Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/06/18
Update

映画『ザファブル2 』ネタバレあらすじとラスト結末の感想評価。キャスト岡田准一が続編殺さない殺し屋で偽善者を打ち負かす

  • Writer :
  • 星野しげみ

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は2021年6月18日(金)より全国ロードショー!

本作『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は、江口カン監督が岡田准一を主演に迎え、人気コミックを映画化した2019年の『ザ・ファブル』の続編です。

裏社会で伝説の殺し屋“ファブル”(寓話)として恐れられる主人公(岡田)が、「1年間殺し屋を休業し、一般人として普通の生活を送る。殺しは禁止」というミッションに挑みます。

はたして今回もこのミッションは成功するのでしょうか。ことの顛末をネタバレありでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の作品情報


(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
南勝久

【監督】
江口カン

【脚本】
山浦雅大、江口カン

【キャスト】
岡田准一、木村文乃、平手友梨奈、安藤政信、黒瀬純、好井まさお、橋本マナミ、宮川大輔、山本美月、佐藤二朗、井之脇海、安田顕、佐藤浩市、堤真一

【作品情報】
南勝久の人気コミックを岡田准一主演で2019年に実写映画化した『ザ・ファブル』。本作は、シリーズ第2作目になります。

裏社会で誰もが恐れる伝説の殺し屋ファブルに岡田准一が扮し、木村文乃、佐藤浩市ら前作からのキャストは健在。今回は堤真一、平手友梨奈、安藤政信らが新たに参加しています。『めんたいぴりり』(2019)『ガチ星』(2018)の江口カンが前作に続き、監督を務めました。

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』のあらすじとネタバレ


(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

裏社会で誰もが恐れる伝説の殺し屋‟ファブル”。

4年前にはボスからの依頼を受けて5人を殺しました。組織ぐるみで女の子たちをいかがわしい仕事につかせ、車でその送り迎えをしていた男を始め、仲間と思われる男たち4人です。

そして5人目は、立体駐車場にとめた車に涙をながしていた少女・ヒナコを押し込んで発車させようとしていた男。

男は目出し帽をかぶったファブルに喉を斬られ、ハンドルの上に倒れたため、車はもうスピードで発進します。

後部座席にヒナコがいたのに気付いたファブルは、彼女を助けようと暴走する車を止めるべく奮闘します。

ですが、車は立体駐車場の端から地上へ落下。落ちる寸前車の中からヒナコを救い出したファブルは空中へ飛び出し、下に停まっていた車の屋根の上に飛び降りました。

落ちた車の運転手の死亡と気絶したヒナコの無事を確認し、ファブルはそのまま立ち去りました。

それから3年。1年間誰も殺さず普通に暮らすようボスから命じられたファブルは、素性を隠して佐藤アキラという偽名を使います。

相棒ヨウコと兄妹を装い、前作同様ミサキの務めるデザイン会社「オクトパス」でアルバイトをしながら、一般人としてひっそりと暮らしていました。

一見平和に見えるこの街には、安全な街づくりを目指すNPO団体「子供たちを危険から守る会」がありました。

この団体の代表者代表宇津帆は、表の仕事とは反対に裏では緻密な計画で若者から金を巻き上げては殺害するということをしていました。

そんな宇津帆の側には、車椅子に乗ったヒナコの姿が……。ヒナコはあの事件のときの怪我で歩けなくなっていましたが、今は宇津帆と一緒に暮らし、宇津帆の表の仕事を手伝っています。

あの時、家出をしていたヒナコが事件の後に家へ戻ると、強盗によってヒナコの両親が殺されるという悲しい出来事が起こり、ヒナコは心に深い傷を負っていました。

ある日、一人公園の鉄棒につかまって立ち上がろうとリハビリをしているヒナコを、納品配達途中の佐藤アキラ(ファブル)がみかけ、2人は知り合います。

ですが、ヒナコはアキラのことをNPO団体の事務所でストーカーと言ってしまいます。事務所のスタッフを装っていますが実はプロの殺し屋鈴木が、公園でアキラを待ち伏せ、ヒナコに近づくなと脅しました。

その後NPO団体のチラシを納品に事務所に出向いたアキラは、そこでヒナコと再会。やっと誤解を解くことが出来ました。

アキラの変人ぶりは、代表の宇津帆にも気に入られるものでしたが、同じ稼業の鈴木はアキラが只者ではないことに感づきました。

宇津帆の次のターゲットはオクトパスの従業員、貝沼でした。

ミサキへの恋心を利用され巧妙に仕組まれた罠に落ちた貝沼は、宇津帆の裏稼業のスタッフ井崎と鈴木の手によって拉致されます。

貝沼を助けに行こうとしたアキラですが、いち早くその正体に気がついた鈴木が、ヨウコの家へやって来ます。

ヨウコに拳銃を向け、「お兄ちゃんはどこだ?」という鈴木。

ファブルの強さは知っていましたが、ヨウコについてはノーマークでした。油断したすきにあっけなくヨウコにコテンパンにやられてしまいました。

アキラが帰宅すると、そこにはヨウコによって椅子に縛り付けられた鈴木がいました。

アキラがファブルと判明したのですが、アキラは「その名は言うな」と言います。

「こちらの要望はただひとつ、貝沼くんを返してほしいだけだ」と言っているところへ、鈴木の携帯電話に井崎から「謝って貝沼を殺してしまった」と連絡が入りました。

がっくりと肩をおとしたアキラは、鈴木の縄をとき、事務所へ帰るように言いました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

事務所に帰った鈴木は、プロの殺し屋としてのプライドをかけて、宇津帆にファブルとのことを問い詰めました。

4年前にファブルによって立体駐車場で殺された男は、宇津帆の実の弟でした。宇津帆は弟の仇をうちたいがためにファブルの正体が判明した今、奴を仕留めると言います。

涙ながらに話す宇津帆に共感した鈴木は力を貸すことに……。

一方、宇津帆の裏の仕事を知らないヒナコですが、その挙動がおかしいことには感づいていました。

「アキラは自分に自信をくれる」と言うヒナコに、善人面をした宇津帆は、「言おうか言わないか迷ったけれどもやっぱり言おう」と長い前置きをし、「立体駐車場の殺人事件で殺したのはファブルで、アキラがファブルだ」と言います。

しかも追い打ちをかけるように、ヒナコの両親の喉を斬って殺したのもアキラだと告げました。

それを聞いたヒナコの目つきが変わります。宇津帆が用意する拳銃を見て、「私にも一つ貸して」と言い、拳銃を所持しました。

それからすぐに、アキラとヨウコの家に宇津帆の事務所に来るようにと、呼び出しがきます。

罠だとわかっていたのですが、アキラはヨウコが止めるのもきかず、「責任がある。普通ってそういうものやろ」と言って、ヒナコを救うために事務所のある団地へ向かいました。ヨウコも同行し、車の中で待機します。

事務所に着いてアキラがドアを開けると仕掛けがあり、すぐに事務所は爆発しました。

いち早く仕掛けに気がついたアキラは、団地の廊下の壁をつたって下の階へ下り、逃げようとします。そこへ駆けつけた宇津帆の手下たちと死闘が始まりました。

団地は塗装の工事中でしたが、作業員に扮した手下たちが拳銃をうってきます。たまらずアキラは塗装の足場をつたって逃げようとしました。

大勢の手下たちを振り切って逃げおおせたアキラは、車で逃走する鈴木を見つけます。ヨウコに鈴木を追うように手配し、自分もまたその後を追いました。

しかしヨウコは、実践慣れしている鈴木に捕まってしまいます。

一方、宇津帆はヒナコの乗る車椅子を押して山の中にいました。ここは金づるとなった何人もの若者を処刑した宇津帆の作業場です。

そこへ鈴木が拉致したヨウコを連れてやって来きました。ファブルの練習台として縛られたヨウコを撃つように言う宇津帆。

ためらいがちに銃口をヨウコに向けていたヒナコですが、急に宇津帆に向き直りました。

驚く宇津帆にヒナコは言います。「両親を殺したのは、あなたよ。警察は喉を斬って殺されたなんて一言も言ってない。その状況を知っているのは、犯人だからよ」。

最初驚いた宇津帆ですが、しまいには笑い出し、「そうだよ、殺したのは俺だよ。いやー、最後の最後で失敗したなあ」と言います。

ヒナコはたまらず、拳銃を撃ちました。確かに宇津帆の胸に命中したのですが、防弾チョッキを着ているのか、宇津帆は死にません。

宇津帆への怒りで我を忘れたヒナコは、必死の思いで車椅子から立ち上がります。さらに撃とうとしたところへ、アキラが飛び込んできました。

ヒナコの目の前の地面には地雷があるといいます。アキラは戸惑いを隠せない鈴木に手を貸すように言い、何とか協力してヒナコを地雷から引き離しました。

全ての作戦が終了し負けを認めた宇津帆はわざと鈴木に撃たれて絶命しました。

事件が一段落し、アキラはヒナコから手紙をもらいました。

そこには、「半年後には歩けるようになっているだろうから、歩いている私の姿を記憶に残して欲しい」ということが書かれてありました。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の感想と評価

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

魅力的な役者ウォッチング

どんな相手でも6秒以内に殺す。そんな伝説を持ち、“ファブル=寓話”と呼ばれる殺し屋が主人公の本作。

前作『ザ・ファブル』の続編で、ファブルがボスから命じられた1年間の殺さず生活の中での出来事が描かれています。

4年前にファブルが関与した事件と深い関係がある少女ヒナコと殺された男の兄でファブルに復讐を誓う宇津帆が登場。普通の一般人の生活をしているファブルの日々を脅かします。

殺し屋として育てられたファブルは、いくら隠しても只者ではない雰囲気が漂います。喜怒哀楽を見せないロボットのような表情。真面目過ぎるほど真面目な会話の受け答え。黙って見ているととても面白い……。

こんなキャラを前作に続いて演じているのは、岡田准一です。身体をはっての見事なアクションシーンはもちろん、普通であろうとするファブルの努力も涙ぐましく、伝説の殺し屋になり切っている熱意がしっかりと伝わって来ました。

今回、ファブルの敵役として、裏表の顔を持つ最狂の偽善者・宇津帆が登場します。宇津帆に扮しているのが堤真一とあって、驚きでした。

堤が『望み』や『一度死んでみた』(2020)で見せたのは優しい父親像です。それに反して本作では、自分勝手な思想を持つペテン師の宇津帆を、狂気じみた演技で表現しています。

堤のダンディなスーツ姿が、本作においては胡散臭く見えるのも、堤の役者魂がそうさせているのかもしれません。

「オクトパス」の人情熱き田高田社長に佐藤二朗、アキラの妹役のヨウコに木村文乃と、前作からのキャラもますますその魅力を発揮し、ヒナコ役の平手友梨奈の追い詰められた獣のような緊迫感あふれる演技も必見。

魅力的なキャストが織りなす「ザ・ファブル」の世界観はますます濃いものになっていくようです。

惹きつけられるアクションシーン

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

前作以上にグレードアップしたアクションを目指した本作は、日常空間の中で巻き起こるアクション、生身のリアリティあるアクションにこだわったと言います。

まず序盤で出てくる、立体駐車場のカーアクション。「車VS人間」の極限状況でのアクションとあって、瞬くする間も惜しいくらいのスリルと緊張感を孕んでいます。

このシーンは原作に意図的に膨らみをもたせて撮影されたそうで、ドアへのしがみつき、タイヤの横滑り、車と車のクラッシュからダイブするまで、長々と鳴り響くクラクションの中で撮影され、カーアクションの醍醐味がたっぷり味わえました。

また後半の団地での死闘シーン。白昼の団地が舞台ですから、一般人の目を盗んでの戦いが必要とされました。

生活の場としての団地は、日常空間でありリアリティあふれる場です。建物と建物の狭い間での戦い、走り去るあとから崩れ落ちる足場と、現実味あふれるスリル満点の映像となりました。

前作との大きな違いは、主演の岡田准一を最初からアクション作りに参加させて、ファブルらしいアクションに仕立てたこと。

リアリティ感あふれるアクションがいっぱいの本作は、‟一般社会に潜む殺し屋”が呼ぶ込む不運を充分に見せてくれました

まとめ

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は2019年の『ザ・ファブル』の続編にあたります。

裏社会で伝説の殺し屋“ファブル”(寓話)として恐れられる主人公(岡田)が、「1年間殺し屋を休業し、一般人として普通の生活を送る。殺しは禁止」というミッションに挑みます。

普通人として暮らしているはずなのに、次々と事件に巻き込まれ、同業者のプロの殺し屋から命を狙われるファブル。

「殺してはいけない」ミッションは、プロの殺し屋であるからこそ実行可能な使命です。これからもファブルに無理難題のような事件が襲い掛かることでしょう。

本作は徐々にグレードアップするアクションも楽しみですが、本音を言えばちらりと見せる岡田准一の鍛え上げた肉体美も病みつきになる作品です。



関連記事

アクション映画

【ネタバレ感想】シャザム!4DX映画吹き替え版の評価と結末までのあらすじ。体感型鑑賞のススメ紹介も

映画『シャザム!』掟破りのコメディ×アクション・エンターテインメント。 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)の公開が控えアメコミ映画が特に熱いこの時期。 マーベル映画の巻き起こす旋風に負けじと …

アクション映画

映画『るろうに剣心 最終章』ネタバレあらすじ感想と評価結末。ラストTheFinalにふさわしい佐藤健×新田真剣佑の壮絶なる闘い

剣心、最後の戦い。究極のクライマックス。 「ありがとう、すまない、そして、さようなら」。 和月伸宏の人気コミックを、岩手県盛岡市出身・大友啓史監督が佐藤健を主人公に、実写映画化に挑んだ大人気シリーズ「 …

アクション映画

映画『レッド・スネイク』ネタバレ感想とあらすじ結末の評価解説。実話を基にISISと戦う“女性だけの特殊部隊”を描く

女性だけの特殊部隊と少女の戦いを描いたハード・ミリタリー・アクション! カロリーヌ・フレストが脚本・監督を務めた、2019年製作のフランス・イタリア・ベルギー・モロッコ合作のハード・ミリタリー・アクシ …

アクション映画

忍びの国キャストとあらすじ!大野智登場の舞台挨拶や試写会はある?

“和田竜(原作・脚本)× 大野智(主演)× 中村義洋(監督)” 誰も見たことがない戦国エンターテインメント作品『忍びの国』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『忍びの国』の作品情報 …

アクション映画

映画『フューリー』ネタバレ結末あらすじと感想解説。ブラッドピッド演じる兵士が指揮する“戦車の一騎打ち”

たった1台のシャーマン戦車と300人のドイツ軍部隊が激突する戦争アクションドラマ! デヴィッド・エアーが脚本・製作・監督を務めた、2014年製作のアメリカの戦争アクションドラマ映画『フューリー』。 第 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学