Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/12/04
Update

【ネタバレ】ヴェノム2|感想解説とラスト結末の考察。レット・ゼア・ビー・カーネイジの見どころは進化した宇宙生物と人との掛け合い

  • Writer :
  • 糸魚川悟

前作からの正統進化と衝撃のラストに震える第2弾

人を喰らう宇宙生物が人に寄生するという、SFホラーをイメージさせる物語が話題となった映画『ヴェノム』(2018)。

しかし、映画内では記者のエディに寄生した”ヴェノム”は、凶悪な見た目とは裏腹にワガママな子供のような言動が目立ち、そのギャップに多くの鑑賞者が釘付けとなりました。

今回はそんな意外な方向性の魅力が爆発した映画『ヴェノム』の続編『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(2021)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の作品情報


(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
Venom: Let There Be Carnage

【監督】
アンディ・サーキス

【脚本】
トム・ハーディ、ケリー・マーセル

【キャスト】
トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン、ミシェル・ウィリアムズ、リード・スコット、ナオミ・ハリス、スティーヴン・グレアム

【作品概要】
マーベル・コミックに登場するキャラクター”ヴェノム”を主人公に描いた映画シリーズ第2作。

本作から「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでゴラムを演じるなど、俳優やアクターとして有名なアンディ・サーキスが監督を務め、『スリー・ビルボード』(2018)のウディ・ハレルソンがヴィラン役として参加しました

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじとネタバレ


(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

1996年、聖エステスの館で拘束されるクレタス・キャサディは、愛する女性フランシス・バリソンが特異な能力を持つがゆえに無理矢理研究施設へと連行されていく様子を見ていることしか出来ませんでした。

バリソンは自身の口から人を死に至らしめるほどの音波を出す能力を使い、同行するFBIのマリガンを攻撃しますが、揉み合いになり目を撃たれます。

現在、マリガンはバリソンを死んだと考えていましたが、彼女はレイヴンクロフト研究所と呼ばれる「能力者」を隔離・研究する秘密施設に囚われています。

記者のエディ・ブロックは体内に「シンビオート(共生体)」と呼ばれる宇宙生物の”ヴェノム”を宿しており、その存在がバレないように日々を過ごしていました。

ヴェノムは人の脳とチョコレートを好み、一方でエディは平穏無事な生活を求めてヴェノムに人を食べてはいけないと言うルールを強いていましたが、2人の限界はもはやすぐそこまで迫っています。

ある失敗から一流記者としての立場を失い落ちぶれていたエディは、何故か連続殺人鬼の死刑囚クレタスに気に入られ、マリガンに新情報を手に入れることと引換えにクレタスの監房に足を運ぶことを許可されます。

クレタスはエディにファンへのメッセージを記事にするように求め、エディはスクープを狙い誰も知らない彼の独白を条件にメッセージを引き受けました。

メッセージは記事として公開され、その記事はバリソンの元にも届きます。

なかなかクレタスから新情報を引き出せないエディでしたが、ヴェノムがクレタスの監房の壁に描かれていた絵が実在する岬を指していることに気づきます。

ヴェノムが見つけ出したその場所からはクレタスによる殺人遺体が大量に発見され、エディは一流記者として返り咲くと共にクレタスの早期死刑執行が決まります。

元恋人のアンが医師のダンと結婚することが決まり、傷心するエディのもとにクレタスから手紙が届きます。

そこにはクレタスが幼少期に祖母と母を殺害し、父に虐待され、送られた矯正施設で出会った女性とすら離されてしまったことが書かれており、最後に自身の死刑執行の要因となったエディとの面会を要望していました。

死刑執行前にクレタスと対面したエディはクレタスに虐待の被害者と言う共通点から「似たもの同士」と呼ばれます。

エディは冷静に否定しますが、クレタスの言動が罵倒に移行するとしびれを切らしたヴェノムがクレタスを攻撃。

ヴェノムを抑えようとするエディの手にクレタスは噛み付きますが、なんとかエディは刑務官に見咎められる前にヴェノムを押さえ込み、その場を去りました。

家に戻ったエディはヴェノムの身勝手さに辟易し、一方で自由な行動を取ることの出来ないヴェノムも、エディの臆病な性格を罵倒し、2人は大喧嘩の末にヴェノムがエディの肉体から去ります。

一方、死刑執行の最中、エディの手に噛み付いたことで共生体が体内に入ったクレタスは”カーネイジ”を宿し、囚人から刑務官に至るまで刑務所内の全ての人間を虐殺し脱獄。

ひとりの生活を楽しむエディのもとにマリガンからクレタス脱獄のニュースが届き、死刑に追い込んだ人間として復讐されることを警戒するエディは、クレタスの次の狙いがバリソンの救出であることに気づきマリガンに報告します。

その頃、道行く人を惨殺しながらレイヴンクロフト研究所にたどり着いたクレタスは、研究員を殺害しバリソンを救出していました。

クレタスの願いを叶えたことで彼の体内に住むカーネイジは、産みの親であるヴェノムを殺すという自身の願いをクレタスに実行させます。

血の結婚式として、クレタスが恨むエディとバリソンが恨むマリガン、そしてカーネイジの目的であるヴェノムを大聖堂で殺害することにします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のネタバレ・結末の記載がございます。『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

さまざまな事件の中心にエディが関わっていることから、エディを拘束し取り調べるマリガンは、エディにクレタスが化物のような姿になったことを話します。

エディは自身が噛まれたことが原因であることに気づき、アンを弁護士として呼び寄せました。

ヴェノムの事情を知るアンはヴェノムを探して欲しいとエディから頼まれ、ヴェノムの事情を知るチェンの商店へと向かいます。

ヴェノムはコスプレパーティにヴェノムの姿で紛れ込み聴衆を盛り上げたりしつつも、エディ以外に適合する体を見つけることができず事情を知るチェンの体を間借りしていました。

エディとの喧嘩別れに憤るヴェノムでしたがアンの説得に折れ、アンの体に乗り移り警察署の壁を破壊してエディを連れ去ります。

アンの仲介もあり仲直りした2人はクレタスの居場所を探すためニューヨークを駆け回ります。

一方、クレタスはマリガンを誘拐し、さらにバリソンがエディをおびき寄せるためにアンを誘拐。

アンの誘拐をダンに聞かされたエディは大聖堂で結婚式を執り行うクレタスとバリソンと対峙します。

エディはヴェノムに「クレタスたちは食べていい」と発破をかけ交代すると、クレタスはカーネイジに交代し激しい死闘が始まります。

バリソンは自身の目を撃ったマリガンを追い詰め目をえぐり、首にチェーンを巻いて殺害。

死闘の最中、クレタスは自身にまつわる記事で家族全員から虐待を受けていた過去についてを意図的に省いたエディに怒りをぶつけます。

カーネイジの圧倒的な戦闘力に押し負け、行動不能に陥りかけるヴェノムとエディでしたが、クレタスとカーネイジは力によって支配している関係であり、真の意味で共生出来ていないと知ります。

殺害されかけていたアンを救出したヴェノムは、大聖堂の屋上でバリソンを攻撃し落下させ「音」の攻撃を自身とカーネイジに当てます。

共生体は音に弱く、ヴェノムとカーネイジはそれぞれエディとクレタスから分離されてしまいます。

エディはダンとアンの助けで即座にヴェノムと結合しますが、クレタスは生身のままで屋上から落ち負傷。

人体と分離したカーネイジはあっさりとヴェノムに食べられ、クレタスもヴェノムに持ち上げられます。

クレタスは同じ虐待の被害の過去を持つエディと友達になりたかったと言いますが、ヴェノムは「馬鹿じゃねえの」と言うとクレタスの頭を食べました。

警察が押し寄せる中、アンとダンに別れを言いエディは彼女たちと別方向に逃亡。死んだと思われていたマリガンは目を覚まし「化物どもめ」とつぶやきます。

ヴェノムはエディを想い分離を提案しますが、真逆でも最高のパートナーになれるとエディは言い、2人は南国へと落ち延びます。

砂浜を走ると言うヴェノムの望みを叶えたエディはヴェノムの提唱する「残虐な庇護者」の需要はどこかにはあると、2人でヒーロー活動を行うことを宣言。

それを聞いたヴェノムは嬉しそうにエディを茶化します。

ホテルでドラマを見ながら夜の時間を潰すエディとヴェノムは、一瞬の光とともに時間と居場所が変わったことに動揺。

テレビではJ・ジョナ・ジェイムソンによる見覚えのないニュースが流されており、ピーター・パーカーという少年が”スパイダーマン”であると報道されていました。

ヴェノムはテレビに近寄ると、スパイダーマンを見て「こいつだ」と呟きます。

スポンサーリンク

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の感想と評価


(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

エディとヴェノムの掛け合いが光る異色のバディムービー

人の脳かチョコレートからしか得ることの出来ない成分を主食とする宇宙生物の”ヴェノム”。

しかし、人の命を深くは考えない残虐とも言える性質を持つ一方で、本作のヴェノムは音楽を口ずさみながらエディを元気づけるために料理を振る舞います。

一方、記者としてスクープを求めながらも、人の死を許容できない真っ当な倫理観を持つ新聞記者のエディは、そんなヴェノムの気性の荒さに常に悩まされながら平穏とは呼びがたい日々を過ごしています。

お互いに鬱憤を抱える2人が喧嘩しながらも共通の敵”カーネイジ”へと挑んでいく本作は、ヴェノムとエディの関係性に前作よりもフォーカスが当てられていました。

ヴェノムが適合できる肉体はエディしかおらず、半ば強制的に共生関係となっている2人ですが、本作はお互いがお互いでなければいけない理由を見つける物語でもあり、バディムービーとしての魅力が前作よりもさらに光っていました。

ネタバレ注意!意外な作品と繋がる衝撃のラスト


(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

アメコミ映画といえば近年破竹の勢いを見せる「アベンジャーズ」シリーズこと「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」が思い浮かぶ人も多いはずです。

権利の都合上、同じ「マーベル・コミック」のキャラクターであれど”スパイダーマン”関連の登場人物は、特例として参加したスパイダーマンを除き「MCU」に参加することが難しいとされてきました。

しかし、本作のラストではトム・ホランドが演じる「MCU」に登場するスパイダーマンが明確に画面に登場し、スパイダーマン関連の登場人物が「MCU」の世界線に加わったことが示唆されていました。

「MCU」スパイダーマンの3作目となる『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2022)では、別の世界線が”ドクター・ストレンジ”によって繋げられた影響で、過去にトビー・マグワイアやアンドリュー・ガーフィールドが演じた別の世界観でのスパイダーマンシリーズのヴィランが登場することが明らかになっています。

実はヴェノムの基となる”シンビオート(共生体)”は過去に『スパイダーマン3』(2007)に登場しており、スパイダーマンを見て「こいつだ」と呟いたヴェノムが『スパイダーマン3』と関連しているのかが今後のポイントとなるでしょう。

まとめ


(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

本作によって意外すぎる作品群との繋がりが突如明らかになったヴェノムシリーズ。

もちろん、本作は単体作品としてヴェノムとエディの掛け合いや、ウディ・ハレルソン演じるクレタスの狂気など観るべき要素の多いエンタメ成分盛りだくさんの1作となっています。

大迫力のバトルが画面いっぱいに描かれるアクションエンタテイメント映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』を、ぜひ劇場で楽しんでみてください。






関連記事

アクション映画

ワイルドスピード6ユーロミッション|あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

あの大人気シリーズ『ワイルド・スピード』の6作目『ワイルド・スピード EURO MISSION』。 シリーズ恒例の派手なカーアクションも健在で、非常に見応えのある作品に仕上がっている『ワイルド・スピー …

アクション映画

香港映画『プロジェクト・グーテンベルク』感想とレビュー評価。贋札王ユンファ×クォックの演技力が光るクライムアクション

映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』は2020年2月7日(金)よりロードショー。 “亜州影帝(アジア映画界の帝王)”チョウ・ユンファが完全復活、アーロン・クォックとの強力タッグで魅せる予測不能 …

アクション映画

007オクトパシー|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。ジェームスボンドと“00部署の諜報員009”も登場!

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第13作! ジョン・グレンが監督を務めた、1983年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007/オクトパシー』。 「007」ことMI6 …

アクション映画

映画『リベンジREVENGE』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【復讐する強い女をマチルダ・ルッツが熱演】

フランスの女性監督コレリー・ファルジャが描くバイオレンス映画『リベンジ REVENGE』 2018年に公開した映画『REVENGE リベンジ』は、砂漠地帯を舞台に陵辱され捨てられたジェニファーの、男達 …

アクション映画

【ネタバレ】ワイルドスピード/ジェットブレイク|結末感想とあらすじ解説。シリーズ9作目をジャスティン・リン監督が手掛けるカーアクション!

メガヒットカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第9作。 ジャスティン・リンが監督・製作・原案・脚本を務めた、2021年製作のアメリカのカーアクション映画、『ワイルド・スピード/ジェットブレイ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学