Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『明日の食卓』キャスト主人公の石橋留美子を演じるのは菅野美穂【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『明日の食卓』は2021年春ロードショー。

2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞を受賞、『昔はおれと同い年だった田中さんとの友情』で第69回小学館児童出版文化賞を受賞した椰月美智子。

椰月美智子が描いた、どこにでもいる母と子どもたちのリアルで壮絶な物語『明日の食卓』を、『楽園』『糸』などの作品を精力的に生み出してきた瀬々敬久監督が映画化。

“石橋ユウ”という名前の小学3年生の息子を育てる3人の母親たちの物語。育児、仕事、交友関係と、さまざまな場での母親の多面性を映し出し、壮絶なドラマが誰にでも起こり得ることを訴えかける作品です。

母親役には、菅野美穂、高畑充希、尾野真千子の豪華三女優が集結。

共演は外川燎、柴崎楓雅、阿久津慶人ほか。

この記事では石橋留美子役の菅野美穂について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『明日の食卓』の作品情報


(C)2021「明日の食卓」製作委員会

【上映】
2021年(日本映画)

【原作】
椰月美智子

【監督】
瀬々敬久

【キャスト】
菅野美穂、高畑充希、尾野真千子、外川燎、柴崎楓雅、阿久津慶人、和田聰宏、大東駿介、山口紗弥加

【作品情報】

『楽園』『糸』の社会派エンタテインメントの旗手・瀬々敬久監督が、椰月美智子の同名小説を映画化。

“石橋ユウ”という同じ名前の息子を育てる3人の母親たちの物語です。

『ジーン・ワルツ』以来10年ぶりの映画主演となる菅野美穂、映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』やドラマ『とと姉ちゃん』などオファーの絶えない女優・高畑充希、映画『萌の朱雀』ドラマ『麒麟がくる』などで味わい深い演技をみせる尾野真千子の三人の実力派が、主演を務めます。

幸せな生活が思いもよらない方向へと向かっていくそれぞれの「石橋家」。その様を、演技派三人が鬼気迫る演技でリアルに紡ぎだし、第一級の作品へと昇華させています。

映画『明日の食卓』のあらすじ


(C)2021「明日の食卓」製作委員会

“石橋ユウ”という同じ名前の小学3年生の息子を育てる3人の母親たち。

神奈川在住・43歳フリーライターの石橋留美子。フリーカメラマンの夫・豊と、小学3年生の息子・悠宇と1年生の息子・巧巳と暮らしています。

大阪在住・30歳シングルマザーの石橋加奈。若くして息子・勇を授かりますが、離婚してアルバイトを掛け持ちしながら育てています。

静岡在住・36歳専業主婦の石橋あすみ。夫・太一は東京に通い勤務するサラリーマンで、10歳の息子・優がいます。夫の母が同じ敷地内の別宅で暮らしています。

それぞれが息子の「ユウ」を育てながら忙しく幸せな日々を送っていました。

しかし、些細なことがきっかけで徐々にその生活が崩れていきます。

無意識に子どもに向いてしまう苛立ちと怒り。住む場所も家庭環境も違う「3つの石橋家」の行き着く運命は…。

スポンサーリンク

映画『明日の食卓』石橋留美子役は菅野美穂

参考映像:『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』(2012)

映画『明日の食卓』で石橋留美子役を演じる菅野美穂は1977年8月22日生まれ。埼玉県出身。研音所属。夫は俳優の堺雅人。

中学3年生で、バラエティ番組内ユニット「桜っ子クラブさくら組」オーディションに合格し芸能界デビュー。

1993年ドラマ『ツインズ教師』で女優デビュー。

1995年NHK蓮像テレビ小説『走らんか!』の準主役を務めます。

1996年ドラマ『イグアナの娘』で主演を務め、演技力を高く評価されました。

1997年『君の手がささやいている』でドラマ賞を多数受賞し、人気女優としての地位を確立します。

1997年20歳誕生日にヘアヌード写真集「NUDITY」を発売し大きな話題に。

『落下する夕方』『Dolls』『化粧師KEWAISHI』などに出演し、数々の映画賞を受賞

2013年には映画『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』に出演。共演した俳優・堺雅人と結婚しました。

映画『奇跡のリンゴ』『パーマネント野ばら』やドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』『砂の塔~知りすぎた隣人』『ギルティ 悪魔と契約した女』などで主演。数々のドラマ賞を受賞するなど高く評価されています。

映画『明日の食卓』石橋留美子はどんな役?


(C)2021「明日の食卓」製作委員会

菅野美穂演じる石橋留美子は、神奈川在住のフリーライター。43歳。

夫・豊はフリーカメラマンで、小学3年生の悠宇と、1年生の巧巳の息子二人と3人暮らし。

育児について書いたブログが好評で仕事が増えてくる一方で、夫の仕事が激減してしまったことからお互いのストレスが溜まり始め…。

自身が育児中ということもあり、留美子役に運命を感じたと語る菅野。子供への愛情と母性の狂気を改めて見つめ直すような気持ちになったと語っています。

瀬々監督に芝居を受け止めてもらい、毎日抜け殻になるまで撮影したと熱いコメントを寄せています。

スポンサーリンク

菅野美穂の演技力の評価は

参考映像:『パーマネント野ばら』(2010)

高い演技力で幅広い役柄を硬軟演じ分ける人気実力派女優・菅野美穂。

バラエティやCMでは明るく親しみやすいキャラクターで愛されています。

しかし、演技になると一変、役に見事に染まるカメレオン女優として知られています。

1997年の『君の手がささやいている』では聴覚障害者が困難を乗り越える役を熱演。作品は1998年第15回ATP賞のグランプリを受賞し、菅野自身も1998年エランドール賞新人賞の第3回大賞を受賞。2001年末にかけて全5編の続編が毎年制作される人気作となりました。

1999年『落下する夕方』で第13回高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞。

毎年のように主演ドラマが放送され、30代では『働きマン』『キイナ~不可能犯罪捜査官~』など、現代の働く女性を象徴した役を好演。世の女性からの共感を得て、ザテレビジョンドラマアカデミー賞やドラマ・オブ・ザ・イヤーを多数受賞しています。

出産後は、ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』や『べっぴんさん』、映画『奇跡のリンゴ』など穏やかな母親役を数多く演じています。

出産以来女優としての仕事をセーブしてきましたが、2021年には、『砂の塔~知りすぎた隣人』以来5年ぶりとなる主演ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』、『ジーン・ワルツ』以来10年ぶりの主演映画『明日の食卓』への出演で本格的に復帰を果たします。

実力派女優・高畑充希と尾野真千子とのトリプル主演を務める本作『明日の食卓』で、どんな化学反応を起こすのか期待が高まります。

瀬々監督は菅野について、実際に子育て中の経験を生かしてチャーミングな母親を演じ、ラストは一線を越えた迫力をみせたと絶賛しています。

菅野美穂の公式SNSの紹介

残念ながら菅野美穂の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ

椰月美智子による同名小説を、『楽園』『糸』の瀬々敬久監督が映画化した問題作『明日の食卓』。

“石橋ユウ”という同じ名前の息子を育てる3人の母親たちの物語を、菅野美穂、高畑充希、尾野真千子という豪華実力派を主演に迎えて描きます。

実生活でも2人の子供を持つカメレオン女優・菅野美穂が、やんちゃな息子2人の育児と、夫との不仲に心を追い詰められていくフリーライター・留美子を熱演。鬼気迫る演技で魅了します。

注目の映画『明日の食卓』は、2021年5月28日よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『クシナ』キャスト廣田朋菜インタビュー動画。監督や共演者と過ごした舞台裏を語る

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開。 鹿宮(カグウ)役の廣田朋菜インタビュー動画 女だけが暮らす山奥の集落を舞台へ、人類学者の女性が現れた事で、村に暮らす母 …

新作映画ニュース

シルヴェスター・スタローン映画『大脱出2』あらすじとキャスト。2019年公開決定!

シルヴェスター・スタローン主演作!『大脱出2』は、2019年3月新宿バルト9ほか全国ロードショー。 あの脱獄のプロが帰ってきた!全世界待望のプリズン・ブレイク・アクション第2弾。 © 2018 GEO …

新作映画ニュース

フランス映画の名匠フィリップ・ガレル監督のオススメ代表作の公開決定!『救いの接吻』『ギターはもう聞こえない』

フランス映画の名匠フィリップ・ガレル監督のオススメ作品 日本初公開!至高の家族映画『救いの接吻』(1989) 16歳から70歳になっている現在でもなお精力的に映画を撮り続けている、ヌーヴェル・ヴァーグ …

新作映画ニュース

松本優作映画『Noise』初監督作品!2019年にテアトル新宿で待望の公開決定!

松本優作の初監督作品『Noise』の2019年テアトル新宿にて公開決定しました。 レインダンス映画祭で上映、日本映画年間ベストワン・アジア映画年間ベスト4、ニッポンコネクション上映など、チケット即完売 …

新作映画ニュース

アイ・ウェイウェイ映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』難民問題の真実を描く

世界的な現代美術家アイ・ウェイウェイ監督最新作の公開決定! 映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』は、2019年1月シアター・イメージフォーラム他全国ロードショー。 全世界に警鐘を鳴らす、衝撃の難民ドキ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学