Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2023/05/15
Update

『ヴィレッジ』ネタバレ結末あらすじと感想評価。村社会(霞門村)の場合!同調圧力+格差社会+貧困=“その真実”

  • Writer :
  • もりのちこ

悲しみや怒り、懐古の情や恋慕の想い。
心を鎮める面をつける。

新聞記者』(2019)の藤井道人監督が、自ら脚本を手掛け、横浜流星を主演に映画化した社会派サスペンス『ヴィレッジ』。

周りを山々に囲まれた霧深い村「霞門村(かもんむら)」。緑豊かで空気は澄み、伝統芸能である“薪能”が継承される神秘的で美しい村です。

しかし、山の上にゴミの最終処分場が建設されたことを機に、黒い煙と闇が村を覆います。ゴミ処理場で働く片山優もまた、人生の闇の中でもがいていました。

そんな優の日常は、幼なじみの美咲が東京から戻ったことで一変します。ゴミみたいな人生に光が射した時、閉鎖された村で起こる異変とは。

現代日本の縮図のような「霞門村」を舞台に、善と悪が交差するヒューマンサスペンス『ヴィレッジ』を紹介します。

映画『ヴィレッジ』の作品情報


(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会

【日本公開】
2023年公開(日本映画)

【監督・脚本】
藤井道人

【キャスト】
横浜流星、黒木華、一ノ瀬ワタル、奥平大兼、作間龍斗、淵上泰史、戸田昌宏、矢島健一、杉本哲太、西田尚美、木野花、中村獅童、古田新太

【作品概要】
横浜流星と『宇宙でいちばんあかるい屋根』(2020)などの藤井道人監督が6度目のタッグで挑むヒューマンサスペンス『ヴィレッジ』。『新聞記者』(2019)、『空白』(2021)などを手掛けたプロデューサー・河村光庸の遺作となりました。

閉鎖された村で孤独に生きる主人公・片山優を演じるのは、爽やかな好青年の印象が強い俳優・横浜流星。これまでのイメージを覆す、まさに新境地とも言える演技に注目です。

優の人生に大きな影響を与える幼なじみ・美咲を演じるは、黒木華。村長・大橋修作役に古田新太。修作の弟で、村の伝統“薪能”を伝承する刑事・大橋光吉役に中村獅童。

その他に、優の母親役に西田尚美、村の闇を握るヤクザ役に杉本哲太など演技派俳優が脇を固めます。

映画『ヴィレッジ』のあらすじとネタバレ


(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会
周りを山々に囲まれた霧深い村“霞門村”。この村には神秘的な伝統芸能“薪能”が受け継がれていました。

祭りの夜。かがり火が揺れるなか、能舞台を夢中で見ている少年がいます。この村に住む片山優です。演目はいよいよクライマックスへ。囃子に合わせ舞いは激しさを増していきます。

その頃、村のとある一軒家で火事が発生していました。家の中で男が灯油をまき焼身自殺を図ったのです。

あれから10年。霞門村では“薪能”の伝承も廃れ、山の上には巨大なゴミ処理場が建設されていました。もくもくと吹き出す不気味な黒い煙。

ゴミ処理場の建設が決まった当初は、村人から反対の声もありましたが、村長・大橋修作の計らいで建設は進み、今ではこの村の重要な資源となっています。

成長した片山優も、このゴミ処理場で働いていました。母親が抱えた借金を返済するため身を粉にして働く優。キラキラと輝く目で“薪能”を見ていた少年の面影は、もうどこにもありませんでした。

夜中にかかってくる電話。相手はこの村を裏で仕切るヤクザの丸岡です。呼び出された優は、夜中のゴミ処理場へと向かいます。そこでは、不法投棄が行われていました。

穴を掘り仕分けできない大量の異物を埋めていきます。地面に開いた穴からは、まるで死体でも埋まっているかのような、人の息遣いが聞こえてきそうです。

村長の息子・透は、丸岡と組んで金儲けをしていました。優を目の敵にしている透は、穴掘りに加担する優の姿を楽しそうにスマホで撮影しています。「おい、犯罪者の息子」。

優は、ただひたすら耐えるしかありませんでした。10年前、家に火を放ち自殺した父親。閉鎖的なこの村で村八分にあいながら、優は生きる気力も失っていました。

そんなある日。優の幼なじみである中井美咲が、東京から霞門村に戻ってきます。美咲は幼い頃、優と一緒に大橋家の次男・光吉に“薪能”を習っていました。

優の変わり様に戸惑う美咲でしたが、久々に光吉の能の稽古へと優を誘います。そして、ひとつの能面を渡します。「その面は、心を鎮める力があるの。爆発しそうになったらつけて」。

美咲は東京の就職先に馴染めず、精神を病み故郷に帰ってきました。優の気持ちがわかる美咲は、この村を出ることも出来ず、自分を追い詰める優を優しく包み込みます。

美咲と心を交わした優は、初めて生きていたいと思うようになります。そんな優に、人生の分岐点が訪れます。美咲の勧めで、ゴミ処理場の案内係として働くことになったのです。

無精ひげをサッパリと剃り髪を整えた優は、工場見学にやってきた子供たちに上手に説明をしていきます。

ゴミ処理場の工場見学は評判をよび、テレビでも紹介されることとなりました。案内役に抜擢された優でしたが、村の人々の反応は厳しいものでした。

「犯罪者の子供がテレビに出るって、どうなのかしら」口々に文句を言う村人たち。「だからこそ、そういう人たちを受け入れる寛容な村であるとアピールできるのです」。霞門村を観光地として売り出したい大橋村長に、歯向かう者はいませんでした。

大橋は、優に夜の仕事をやめるように言います。「透には俺から言っておく。人生逆転させろ」。

テレビ出演にむけてスタッフとの打ち合わせで忙しい優を、昔の仲間たちは冷めた目で見ていました。美咲に思いを寄せる透は、なおさら面白くありません。

美咲の家に押しかけた透は、優が夜の不法投棄に関与していることをばらし、「俺ならお前を幸せにできる」と、無理やり美咲に迫ります。

優が危険を察し、駆け付けるも、力で透に適うはずはありません。ボコボコにされる優。明日はいよいよテレビ出演の日となっていました。

以下、『ヴィレッジ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ヴィレッジ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会
テレビ局に現れた優は、顔中傷だらけです。あせる村長たちとは反対に、優はどこか覚悟を決めた表情をしていました。その日の生放送は、どうにかメイクでごまかし無事終了します。

その後、霞門村は観光客でにぎわい始めます。今日も村にはテレビ中継がきています。笑顔で対応する優。お土産売り場から明るく声をかける女性がいます。真面目に働き始めた優の母親でした。

優を取り巻く環境は一変しました。村人たちから信頼され、村長からはゴミ処理場を任されるまでになります。

しかし、優と美咲はある秘密を共有していました。あの日、美咲が襲われた日から、透は行方不明となっています。もともと評判が悪い透の行方を気にする者はいませんでした。

ある夜、美咲の弟・恵一が、夜の不法投棄の現場を目撃します。立派に働く優のことを慕っていた恵一は、力になろうと間違ったことを正すため告発。

通報をうけ霞門村に戻った警官の光吉は、兄の修作の関与はおろか、その息子の透の行方不明も関係していると確信。優は「知らなかった」と答えます。嘘に嘘を重ねる優。

不法投棄の埋め立て地から透の遺体が発見されます。見つかったスマホには、透が美咲に襲い掛かったあの日の動画も残されていました。光吉は急いで優の元へ向かいます。

あの日、美咲を助けに入った優でしたが、透に殴り殺される寸前でした。美咲は、優を助けようと、剪定ばさみを透に振り下ろします。血だらけで息絶える透。優と美咲はあの不法投棄の中に透の遺体を埋めたのでした。

「優はこの村に必要な人間なの」。美咲は自首する覚悟を決めていました。優は、美咲を引き留め、すべてを告白するために村長である修作の家へと出向きます。

優からすべてを聞いた修作でしたが、「そんなことはもういい」と言います。「これから村を守っていくために、今度は美咲に全部かぶってもらおう」。手慣れた様子です。

「あんた、ゴミだな。俺の親父の時も簡単でしたか?」。「わりぃ、わりぃ、村を守るためだよ。お前の親父には感謝してるよ」。気付けば、優は修作の首を絞めていました。

動かなくなった修作のまわりに灯油をまきます。「こんな村、なくなればいい」。火を放つ優。

光吉が駆け付けた頃には、家は燃え盛っていました。ひとりの青年がゆっくりと歩いていきます。「優っ!」。

その声に、振り向いた優は、どこか幼い少年のように、ほっとした表情を浮かべ涙を流すのでした。

映画『ヴィレッジ』の感想と評価


(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会
同調圧力、格差社会、貧困。映画『ヴィレッジ』は、この現代日本の闇を縮図化したような村“霞門村”で暮らす人々のそれぞれの葛藤が描かれています。

主人公の片山優は、父親の起こした事件で幼い頃からいじめられ、母親が抱えた借金の返済のため貧困に苦しんでいます。

自分はなにもしていないのに、親のことで苦しみ続ける優。逃げ出すこともできず、犯罪に加担するしか道はありませんでした

時間も体力も余裕はなくなるばかり。負のスパイラルから抜け出すことは容易ではありません。優はもう人生を諦めていました。

そんなひとりの青年の苦しみは、村にとってはどうでもいいことのようでした。優の計り知れない所で、村の闇が大きく膨れ上がっていきます

この村の根本的な闇は、ゴミ処理場の建設を決めたことから始まっていました。薪能の継承、村長を輩出してきた村の長・大橋家。家の繁栄を守るため、力で村人を束ねてきました。


(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会

母の寵愛を受ける能楽師としての才を持った弟・光吉。兄の修作は弟への嫉妬から、自分は村長として村を発展させることへ執着していきます。そのやり方は度を超えたものでした。

権力で人を動かす者。強いものに従うだけの者。まわりに合わせて、見て見ぬふりをする者本気で苦しむ人を救おうとする者は誰もいません

そんなゴミのような優の人生が、幼なじみ美咲の帰郷で一変します。心を病み村に戻ってきた美咲は、優のことを誰よりも理解し寄り添います。

自分を受け入れてくれる人に出会った時、優は生きる気力を取り戻し、自分に自信を持てるようになります

自分でも忘れていた得意なことを、美咲は思い出させてくれました。自分が変われば周りも変わる。負のスパイラルから脱出することができました。

しかし、人は掴んだ幸せを守るため、そこに執着するようになります。優も愛する人を守るため嘘を重ね、自分を守るため罪を隠し、再び闇に落ちていきます。

そして、地位を得た優は、弱さにつけ込まれ、村のために愛する人に罪を擦り付ける選択をせまられます。

優が最後に起こす事件は、大橋家への復讐であり、村への復讐でした。「こんな村なくなればいい」。それは、やはりこの村の犠牲となって死んだ父の想いでもあった気がします。

すべてを燃やした優の表情に安堵の色がみえます。悲し気に泣き笑うその顔は、優がこの村で経験した光りと闇の合間のようでした

主人公・片山優を演じるのは、優とは真逆のイメージが強い人気俳優・横浜流星。無精ひげにボサボサ頭、暗い顔で猫背で歩く姿は、何をしでかすか分からない不気味さを醸し出しています。

目線や口の微妙な動きでみせる繊細な演技。感情を抑えきれず面をつけ慟哭するシーンは、凄まじい悪臭が漂うようです。

そんな優が美咲に会い変わっていきます。ゴミ処理場の案内係として広報活動を行うようになった優は、人が変わったように爽やかな青年に見えます。

人生の闇と光を味わった男の凄まじい生き様を、体当たりで演じきった横浜流星の新たな境地に注目です。

まとめ


(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会

新聞記者』(2019)、『ヤクザと家族The Family』(2021)の藤井道人監督と故・河村光庸プロデューサーの意思を受け継ぐスタジオ・スターサンズの制作チームが再び集結。

現代日本の闇を、閉鎖された村を舞台に描いた、ミステリアスな衝撃作『ヴィレッジ』を紹介しました。

掴んだと思った幸せは夢だったのか。埋めても埋めても埋まらない穴人生はなんと邯鄲の夢のようであろう

主人公・優が最後に下した決断とは。ぜひ自身の目で確かめてください。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・サークル』結末ネタバレと感想。エマ・ワトソン演技力の評価

もし個人情報の全てを他人と共有したら? SNS依存度の高まる世の中に一石を投じる映画『ザ・サークル』。 近い将来にあり得るかも知れない恐ろしさを体験できる作品は、エマ・ワトソン主演、トム・ハンクス共演 …

ヒューマンドラマ映画

舞台版『アマデウス』を映画で鑑賞。ナショナル・シアター・ライブ2018は一見の価値あり

ナショナル・シアター・ライブ2018の『アマデウス』が、7月6日(金)より、TOHOシネマズ日本橋ほか公開。 モーツァルトに嫉妬心を抱いた宮廷音楽家サリエリは、果たしてモーツァルトを殺したのか? 映画 …

ヒューマンドラマ映画

『はじまりのうた』ネタバレあらすじとラスト結末の感想評価。兄ジムに捧ぐ映画をジョン・カーニー監督が音楽愛で魅せる

ジョン・カーニー監督音楽映画3部作の第2作目 『ONCE ダブリンの街角で』(2007)『シング・ストリート 未来へのうた』(2016)といった音楽愛溢れる作品が魅力のジョン・カーニーが監督を務めまし …

ヒューマンドラマ映画

『アウシュヴィッツ・レポート』ネタバレ結末感想と考察。ホロコーストの悲劇と現代のヘイト問題を結ぶ人間ドラマ

ホロコーストの真実を伝えた2人のユダヤ人を描く衝撃の実話 映画『アウシュヴィッツ・レポート』が、2021年7月30日(金)より新宿武蔵野館ほかで全国順次公開。 ホロコーストから逃れた2人のユダヤ人によ …

ヒューマンドラマ映画

『二重生活』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想とラスト考察

無作為に選んだ相手をただ尾行する”だけ”という、ソフィ・カル著『本当の話』からのアイデアを使い、修士論文のために他人の生活を覗き込んでしまう女子大生…。 映画『二重生活』に登場する女子大生 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学