Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/05/28
Update

映画『明日の食卓』ネタバレ感想と結末解説。あすみと怖い子役は文庫本とは違う最後を迎える

  • Writer :
  • 金澤響子

映画『明日の食卓』は、2021年5月28日(金)より全国ロードショー。

椰月美智子による小説『明日の食卓』が、瀬々敬久監督によって映画化されました。

「どこにでもいる」母親が起こしてしまった、「だれであってもおかしくない」虐待事件の物語から、切々と母親の胸の内をつむぎあげます。

「石橋ユウ」という名前の小学5年生の息子を育てる3人の母親を演じるのは、菅野美穂、高畑充希、尾野真千子。住む場所も、家庭環境も異なる3人が、あるひとつの出来事でつながりを持っていきます。

女性の生きづらさ、母親として課せられた責任、そこでもがき苦しむ彼女たちの姿を、一片の希望と共に描き出しました。

スポンサーリンク

映画『明日の食卓』の作品情報

(C)2021「明日の食卓」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
椰月美智子

【監督】
瀬々敬久

【キャスト】
菅野美穂、高畑充希、尾野真千子、外川燎、柴崎楓雅、阿久津慶人、和田聰宏、大東駿介、山口紗弥加

【作品概要】
楽園』『』の瀬々敬久監督が、椰月美智子の同名小説を映画化。

主演に菅野美穂、共演に高畑充希、尾野真千子を迎え、“石橋ユウ”という同じ名前の息子を育てる3人の母親たちの物語を描きます。

映画『明日の食卓』のあらすじとネタバレ

(C)2021「明日の食卓」製作委員会

とある母親が、息子の「ユウ」に怒りをぶつけています。母親が「ユウ」を壁に叩きつけると、「ユウ」は倒れ込み、動かなくなってしまいました。

あすみ

静岡在住の専業主婦の石橋あすみ(尾野真千子)は、小学五年生の息子の優、家族思いの夫・太一と、幸せな家庭を築いていました。優は聞き分けがよく、利発で、あすみにとって天使のような存在。

同じ敷地の別宅に義母も住んでいますが、お互い干渉しあわず、適切な距離で接しています。

あすみは、通っている書道教室で、菜々という女性と親しくなり、彼女とのランチやティータイムを楽しむようになりました。

あすみには気がかりなことがありました。それは、優のふたりのクラスメイトのこと。ひとりは、優と親しくしているというレオン。

もうひとりは、気に掛かる言動が多い光一。授業参観中も歩き回ったり、優の背中をつついたりしていました。

家庭訪問で担任に相談しても、クラス内で問題はないと言われます。

ある日、田舎からあすみの父が遊びにきます。大震災の被災地に暮らしている父は、除染作業の仕事をしていますが、足が悪く、生活も豊かではないようです。父は放射能のことを「悪いものが目に見えればいいのに」と言い、帰っていきました。

あすみの家に、レオンの母から電話があります。レオンが優にいじめられていると言うんです。

次の日、泣きながらやってないと訴える優のことを、あすみは信じます。放課後、レオンが家に遊びに来て、仲の良さそうなふたりの姿にあすみは一安心。レオンの母からも、レオンをいじめていたのは光一だったと電話がありました。

そんないきさつをカフェで奈々に話していたところ、見知らぬ女性から水をかけられ「あんたの息子は悪魔だ」と罵られます。レオンの母でした。

あすみは学校から呼び出しを受け、担任と優が待つ教室へ向かいます。

留美子

東京に住むフリーライターの留美子(菅野美穂)は、小学5年生の長男・悠宇と、次男の巧巳という、やんちゃ盛りのふたりの息子の子育てにてんてこ舞い。

夫の豊はカメラマンとして仕事が忙しく、家事や育児には協力せず、まるで3人目の息子のよう。

留美子は育児のドタバタをブログに書き留めています。そこには「静岡に住むユウくんママ」からのコメントがあり、同い年の男児を育てているのに、穏やかに暮らしている様子が書かれていました。

ブログの人気もあり、少しずつライターの仕事も増えてきた留美子とは対照的に、豊は雑誌の仕事を失い、昼間から家で酒を飲み、怠惰に過ごすように。

豊に家事や子どものことを頼んでも、留美子が思うようには動いてくれず、お互いにストレスが溜まっていきます。

加奈

大阪に住むシングルマザーの加奈(高畑充希)。若き日に夫と別れた彼女は、朝と夜はコンビニ、昼はクリーニング工場で働いています。

コツコツと返済してきた借金もまもなく完済。加奈は、息子の勇のため、がむしゃらに働き、勇の前ではいつも笑顔で元気に過ごしていました。

ですが、勇は、母が本当は無理をしていることを知っており、素直に甘えられなくなってしまっていたんです。

ある日、勇の担任の先生から呼び出しを受ける加奈。クラスメイトの西山の給食費が無くなって、それが勇の机から出てきたんだそう。

担任の先生は勇を疑っているわけではなく、西山の自作自演だと言います。

西山の母もシングルマザーで、デリヘルで働いていました。加奈は勤務先のコンビニで、若い男と買い物をする西山の母を見かけたことがありました。

西山からの嫌がらせはいままでも何度もあったものの、勇は加奈を気遣うあまり、相談できずに抱え込んでいたんです。担任は、忙しいのはわかるが勇にもう少し寄り添うように伝えます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『明日の食卓』ネタバレ・結末の記載がございます。『明日の食卓』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2021「明日の食卓」製作委員会

あすみ

レオンへのいじめは、全て優が仕組んだことでした。なんでも指示に従う光一を使って、レオンがしゃべったら殴ったり蹴ったりさせていたそう。

あすみは優を諭しますが、優は愉快そうに笑い出しました。優は他人を操る実験をしていたと言います。

夫の太一に相談しても真面目に取り合ってはくれません。そんなふたりのことも優は嘲笑います。

あすみの理想のいい子でいれば、あすみのことも操れた。パパもママを操っている。ママも僕を操ろうとしている。

カッとした太一が詰め寄ると、優は「これは虐待だから、きちんと記録を取っておく」と言い残し、自室に戻ります。

太一から、お前の育て方が悪いと責められるあすみ。

奈々に相談すると、それはすべて試練だと言われます。そして、もうすぐ救世主が現れるから、一緒に「先生」のお言葉を聞きに行こうと誘われました。

奈々は宗教の勧誘目的で自分に近づいてきたと気づいたあすみは、怒って家に帰ります。ですが、手元には奈々から渡された宗教のリーフレットが。彼女はそれをじっと眺めます。

その時、義母のうめき声と優の罵声が聞こえてきました。

認知症になっていた義母は、庭で用を足すことが多くなっていました。あすみも太一もそんな彼女の様子には気づいていませんでしたが、優だけは知っており、以来彼女を嫌っていました。

失禁した義母のことを、優は「汚い」と罵り、足蹴にします。あすみは、いくら言ってもやめない優の首をつかみ、力一杯締め上げていきます。

留美子

豊はますます身勝手になっていました。子どもが言うことを聞かないと、怒鳴ったり、ものを投げたりと、暴力行為がエスカレート。

留美子が目をはなした隙に、家の中にビニールプールを出し、遊び始める豊と息子たち。

留美子が咎めると、豊は息子の悠宇に暴力を振るいます。留美子にも手をあげた豊を、悠宇が止めようとしますが、突き飛ばされてしまいました。

それを見た留美子は豊に、家から出ていくよう言い放ち、自分の仕事部屋へ入ります。ですが、仕事部屋は息子たちに荒らされており、それを見た留美子は激昂、悠宇に馬乗りになって、彼の頭を床に打ちつけました。

加奈

(C)2021「明日の食卓」製作委員会

不景気の影響による人員削減で、クリーニング工場を退職させられた加奈。

さらに、加奈の弟が、留守番中の勇から通帳と印鑑の場所を聞き出し、盗んで逃げてしまいます。

強い口調で問い詰める加奈に「僕のことなんか嫌いなんだろ」と言い放つ勇。それを聞いた加奈の中で何かが切れて、勇に馬乗りになります。

翌日、母がやってきました。弟は母の通帳も盗ろうとしたそう。通帳の場所を明かさない母に暴力を振るって、家を出て行ったと言います。

母は、生前贈与だと言いながら、自分の通帳を加奈に渡しました。そして、ひとりでも立派に勇を育てている加奈のことを労います。

学校へ向かうために家を出た勇を追いかけ、加奈は勇をきつく抱きしめます。

耀子

石橋耀子(大島優子)という名の女性がいました。彼女には、小学5年生の「ユウ」という名の息子がいました。

ですが、ある日「ユウ」に耀子は激怒し、彼の頭を強く打ちつけました。「ユウ」はそのまま亡くなってしまいます。

耀子は、獄中から留美子に手紙を書いていました。

留美子のコラムやブログのファンだという耀子からの手紙には、自分が殺してしまった「ユウ」への愛と後悔が綴られていました。

留美子は彼女に面会にいきます。そこには、どこにでもいる、自分だったもしれない、ひとりの母親がいました。

その後

(C)2021「明日の食卓」製作委員会

あすみは、お腹に新たな命を宿していました。奈々の車で「先生」の話を聞きにいく途中で、下校している優の姿を見かけます。

慌てて車から降り、優を追いかけるあすみ。転んで怪我をしながらも追いかけるあすみに、優は手を差し伸べます。

あすみは聞きます「実験してみてどうだった?」と。優は泣き出し、あすみは彼を抱きしめます。

加奈は、勇とふたりで海に来ていました。

留美子は、豊と離婚しました。親権者は留美子ですが、息子と豊は月に一度会う約束をし、いつでも連絡が取れるようになっています。

今日は豊が息子たちと会う日。留美子は家で、耀子とその息子「ユウ」のことに想いを馳せます。

そこへ、悠宇から電話がかかってきます。悠宇は無邪気に告げました。「飛行機雲だ!」

あすみと優、加奈と勇、そして留美子は、それぞれ空を見上げます……。

スポンサーリンク

映画『明日の食卓』の感想と評価


(C)2021「明日の食卓」製作委員会

世間のイメージである「良い母親像」や、自分の中の理想と現実のギャップで苦しんでいる方はとても多いんではないでしょうか。

「母親」である前にひとりの人間なのに、その個性すら潰されてしまう女性たち。パートナーであるべき夫にも、まるで母親か家政婦のように扱われてしまう女性たち。

そんな環境に潰されてしまったのが、本作に登場するあすみです。東北地方出身の彼女は、夫の実家、しかもそれなりに名のある家の隣に越してきて、誰も頼れる相手がいません。

しかも実家は貧しいようで、夫からの援助を受けているよう。そんな環境から、あすみは夫の顔色を常に伺って、彼の都合がいい言動しかできなくなっています。

さらに寄ってくる友人の奈々も、ちょっぴり言動がおかしい。初めて訪れたあすみの家のものに勝手に手を触れたり、自分の食べかけのクッキーをあすみに食べさせてりと、じわじわとあすみの領域を侵食していきます。

追い討ちをかけるように、優の本性が発覚。理想の夫も、理想の義母との距離感も、理想の友人も、理想の息子も、全て幻想だったと知った彼女は、やっと逃げずに現実の息子と向き合います。

原作では、現実から目を背けたまま、宗教に心酔していったあすみですが、映画ではあすみの成長が描かれたことで、希望の光が差し込むラストとなりました。

エネルギッシュなイメージの強い尾野真千子が、抑圧された演技であすみ役と向き合います。現実から目を背けるために少しづつ正気を失っていくものの、最後には現実に戻ってくる過程を鮮やかに演じました。

あすみと対をなすのが加奈。たったひとりで世間と戦ってきた加奈を、高畑充希が情感豊かに体現します。

互いに愛し、思い合うからこそ、自分のことを後回しにしてしまう加奈と勇の似たもの親子の姿は、健気で胸を打ちます。

ずっとおしゃれに無頓着だった加奈が、ラストシーンでまとった黄色いワンピース姿はとても眩しく、やっと自分のために服を新調できたというさりげない描写にもグッときました。

亡くなってしまった「ユウ」の母を演じたのは大島優子。大島優子はチャームポイントである笑顔を一切封印し、帰らぬ息子への愛情と後悔を滲ませます。

そして、4つの「石橋家」を繋ぐのが留美子。彼女の子育て鬼母ブログに、あすみも、加奈も、耀子も励まされてきました。

一見、幸せな家庭を持って、仕事も順調な留美子ですが、家庭内はボロボロ。夫との関係も思わしくなく、息子の悠宇が何かを訴えかけても、話を聞く余裕すらありません。

そんな留美子を、自身も育児中である菅野美穂が切実に演じます。菅野美穂の持つ柔らかな雰囲気が、留美子の激しさを中和させ、本作に軽やかなリズム感を与えていました。

まとめ


(C)2021「明日の食卓」製作委員会

自宅で過ごす時間が増えたことにより、家庭内の暴力が増えているといいます。本作は、虐待だけでなく、ワンオペ育児の限界、シングルマザーの困窮など、目を背けてはならない社会問題を真正面から切り取り、観客の心に問いかけます。

これはあなたにも起こりうることではないですか?と。

女優陣のリアリティ溢れる息遣いを感じて欲しい一作です。

映画『明日の食卓』は、2021年5月28日(金)より全国ロードショー












関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画トモシビ(銚子電鉄映画)アンコール上映舞台挨拶と公開劇場は?

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』のアンコール上映が、7月1日(土)より東京・新宿武蔵野館で出発進行! また、7月1日(土)10:00の回上映後は、アンコール上映開始を記念して、個性派俳優で知 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アウシュヴィッツ・レポート』感想評価とレビュー解説。収容所を脱走した二人の報告書がホロコーストの真実を伝えた

映画『アウシュヴィッツ・レポート』は2021年7月30日(金)より、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開予定   2人のアウシュヴィッツ脱走者が、収容所で行われている残虐行為の様子を暴いた実録映画『アウシ …

ヒューマンドラマ映画

『パパはわるものチャンピオン』ネタバレ感想。プロレスラー棚橋弘至ファン目線で解説

怪我のため、トップから転落し悪役に転身したレスラーと、その家族の物語を描いた映画『パパはわるものチャンピオン』。 家族をテーマにした作品ですが、1人のレスラーの生き様を描いた映画として、非常に見応えの …

ヒューマンドラマ映画

フィリップ・ガレル映画『救いの接吻』ネタバレ感想。描写と演技から紐解く“神童の魅力”

映画『救いの接吻』は、2019年4月27日(土)より東京写真美術館ホールほか全国順次公開。 ヌーヴェルヴァーグ以降、フランス映画界の希望であり続けている名匠フィリップ・ガレル。 彼が1989年に制作し …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『アメリカで最も嫌われた女性』ネタバレ感想と考察評価。実在の無神論者の女性が巻き起こした大論争が悲劇になった理由

「嫌われる」とは世間から気にかけられなくなり「無視」されること。『無神論』女性の変革と結末の間にあるギャップの意味に迫る 映画『アメリカで最も嫌われた女性』は、アメリカの「無神論者」マデリン・マリー・ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学