Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/10/16
Update

映画『燃えよ剣』ネタバレあらすじ結末と感想評価。岡田准一の格闘技カリやジークンドーを活かした殺陣は圧巻の冴え!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

剣に生き、剣に死ぬことを選んだ「新選組」の物語

日本の歴史の中でも特に人気が高く、さまざまな時代劇の題材となった「幕末」。

坂本龍馬や西郷隆盛など多くの有名な幕末志士が活躍した激動の「幕末」でひときわ輝く存在であった「新選組」の生き様は、歴史好きのみならず多くの人を魅了しました。

今回はそんな「新選組」の「鬼の副長」と呼ばれた土方歳三の生涯を題材とした映画『燃えよ剣』(2021)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『燃えよ剣』の作品情報


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
司馬遼太郎

【監督】
原田眞人

【脚本】
原田眞人

【キャスト】
岡田准一、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明、尾上右近、山田裕貴、村上虹郎、渋川清彦、マギー、髙嶋政宏、柄本明、市村正親

【作品概要】
司馬遼太郎による同名歴史小説を『日本のいちばん長い日』(2015)を監督した原田眞人が映像化した作品。

「ザ・ファブル」シリーズや『散り椿』(2018)で激しいアクションを披露しただけでなく、自他ともに認める歴史好きとしても有名な岡田准一が主演を務めました。

映画『燃えよ剣』のあらすじとネタバレ


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

1860年、桜田門外で井伊直弼が暗殺されて以降、幕府の威信は失墜し京の治安は急激に悪化。

天然理心流を掲げる道場「試衛館」に在籍する田舎百姓の土方歳三は、同郷の近藤勇や沖田総司、井上源三郎と共に武士となることを夢見ていました。

近藤が清水徳川家の家臣である松井八十五郎の長女と結婚したことで天然理心流の正式な後継となり、試衛館は江戸に道場を開きます。

試衛館には北辰一刀流の免許皆伝であり高い教養を備えた山南敬介や、同じく北辰一刀流の藤堂平助など実力者が集いました。

しかし、江戸にはさまざまな流派の道場が100を越える数あり、実戦において無類の強さを誇る天然理心流であっても門弟は集まらず、近藤は道場の運営に行き詰まり始めます。

その頃、京の都の治安維持のため一橋慶喜(後の徳川慶喜)は会津藩主の松平容保を京都守護職に無理やり任命し、治安回復を命じます。

不逞浪士を自身の兵を用いて殺害することは出来ず困り果てた松平は、全国から腕に自身のある者を身分を問わず集め京の守護に当てることにしました。

近藤は多額の報酬と名を挙げるチャンスに食い付き、土方の反対を押し切り「浪士組」への参加を決定。

浪士組は発起人の清河八郎が尊王攘夷の思想のために私物化を試みており、早々にその発想を見切った土方は近藤に浪士組に参加していた芹沢鴨へと接近させます。

芹沢は会津藩との強い繋がりを持っており、土方は彼を足がかりとして「壬生浪士組」を発足すると、長州藩の浪士を筆頭とした倒幕派の浪士の殺害を決行。

壬生浪士組の活躍によって京の治安は回復し、新人隊士が次々と壬生浪士組へと参加し始めます。

隊としての統率や規律を守るため土方は厳しいルール「局中法度」を設定し、破った隊士に切腹を命じ、隊長としての器を認める近藤の代わりに恨まれる役を率先し引き受けます。

京の治安が戻る一方で酒乱かつ荒々しい性格の芹沢の行動は苛烈化し、商人に対する強引な金銭の要求や女性に対する性的暴行が繰り返され、隊の評判が悪化。

松平に呼び出された土方は隊を松平が後援する約束を取り持った上で芹沢の始末を命じられました。

沖田、井上、そして隊士の斎藤一を連れて近藤の了解のもとに芹沢の家に押し入った土方は、芸妓と同衾中の芹沢を惨殺し、倒幕派の刺客による犯行へと偽装。

その頃から隊は新しい士道を選ぶ組織として「新選組」を名乗り始め、土方は副局長を務める一方で夫を長州藩の藩士に殺害された未亡人の雪と仲を深めます。

雪から「池田屋」に長州藩の浪人が屯っているという情報を聞いた土方は密偵を使い、尊王攘夷派が御所に火を放ち一橋と松平を暗殺した上で帝を誘拐する計画を立てていることを掴みます。

近藤、沖田、藤堂を始めとした新選組は池田屋へと押し入り、27人の尊王攘夷派の浪士を殺害し、京が火に包まれる計画の阻止に成功しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『燃えよ剣』のネタバレ・結末の記載がございます。『燃えよ剣』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

池田屋での戦いによって注目を集める新選組に高い教養と家柄を持つ伊東甲子太郎が入隊。

北辰一刀流でありしっかりとした政治的思想を持つ伊東に山南や藤堂は惹かれ、政治的思想を持たず新撰組の武力向上のみを求める土方と溝を深めていきます。

ある日、近藤や土方と完全に袂を分かった山南が隊を脱走した上でわざと捕らえられ、「局中法度」違反として切腹させられます。

この事件を契機とし伊東一派は「御陵衛士」と名乗り完全に新撰組から離れ、やがて近藤の暗殺を計画。

その計画を聞きつけた近藤は伊東の暗殺を決め、土方は油小路で伊東と藤堂を含めた御陵衛士を暗殺しました。

1867年、徳川慶喜は薩長同盟を機に倒幕の機運が完全に高まったと判断し大政奉還を行い将軍職を辞します。

その後も幕府と倒幕派の間では争いの火種が燻り続け、結核によって体調を崩す沖田を除いた新選組の隊員は御所の護衛を継続。

しかし、伊東一派の生き残りによって近藤が襲撃され重傷を負い、近藤の傷の回復も待たず「鳥羽・伏見の戦い」に始まる「戊辰戦争」が開戦します。

「鳥羽・伏見の戦い」は慶喜の増援さえあれば勝てる戦いだと土方は考えていましたが、慶喜は松平を連れ逃走し、新選組は井上を始めとした多くの死者を出し敗走。

近藤を始めとした生き延びた仲間と共に故郷へと逃げ延びた土方は髷を切り再起を計りますが、「新選組」としての生き方に疲れ自由を求める近藤は土方にこれまでの礼を言うと名前を偽り官軍側へと投降します。

しかし、官軍側に伊東一派の生き残りがいたことで近藤であることが発覚し、近藤は斬首されました。

沖田の病状が悪化し死亡し、試衛館の人間としてひとり取り残された土方は士道を全うすることを決意。

占領した箱館の五稜郭を本陣とする「蝦夷共和国」で幹部を務める土方は、小姓の市村鉄之助に自身の写真と手紙を家族に届けることを頼みます。

1869年5月11日、新政府軍による五稜郭への攻撃が始まり、「蝦夷共和国」は徹底防戦を訴えますが、土方は防戦を断り総攻撃に打って出ます。

圧倒的な武力差で次々と味方が戦死していく中、敵の本陣付近まで近づいた土方は名前を名乗り大量の兵士に向かって突撃し、射殺されます。

土方の死体は五稜郭で救命活動を行う雪のもとへと運び込まれました。

スポンサーリンク

映画『燃えよ剣』の感想と評価


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

土方歳三は何を目指したのか⁈

徳川家康によって300年もの間もたらされていた平和が、黒船の来航や桜田門外の変によって打ち崩された幕末の動乱期。

思想の違いによって多くの人間が殺し合った時代でしたが、浪士たちはそれぞれが国の未来を想って行動しており、現在の日本の平和は彼らの命によって培われたものであると言えます。

そんな時代で、京の治安維持のために結成された「新選組」の副長、土方歳三は多くの仲間を死に追いやった冷酷さでも知られています。

百姓の身でありながら己の力のみで武士の位を手にした土方や近藤たちは、「士道」を貫かずその場その場で思想を変える武士たちに翻弄されていきます。

しかし、そんな状況でも自分の力で掴み取った武士の位だからこそ、ブレずに戦い抜くという「士道」にこだわる土方歳三の生き様を彼の生涯を通して感じることのできる作品でした。

岡田准一が魅せる圧巻の殺陣


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

カリやジークンドーなどのインストラクター資格を持つ岡田准一が主演を務めた本作。

数多くある「新選組」を題材とした映画の中でも本作が抜きん出ている要素は彼の凡庸ならざる殺陣にありました。

戦術家であり一流の剣客でもあった土方歳三は率先して戦闘に参加し、多くの人間を斬殺しているものの、刀での致命傷を受けることなく生涯を終えています。

圧倒的な剣の腕前を持っていただろうと予想される土方歳三を演じる岡田准一の刀捌きは、同じく武士を演じた『散り椿』からさらに進化を遂げており、多対多の動きに特化したものとなっていました。

中でも『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(2021)で沖田総司を演じた村上虹郎演じる岡田以蔵との戦闘シーンは圧巻であり、アクション映画としても満足できる作品でした。

まとめ


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

「新選組」の発足から土方歳三の最期までを描いた映画『燃えよ剣』。

本作は「新選組」という言葉だけは知っているけれど何をした人たちなのか分からない、と言う人にも充分に楽しんでもらえる映画であり、140分を越える長尺が気にならない工夫が随所に盛り込まれていました。

命を賭して戦うことが空想の物語の中だけとなった現代で、命の意味や生きる意味を考えさせてくれる実話の物語『燃えよ剣』は、人生の熱さを感じさせてくれる作品でした。

関連記事

アクション映画

映画『影に抱かれて眠れ』感想と評価レビュー。原作小説「抱影」と“Vシネマの伝統”を和泉聖治が描く

『影に抱かれて眠れ』は2019年9月6日(金)より、丸の内TOEI2ほか全国順次公開! 北方謙三原作の小説「抱影」を、テレビドラマ「相棒」シリーズのメイン監督・和泉聖治が映画化した作品、『影に抱かれて …

アクション映画

パイレーツオブカリビアン最後の海賊の試写会情報!あらすじキャストも

「ジャック・スパロウ…今度はお前が死ぬ番だ」 全世界待望の大人気シリーズ5作目となる映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『パイレーツ …

アクション映画

映画MEGザ・モンスター|あらすじネタバレと感想。ラスト結末の評価【巨大サメ映画の進化系は全長23メートルのジョーズ】

全世界大ヒットの「MEG ザ・モンスター」がついに日本上陸!。 1975年に公開された名作『JAWS』以来、続いているサメをモチーフにしたパニック映画の究極進化系です。 太古の巨大ザメのメガロドンが蘇 …

アクション映画

映画『バッドボーイズ2』あらすじネタバレと感想。続編はアクション×コメディが前作以上のエンタメに!

“共に生き、共に死ぬ、一生悪友(バッドボーイズ)だ” 1995年公開の前作『バッドボーイズ』から、8年…。 マーカスとマイクの名(迷?)コンビが帰ってきた! 強敵、キューバの麻薬王に挑む中、マーカスの …

アクション映画

るろうに剣心最終章ネタバレ|ラスト結末のTheBeginningの感想。キャスト有村架純と佐藤健で描くラブストーリーという“愛の究極”

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』で剣心の十字傷の謎が解ける! 佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した時代劇アクション「るろうに剣心」シリーズ。 『るろうに剣心 最終章 The B …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学