Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/08/30
Update

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』感想評価と考察解説。実話として描かれた世界滅亡を未然に防いだ1人のサラリーマン

  • Writer :
  • 松平光冬

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』は、2021年9月23日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国公開!

べネディクト・カンバーバッチ主演で贈る実録スパイ・サスペンス『クーリエ:最高機密の運び屋』

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2015)でアカデミー賞にノミネートされたべネディクト・カンバーバッチ主演の最新作となる、映画『クーリエ:最高機密の運び屋』が、2021年9月23日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国公開されます。

米・ソ全面核戦争目前、“スパイ”にスカウトされた英国人セールスマンが背負った衝撃の実話を描いた、本作の見どころをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』の作品情報

(c)2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2021年(イギリス・アメリカ合作映画)

【原題】
The Courier

【監督】
ドミニク・クック

【製作】
アダム・アクランド、ベン・ブラウニング、ベン・ピュー、ロリー・エイトキン

【製作総指揮】
ドミニク・クック、トム・オコナー、ジョシュ・バーニー、アシュリー・フォックス、グレン・バスナー、アリソン・コーエン、ミラン・ポペルカ、ベネディクト・カンバーバッチ

【脚本】
トム・オコナー

【撮影】
ショーン・ボビット

【キャスト】
ベネディクト・カンバーバッチ、メラーブ・ニニッゼ、レイチェル・ブロズナハン、ジェシー・バックリー、アンガス・ライト

【作品概要】
キューバ危機の舞台裏で繰り広げられた知られざる実話を基に、核戦争回避のために命を懸けた男たちの葛藤と決断をスリリングに描くスパイ・サスペンス。

主人公グレヴィル・ウィンを演じつつ、製作総指揮も務めたのは、いまや英国映画界を代表する俳優で『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2015)でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたベネディクト・カンバーバッチ。

ソ連の情報機関GRU(ソ連軍参謀本部情報総局)の大佐オレグ・ペンコフスキー役には、『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015)のメラーブ・ニニッゼが扮します。

監督は、舞台演出家として活躍し、シアーシャ・ローナン主演作『追想』(2018)で映画監督デビューを果たしたドミニク・クックです。

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』のあらすじ

(c)2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1962年10月、アメリカとソ連、両大国の対立は頂点に達し、「キューバ危機」が勃発。

世界中を震撼させたこの危機に際し、戦争回避に決定的な役割を果たしたのは、英国人セールスマン、グレヴィル・ウィンでした。

仕事柄、東欧に出張が多いため警戒されにくいという理由で、CIA(アメリカ中央情報局)とMI6(英国秘密情報部)の依頼でスパイに抜擢されたウィン。

彼に課せられた任務は、国に背いたGRU(ソ連軍参謀本部情報総局)高官オレグ・ペンコフスキーと接触し、機密情報を持ち帰る“運び屋(クーリエ)”でした。

核戦争回避のために命を懸けた2人の男は、次第に政治体制を超えた友情と信頼で結ばれていきます。

しかし彼らには、やがて過酷な運命が待ち受けているのでした…。

スポンサーリンク

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』の感想と評価

(c)2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

核戦争回避のために奔走したセールスマンの実話

1962年10月に勃発したアメリカとソ連の対立、いわゆるキューバ危機。

ソ連がカリブ海のキューバに核ミサイル基地を建設しているとして、アメリカが海上封鎖で対抗したという、“人類史上、最も第三次世界大戦に近づいた13日間”とも呼ばれたこの事件については、映画『13デイズ』(2000)などでご存知の方もいることでしょう。

そんな世界中を震撼させたこの危機に際し、核戦争回避に決定的な役割を果たしたのは、ソ連の高官オレグ・ペンコフスキーと、そして、工業製品のセールスマンをしていたイギリス人のグレヴィル・ウィンでした。

本作『クーリエ 最高機密の運び屋』は、キューバ危機の舞台裏で実際に繰り広げられた諜報戦を、とある一人のセールスマンの目を通して描きます。

(c)2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

東欧に出張が多いため警戒されにくいという理由で、米英の情報部からスパイに任命されたウィンは、家族には内密に、モスクワでペンコフスキーから受け取った軍事機密を持ち帰る任務に就きます。

しかし、スパイの経験などない一般人ゆえに、世界の運命を左右する重責に苛まれることに。

ウィン役のべネディクト・カンバーバッチといえば、テレビドラマシリーズ「SHERLOCK シャーロック」(2010~)のシャーロック・ホームズ役に、『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』のアラン・チューリング役など、頭脳明晰な役どころのイメージが強い俳優

そんな彼が本作では、KGB(ソ連国家保安委員会)に監視されているのではという恐怖や、次第に生じる家庭内不和に悩み苦しむという、等身大の男を演じるのも見どころでしょう。

国家間をまたぐ2人の男の友情

(c)2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

スパイとは常に孤独な立場。もし正体がバレてしまったら、どんなに恐ろしい目が遭うか想像だにしません。

頼れるのは己だけ――そんな状態の中、極秘にスパイ活動するウィンとペンコフスキーは、置かれた境遇こそ違えど、友情と信頼で結ばれていきます

ペンコフスキーが生前密かに書き綴っていた膨大なメモをまとめた「寝返ったソ連軍情報部大佐の遺書」(集英社文庫)の序文に、ウィンはこう寄稿しています。

オレグ・ペンコフスキーは異常な人物であった。彼の機密情報は、西側に偉大な貢献をなした。しかし私が彼を知っているのは、単に情報将校としてばかりではなく、最初は協力者であったが、後には親友としての彼であった。

協力者から親友となっていった、知られざる男たちのヒューマンドラマがここにあります。

まとめ


(c)2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

核戦争の回避を懸けるグレヴィルとペンコフスキーですが、やがてあまりにも過酷な運命が待ち受けることとなります。

終盤、運命に翻弄されていくグレヴィルに扮したカンバーバッチは、おそらく彼の俳優キャリア史上で、もっとも凄まじい演技を見せます。

世界平和、ひいては家族の平穏を守ろうとした者たちが直面する葛藤と決断を、ぜひともお見逃しなく!

映画『クーリエ 最高機密の運び屋』は、2021年9月23日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『最初の晩餐』ネタバレ感想とレビュー評価。キャストの演技力で昨今の家族問題に根源的なあり方を示唆

常盤司郎監督が満を持して演出を務めた長編デビュー作。 父の死をきっかけに暴かれる家族の秘密と再生が描かれます。 監督の常盤司郎は、サザンオールスターズのドキュメンタリー映画で注目され、CMやミュージッ …

ヒューマンドラマ映画

映画『おもかげ』ネタバレ感想と評価解説。女優マルタ・ニエトが息子を失った女性を熱演する

息子のおもかげを宿した少年と出会い 失意の底から立ち上がろうとする女性の希望と再生 アカデミー賞短編実写映画賞にノミネートされた短編『Madre』(原題)をオープニングで使用した映画『おもかげ』。 そ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ベン・イズ・バック』ネタバレあらすじと感想。ピーター・ヘッジズが医療問題に見出した希望とは

映画『ベン・イズ・バック』は2019年5月24日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー アメリカでは、鎮痛剤として処方される合成オピオイド薬によって依存症に陥る患者が後を絶ちません。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『エレファント』ネタバレ感想とラスト結末のあらすじ。タイトルの意味解説とガス・ヴァン・サントは日常の闇を如何に描いたか

“キスも知らない17歳が銃の撃ち方は知っている”…ガス・ヴァン・サント監督の代表作のひとつ映画『エレファント』。 ガス・ヴァン・サント監督の演出による映画『エレファント』は、2003年の第56回カンヌ …

ヒューマンドラマ映画

映画『薬の神じゃない!』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。中国の実話・密輸販売事件を基に「医療改革」への道のりを描く

命の価値は金によって決まるのか?うだつの上がらない薬屋の店主が、ホンモノとニセモノの概念を根底から覆す! 映画『薬の神じゃない!』は難病を抱えた貧しい患者が、国内で販売されている薬が高額で購入できない …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学