Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/12/14
Update

映画『それだけが、僕の世界』あらすじと感想レビュー。パク・ジョンミンら俳優陣の演技力は必見!

  • Writer :
  • 田中比奈

イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』が、12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー

伝説的スターであるイ・ビョンホン、超大型の若手俳優パク・ジョンミン、ベテラン女優ユン・ヨジュンが家族となり、観る者の胸を熱くさせるドラマを紡ぎます。

ユーモアと包容が織りなす家族ドラマ『それだけが、僕の世界』をご紹介します。

映画『それだけが、僕の世界』の作品情報


(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
Keys to the Heart

【監督】
チェ・ソンヒョン

【キャスト】
イ・ビョンホン、パク・ジョンミン、ユン・ヨジョン、ハン・ジミン

【作品概要】
孤独に生きてきた兄と、母の愛情を一心に受けてきた弟。

全く異なる人生を歩んできた兄弟と、彼らを見守る母が音楽を通してつながっていくヒューマンドラマ映画です。

イ・ビョンホンがアクション俳優としての顔を封印し、しがない不器用なボクサーを熱演します。

同じく主演には、音楽や作詞などマルチな才能を持ち、韓国の新人俳優賞を総なめしたパク・ジョンミン。

『王の涙 イ・サンの決断』の脚本家チェ・ソンヒョンが、脚本と初監督を務めました。

ヒューマンドラマの傑作『国際市場で逢いましょう』の監督ユン・ジェギュンが製作を担当。

映画『それだけが、僕の世界』のあらすじ


(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
かつては東洋チャンピオンだったボクサー・ジョハ(イ・ビョンホン)は、落ちぶれた今もボクシングを諦めきれず、ビラ配りをして生計を立てる毎日。

所属ジムでトラブルを起こし住む場所もなくなった時、彼は偶然母・インスク(ユン・ヨジュン)と出会います。

インスクはとある事情から夫と幼いジョハを置いて家を出ており、まともに会話するのは数十年ぶりでした。

ジョハは母に再会すると同時に、自分に弟がいることを知ります。

弟の名前はジンテ(パク・ジョンミン)。自閉症のため母と同居する彼は、ピアノに優れた能力を発揮するサヴァン症候群を持っていました。

行くところのないジョハはインスクに招かれ、3人での奇妙な同居生活を始めることとなります。


(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

優しい母に見守られ、屈託のない純真さでジョハとの距離を縮めていくジンテ。

家族に反発しながらも、ジンテのピアノの才能にふれ、徐々に心を開くジョハ。

かつては捨てたジョハに、無償の愛を注ごうとするインスク。

ぎこちなくも一緒に歩む3人に、ある日、謎の女性ガユル(ハン・ジミン)が現れ、物語は思わぬ方向に動き出します…。

映画『それだけが、僕の世界』の感想と評価


(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

韓国映画『それだけが、僕の世界』の見どころは、『王の涙 イ・サンの決断』の脚本を務めたチェ・ソンヒョン監督が、自ら脚本を書き上げた感動のヒューマンドラマを演じる俳優陣の確かな演技力の高さです。

主演を務めた実力派俳優イ・ビョンホンが演じた元ボクサーのキム・ジョハはじめ。

ジョハの自閉症である弟オ・ジンテ役を務めたパク・ジョンミン。

そして彼らの愛情を見せる母親役のユン・ヨジョン。

彼ら三人の掛け合いが、おかしみと愛しさに溢れる家族を作り上げました。

イ・ビョンホンが表現するジョハ役の多面性


(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
ジョハは一人で生きてきたというプライドを持ちながら、心の中に傷ついた子供を抱える複雑な人物です。

本作はジョハがビラ配りをするシーンから始まります。

ジョハは作中で40歳と言及されますが、「こんなに軽快にチラシを配る40歳がいるのか」と観ていて驚くほどに熟練した動きを見せます。

もはや慣れきった仕事であり、日銭を稼ぐためと割り切りつつ、通行人が思わず受け取ってしまうよう動線に配慮しながら動きを工夫している・・・そんなジョハの心理がわずか1分の映像から全て見えてきます。

パク・ジョンミンはインタビューで「身振り、視線、声の揺らぎなどでニュアンスが変わる」とイ・ビョンホンへの尊敬の意を述べています。

母に向ける愛憎を視線で表現したり、隠しきれない優しさやひょうきんさが不意ににじみ出たりと、まさに細かなディティールでジョハの全てを語ってみせる、息を呑むほどの演技力です。

かつて『海洋天堂』で自閉症の子を持つ父親を演じたジェット・リーは、アクションスターの人生を全力で駆け抜けたゆえの優しい眼差しが印象的でした。

イ・ビョンホンの眼差しからも、やはり同じように深い情緒が感じられます。

パク・ジョンミンが達した表現者の極致


(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

ジンテは自閉症でありながら、自意識をしっかり持ったしたたかな青年。時には兄をはじめ、周囲の人間を出し抜いて驚かせます。

物語の盛り上がりには必ず彼のピアノが登場します。

登場人物の感情の高まりに、彼の内的世界が重なり、広がり、新しい出会いを迎えていく演出が見事です。

何事にも伸び伸びと、曇りのない目で向かい合うジンテの愛らしさが、クラシック音楽に瑞々しい息吹を吹き込みます。

撮影の三ヶ月以上前からピアノの鍛練を重ね、作中全ての演奏シーンを吹き替え無しで演じきったパク・ジョンミン。

テクニックだけではない、音楽の真髄にふれた者の喜びに溢れた笑顔と表現力は必見です。

作中「彼のピアノの才能はサヴァンの表出に過ぎない」と評される場面がありますが、やはり彼はピアノを愛している、と確信させる彼の表情は観客に深い感動を呼びます。

ユン・ヨジョンが伝える母の強さ


(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

ジョハへの罪悪感を抱えながら、二人の息子と暮らすのが嬉しくて仕方ないインスク。

彼女は正反対の生き方をしてきた兄弟をつなぎ、これからの道を示していく愛情深い母親として描かれます。

インスクの細くて小さな佇まいは、それまでの辛い過去や生活の過酷さを感じさせます。

ユン・ヨジョン自身も離婚を経験し、世間の目に耐えながら我が子のために女優業を続けた過去を持っています。

恐らくインスクの生き方に、ユン・ヨジョンが自らを重ねた部分もあったかもしれません。

愛情に満ちた母親だからこそ味わわなければいけなかった苦しみ。引き替えに得た、息子達との交流。

その交流は楽しいことばかりではなく、またインスクも過去の苦しみを全て乗り越えたわけではありません。

乗り越えられないけれど、立ち止まってはいられない母としての力、息子にすべてを渡そうとする姿が、観る者に優しくも重い爪痕を残します。

まとめ


(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
3人の名優を見事にまとめ上げた監督チェ・ソンヒョンは、なんと本作が初監督作品です。

人生の哀しみと喜び、人と人が出会う奇跡をユーモアたっぷりに描いた本作は、重厚なドラマでありながら、全編を通して温かさを感じられる傑作。

韓国映画2018年の一年の総決算としてふさわしい映画ではないでしょうか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

朝倉あき映画『四月の永い夢』あらすじとキャスト。上映館公開情報も

朝倉あき主演の映画『四月の永い夢』は、5月12日より新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。最年少 第39回モスクワ国際映画祭にてダブル受賞を果たした本作の演出を務めたのは、東京国際映画祭2年連続入選 …

ヒューマンドラマ映画

映画『パパはわるものチャンピオン』あらすじとネタバレと感想。ラスト結末も

プロレスラーの棚橋弘至が、まさかのレスラー役で映画初主演し、人気子役の寺田心が息子を、妻はベテラン女優の木村佳乃が熱演! さらに、オカダ・カズチカや田口隆祐ほか、有名レスラーたちが小さな役から大きな役 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】ソウルに帰る|あらすじ結末感想と評価考察。パク・ジミンが主人公“フレディの複雑な内面”を見事に演じる

ひょんなことから始まる自分のルーツを探す旅 映画『ソウルに帰る』では、自分の原点である韓国で自分の居場所を探し始めるフレディの25歳から33歳までを映し出します。 韓国で生まれ、養子としてフランスで育 …

ヒューマンドラマ映画

『静かな雨』小説あらすじネタバレ。映画化で結末のキャスト仲野太賀と衛藤美彩が選ぶものは

人間ってなんでできてると思う? 人が記憶でできてるだなんて断固として否定する。 宮下奈都の小説『静かな雨』が、仲野太賀と、元乃木坂46で初の映画出演となる衛藤美彩の共演で映画化です。2020年新春に公 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ボストン ストロング』感想と考察。ボーマンはコストコのチキンをなぜ焦がすか

実話映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。 2013年に実際の出来事として起きたボストンマラソン爆弾テロ事件 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学