Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/11/07
Update

映画『モービウス』あらすじ/キャスト/予告動画。マーベル最新作のスパイダーマンの宿敵ヴィランをジャレッド・レトが演じる

  • Writer :
  • 星野しげみ

マーベル最新作『モービウス』が、2022年全国ロードショー!

映画『モービウス』は、ダニエル・エスピノーサ監督が手掛けたマーベル最新作です。

マーベル・コミックでスパイダーマンの宿敵として描かれる「ヴィラン」モービウス。演じるのは、徹底した役作りで知られるアカデミー賞(R)受賞俳優ジャレッド・レトです。


(C)2021 CTMG.(C)& ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

この度、『ヴェノム』(2018)、『スパイダーマン』(2002)とのリンクを強く感じさせる最新予告映像が届きました

ソニー・ピクチャーズが贈る、『ヴェノム』、『スパイダーマン』に続くマーベル最新作『モービウス』は、2022年全国ロードショーされます。

スポンサーリンク

映画『モービウス』について

参考:『モービウス』公式ツイッター

本作では、スパイダーマンの宿敵<ヴィラン>モービウスを、食事制限などをした徹底した役作りで知られる俳優ジャレッド・レトが演じています

第一報の予告で“MURDERER”という文字と共に壁に描かれたスパイダーマンと、『スパイダーマン:ホームカミング』で敵・バルチャーを演じたマイケル・キートンが登場したことから、マーベルファンの間で様々な憶測を呼んでいました。

新予告も解禁となり、更なる展開を予感させます。

映画『モービウス』の予告動画


解禁された予告映像で何回も登場するのは、『ヴェノム』(2018)、『スパイダーマン』(2002)とのリンクを色濃く感じさせるシーン。

高層ビル群がそびえ建つニューヨークの街並みに、サム・ライミ監督の『スパイダーマン』に登場する巨大軍需企業オズコープ社とみられるタワービルが映りこみます。

また、治療後に姿を消していたモービウスが発見されたのもニューヨーク州ロングアイランド沖。このことから、『スパイダーマン』の舞台であるニューヨークが本作にも登場することが分かります。

さらに『ヴェノム』の舞台であるサンフランシスコで起こった大惨事について言及される場面や、『スパイダーマン:ホームカミング』で敵・バルチャーを演じたマイケル・キートンがモービウスに対し、「先生、また会おう」と意味深に語りかけるシーンがあり、一瞬たりとも見逃せない映像やセリフが連続する予告編となっています。

そしてラストでモービウスから発せられる「俺はヴェノムだ」という言葉。これは、スパイダーマンの宿敵であるヴェノムとモービウスが同じ世界線に存在することを意味するのか――。

スポンサーリンク

映画『モービウス』の作品情報

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
MORBIUS

【監督】
ダニエル・エスピノーサ

【脚本】
マット・サザマ、バーク・シャープレス

【キャスト】
ジャレッド・レト、マット・スミス、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、アル・マドリガル、タイリース・ギブソン

映画『モービウス』のあらすじ

天才的な頭脳を持つ医師マイケル・モービウス。彼は幼いころから、治療の術がない血液の難病を患っていました。

これまで多くの命を救いながらも、己の病を治癒する方法だけを見出せずにいたモービウスは、自らの身体に実験的な治療を施します。それはコウモリの血清を投与するという、危険すぎる治療法でした。

そのまま姿を消したモービウスは、2ヵ月後、ロングアイランド沖に座礁したコンテナ船に突如現れます。

病で痩せ細った姿から一変、顔には血色が戻り、隆起した筋肉が全身を覆っていました。

さらに超人的パワーとスピード、そして周囲の状況を瞬時に感知するバットレーダーや飛行能力を手にしたモービウスですが、同時に彼の中で、抑えきれない〝血への渇望“が生まれます。やがて彼の身体に更なる変異が起こり……。

このユニバースに生まれ堕ちた彼は、果たして善なのか、悪なのでしょうか――。

スポンサーリンク

まとめ

『スパイダーマン』との高い関連性が予測される、マーベル最新作『モービウス』。

血液の難病を患ったモービウスがある治療をして病気を克服したかに見えたのですが……。危険すぎる治療の結果、モービウスはどうなってしまうのでしょう。

ジャレッド・レト演じるモービウスの妖しげな魅力に期待が高まります。

マーベル最新作『モービウス』は、2022年全国ロードショー!


関連記事

新作映画ニュース

勝地涼映画『アンダードッグ』崖っぷち芸人ボクサーのミヤギを熱演【演技評価とプロフィール】

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』 『銃』『全裸監督』『ホテルローヤル』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをモチーフに、森山未來、北村匠海 …

新作映画ニュース

CosmeticDNA|上映館/公開日×najucoイラスト映画ポスター解禁!キャスト監督らコメントも紹介

前代未聞のブラック・ポップ・スプラッター・ミュージカル誕生。 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020にて北海道知事賞を獲得し話題を呼んだ映画『Cosmetic DNA』。 この度、『Cosmet …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの駒井蓮は片倉美咲役を演じる【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

新作映画ニュース

【2020年2月7日〜2月8日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

< あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 photo by 田中舘裕介 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche( ...

新作映画ニュース

ロボコン新作映画の追加キャストは清水ミチコ・高橋ユウと芋洗坂係長【がんばれいわ!!恋する汁なしタンタンメン!!の巻】

『がんばれいわ!!ロボコン』第2弾出演情報解禁! ユニークすぎる超パワフルキャスト集結だロボコン! タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなロボット、「ロボコン」。 1974 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学