Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『わたしはダフネ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館/。娘と父親の旅を描く感動作の予告編紹介!

  • Writer :
  • 大塚まき

第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門 国際批評家連盟賞受賞!
監督が SNS で見出した主演カロリーナに拍手喝采!!

最愛の母を亡くしたダウン症の娘と父親が、悲しみを乗り越えて、互いを理解し合うかけがえのない旅へと歩みだす姿を描いた『わたしはダフネ』。


(c) 2019, Vivo film – tutti i diritti riservati
イタリア映画『DAFNE』の邦題が『わたしはダフネ』に決定し、2020年6月6日(土)より岩波ホールほか全国順次にて公開されます。

また、このたび予告編とポスタービジュアルが解禁となりましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『わたしはダフネ』について

参考:映画『わたしはダフネ』公式ツイッター

本作は、長編デビュー作『Mar Nero』(2008)が第61回ロカルノ国際映画祭のコンペティション部門に選出され、最優秀女優賞をはじめとした3部門を受賞して新鋭監督として注目されたフェデリコ・ボンディ監督待望の最新作

最愛の母を亡くしたダウン症の娘と父親が、悲しみを乗り越えて、互いを理解し合うかけがえのない旅へと歩みだす姿を描き、2019年に行われた第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門で国際批評家連盟賞を受賞

またイタリアの批評家が選ぶ国内主要映画賞の第73回ナストロ・ダルジェント賞では特別賞を受賞し、さらには今後の活躍が期待される若手監督の作品や意欲作を上映することで有名な、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2019のアナザービュー部門にも正式出品されました。

主演をつとめるのは、自身もダウン症であり普段はスーパーマーケットで働きながらも自伝本を2冊上梓するなど活発的に創作活動をしていた、カロリーナ・ラスパンティ

監督自らFacebook 上で見出し、演技未経験ながらも主役に抜擢されました。

ボンディ監督はカロリーナの存在そのものが脚本や撮影に大きな影響を与えたと語り、実際にベルリン国際映画祭での上映後にカロリーナ本人が舞台上に登壇した際には、彼女のチャーミングさとシニカルさを併せ持った自然体の演技に割れんばかりの満場の拍手が送られました。

共演には、『サスペリア』(1977)で主人公の友人サラ役を演じ、昨今は脚本家・監督としても活躍するステファニア・カッシーニが母親役として名を連ねています。

エグゼクティブ・プロデューサーは、『幸福なラザロ』(18)やマッテオ・ガローネ監督の『ドッグマン』(19)、「Pinocchio」(19)など昨今の良質なイタリア映画に数多く参加してきたアレッシオ・ラザレスキー。

ささやかな日常にこそ真実があり、与え合い赦し合うことが幸せへの道であることを教えてくれる、新たなる珠玉のイタリア映画が誕生しました。

映画『わたしはダフネ』の予告編


この度解禁となった予告編は、明るく溌剌としたダフネがまわりの人々に愛されていることが見て取れるシーンや母親の喪失に悲しみ戸惑うダフネと父親の姿が映し出されています。

後半ではダフネのハミングが印象的な主題歌が映像を盛り立てています。

スポンサーリンク

映画『わたしはダフネ』のポスタービジュアル

冒頭に掲載した、この度解禁となったポスタービジュアルでは、ダフネと父ルイジが窓際で寄り添い、外を見つめている印象的な2ショットに目を引きます。

写真をメインに添え、「あなたとなら、信じられる。世界はやさしさに満ちている、と。」というコピーが静謐な印象を与えるビジュアルとなっています。

映画『わたしはダフネ』の作品情報

【日本公開】
2020年(イタリア映画)

【原題】
DAFNE

【監督・脚本】
フェデリコ・ボンディ

【キャスト】
カロリーナ・ラスパンティ、アントニオ・ピオヴァネッリ、ステファニア・カッシーニ、アンジェラ・マグニ、ガブリエレ・スピネッリ、フランチェスカ・ラビ

スポンサーリンク

映画『わたしはダフネ』のあらすじ

ダフネは快活で明るいダウン症の女性。スーパーで働きながら、母マリア、父ルイジと平穏に暮らしていました。

しかしマリアに突然の死が訪れ生活が一変。年老いたルイジは自分が死んだら娘が独り残されてしまう、と不安に苛まれてふさぎ込んでしまいます。

ある日、ダフネは、母の生まれた村を訪れてみようと父に提案。その旅は、愛する人の死を乗り越え、お互いを理解し合うための、かけがえのないものになっていき…。

まとめ

参考:映画『わたしはダフネ』公式ツイッター

2019年のベルリン国際映画祭パノラマ部門にて国際批評家連盟賞を受賞した映画『わたしはダフネ』。

最愛の母を亡くしたダウン症の娘と父親の旅を描く感動作が誕生しました。

喪失を乗り越えるために、日々の暮らしを愛する娘・ダフネが行き着いた先は…。

ちいさな家族を温かく包み込んだ。イタリア映画『わたしはダフネ』は、2020年6月6日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家森山大道』上映館/公開情報。三沢の犬がポスタービジュアルに!

写真界最後のカリスマ・森山大道に迫るドキュメンタリー。 2020年7月3日(金)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開予定だったドキュメンタリー映画『過去はいつも新 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『あまねき旋律 』のあらすじ。インドの歌が農村に響く予告編解禁!

インド東北部の山深い村々で古来より語り継がれてきた“知られざる歌”を巡る音楽を見詰めたドキュメンタリー。 映画『あまねき旋律(しらべ)』の公開日が10月6日(土)に決定しました。 山形国際ドキュメンタ …

新作映画ニュース

感動的で泣ける恋愛を描いた中国映画『芳華(ほうか)Youth』の本編映像解禁。ヒロインが涙する理由は?

逆境にも負けなかった彼女の涙のワケは ヴェネチア、トロントなど数々の映画賞を獲得した巨匠、フォン・シャオガン監督。 文革、毛沢東の死、中越戦争など国を揺るがす事件が立て続けに発生した激動の70年代、そ …

新作映画ニュース

カトリーヌ・ドヌーヴ映画『アンティークの祝祭』あらすじ。キャストの実娘キアラと母娘役で日本公開は4月下旬に決定!

世界的大女優の C・ドヌーヴが実娘の C・マストロヤンニと母娘役で共演を果たした話題作! アンティークが見つめ続けた波瀾万丈な人生―その最期の日を鮮やかに締めくくる感動の人間ドラマ『アンティークの祝祭 …

新作映画ニュース

映画『空母いぶき』舞台挨拶リポート。西島秀俊・佐々木蔵之介らが完成披露試写会のゲストで登壇!

映画『空母いぶき』は2019年5月24日(金)に公開 2019年5月24日(金)に公開される、かわぐちかいじによるベストセラーコミックを、破格のオールスターキャストで映画化した超大作『空母いぶき』。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP