Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/01/30
Update

映画『ヤクザと家族』ネタバレあらすじと感想評価。キャストが“The Family”の意味を体現する人間ドラマ

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『ヤクザと家族』は2021年1月29日より公開。

1999年から2019年という時代を、ヤクザとして生きた男の半生を、「家族」という視点から描いた映画『ヤクザと家族 The Family』。

主演の綾野剛が、主人公賢治の19歳から39歳の姿を演じ分けるという、熱演を見せています。

その賢治を父親的な優しさで包む、柴咲組の組長、柴崎博を演じる舘ひろしの存在感も圧巻です。

時代により存在意義が変わったヤクザは、本当に現代社会では消滅するべき存在なのでしょうか?

日本アカデミー賞6冠に輝いた『新聞記者』(2019年)のスタッフが再集結し、この難しいテーマに挑みます。

スポンサーリンク

映画『ヤクザと家族 The Family』の作品情報


(C)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
藤井道人

【企画・製作・エグゼクティブプロデューサー】
河村光庸

【キャスト】
綾野剛、舘ひろし、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、菅田俊、康すおん、二ノ宮隆太郎、駿河太郎、岩松了、豊原功補、寺島しのぶ

【作品概要】
父親を亡くして以降、自暴自棄になっていた賢治が、柴咲組の組長である柴崎博と出会った事で、ヤクザの世界で生きていく姿を描いたヒューマンドラマ。

主人公の賢治を演じるのは『日本で一番悪い奴ら』(2016)で「第40回日本アカデミー賞」優秀主演男優賞を受賞して以降、主演作が続く綾野剛。

賢治を、父親のような包容力で支える柴崎博を、人気ドラマ「あぶない刑事」シリーズや、2019年の映画『アルキメデスの大戦』などに出演している、ベテラン俳優の舘ひろしが演じます。

賢治が恋するホステスの由香を尾野真千子、柴咲組の若頭、中村を北村有起哉が演じる他、市原隼人、磯村勇斗、岩松了、豊原功補、寺島しのぶなど、若手や実力派俳優が集結しています。

映画『ヤクザと家族 The Family』のあらすじとネタバレ


(C)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

1999年

金髪姿の派手ないでたちと暴力的な性格で、地元で暴れまわっていた山本賢治。

賢治の父親は証券マンでしたが、バブル崩壊後に覚せい剤に手を出してしまい、過剰摂取で死去します。賢治は父親の葬式の場で、刑事の大迫に父親を侮辱されたうえ、覚せい剤使用を疑われ検査まで受けることに。

幼い頃に母親も亡くし、身寄りがなく荒れた賢治は、偶然見かけた覚せい剤の売人を殴り、金を奪い逃走し、覚せい剤を海に投げ捨てます。

賢治は親友の細野と大原を連れ、母親のように自分に接してくれる愛子の食堂で、食事をします。そこへ、柴咲組組長の柴咲博が食堂を訪れます。

愛子の亡くなった夫は、元柴咲組の若頭で、敵対する侠葉会との抗争で命を落としており、柴咲は愛子の事を気にかけていました。

初めて目にするヤクザを、賢治が睨みつけていると、突然柴咲が鉄砲を持った男に襲われます。しかし、食事を邪魔されて機嫌が悪かった賢治が、男を殴り柴咲の危機を救いました。

後日、柴咲組の中村に連れられ、組の事務所を訪れた賢治。

身寄りの無い賢治の話を聞いた柴咲は、賢治を組に誘いますが、ヤクザを嫌う賢治はこれを拒否。賢治は柴咲の名刺を受け取り、家に帰ろうとしますが、そこへ侠葉会の組員が現れ、賢治を拉致します。

賢治の他にも、細野と大原も捕まっており、侠葉会の組員に暴行を受けました。

賢治が奪った覚せい剤は、侠葉会のもので、侠葉会の若頭である加藤は賢治が覚せい剤を捨てた事を知り、腹を立て、臓器を売りさばこうとします。

侠葉会の若頭補佐、川山は、賢治達を香港行きの船に乗せようとしますが、賢治のポケットから柴咲の名刺を見つけます。

柴咲組と侠葉会は、一度手打ちになっている為、加藤としても迂闊に手を出す事はできず、柴咲組に連絡をします。

賢治達は迎えに来た中村に連れられ、柴咲組の事務所に戻りました。

血まみれの賢治を、柴咲は優しく迎え入れます。柴咲の人間性に魅了された賢治は、柴咲と父子の盃を交わし、柴咲組の組員になります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ヤクザと家族 The Family』ネタバレ・結末の記載がございます。『ヤクザと家族 The Family』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

2005年

賢治は柴咲組の組員として、細野と大原と共に街の顔役になっていました。ですが、加藤が組を仕切るようになった、侠葉会との緊張状態は続いています。

ある時、賢治は侠葉会の川山とキャバクラで鉢合わせになり、川山が柴咲を「老害」と侮辱した事に腹を立て、瓶で頭を殴ります。

その際に、手に怪我をした賢治を、手当してくれたのがホステスの由香で、賢治は由香を気に入ります。

柴咲からも「家族を持て」と言われていた賢治は、由香を強引に抱こうとしますが拒否され、仕方なく電話番号だけ聞き出します。

次の日、賢治が川山を暴行した事が問題視されます。柴咲は直絶加藤と会い、話を終わらせようとしますが、加藤は一歩も引かず「これからは義理や人情の時代じゃない」と柴咲を挑発。

怒った柴咲は、加藤に「そこまで言うなら、俺の命を取ってみろ!」と伝え恫喝します。

賢治は、由香に惹かれていきますが、気の強い由香は思うとおりになりません。

賢治は、柴咲と釣りに向かう車内で由香の事を相談しますが、その瞬間、侠葉会の組員に襲われ、車を運転していた大原が死亡します。

大怪我をした賢治は、見舞いに来た柴咲に「敵を討たせてほしい」と伝えますが、この件は大迫が預かり、警察で処分する事になった為、もみ消されてしまいます。

納得がいかない賢治は、加藤達の居場所を突き止め、川山に銃を向けました。

しかし、その瞬間、柴咲組若頭となった中村が川山を刺します。「親父を支えるには、中村が必要」と判断した賢治は、中村を逃がし自分が罪を被ります。

賢治は、最後に由香の部屋を訪れ、そのまま一夜を過ごします。

次の日、賢治は大迫に逮捕され、殺人犯として全国的にニュースになりました。

2019年

出所した賢治を、中村が迎えに来ていました。

ですが、暴対法が施行されて以降、大量の組員が辞めていき、14年ぶりに戻った柴咲組は、僅か6人になっていました。

また、柴咲も癌で体が弱っており、賢治はかつての強く優しい柴咲の姿とのギャップに戸惑います。

賢治は細野と再会しますが、再就職し家族を持った細野は、賢治を避けるような態度を取ります。

そこには、ヤクザを辞めても5年間は口座も作れず、携帯電話さえ買えない「5年ルール」の厳しさがあり、5年間、人間として扱われなかった細野は、賢治と関係のある「反社」と見られる事を恐れていました。

存続も危うい状態の柴咲組と、暴対法に呆然とする賢治ですが、愛子の息子で、小学生の頃から賢治が可愛がっていた翼だけは、賢治を慕っていました。

翼は賢治を助ける為、柴咲組のシノギを手伝いながら、賢治の代わりに街の顔役になっていたのです。

しかし、翼は加藤に目を付けられており、侠葉会に誘われますが、翼はこれを拒否。怒った加藤は「親父と同じ目にあわないといいな」と脅しをかけました。

賢治は、市役所に勤務している由香と再会し、自分と由香の間に14歳になる娘、彩がいる事を知ります。柴咲組も危うい為、柴咲は賢治に、組を抜けて普通に暮らす事を勧めます。

賢治は由香と彩の3人で、新たな暮らしを開始し、細野の紹介で、廃棄処分の工場での仕事も始めました。

しかし、廃棄処分工場の同僚が、細野と賢治を「元ヤクザ」としてSNSにあげてしまった為、細野と賢治は工場にいられなくなります。

また、賢治と一緒に住んでいる由香も「元ヤクザで殺人犯」と同棲している事が問題視され職場を解雇、社宅も追い出されてしまいました。

賢治は由香に謝罪しようとしますが、由香には「あんたが来なければ、全部上手くいっていた」と拒絶されます。

由香と別れ、愛子の食堂に立ち寄った賢治は、翼から「親父を殺した奴が分かった」と聞かされます。

ですが、賢治は「お母さんを悲しませるな」と伝え、食堂を立ち去ります。

翼は父親を加藤に殺されたと確信し、復讐の為に加藤と大迫が食事をしている中華店を襲いますが、到着した時には、加藤と大迫は殺害された後でした。

翼が辿り着く前に、賢治が加藤と大迫を殺しており、賢治は血まみれのまま港に座っていました。

そこへ、細野が現れ賢治を刺します。細野は、ヤクザである過去が周囲にバレて以降、仕事も家族も失い、怒りの矛先は賢治に向けられていました。

「お前さえ、戻って来なければ」と言う細野を、賢治は笑顔で抱きしめた後、海の中に落ちていきます。

数日後、賢治を弔う為に、港に来た翼は彩と出会います。

翼は彩に「お父さんの事を教えてほしい」と伝えられ「少し話そうか?」と笑顔を見せました…。

スポンサーリンク

映画『ヤクザと家族 The Family』感想と評価


(C)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会
移り行く時代と共に変化してきた、ヤクザという存在を描いた映画『ヤクザと家族 The Family』。

本作は、タイトルからも分かるように「家族」という視点で描かれたヤクザ映画です。

まず1999年、主人公である賢治の、実の父親の葬式の場面から始まります。

葬式会場には、ほとんど人がおらず、賢治の父親が生前周囲から、それほど愛された人物でない事が分かります。

賢治も、金髪で真っ白な上下の服装という姿で葬式会場に現れた事から、実の父親を嫌っていた、というより「どうでもいい存在」と感じていたのでしょう。

母親も早くに失い、孤独な賢治は、荒れた生活を送っていましたが、柴咲組の組長、柴咲博と出会った事で運命が変わります。

侠葉会の若頭、加藤から殺される寸前で助けられ、柴咲組の事務所で、柴咲に頭をなでられた瞬間に、それまで感情を表に出さなかった賢治が、無表情のまま涙を流す場面があるのですが、これは本来求めていた「父親像」を柴咲に見出し、柴咲を父親と感じた事が分かる印象的な場面です。

その後、賢治と柴咲が盃を交わす「親子血縁盃の儀式」の場面となるのですが、この辺りは「仁義なき戦い」や、Vシネマなどの任侠映画を意識した映像になっており、義理と人情を重んじる、昔ながらのヤクザの時代を印象付けます。

そして、時代は変わり2005年。

親友だった細野と大原と共に、街の顔役となった賢治は、1999年とは違い、黒髪にサングラス、スーツで身を包んだ容姿で、落ち着いた雰囲気に変化しています。

柴咲組という「疑似家族」に身を置いた賢治は、家族の存在が大事になっており、その想いの強さが、侠葉会との抗争に繋がってしまいます。

そして賢治は、大事な家族を守る為に、侠葉会の川山を刺した中村の罪を全て被り、刑務所に服役されます。

井筒和幸監督の映画『無頼』でも描かれていましたが、この時代のヤクザは、表立って処理できない、いわゆる「汚れ仕事」を扱っていた部分がありました。

『ヤクザと家族 The Family』では、キャバクラで起きたトラブルを収拾する為に、賢治が呼び出されるという場面で、その事が描かれています。

この時代は、一般的には表沙汰に出来ない事を、ヤクザが秘密裏に処理するという形で、社会と繋がっていた、ヤクザが必要とされていた時代と言えます。

ですが、賢治が出所した2019年から、ヤクザを取り巻く環境は大きく変化します。

「暴力団対策法」の影響で、賢治が、中村の罪を被ってまで守ろうとした家族である柴咲組は、衰弱していて消滅寸前となっていました。

作中でもありますが「暴力団対策法」は、ヤクザであれば、口座も作れず、携帯電話も契約できず、住居も借りれないという状況に追い込まれ、ヤクザを辞めても、一般の人間と扱われるまで5年はかかるという、厳しい法案です。

賢治も柴咲の提案で、消滅していく柴咲組から足を洗う事を決めます。

これまで、大切にしてきた家族を失った賢治ですが、由香と娘の彩と3人で、本当の家族を作ろうとします。

ですが、元ヤクザの賢治は、社会から厄介者として扱われ、決して幸せになれないという展開が続きます。

この展開の受け止め方は、人それぞれだと思います。

ヤクザという、いわゆる「反社会的な道」に進んだ賢治は、自業自得のように感じるかもしれません。

ですが、柴咲組と敵対していた侠葉会は「暴力団対策法」の影響を受けずに生き延びています。

義理と人情を重んじていた柴咲と違い、侠葉会の加藤は、時代の先を読んで手を打っていました。

柴咲組が裏で、トラブルを収める「必要悪」であれば、侠葉会は稼ぎの為に覚せい剤や臓器売買など、なんでもやる「絶対悪」です。

ヤクザと一言で言っても、その本質はさまざまなはずで、全てを「反社会勢力」と括ってしまっていいのでしょうか?

藤井監督は、2019年の賢治や柴咲組の姿を通して「個性を殺され、社会から弾き出された人間は、どう生きればいいのか?」と問題定義をしています。

作中では「暴力団対策法」は皮肉な事に、「必要悪」を潰して「絶対悪」を残す結果になってしまいました。

これだと、本作は悲惨なだけの物語ですが、賢治には自らを慕う翼という存在がいます。

翼が犯罪に手を染めないように、賢治が加藤と大迫の命を奪ったのは、「必要悪」としての最後の役目を全うしたと言えます。

本作は、賢治を父親のように感じている翼が、賢治の本当の娘である彩に、話を聞かせる場面で終わります。

望んだ形では無かったにしろ、賢治は間違いなく「家族」を残していったという、僅かながらですが希望を感じるラストシーンでした。

まとめ


(C)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会
1999年から2019年という変わりゆく時代の中で、ヤクザという存在を描いた本作。

「反社会勢力」という言葉が、メディアで飛び交う中、この企画を実現させたのは、かなりの覚悟が必要だったでしょう。

ただ、本作でも描かれているように、かつてヤクザは「必要悪」であった時代があり、今の価値観にそぐわないからと、全てを排除する潔癖すぎる世の中も、また異常と言えます。

捉え方が難しいのですが、本作はヤクザを正当化している作品ではありません。

前述したように、社会から弾き出された賢治の姿を通し、多様性を認めない世の中に、問題定義をしているのです。

また、本作は家族を求め、守ろうとした山本賢治という男の、半生を描いた人間ドラマでもあるので、このドラマに込められた、本当に重いテーマを、是非受け取って下さい。

映画『ヤクザと家族』は、2021年1月29日よりロードショーです。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『あさがくるまえに』ネタバレ感想と考察!あらすじ詳細も

ビル・ゲイツも賞賛した世界的ベストセラーを映画化した『あさがくるまえに』をご紹介します。 監督はフランスの若手女性監督、カテル・キレベレ。臓器移植をテーマに、センシブルでリリカルな映像を見せてくれます …

ヒューマンドラマ映画

映画『洗骨』あらすじと感想レビュー。キャストが信頼するガレッジセールのゴリ(照屋年之)監督が描いた祖先と家族の絆

映画『洗骨』は、2019年1月18日(金)より沖縄先行公開、その後、2月9日(土)から丸の内TOEIほか全国公開! お笑い芸人「ガレッジセール」のゴリとして活躍する、照屋年之監督が制作した映画『洗骨』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』のあらすじとキャスト。山田洋次の作風とは?

山田洋次監督が贈る「家族はつらいよ」シリーズ待望の第三弾、5月25日(金)公開! 3世代の夫婦を描くことで幅広い年齢層から共感を得た『男はつらいよ』に続く山田洋次渾身の「つらいよ」シリーズ。 今回のテ …

ヒューマンドラマ映画

映画『コーヒーが冷めないうちに』あらすじネタバレと感想。ラストと結末も【有村架純おすすめ代表作】

有村架純の映画『コーヒーが冷めないうちに』。 2017年に本屋大賞にノミネートされて以来、話題のベストセラー小説を有村架純主演で実写化。 監督はドラマ『アンナチュラル』で注目された塚原あゆ子が映画初監 …

ヒューマンドラマ映画

松本穂香映画『わたしは光をにぎっている』あらすじネタバレと感想。光石研らキャストの魅力際立つ“終わり方”の物語

映画『わたしは光をにぎっている』は2019年11月15日(金)より全国順次公開 『四月の永い夢』で国内外の映画賞を賑わした中川龍太郎監督の最新作。 時代と共に消えゆく街並みと人々の切ない「終わり方」を …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学