Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

『スペース・プレイヤーズ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。レブロン・ジェームズと人気キャラクターが共演したスポーツアクション

  • Writer :
  • 秋國まゆ

究極のeスポーツバトルを実写とアニメの融合で描くスポーツアクションアドベンチャー!

マルコム・D・リーが監督を務めた、2021年製作のアメリカのスポーツアクションアドベンチャー映画『スペース・プレイヤーズ』。

映画会社ワーナー・ブラザースのAIスーパーサーバー「無限バーチャル・ワールド」の中に迷い込んでしまったバスケ界のスーパースターが、はぐれてしまった息子と再会するため、人気映画キャラクターと一緒に究極のeスポーツバトルに参戦する姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

ワーナー・ブラザースの歴代の作品や人気キャラクターたちと、人気NBA選手が共演するスポーツアクションアドベンチャー映画『スペース・プレイヤーズ』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『スペース・プレイヤーズ』の作品情報


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights

【公開】
2021年(アメリカ映画)

【原作】
レオ・ベンベヌーティ、スティーブ・ルドニック、ティモシー・ハリス、ハーシェル・ワイングロッド

【監督】
マルコム・D・リー

【キャスト】
レブロン・ジェームズ、ドン・チードル、セドリック・ジョー、ソネクア・マーティン=グリーン、クリス・デイヴィス、ゼンデイヤ、ジェフ・バーグマン、エリック・バウザ

【作品概要】
『ガールズ・トリップ』(2017)のマルコム・D・リーが監督を務めた、アメリカのスポーツアクションアドベンチャー作品。

バスケットボールの神様と呼ばれているマイケル・ジョーダンが主演を務めた『SPACE JAM/スペース・ジャム』(1996)の続編です。

人気NBAプレイヤーであるレブロン・ジェームズが主演を務め、「アイアンマン」シリーズのドン・チードルが共演しています。

映画『スペース・プレイヤーズ』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights

驚異的なバスケの才能と、身長201㎝体重109キロという体格にも恵まれたプロバスケットボール選手レブロン・ジェロームは、MVPに4度輝き、世界中にファンを持つバスケ界のスーパースターです。

妻カマイヤとの間に二男一女の子供を授かり、レブロンは公私ともに幸せな人生を送っていました。

そんなレブロンには今、ある悩みがありました。それは次男のドミニク(通称ドム)が、バスケよりもゲーム開発に夢中なことです。

実は、レブロンもゲームが好きでしたが、当時のクラブチームのコーチにバスケに専念するよう言われてしまった過去がありました。

ですが今は、レブロンはそのコーチのおかげでバスケに成功しました。その経験があるからこそ、レブロンは長男ダリウスよりも、ドムに厳しい教育をしてしまいます。

それを見かねたカマイヤの助言により、レブロンは父親として接しようと、ドムを連れて、カリフォルニア州バーバンクにある映画会社ワーナー・ブラザースのスタジオへ行きました。

実はレブロンは、ワーナー・ブラザースの幹部から映画に出てみないかとオファーを貰っていたのです。

親友マイクの車に乗り、彼と一緒にワーナー・ブラザースの幹部に会ったジェローム親子は、ワーナー・ブラザースのアルゴリズム、アル・G・リズム(通称アル・G)が発案・企画したスーパーコンピューター「ワーナー3000」を使って製作するレブロンが主役の映画のプレゼンを聞きました。

「名作映画のスタジオである我々の技術で、レブロンをスキャンし、君を映画に出演させる」

「まるで鏡を見ているかのように完璧にコピーした君は、ワーナー・ブラザースのどの作品にも出演可能だ」

「君をうち(ワーナー・ブラザース)のキングにする。それが“ワーナー3000”のパワー」「我々と一緒に、永遠に刺激的な作品を作ろうよ」

そう動画でプレゼンするのは、アル・G本人。実は彼は、前々からネットでもスターであるレブロンに目をつけ、彼をパートナーに迎えたいとずっと願っていました。

何故ならレブロンの名声とアル・Gの科学技術を合わせれば、サーバーバースに囚われ誰にも知られていなかったアル・Gのことが世間に認知され、自分が主役になれるからです。

自分が立案したこの企画に自信があったアル・Gは、当然レブロンが快く引き受けてくれるだろうと思っていました。

しかし、レブロンの答えはノーでした。「悪いが俺には向いていないし、試合に専念したい」

「それにこの企画はダメだ、アルゴリズムがクズ」………同調して自分を馬鹿にしたワーナー・ブラザースの幹部はもちろん、自分をバカにして誘いを断ったレブロンに怒り心頭なアル・G。

対してドムは、「僕は結構いいと思う」と賞賛します。「僕は今ゲームを作っているんだ。“E3ゲーム合宿”というゲーム合宿に週末参加するのが楽しみで…」

「待てドム。バスケ合宿があるからそれには行けないぞ」「バスケは行く気ない」

「ビビるな。俺がお前の才能を引き出してやる」「そんなの僕は望んでない」

「だいたいバスケは嫌いだ。全部パパの押し付けだ、僕の希望は通らないし、パパは僕らしさを否定する」………ドムは初めて自分の本音を言い、レブロンに反抗しました。

そんなジェローム親子の様子を見ていたアル・Gは、2人を地下にあるワーナー3000があるサーバールームへ誘導し、自分がいるサーバーバース内に引きずり込みます。

そしてドムを別の場所に移し、アル・Gはレブロンにこう言いました。「私の案を却下し“試合に専念”したいんだろう?」

「だったら息子を取り戻すために、史上最多の囚われた観客の前で行われるバスケの試合に専念しろ」

「君のフォロワーが見て注目が集まれば、ついに私は表舞台に立てる。全世界の人々が私を知るのだ、このキング・アル・G・リズムを」

「もし君が勝てば、息子と一緒に元の世界へ帰してやろう」「負けたら、君たちはここを出られない。いつまでもずっと、ずっと永遠に」

そう話すアル・Gは、「まずはチーム編成をしろ」と言い、仲間のピートに頼んでレブロンを、ワーナー・ブラザースが製作したアニメの世界「ルーニー・テューンズ・ワールド」へ送りました。


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights

レブロンは、アル・Gが唆したせいで仲間が他の世界へ行ってしまったことを嘆く、クールで頭の回転が速い『ルーニー・テューンズ』のキャラクター、ウサギのバッグス・バニーに協力を求めます。

最初はからかって遊ぶだけで、素直に話を聞いてくれなかったバッグスですが、同じくアル・Gに家族を奪われたレブロンに協力することにしました。

レブロンはスーパーマンやバットマンら最強のキャラクターでチームを組みたかったのですが、バッグスが連れてきたのは仲間のダフィー・ダックとポーキー・ピッグ。

ロード・ランナーとワイリー・コヨーテ、エルマー・ファッドとシルベスター・キャット。ヨセミテ・サム、タズマニアン・デビル、グラニー、トゥイーティーたちでした。

バスケのバの字も知らないメンバーに不安を覚えたレブロンは、「せめて1人ぐらいまともな選手が欲しい」と懇願し、バッグスにバスケが得意なローラ・バニーを紹介してもらいます。

DC作品のキャラクター・ワンダーウーマンがいる世界にいたローラは、アマゾンの戦士となるべく試練を受けていましたが、葛藤の末、自身を必要としているバッグスたちに協力することにしました。

レブロンたちはバッグスたちの故郷であるルーニー・テューンズ・ワールドに戻り、試合までの残り時間を使って練習に励もうとします。

しかし、バスケを真剣勝負だと考えているレブロンと、遊び心を忘れず楽しんでやりたいバッグスの意見は食い違い、2人はチームの方針を巡って真っ向から対立してしまうのです。

以下、『スペース・プレイヤーズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『スペース・プレイヤーズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights

一方アル・Gは、スマホのアプリを使ってスキャンしたNBA選手を、キャラクター化させたバスケのeスポーツゲームを開発したドムを賞賛していました。

しかしその実は、ドムの気持ちに寄り添うふりをしているだけで、アル・Gはピートに世界中の誰でもスキャンできるコードを盗ませます。

さらにアル・Gは、ドムを最強の選手としてアップグレードし、自分のチームのメンバーとしてレブロンと戦わせようとするのです。

「パパに認められたいなら自分の世界で倒せ」「理屈は通じないぞ、パワーで押し通せ」

「自分のパワーでリスペクトさせろ、自分が特別な存在だと」………そう言うアル・Gは、レブロンのアカウントを使って、ツイッターで究極のeスポーツバトル「父親vs息子」のことを告知しました。

準備が整ったアル・Gは、ルーニー・テューンズ・ワールドを試合会場に作り変え、レブロンたちを3次元にアップグレードします。

さらにアル・Gは、観客席の半分をワーナー・ブラザースの作品のキャラクターたちで埋め、残り半分の観客席にオンライン配信で引きつけた現実世界の人間たち。そしてVIP席に、マリクと一緒にレブロンを捜しに来たジェームズ一家をスキャンして招待したのです。

「老若男女の皆さん、ようこそ。最初で最後のサーバーバース決戦へ!」「ルールを説明しよう。君らが大好きなキング・ジェームズが勝てば、全員退屈な日常に戻れる」

「私のチームが勝てば、皆私と共に永遠にサーバーバースに残る」「アニメ軍団(テューンズ)は消去だ」

「さて、天才ドムが作った最強のチーム“ならず者軍団(グーンズ)”を紹介しよう」………このアル・Gの掛け声で現れたのは、グーンズ・スクワッドのメンバー、蛇女と化した女子バスケットボール選手ダイアナ・トーラジ、通称ホワイト・マンバ。

水と炎の男と化したNBA選手クレイ・トンプソン、通称ウェット・ファイヤー。蜘蛛女と化した女子バスケットボール選手ネカ・オグウマイク、通称アラクネカ。

鳥男と化したNBA選手アンソニー・デイビス、通称ザ・ブロウ。そして、最強の選手にアップグレードしたドムの5人です。

レブロンはドムに説得を試みましたが、彼はアル・Gを信用しきっていたため失敗。アル・Gにいいように操られている息子を取り戻すため、レブロンはバッグスたちと共に試合に挑みます。

レブロンと共に試合に臨むのは、バッグスとローラ、トゥイーティーとシルベスター・キャットです。

ゲームとはいえ、自分が知っているバスケの試合なら楽勝だろう。そう思っていたレブロンでしたが、彼の知るバスケとは点の取り方もルールも、考え方もまるで違うeスポーツバトルに苦戦を強いられてしまいます。

第2クォーター終了まで残り2分39秒。752対37と圧倒的大差をつけられてしまったレブロンたち「テューン・スクワッド」は、見かねたバッグスがタイムアウトさせ、折れそうな心を何とか保とうとしました。

対して勝利を確信したアル・Gは、ドムの体力温存のため、新メンバーを投入。サイボーグ化したNBA選手デイミアン・リラード、通称クロノスです。

それを見たコーチのダフィーは、試合に出ていたグラニーと、ベンチにいたロード・ランナーを交代させます。

しかし、クロノスは自分以外の時間を3秒間停止させるスキル「デイム・タイム」を使って、ロード・ランナーをワイリー・コヨーテの餌にして退かせ、その隙に奪ったボールでダンクを決めたのです。

このクロノスのバック・トゥ・ザ・ゴールにより、前半戦は1039対37とグーン・スクワッドの圧勝で終了。

ハーフタイム中、シルベスター・キャットは絶望的な戦況を覆すべく、バスケットボールの神様と称されるNBA選手マイケル・ジョーダンを秘密兵器として召喚……しようとしたのですが、シルベスター・キャットは観客席にいた俳優マイケル・B・ジョーダンを、彼だと勘違いして連れてきてしまったのです。


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights

彼を観客席に戻した後、レブロンは自分が思うバスケのやり方を、バッグスたちの個性を潰して押し付けていたことに気づき、息子の言葉を思い出して皆の得意技を活かす作戦に打って出ます。

フルスピードでどこまでも速く、弾より速いスピードで走るロード・ランナーと、知恵であしらい逃げ切るトゥイーティーの連携プレイによるダンクシュート。

ラップが得意なポーキーによるラップパフォーマンスで、ボーナスポイント獲得。

タズマニアン・デビルの渦巻のように回転する特徴を活かし、ウェット・ファイヤーにこちらのゴールにダンクを決めさせるよう仕向け、1039対476と徐々に差を縮めていきました。

さらに交代で入ったワイリー・コヨーテが、ボールを量産させる機械を使い大量得点を獲得。テューンズ・スクワッドも1000点の大台です。

ここでアル・Gは、再びクロノスを投入。対してデューン・スクワッドはグラニーが交代で出て、このゲームの特性を活かして逆にクロノスに年を取らせ、その隙にシュート。このシニア優待でプラス30点追加されました。

そして、ローラとの連携プレイによるレブロンのダンクシュート「モンスター・ジャム」で、1039対1040と逆転します。レブロンは忘れていた遊び心と、バスケを楽しむ気持ちを取り戻しました。

迎えた第4クォーターでは、ローラとバッグス、ワイリー・コヨーテとポーキーがドム以外を抑え、レブロンに彼との1対1の勝負をさせようとしました。

ところが、レブロンはドムと勝負するより先に、彼と和解しようとボールを止めます。

「お前のゲームは凄い。もっとお前の話を聞くべきだった、悪かった」「子供の頃から、俺にはひとつ(バスケ)しか道がなかった」

「バスケで成功しても、父親業は難しいな。今もお前から学んでいる」「お前らしくいけ。お前は特別だ」

そう不器用ながら伝えるレブロンに、初めて自分らしさでいていいと認められたドムは、彼と仲直りすることにしました。

会場が感動ムードに包まれる中、アル・Gは2人の和解を断じて許しませんでした。

そんなアル・Gに対し、ドムはこう言いました。「あなたは恐怖で人を支配する」「もう嫌だ、アル・G。僕はテューンズに行く」

自分を裏切り、テューンズに寝返ったドムに激怒したアル・Gは、自身をアップグレードさせ、テューンズ・スクワッドを脅迫します。

「いいだろう。このゲームは私が支配する」「キング(レブロンのこと)よ、お前は家族も友も失う。テューンズも、愛する者全員を」

その宣言通り、アル・Gはゲームを支配し、せっかく入れたローラの得点をなかったことにした挙句、好き放題やってダンクシュートで1点差をつけます。

対してテューンズ・スクワッドは、レブロンのイン&アウト(クロスオーバーすると見せて、ボールに手が触れた状態のまま手首を外側に返すドリブルスキル)からの、ステップバック(ディフェンスを押し込んでから後方にステップし、ディフェンスから離れてジャンプシュートを放つ、バスケのオフェンステクニック)によるムーブで決着をつけようとしました。

しかしその技は、ドムのゲームがフリーズしキャラが消えてしまった原因でもあるため、ムーブを使えばゲームが止まり、ムーブを決めた人が消えてしまう諸刃の剣でした。

試合終了まで残り10秒。レブロンは自分が消えてしまうことを覚悟の上で、ムーブをしようとしましたが、バッグスが彼を守るために代わりにムーブを決めます。

しかしシュートが短く、ゴールまで届きません。そこでレブロンが空中高くジャンプし、アリウープを決めようとしますが、それでもまだ届きませんでした。

残り4秒。ドムはパワーアップできるステップを、レブロンの足元に設置。そのおかげで、レブロンはさらにジャンプして、見事アリウープでブザービートを決めました。

アル・Gとレブロンたちの戦いは、1041対1042でテューンズ・スクワッドの勝利で幕を閉じました。アル・Gたちグーンズ・スクワッドは消滅。

これにより、レブロンの家族を含めた3次元の住人は皆、無事現実世界へ帰還。レブロンとドムも、バッグスたちに感謝と別れを告げ、現実世界へ帰還しました。

それから1週間後。レブロンは「自分らしい道を行け」と言って、ドムをE3ゲーム合宿へ送り出しました。

息子を送り出したレブロンの隣には、消滅したはずのバッグスがいて、レブロンは彼と感動の再会を遂げます。

スポンサーリンク

映画『スペース・プレイヤーズ』の感想と評価


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights

遊び心を取り戻すレブロン

物語の初めから試合のハーフタイムまで、バスケ界のスーパースターであるNBA選手レブロンはあくまで、成功した自分のバスケが正しいと思い、ドムやバッグスたちに自分のやり方を押し付けてしまいます。

それがドムとの仲違いの原因なのですが、レブロンはバッグスたちが自分を目指してプレイしていると言われるまで、自分の過ちに気づくことができませんでした。

これじゃあまるで、ゲームよりもバスケに専念するよう厳しく指導した昔のコーチと一緒ではないか。そう気づいたレブロンは心機一転、試合後半はバッグスらしさを活かして戦います。

バッグスたちと一緒にバスケを心から楽しんでいるレブロンの姿は、まるでバスケが大好きで楽しくて仕方がない子供のようです。

いつの間にか失くしてしまった遊び心を取り戻したレブロンは、心身共に成長していてとても感動します。

ゲームを支配するアル・G


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights

ジェローム親子に拒絶され、自分の考えを否定されてしまったアル・Gは、彼らもろとも会場にいる全ての人間とキャラを抹消するべく、ゲームを支配してしまいます。

そんな独裁者アル・Gですが、彼だって最初からジェローム親子を消したいなんて思っていません。アル・Gはただ、サーバーバースに囚われ誰にも知られぬ存在であった自分を、誰かに認めて欲しかっただけなのです。

ワーナー・ブラザースのスーパーコンピューターを駆使し、レブロンを主役にした映画を作ることで、それを立案・企画したアル・G自身が日の目を浴びられる。アル・Gはそう期待していました。

ドムも父親に認められたいと内心思っていたから、理由は違えどレブロンを見返したい同志として、彼はアル・Gに協力したのでしょう。

誰にでもある承認欲求が強かっただけに、力で他者をねじ伏せ認めさせようとしてしまったアル・Gの気持ちが、最後まで報われることがなかったのがとても悲しいです。

まとめ


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights

バスケ界のスーパースターがアルゴリズムに連れ去らわれた息子を取り戻すため、ワーナー・ブラザースのアニメ『ルーニー・テューンズ』の人気キャラとチームを組み、究極のeスポーツバトルに挑むスポーツアクションアドベンチャー作品でした。

チームを組んだレブロンとバッグスたちの出会いと、仲間探しの旅に出た彼らの冒険は、『ルーニー・テューンズ』を知っている人も知らない人も楽しめるほど終始ワクワクさせられます。

また、レブロンたちが仲間集めしている時や試合の時には、他のワーナー・ブラザースの人気作品のキャラクターたちが沢山登場しており、自分の好きなキャラクターを見つけた時は大興奮すること間違いなしです。

エンドロールでは、物語のラストで感動の再会を遂げたレブロンとバッグスが、バッグスが連れてきた彼の仲間たちと一緒に、現実世界での生活を一緒に楽しんでいる姿が描かれていました。

バスケ界のスーパースターやNBA選手本人が出演する、ワクワクドキドキが止まらない究極のeスポーツバトルを描いたスポーツアクションアドベンチャー映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

アクション映画

映画『ミッドウェイ』あらすじネタバレと感想レビュー。2020年公開のローランド・エメリッヒが描く“勝者無き海戦”

ラストメッセージ「海はすべて覚えている」が全てを物語る。 太平洋戦争の明暗を分けた戦い「ミッドウェイ海戦」を、日米双方の視点で描く映画『ミッドウェイ』をご紹介します。 『インデペンス・デイ』のローラン …

アクション映画

映画『チャーリーズエンジェル(2020)』ネタバレ感想と評価。女優キャストたちが現代の強い女性を象徴!

映画『チャーリーズ・エンジェル』は2020年2月21日より日本公開! 国際機密企業「チャーリー・タウンゼント社」に所属するエージェント「チャーリーズ・エンジェル」達が活躍する、新世代の注目女優が集結し …

アクション映画

映画『エンド・オブ・ステイツ』ネタバレ感想と評価。実在するマイク・バニングのモデルとなった人物とは⁈

映画『Angel Has Fallen(原題)』は、北米公開2019年8月23日。 日本公開は邦題『エンド・オブ・ステイツ』として2019年11月15日(金)より新宿バルト9ほかにて公開! 映画『エン …

アクション映画

映画『暗黒街』あらすじと感想!ピッポ役キャスト(俳優)の紹介も

“この街は、人間の血と、涙と、性液で、腐敗している” 映画『暗黒街』は、イタリア映画界最高の栄誉であるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリア・アカデミー賞)で5部門にノミネート。 監督を務めたステフ …

アクション映画

映画『イップマン2葉問』ネタバレあらすじと感想。ドニーイェンの詠春拳が唸る!

友のために闘う。 ドニー・イェン主演「イップ・マン」シリーズ第2弾。 今やハリウッドでも活躍する中国のアクションスター、ドニー・イェン。 彼がブルース・リーの師匠イップ・マンを演じたヒットシリーズ第2 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学