Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『旅立ちの時』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。リヴァー・フェニックスおすすめの演技力を見せる「指名手配中の一家」に生まれた“少年”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

リヴァー・フェニックスの魅力あふれる名作青春映画

スタンド・バイ・ミー』(1986)のリヴァー・フェニックス主演のヒューマン・ドラマ『旅立ちの時』

テロリストとして指名手配されている両親を持つ少年が、苦悩の末に自由を手に入れ、親から離れて自立するまでの姿を描きます。

演出を担当するのは、映画『十二人の怒れる男』『オリエント急行殺人事件』『狼たちの午後』など名作揃いの名匠シドニー・ルメット監督。

人目を避けながら孤独な逃亡生活を送る家族の胸熱くなる団結と愛、そして苦悩が鮮やかに描かれます。今なお、絶大な人気を誇るリヴァー・フェニックスの輝きがスクリーンからあふれ出る名作をご紹介します。

映画『旅立ちの時』の作品情報


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

【公開】
1988年(アメリカ映画)

【脚本】
ナオミ・フォーナー

【監督】
シドニー・ルメット

【編集】
アンドリュー・モンドシェイン

【出演】
リヴァー・フェニックス、クリスティーン・ラーチ、マーサ・プリンプトン、ジャド・ハーシュ、ジョナス・アブリー

【作品概要】
スタンド・バイ・ミー』(1986)のリヴァー・フェニックス主演のヒューマン・ドラマ。

両親がテロリストとして指名手配されている家族の愛と成長を描く作品です。

監督を『キングの報酬』(1987)のシドニー・ルメットが務めています。

共演はクリスティーン・ラーチ、マーサ・プリンプトン。

映画『旅立ちの時』のあらすじとネタバレ


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

17歳のダニー・ポープは両親と弟と4人で暮らしています。反戦運動家の両親のアニーとアーサーは1971年に軍事研究所を爆破し、それ以来、FBIに追われながら一家で身を隠して生きてきました。

みつからないように半年ごとに名前も住む場所も変え、髪を染め直す生活への不満をダニーは母にもらします。

アーサーは仲間から母親がガンで1か月前に死んだことを知らされ、深く落ち込みます。アニーに母の思い出を話し、これからはこの家族でやっていこうと気持ちを新たにしました。

マイケルという名で新しい学校に通うようになったダニーは、音楽の授業でピアノの才能を教師のフィリップスに認められます。

フィリップスに自宅に招かれたダニーでしたが、ベルを鳴らしても誰も出てこなかったため無人の部屋でピアノを弾き始めました。ピアノを聴いて部屋から出てきた娘のローナと会話を交わします。

その後、フィリップス家でのコンサートに招かれたダニーは、行くことに反対する父と口論になります。

ダニーはこっそりと聴きに行き、弦楽室内楽に感銘を受けました。フィリップスはダニーに演奏させようとしますが、ダニーは断ります。彼の思いを理解したローナは自分の部屋に招き、窓から逃がしてやりました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『旅立ちの時』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『旅立ちの時』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

12年ぶりに訪ねて来た夫婦の友人のガスに銀行強盗をするように誘われたアーサーは逆上します。アニーも自分に迫ろうとしたガスを批判して追い出しました。

陰で話を聞いていたダニーは、傷ついた母を抱きしめます。

アーサーはその後泥酔して帰宅し、自分の本名を大声で何度も叫びます。心配そうにみつめるダニーをアーサーは抱きしめました。

ふたりで出かけるローナとダニー。彼女はニューヨークで作家になりたいという夢を語りますが、ダニーは自分のことを何も話せません。

海岸で母の誕生日プレゼントを探すダニー。美しい貝をみつけて渡そうとするローナに、ダニーは自分で母に渡してほしいと話します。

誕生パーティーに招かれたローナ。ダニーは母に曲をプレゼントし、ローナは貝殻をネックレスにして贈りました。アーサーもアニーもローナを気に入り、みんなで踊って楽しく過ごします。

帰り道、ダニーはおずおずとローナに口づけしました。ローナはさらに彼を求めようとしますが、ダニーは受け入れることができず彼女を怒らせてしまいます。

ローナは学校でも彼を避けるようになりました。一方、父のフィリップスはダニーをジュリアード音楽院に推薦すると話します。

その夜、ダニーはローナの部屋に窓から忍び込んで外へ連れ出し、自分の本名を話し、両親が爆破犯であることを告白します。そして彼女を抱けなかったのもそういう理由だと話し謝りました。

ダニーの孤独を理解したローナは、ダニーの愛を受け入れます。

ダニーが帰宅すると父が起きて待っていました。ローナとの仲を許すと言った父にの頬にダニーはキスして部屋に戻りました。

ジュリアードの入学オーディションを受けたダニーはその才能を高く認められます。

過去の成績表がないダニーを心配したフィリップスは、アニーと面会します。ジュリアード進学のために昔の記録が必要だと言われたアニーは狼狽を隠し、必ず取り寄せると返事した後ひとり苦悩します。

アニーはアーサーにダニーのジュリアード進学について話しますが、彼は息子に二度と会えなくなることを思い反対しました。

アニーは子どもたちにひどい仕打ちをしていることを嘆き、自首を薦めます。彼女は息子を自由にさせるために、自ら監獄に入る覚悟でした。

仲間の歯医者・ジョナに診てもらった帰り、アニーは父に会いに行きました。14年もの間、生死もわからないまま子供に会えなかった苦しみを父は怒りも露わに語ります。

アニーは父に、ダニーを預かりジュリアードに進学させてほしいと頼みます。そして、次男のハリーが成長したら自首するつもりであることを話しました。

ダニーを預かると言ってくれた父に、アニーは謝り愛してると告げて席を立ちます。

その話を聞いたアーサーは取り乱し、ダニーとハリーにすぐに引っ越すことを告げます。

ダニーに事情を聞かされたローナは彼を失うことを悲しみ、両親の犠牲になり続けるつもりかとダニーに問いました。

その後、銀行強盗が未遂に終わったガスが逮捕されたというニュースが新聞に載りました。アーサーは慌てるとバレるので、今まで通りの生活を送るように家族に言います。

ここに残りたいと言うダニーを、父は団結は乱せないと強く叱りつけました。

ガスがアニーの勤め先の病院の患者のクレジットカードを盗んだことがわかり、一気に事態は緊迫。すぐに一家はこの地を去らねばならなくなります。

ローナに突然の別れを告げるダニー。ふたりは涙を流しながら引き裂かれます。

その後、逮捕されるのに抵抗したガスが射殺されたニュースがラジオで流れました。

最後に家族のもとに戻ってきたダニーに、父はここに残ってジュリアードに進学してこれからは自分の人生を生きろと言います。

「愛してる」と言いながら涙を流して家族は去っていきます。

ダニーはひとり、愛する家族の乗った車をずっと見送っていました。

映画『旅立ちの時』の感想と評価


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

一家を愛の呪縛から解き放ったローナ

1999年にわずか23歳で早逝したリヴァー・フェニックス。いまなお絶大な人気を誇る彼の永遠の輝きを観ることのできる名作です。

指名手配中の両親のもとで育った天才児が、恋にめぐり逢い大人になっていく姿を鮮やかに映し出します。

逃避行を続けるポープ一家に生まれた17歳のダニーと10歳のハリーの兄弟。育ち盛りの彼らにとって、半年ごとに住まいも名前も変える生活は切ないものでした。

常に自分を隠し、友達に本当のことを言えず、仲良くなってもすぐに別れ別れになってしまう残酷な生活。新たな名前、違う色になった髪では、自分のアイデンティティを保つことも難しかったに違いありません。

しかし、生まれた時からのその生活しか知らない彼らは、すべてを受け入れて生きてきました。

成長したダニーはローナに恋したことをきっかけに、大切な人に嘘をついたり、自分のことを何も話せないことに苦悩するようになります。

独学で学んだピアノの才能を見出され、ジュリアード進学という大きなチャンスも巡ってきますが、日の当たる場所に息子を送り出してしまえば二度と会えなくなることを恐れる父から猛反対されてしまいました。

ダニーはずっと人生を奪われてきました。自らの思いも、才能も、すべて封じ込められてきたのです。決してつかむことを許されない未来を前に、どれだけの歯がゆさ、苦しみ悲しみがあったことでしょう。

次の土地に移る際、いつでもキーボードだけは大事に抱えているダニーの切ない姿に胸が締め付けられます。

アーサーとアニーもまた、現在の生活に疲れきっていました。特に母のアニーは、子どもたちにひどいことをしているという自責の念に苛まれます。

苦境の中だからこそ、家族は揺るがない団結と愛で結ばれていました。愛に満ち溢れた家族だからこそ、息子たちも厳しい現状を受け入れてきたのです。

母が傷ついた時にはやさしく抱きしめ、自分を受け入れてくれる父にはそっとキスする優しいダニー。宝である息子を手放したくないが故、両親はこの逃避行を続けざるを得ませんでした。

カチカチに愛で凝り固まってしまっていた家族に風穴を開けたのはダニーの恋人・ローナの存在でした。信頼できる第三者である彼女が現れたことで、ダニーは明るい世界へ踏み出すことができたのです。加えて、ジュリアード入学という明るい未来が一家を鎖から解き放ちました。

もしローナに出会えていなかったら、おそらく彼らは光に背を向け、ダニーは進学することなくまた別の土地に去っていたことでしょう。

人と人との出会いの素晴らしさ、そして勇気を持って自身を正すことの大切さを教えられます

まとめ


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

反戦運動に身を投げた両親とともに逃避行を繰り返してきた少年が、光当たる世界へ踏み出していく感動作『旅立ちの時』。早逝した永遠のスター、リヴァー・フェニックスの主演作としていまなお愛される名作です。

堅い愛で結ばれた一家が、愛ゆえに苦悩し、愛ゆえの答えを出すさまに心揺さぶられます。

誰かを本当に愛するということは、決して束縛することなく、自由に生きられるように解き放つことなのでしょう。

それは劇中のドラマチックな境遇の家族に限らず、どんな家庭にも同じことが言えるのかもしれません。巣立ち、旅立ち、家族からの自立は、互いの信頼の上にこそ成り立つものにちがいないからです。

ダニーはまた別の苦悩に向き合うようになることでしょう。しかし、きっと彼はそれらを幸せなことと理解し、喜んで受け入れたに違いありません。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『アイリッシュマン』あらすじネタバレ感想と結末ラストの考察解説。マーティンスコセッシ監督とデ・ニーロらキャストで描く極上の演技合戦

暴力と裏切りの支配するアメリカ裏社会 男たちの生き様を描く映画『アイリッシュマン』! 『グッドフェローズ』(1990)『カジノ』(1995)などのマフィア映画の金字塔を製作してきたマーティン・スコセッ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ホテルローヤル』あらすじと感想解説。キャスト波瑠の可愛らしさが原作者の桜木紫乃の世界観を活かす

映画『ホテルローヤル』は11月13日全国順次ロードショー 映画『ホテルローヤル』は、発行部数90万冊の桜木紫乃の直木賞受賞小説『ホテルローヤル』を映画化したヒューマンドラマです。 監督を務めたのは、安 …

ヒューマンドラマ映画

映画『凪待ち』感想。被災地「石巻」を撮影ロケ地にした理由を母・亜弓が望んだ「新たな家族つくり」から読み解く

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! 『彼女がその名を知らない鳥たち』や『虎狼の血』で知られる白石和彌監督と、俳優にしてアーティストの香取慎吾が …

ヒューマンドラマ映画

映画『幸福なラザロ』あらすじネタバレと感想。ロルヴァケル監督が描く現代の“聖人像”

アリーチェ・ロルヴァケル監督の『幸福なラザロ』は 2019年4月19日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開 前作『夏をゆく人々』(2015)ではトスカーナ地方で養蜂場を営む一家のひと …

ヒューマンドラマ映画

映画『浅田家!』ネタバレあらすじと感想評価。実話を基に二宮和也が中野量太作品に挑む

写真は思い出を残すだけでなく 時には、今を生きる力になる。 家族を巻き込みコスプレ写真集を出版した写真家・浅田政志の実話をもとに、中野量太監督が実写映画化。 主人公・政志を二宮和也が演じるほか、物語の …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学