイソンに射殺命令を出します。

現地部隊を指揮するハンリーは強く反対しますが、上層部のワインスティンの判断によって命令は下され、メイソンは動き出します。

デヴェローは「ミラ」と言う名前を電話でハンリーに伝えると助手席に乗っていたナタリアが射殺されます。

慟哭するデヴェローは狙撃手の一味のものと見られるドローンを追跡し、CIAの現地部隊の撤収時に次々と諜報員を射殺していきます。

襲撃してきたデヴェローと銃を向け合わせたメイソンの2人はお互いを認知した上で驚愕し、銃を下げ別方向へと歩いていきました。

数日後、デヴェローとの繋がりを悟られたハンリーは自宅で部隊の襲撃を受け確保。

ワインスティンはメイソンになぜデヴェローを射殺しなかったのかと詰問しますが、デヴェローは突然襲撃されたために反撃しただけであり説得可能であるとメイソンは意見を変えませんでした。

ワインスティンはメイソンにナタリアがデヴェローの恋仲の人物であったことを伝え、彼が必ず復讐に動くことを警戒し改めて殺害を命じました。

CIAによる捜索が続くハンリーの家に侵入したデヴェローは諜報員を拘束すると、ハンリーのPCから「ミラ」と言う女性がフェデロフによって入国させられた難民であることに行きつきます。

彼女が現在行方不明となっていることを知ったデヴェローは担当のソーシャルワーカーであるベオグラード難民センターで働くアリスの現在位置を諜報員を装いCIAに調査させ現地へ向かいます。

デヴェローの存在を感じ取ったメイソンとロシアの殺し屋セリアがアリスのもとへと向かいますが、デヴェローが彼女を確保し逃げ落ちます。

デヴェローから自分を狙う人間の目的を聞いたアリスでしたがミラの行き先は知らないと言います。

デヴェローはアリスの事務所で難民に売春を強いるデニソフの写真を見つけ、顔見知りであることから彼を訪ねます。

チェチェン紛争時代のフェデロフの右腕だった過去を持つデニソフはデヴェローからフェデロフの暗躍を知らされると、対価としてフェデロフが石油目的でチェチェンに進攻したことやチェチェン紛争のきっかけとなったテロを仕掛けたのがフェデロフの意をくんだCIAであることをデヴェローに伝えます。

一方、二度に渡りデヴェローを取り逃がしたメイソンはワインスティンからデヴェローがかつての師であることから感情的になっていると指摘を受けます。

ワインスティンからデヴェローに関する資料を渡されたメイソンはその資料の中にデヴェローが自身の評価を「決断を急ぎすぎる」と書き「不適格」と明言している資料を見つけ落胆します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スパイ・レジェンド』のネタバレ・結末の記載がございます。『スパイ・レジェンド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2014 No Spies, LLC. All Rights Reserved

デヴェローはアリスに携帯と現金を渡し安全な場所に身を潜めろと言うと単独で行動を始めます。

隣人のサラと交流を深め恋仲となったメイソンの家に現れたデヴェローは、「殺人者と人間のどちらかにしかなれない」とメイソンに言い放ちサラの太ももを切り裂きます。

デヴェローを追えばメイソンが助からない状況下でメイソンは迷わずサラの救助を始め、彼女は病院へと送られます。

メイソンはデヴェローの資料を徹底的に調べ上げ、本部すら知らなかったルーシーと言うデヴェローとナタリアの娘の存在を発見しワインスティンへと報告。

そのころ、アリスは新聞記者のエドガーに連絡を取り、自分の知るフェデロフの情報を全て教えようとしますがエドガーがセリアによって殺害されてしまいます。

デヴェローはハンリーの拘留されている秘密のアジトを強襲すると、わざと自身をナタリアに差し向けたハンリーを尋問し、黒幕がワインスティンであることを知ります。

メイソンはCIAの調査でアリスと言う女性は既に死んでおり、その名前を語っている女性こそがミラであることに辿り着いていました。

ハンリーからの情報で同じ結論に至ったデヴェローはミラに電話をかけますが、彼女がフェデロフの滞在するインペリアルホテルに全てを終わらせるために向かっていることを知ります。

ミラはかつて紛争地帯でフェデロフに家族を惨殺された上に性的暴行を受け続けた過去があり、彼女は風俗嬢を装いフェデロフの部屋へと潜入すると彼の殺害を目論みます。

ホテルに駆け付けたデヴェローは護衛を殺害すると部屋へと押し入り、フェデロフの殺害を懇願するミラを抑えフェデロフに自身の悪行の全てを吐かせます。

デヴェローの尋問に耐え兼ねたフェデロフはテロ偽装に加担したCIA側の協力者はハンリーであったと告白。

ワインスティンが黒幕だと考えていたデヴェローは驚愕しますが、メイソンたちCIAが駆け付けたことからミラと共にその場を離れます。

追跡するメイソンを打ちのめしたデヴェローはフェデロフの尋問動画が録画された携帯を渡しその場を去ります。

動画を見たメイソンはハンリーを止めるために動こうとしますが、CIAはフェデロフを操れる情報を持つハンリーを重要視し指揮権をワインスティンからハンリーに移行させており、メイソンは従わざるを得なくなりました。

翌日、娘のルーシーからの電話に出たデヴェローは電話相手がハンリーであることに気づきます。

ハンリーはメイソンが得てワインスティンに報告した情報を使いルーシーを誘拐しており、デヴェローにミラとの交換を求めます。

ミラの命を守るためにデヴェローは彼女を駅で待機させ、1人でハンリーたちとの待ち合わせ場所へと向かいます。

デヴェローの前にハンリーとメイソン、そしてCIAの複数の諜報員が現れ、ミラの場所を聞き出そうとします。

ハンリーは何処かに監禁されたルーシーと電話を繋ぎデヴェローに彼女の無事を確かめさせた上で、ルーシーの安全と引き換えにミラの場所を求め、デヴェローは嘘の場所を教えます。

ハンリーにミラの拘束を命じられたメイソンは1人の諜報員と共にデヴェローの示した場所へ向かいますが、ハンリーに反目するメイソンはルーシーとの電話の最中に仲間に携帯の位置を調べさせ監禁場所を特定していました。

事故に見せかけ同行した諜報員を行動不能に追い込んだメイソンはそのままルーシーの監禁場所へと突入し、監禁する諜報員を全員射殺しルーシーを救出。

ハンリーのもとに戻ったメイソンはデヴェローと協力しハンリー以外を射殺するとデヴェローにルーシーを引き合わせます。

デヴェローはメイソンに感謝を述べると駅へと向かいミラと合流。

ミラは追っ手のセリアを一人で倒し、フェデロフの罪に対する告発文を新聞社に送信していました。

時が経ち、デヴェローに見守られながら公の場でフェデロフとハンリーの罪を告発したミラによってフェデロフは次期大統領の座を奪われます。

数日後、マスコミの目を逃れるために海の上でクルージングを行うフェデロフは狙撃され射殺されました。

スポンサーリンク

映画『スパイ・レジェンド』の感想と評価


(C)2014 No Spies, LLC. All Rights Reserved

二転三転する黒幕と真相

ロシアの諜報員が次々と殺害される事件に、かつての恋仲の女性が巻き込まれていると知った引退済みスパイのデヴェローが立ち上がる映画『スパイ・レジェンド』。

96時間』(2009)や『イコライザー』(2014)のような、いわゆる主人公の最強さが際立つジャンルの本作ですが、デヴェローの巻き込まれる陰謀の様相はサスペンス映画としての驚きを与えてくれます。

追う者と追われる者、スパイの世界では敵味方すらも簡単にひっくり返ることが分かる騙し合いの世界。

諜報員殺害事件の黒幕と真相、そして全てのカギを握る「ミラ」と言う女性の現在、アクションだけでなくサスペンス要素にも必見の作品です。

敵対するベテランとルーキーの関係性が熱い


(C)2014 No Spies, LLC. All Rights Reserved

引退したデヴェローは独断で事件に首を突っ込んだことから、現役時代に指導を行ったかつての弟子メイソンに命を狙われることになります。

しかし、師への尊敬と越えたいと言う想いを同居させるメイソンは上層部による殺害命令との間に葛藤を募らせていきます。

一方で、複雑な想いを抱えながらもメイソンに対し親友に近い感情を覚えているデヴェローは、容赦の無い反撃をしながらも「殺人者」と「人間」狭間で揺れるメイソンを導いていきます。

敵対する師匠と弟子のぶつかり合いが終盤で熱い展開を見せる、ベスト師弟ムービーとすら言える1作です。

まとめ


(C)2014 No Spies, LLC. All Rights Reserved

狂気と優しさを同居させるデヴェローを演じたピアース・ブロスナンが洗練されたアクションを見せてくれる本作。

しかし、彼の魅力に負けずメイソン役のルーク・ブレイシーも苦悩と成長と言う若手ならではの演技と力強いアクションで作品を盛り上げていました。

二転三転する物語の様相と熱すぎる師弟関係の行方に心躍ること間違いなしのスパイアクション映画『スパイ・レジェンド』。

アクション好きにもスパイ映画好きにも、そしてサスペンス映画好きにもオススメの作品です。

関連記事

アクション映画

映画『孤狼の血 LEVEL2』あらすじ感想と評価解説。キャストの松坂桃李と鈴木亮平が繰り広げる圧巻の死闘!

映画『孤狼の血 LEVEL2』は2021年8月20日(金)ロードショー。 役所広司主演の前作『孤狼の血』は第42回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞と最優秀助演男優賞を含む4部門を受賞するほど注目を集 …

アクション映画

映画『イップマン外伝マスターZ』ネタバレあらすじと感想。マックス・チャンの魅力さく裂!

ドニー・イェン主演の「イップ・マン」シリーズのスピンオフ 映画『イップ・マン外伝 マスターZ』は、2019年3月9日(土)より新宿武蔵野館ほかでロードショー! ドニー・イェン主演の「イップ・マン」シリ …

アクション映画

『リーサル・ストーム』あらすじと感想解説。キャストと監督の映画裏話からアクション活劇を10倍面白く見る!

メル・ギブソン主演最新作『リーサル・ストーム』は、2021年2月26日(金)よりロードショー! ハリウッドの“最終兵器”メル・ギブソンを主演に迎えた映画『リーサル・ストーム』。ある平和なマンションが、 …

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストのヨウコ役は木村文乃。演技力とプロフィール紹介も

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。 凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も …

アクション映画

映画『バッドボーイズ』あらすじネタバレと感想。ウィル・スミス×マーティン・ローレンスのコミカルな掛け合い

誰も俺たちを止められない! マイホームパパ、マーカスと金持ちプレイボーイ、マイクの刑事コンビが難事件に挑む…! はずが、証人保護のために二人は入れ替わることに!? マーティン・ローレンスとウィル・スミ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学