Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/11/20
Update

『ファイター、北からの挑戦者』ネタバレ結末感想とラストの評価解説。韓国映画界がボクシングと出会って再出発する脱北女性をイム・ソンミで描く

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

北朝鮮から逃れ韓国で新たな人生をスタートさせるリ・ジナの物語『ファイター、北からの挑戦者』。

カンヌ国際映画祭に出品されたドキュメンタリー映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』(2016)を手掛けた、ユン・ジェホが監督を務めました。

ドラマ『愛の不時着』(2020)にも出演したイム・ソンミが、俳優生活14年目で初主演を果たしています。

北朝鮮から逃れ、韓国・ソウルで新たな人生を始めたリ・ジナでしたが、“脱北者”という偏見の目で見られ、自身の過去から壁をつくってしまいます。

それでも中国に残してきた父を逃れさせるため食堂とボクシングジムのバイトを掛け持ちします。

館長とトレーナーのテスに見込まれボクシングを始めることになったリ・ジナは、ボクシングを通して闘う勇気と、自分自身の過去と向き合う強さを手に入れていきます。

一人の女性の再生と希望を描く、強く温かいヒューマンドラマ。

スポンサーリンク

映画『ファイター、北からの挑戦者』の作品情報


(C)2020 Haegrimm Pictures All Rights Reserved

【日本公開】
2021年(韓国映画)

【監督・脚本】
ユン・ジェホ

【キャスト】
イム・ソンミ、オ・グァンロク、ペク・ソビン

【作品概要】
監督を務めたのは韓国とフランスを拠点に活動しているユン・ジェホ。長編ドキュメンタリー映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』(2016)はモスクワ映画祭とチューリッヒ映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞、カンヌ国際映画祭の監督週間に正式出品されました。

1カ月半のボクシング特訓を経て主人公リ・ジナを演じたのはイム・ソンミ。『母なる証明』(2009)で長編映画デビューし、映画・ドラマで活躍してきたイム・ソンミは本作で俳優生活14年目で初の主演を果たしています。

本作の後に撮影されたNetflixドラマ『愛の不時着』(2020)でも、韓国製化粧品を密売する北朝鮮人のクムスン役を演じ印象を残しました。

共演者はNetflixドラマ『Wish you~僕の心の中、君のメロディー』(2021)のペク・ソビン、パク・チャヌク監督作の常連であるオ・グァンロクなど。

映画『ファイター、北からの挑戦者』のあらすじとネタバレ


(C)2020 Haegrimm Pictures All Rights Reserved

韓国・ソウル。北朝鮮から逃れ、国の職員に連れられアパートにやってきたリ・ジナ(イム・ソンミ)。

ジナにしつこく何かあれば連絡をしてほしいと念を押す職員でしたが、ジナは韓国入国の手引きをしてくれた脱北ブローカーを頼り、連絡します。国の補助金では到底生活できず、ブローカーに紹介された食堂で休むことなく働き始めます。

それでも生活が苦しく、中国に残してきた父親のことも心配なジナは、ブローカーにもっと仕事を紹介してほしいと言います。そんなジナにブローカーは、水商売はどうかと持ちかけます。

嫌だと断るとボクシングジムの清掃を紹介され、食堂と掛け持ちで働き始めます。

ボクシングをする人々を見つめるジナにトレーナーのテス(ペク・ソビン)が気づき、興味があるのかと話しかけますが、ジナは壁を作り心を閉ざします。

テスはジナに試しにグローブをつけてボクシングをやってみるよう促し、ジナの初心者とは思えない動きに驚きます。

軍に所属していたとジナが話すとテスは驚きます。北の人は皆特殊部隊で、冷酷だと思っているんですか、映画などでもそう描かれるけれど北の人だって人間だとジナは怒りをあらわにします。

ボクシングジムに通う女性らもジナのことを“脱北者”という偏見の目で見ます。どうしてそんな失礼な言い方をするのかと怒るジナ。

ボクシングジムの館長(オ・グァンロク)は、ジナの静かに燃えるファイティングスピリットを感じ取り、本気でボクシングをやらないかとジナを誘います。次第にジナはボクシングにのめり込んでいきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ファイター、北からの挑戦者』ネタバレ・結末の記載がございます。『ファイター、北からの挑戦者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2020 Haegrimm Pictures All Rights Reserved

ある日ジムから帰ると、アパートの前に担当職員の男がやってきていました、みるからに酔っ払っている様子です。なぜ電話しないのか、家に入れてくれと強引に迫る男に困ったジナは思い切り払い除けます。

後日、腕を包帯で巻いた男が訪れ、慰謝料を払うようジナを脅します。高額の治療費をジナが払えるわけもなく、困った自分が忘れようとしていた“ある人”の居場所をブローカーから聞きます。

“ある人”とは、ジナと父親を捨て、単身韓国に逃げた母親でした。聞き出した住所に向かうと、母親は韓国で再婚し、娘もいました。新たな家庭で生活している母親の姿を見たジナはショックを受けます。

ジナの来訪に驚きつつも、再会できたことを喜ぶ母。ジナは母に対する感情とうまく向き合えません。様々な葛藤、怒りを抱え、全てをボクシングにぶつけるジナ。

そんなジナを気にかけていたテスは、ある日ジナを遊園地に誘います。初めて行く遊園地を楽しむジナにテスは好意を寄せていました。

ブローカーから、父親が中国当局に捕まってしまって韓国にくることができないと連絡を受けます。ショックを受けたジナは母親に会いに行きますが、母親は韓国の家族と出かけようとしているところでした。

ジナに気づくも目を逸らし、車から降りなかった母の姿に、母には今の暮らしがあることを実感させられたのです。

複雑な気持ちを抱えたまま迎えた試合当日。観客席に母の姿を見つけたジナは戸惑い、本来の力を発揮することなくダウンしてしまいます。

感情を内にこめ、試合後もボクシングのトレーニングをするジナの元に母親がやってきます。何しにきたのか、もう関わらないでくださいと突き放すジナに母は必死に何かを伝えようとします。

聞こうとしないジナは母親を突き飛ばしてしまい、母親は頭を打ち付けてしまいます。母親は救急車で運ばれ、娘がやってきます。ジナを見つけた娘は一度家に来たことありますよね、母に何をしたのですかときつく問い詰めます。

感情の整理ができないジナに対し、館長は、「泣いてもいい、我慢するな」と言います。その言葉に安堵したのか、ジナは堰を切ったように泣き出します。

後日ジナは母親の見舞いに行きます。そこで母親は物語を話すように、自分が都会に憧れて北朝鮮を逃れたけれど現実はそう上手くいかず、北朝鮮にも帰れなくなってしまったと話します。

母に対するわだかまりがジナの中でとけ、ジナは母に今度プロの試合があるからよかったら見に来てほしいと告げます。

そして試合に向かうジナの姿が映し出されます。

「私はリ・ジナだ。韓国人は脱北者という。私の闘いはまだ終わっていない。私は闘い続ける」

スポンサーリンク

映画『ファイター、北からの挑戦者』の感想と評価


(C)2020 Haegrimm Pictures All Rights Reserved

『ファイター、北からの挑戦者』の前に撮られたドキュメンタリー映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』では、主人公のマダム・ベーは出稼ぎのために中国に行くはずが、実際は農家に売り飛ばされ、そこで暮らしながら、生きていくため脱北ブローカーとなります。

その後、マダム・ベーは中国からベトナム経由で韓国に入国し、北朝鮮の家族と再会するも韓国での暮らしは思っていたようにはいきませんでした。

『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』での経験がこの映画の制作にも生きているというユン・ジェホ監督。確かに本作におけるリ・ジナの母親はマダム・ベーと重なる部分のある登場人物だと言えるでしょう。

北朝鮮に夫と娘がいながら韓国で結婚した母の経緯についてまでは劇中で語られることはありませんが、韓国に行けば豊かな暮らしができると思っていた引き返そうと思った時は遅かったと語っています。

違法で入国した場合、身分証はなく身分証を得るためには韓国人と結婚しなくてはいけないという背景もあったのかもしれません。

ジナはお金だけ送ってきたが、連絡もしてくれなかった、母に捨てられた、と怒りを感じています。

一方で自身も北朝鮮を逃れ韓国にやってきて、その生活の大変さを身をもって実感します。もっと稼ぎたいというジナにブローカーは水商売の仕事を提案する場面があります。そのような場面からも生きていくことの大変さが見て取れます。

また、ジナは個人としてではなく、“脱北者”という偏見の目で見られることに対しても怒りを感じています。北の人だって同じ人間だ、何も違わない。という彼女の怒りが突き刺さります。

北朝鮮から逃れ韓国にやってきたジナを通して彼らの抱える辛い現状が描き出すと共に、本作が描いているのはジナ自身の成長譚です。

悲惨な過去や現状に対する怒りをジナはうまく伝えることができず、自分の中に抱え込んでしまいます。壁を作り心を閉ざしたジナを受け入れ、“脱北者”ではなく、一人の人間として向き合おうとしていたのがジムの館長とテスでした。

テスは昔やんちゃをしていた頃に館長に拾われ、ボクシングのトレーナーになったとジナに語っていました。だからこそ心を閉ざし、人を突き放してしまうジナが放って置けなかったのかもしれません。

心を閉ざしていたジナがボクシングや館長、テスとの交流を通じて次第に感情を表に出すようになり、人間らしさが表れていきます。同時に自分の感情に対してどう対応していけば良いのかわからない戸惑いもあるのです。

泣きたい時は泣けばいい。我慢しなくていい。

館長の言葉に救われたジナは自身の過去と向き合う強さ現状に立ち向かう強さを手にしていくのです。

まとめ


(C)2020 Haegrimm Pictures All Rights Reserved

北朝鮮から逃れ、韓国・ソウルで新たな人生をスタートさせた一人の女性の再生と自分自身の過去と向き合う強さを手に入れていく姿を描いた映画『ファイター、北からの挑戦者』。

ドキュメンタリー映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』で、マダム・ベーの数奇な運命と過酷な現実を映し出したユン・ジェホ監督だからこそ描けたジナの過酷な現実と立ち向かう強さ。

闘うジナの姿に観客は勇気づけられることでしょう。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

君の膵臓をたべたいキャストとあらすじ!映画試写会情報も

誰もが想像できない結末と、タイトルに隠された本当の意味を知った時、あなたは必ず涙する ― 。 住野よるさんによる同名ベストセラー小説を実写映画化した『君の膵臓をたべたい』をご紹介します。 スポンサーリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『凪待ち』感想。被災地「石巻」を撮影ロケ地にした理由を母・亜弓が望んだ「新たな家族つくり」から読み解く

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! 『彼女がその名を知らない鳥たち』や『虎狼の血』で知られる白石和彌監督と、俳優にしてアーティストの香取慎吾が …

ヒューマンドラマ映画

映画『ある女流作家の罪と罰』あらすじネタバレと感想。リー・イスラエルの自伝を映画化

2018年も終わりに近づき、そろそろ来年度のアカデミー賞の動向が気になる季節となりました。 今回ご紹介するのはアカデミー賞前哨戦とも言われる放送映画批評家協会のアワードにノミネートされている注目の作品 …

ヒューマンドラマ映画

映画『サラバ静寂』SUMIRE(ヒカリ役)演技評価と感想

映画『サラバ静寂』は、2018年1月27日より渋谷ユーロスペースほか順次全国公開。 キャスティングは『太陽を掴め』の吉村界人を主演のミズト役を務め、共演に『葛城事件』の若葉竜也をトキオ役で起用。なかで …

ヒューマンドラマ映画

映画『空に住む』あらすじネタバレと感想内容。三代目JSB主題歌の世界観を多部未華子×岩田剛典で描く

映画『空に住む』は、2020年10月23日(金)からロードショー 映画『空に住む』は、『EUREKA ユリイカ』の青山真治監督が7年ぶりに長編映画を制作し、多部未華子と初タッグを組んだ人間ドラマです。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学