Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ペーパームーン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

1973年の公開された『ペーパー・ムーン』は、名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督の代表作!

2017年に「午前十時の映画祭8」にて、デジタルリマスター版として再公開されています。

ペテン師の男と9歳の少女がぶつかり合いながらも、時に協力をして互いの絆を深めていくロード・ムービー。

アディ役を演じたテイタム・オニールは、わずか10歳という史上最年少でのアカデミー賞助演女優賞を獲得した作品とは?

スポンサーリンク

1.映画『ペーパームーン』の作品情報

【公開】
1973年(アメリカ映画)
*午前十時の映画祭8にて、2017年にデジタルリマスター版公開

【原題】
PAPER MOON

【監督】
ピーター・ボグダノヴィッチ

【キャスト】
ライアン・オニール、テイタム・オニール、マデリーン・カーン、ジョン・ヒラーマン、ジョン・ヒラーマン、P.J.ジョンソン、ジェシー・リー・フルトン、ジム・ハーレル

【作品概要】
聖書を売りつける詐欺師の男と、母親を交通事故で亡くした9歳の少女との、互いの絆を深めていく物語を描いたロード・ムービー。シンプルな脚本で普遍的な映画を目指したという。

1973年の第46回アカデミー賞ではテータム・オニールが史上最年少で助演女優賞を受賞した。

2.映画『ペーパームーン』のあらすじとネタバレ

アメリカ中西部の田舎町のとある墓地。

自動車事故で命を落としたロギンスの葬儀が行われていました。

牧師が聖書の言葉を読み上げる葬儀に出席していたのは、ロギンスの9歳になる娘アディと、老いた女性2名。

そこにオンボロ車に乗ったロギンスの元恋人であったモーゼがやってきました。

モーゼが聖書販売をしていると名乗ると、2人の女たちはアディをミズーリ州にいる叔母のところへ送り届けて欲しいと頼観ます。

幼いアディの身寄りといえば、その遠い叔母くらいしかいないようで、女たちや牧師の手前モーゼは押し切られ、仕方なしにアディの送迎役を引き受けます。

その後、モーゼは幼いアディを利用して、死亡事故を起こした運転手の兄から200ドルをせしめます。

まんまと現金を手にしたアディは、さっそく車のタイヤなど新品に買い替えます。

その一方で面倒なアディのことは、汽車に乗せて独りで叔母の元に向かわせてしまおうと列車の切符を買い、彼女には20ドル渡して、叔母には駅に迎えに来るように電報を送ります。

出発までまだしばらく時間があると、モーゼはアディとカフェに向かいます。

アディはモーゼがオーダーしたホットドックには手をつけず、自分のパパでないかと尋ねますが、彼は否定をします。

アディは顎の形が似ていると食い下がりますが、モーゼは早くホットドックを食べなさいと強く否定。

アディはパパでないならさっきの200ドルは自分お金だと言い出し、返さないなら警察に訴えるとモーゼを脅し始めます。

すでにお金を使ってしまったモーゼは、先ほど買った貴社の切符を払い戻しを行い、渋々アディと旅を続けることになります。

そんなモーゼの稼ぎは、新聞の死亡欄で急死した男を見つけ、残された妻が未亡人であることをいいことに、元妻の名前入りの聖書を売りつけるケチな詐欺師でした。

嘘である話も残された元妻の未亡人にすれば、亡き夫からの自分の名前が入った贈り物を喜び、7ドルの現金を支払ってくれました。

そんな様子を見ていたアディは、すぐさま詐欺の仕組みを理解します。

ある日、いつものように残された未亡人に聖書を売りつけに行くと、家の中から元妻のほかに保安官も出てきました。

保安官はモーゼの聖書販売の様子をいぶかしがり、厳しい質問をぶつけてきます。

しどろもどろに挙動不審のモーゼを、アディは機転を利かせた名演技で救い、保安官をやり過ごし、未亡人にいつもより高い12ドルで現金を巻き上げます。

事の次第に助かったモーゼは、アディの詐欺師としての名演技を認め相棒になる事を認めます。

詐欺行為がもっと上手く行くようにと、ボーイッシュなアディに可愛い少女を演じさせるため、モーゼは彼女にリボンを買ってあげます。

しかし、支払いの際にモーゼはお札の両替をして、お釣りをチョロまかす詐欺を働くと、アディはその方法もすぐに覚えます。

詐欺を働くときに相棒のアディは、騙す相手をよく観察した上で即座に機転を利かせ、瀬踏みした値段で聖書の価格を決めていきます。

アディは貧しそうな未亡人からはお金を騙し取らず、裕福そうな未亡人に遠慮なく高値で聖書を売り抜いて行くのです。

モーゼはアディと組んだことで稼ぎは良くなり、お金は305ドルにまで増えていき、彼女はお気に入りの道具箱でお金を管理しています。

2人は口喧嘩はするものの、アディとモーゼは互いのコンビネーションを活かして詐欺師をやっていました。

モーゼはどこかの酒場で呑んできた際に、女と遊んでいる様子にアディは少し不機嫌になります。憎まれ口ばかり叩いていますが、アディは内心ではモーゼが自分のパパだったら良いなと思っていたのです。

アディはモーゼの気を惹きたくて、ママがつけていた香水を身に着けたりしますが、モーゼは無反応でした。

ある晩のこと、2人はカーニバルに立ち寄りました。アディはさっそく、綿菓子売りからモーゼを見て覚えた両替詐欺を行うと、お金をせしめます。

アディはそこで簡易的な写真館で紙の月に座って記念写真を撮りました。

しかし本当はモーゼと一緒に撮りたかったアディでしたが、モーゼは見世物小屋に夢中で彼女の相手をしてくれませんでした。

モーゼは見世物小屋のミス・トリクシー・デライトという、魅惑的な女性のストリップに夢中のようでした。

以下、『ペーパームーン』ネタバレ・結末の記載がございます。『ペーパームーン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

一夜明けて、見世物小屋の団長と揉めたトリクシーはモーゼの車に乗り込んできました。

彼女の大荷物を持った付き人のイモジンという、15歳の黒人少女も一緒でした。

モーゼはトリクシーに夢中になっていて、彼女から愛されていると思い言いなり、アディはいつも自分が座っている助手席を、トリクシーに奪われてしまい、面白くありません。

やがて野外でランチした際に、アディはトリクシーが自動車を降りなければ、自分はこの先に行かないと言い出します。

そんなアディに歩み寄ってトリクシーは2人きりになり、男との関係はいつも上手く行かずに直ぐに終わるから安心してと、アディを説得をします。

それを聞いたアディは機嫌を直しました。しかし、モーゼは勝手にアディの道具箱からお金をチョロまかして、トリクシーに新しいドレスや新車を買っていたのを目撃すると、モーゼとトリクシーを別れさせることをアディは決めました。

アディはトリクシーの付き人イモジンを30ドルで買収し、トリクシーがホテルのフロントマンと浮気をするよう仕向けます。

アディの作戦はまんまと成功。トリクシーの浮気現場を目撃したモーゼは、彼女を残して雨の中アディと2人の旅を続けます。

ある田舎のホテルに宿泊することにしたアディとモーゼ。

目敏いアディはホテルの小さなロビーで、何やら男たちがメモを取りながら密売している様子を見つけます。

禁酒法の下、アルコールの売買は禁止されていたが、彼らは酒を密売していることをアディはこっそりと確認しました

そのことをモーゼに知らせたアディ。手持ちのお金が212ドルになってしまったモーゼとアディは密売人を一泡ふかせ騙すことを決めます。

密売人が離れの小屋に隠した酒を盗み出したモーゼは、ふたたび密売人に自分の酒を売り捌き、まんまと625ドルで売る詐欺を実行します。

商談の取引を終え、直ぐさまミズーリ州へ逃亡するモーゼとアディですが、尾行されたパトカーに車を停止させられてしまいます。

パトカーから降りてきた保安官は、酒の密売取引のことをすべて把握していました。

モーゼはシラを切りましたが、警察署に連行されてしまいます。

実はモーゼを逮捕した保安官は密売人の弟でした。2人は取り調べを受けて、取引した現金を出すように保安官に厳しく取り調べられます。

保安官はアディの道具箱にも目を付け、中に入っていたアディの母親の形見を机の上にぶちまけます。

すると、いつの間にかアディは、いつものように機転を利かせたようで、現金を帽子に隠してありました。

防止に目を付ける保安官。とっさに帽子を剥ぎ取りますが、金を見つけることはありませんでした。

それでもやがて現金625ドルが見つかるのは時間の問題。保安官の1人が朝食に出た隙に、アディは残りの保安官に道具箱の中身を片付けてもよいか尋ねます。

許可がおりて道具箱をしまう際に、テーブルの上にあった車の鍵をそっと手に入れます。

その後、アディはトイレへ行きたいと保安官に申し出ると、アディは独りで行くのは怖いので、父親のモーゼについてきて欲しいと言います。

付いて行くふりをするモーゼは、アディの掛け声とともに逃亡を図る2人は、保安官事務所前に止めてあった自動車に飛び乗るモーゼとアディ。

パトカーの追跡を振り切り、朝食に出ていた保安官が静止するのも、アディは避けるからと言いモーゼの踏むアクセルをさらに強く踏みしめます。

2人はなんとか追跡するパトカーをまくことに成功。山の中にあった一軒家の農家に逃げおうします。

モーゼは農家の主人に庭にあったオンボロのトラックと自分の新車を交換して欲しいと頼みます。しかし、母屋から出てきた農家の兄弟たちの長男は荷物を乗せられない車では納得をしませんでした。

モーゼは長男とレスリングで交換の決着をつける提案を申し出ました。心配するアディを余所に他に方法はないと言います。

すると意外にあっさり、長男をレスリングで負かしてしまいます。

オンボロトラックを手入れたモーゼとアディは、ブレーキが効かないようなトラックを何とか運転させて、ついに2人はミズーリ州に入ります。

これで管轄外の保安官たちは手は出せずに逮捕されることはありません。

しかし、一方でアディの気分はすぐれません。セントジョーゼフには後8キロほどで着いてしまうので、別れに寂しさが拭えないのです。

その逆に大金を保持していたモーゼは、銀山を買うことにします。

取引を行う相手と約束の時間になり、モーゼは現金を持って出掛けていきます。

部屋に残されたアディとは、30分後に現場で落ち合う予定でいました。

ところが、モーゼがホテルを出た矢先、目の前に保安官たちが待ち伏せしていました。

慌てて逃げ出したモーゼを追いかける保安官たちに袋小路に追い込まれます。

一方で取引場所の待ち合わせにやって来たアディ。そこに銀山の取引相手らしい男がいましたが、約束の時間に待ち合わせ場所に誰も来ていなかった様子に帰って行きました。

すると、アディの耳に弱ったモーゼの声をどこからか聞い彼女は、その声の先を探しにいくと酷く傷付けられたモーゼが倒れていました。

アディは現金を奪われてしまい落ち込んでいるモーゼに、また一緒に聖書を売ろうと励ます。

しかし、モーゼの心中には彼女を叔母の家へ送り届ける以外の選択はもうありませんでした。

アディを叔母の家に届けたモーゼ。アディはトラックの座席の脇に封書を残して玄関へ向かいますが、最後にアディは本当にパパじゃないのか尋ねますが、モーゼは父親ではない答えます。

モーゼはそのままトラックに乗って何処かへ去って行きます。

家の中に入ると叔母は無事にアディが着いたことを喜び、とても優しそうな人物でした。

家も大きく、この家にはアディの夢であったピアノもありました。しかし、アディの心中は、モーゼのことでいっぱいだった。

心残りなのかトラックを停車させたモーゼ。アディの残した封書を開けるとその中には写真が入っていました。

写真を見つめながらモーゼは、しばらくアディとの旅を思い出しています。

モーゼはアディに湧いた愛情を断ち切るように出発しようとする。トラックのルームミラーの向こうにアディの走ってくる姿が映っていました。

モーゼは車から降りると、もうゴメンだと言ったろうとアディを叱りますが、アディは200ドルを貸してと言い返します。

アディとモーゼは対峙すると、ブレーキの壊れていたトラックが勝手に動き出します。

2人は慌ててオンボロのトラックを追いかけます。2人を乗せたトラックは、どこまでも運命のように続く坂道を走っていきました。

スポンサーリンク

3.映画『ペーパームーン』の感想と評価

見どころ1:名作としての映画のお手本であるペーパームーン』

本作の演出を務めたのはピーター・ボグダノヴィッチ監督。言わずと知れたシネフィルの元祖的な存在です。

彼ほど映画を知っている監督もそう多くないと言っても過言ではないでしょう。

最近のシネフィルな監督といえば、真っ先にクエンティン・タランティーノ監督を思い出す人も多いかもしれません。

2014年のピーター監督作品の『マイ・ファニー・レディ』にクエンティンが本人役で出演していた背景には、新旧シネフィルの共作という楽屋ネタ的な意味合いがあったのでしょう。

本作『ペーパー・ムーン』の詐欺師行為を見ると、真っ先に思い出す映画といえば、のは1921年のチャールズ・チャップリンの名作『キッド』の窓ガラス売りの親子の詐欺師場面でしょうか。

ほかにも、本作と似たような作品には、「午前十時の映画祭8」でラインナップされた1980年のジョン・カサヴェテス監督の『グロリア』の擬似親子の展開を思い出す人もいるでしょう。

もちろん、1974年のヴィム・ヴェンダース監督の『都会のアリス』も、そっくりですよね。

さらには月に座って写真を撮るという行為が、ウディ・アレン監督の『ギター弾きの恋』のバンド演奏のセットと同じようだなと、感じた人もいるでしょう。

邦画でタイトル『紙の月』という、吉田大八監督の作品もありましたね。

このように名作される映画は、必ず作品単体でも十二分に成立はしているものの、数多くの他の映画と共鳴し合う特徴を持っています

見どころ2:ペーパームーンの歌に込めたテーマ性

本作の冒頭でタイトルクレジットのデザインも古風な時代表現として印象的ですが、何と言ってもテーマ曲が素晴らしいですよね。

楽曲の歌詞にある「♪それはただの紙の月だけど、見せかけの月ではないわ。もしあなたが信じるなら♪」。

この歌詞の内容が、映画のアディとモーゼの関係を示しています

9歳のアディの母親ロギンスは3人の男と付き合っていました。本作のなかでは本当の父親が誰なのかはハッキリとは明かされていません

もちろんモーゼとアディの役を演じたのは、実の親子であるライアン・オニールとその娘ティータムです。

劇中の台詞にある「アゴが同じ」どころか、実生活で血の繋がった親子なのですから、目や顔形などそっくりです。

これもまた配役の妙みといえ、ピーター監督の演出を大いに生かした点です。

観客のあなたは物語の中の彼らを見ているうちに、本当の親子でないかと感じさせてしまう効果があります。

アディの可愛らしさや、モーゼと息のあったアディの詐欺行為や口喧嘩を楽しみながら、愛着を感じていきます。

見どころ3:本当のパパは問題ではない、信じること

夜に働きに出ていたていた母親ロギンスのいない寂しさを埋めるために、アディはラジオを聴き始めたのでしょう。

彼女の大人びた会話や天才的詐欺の能力はそこから学習したものです。

また、貧しいからこそ、温かなお湯の入ってるお風呂や、ピアノのある夢のような豊かな暮らしに憧れていたアディ。

しかし、それは劇中で彼女だけの夢ではなく、アメリカの国民の多くはそう思っていた時代なのです。

聖書を売りつけられた未亡人や、その子だくさん兄弟たちは同じなのかもしれません。

そして何よりもダンサーのトリクシーは、アディの欲しかったものを台詞として、ベットの上で付き人のイモジンにいう場面も登場します。

(それは後半に登場したミズーリ州の叔母の家にはすべてが整っていました

もちろんイモジンとて、貧しい実家にいるよりも、こき使われたあの状況の方がマシなのですから、彼女とて本当なら夢があるのでしょう。

豊かに暮らしたいという夢を持っていたアディが、そのすべてが揃った叔母の家での暮らしを捨てて、モーゼとの生活をラストシーンで選択します。

その際に一番重要で大切なことは、モーゼが本当の父親であるかどうかの真実や真相よりも、“アディがパパだと信じる”ことです。

ペーパームーンの楽曲の歌詞にあった、「♪それはただの紙の月だけど、見せかけの月ではないわ。もしあなたが信じるなら♪」。

血の繋がりではなく、あかの他人だとしてもパパだと信じきる行動が、“最も強い生きる力”なるのです。

そのような夢をこの時代の1930年代のアメリカにはまだあったということでしょう。

アディが「まだ200ドル返してもらってない」と言い、ラストシーンモーゼと対峙ます。

するとポンコツなトラックは先に走り出していく様子は、2人の運命のメタファー(神のイタズラか?)です。

何か欲しいものを簡単に手に入れてしまうよりも、そこに苦労しながらも向かっている方が幸せなのかもしれません。

その象徴が本作や楽曲の歌詞にある【本物ではない月の上で記念写真を撮る行為】なのです。

この章にあげたYouTubeにある画像を見ると、当時のアメリカ庶民の星(月)に願いを込めていた様子がなんとなく理解できるかもしれませんよ。

まとめ

参考映画:ジョルジュ・メリエス監督の『月世界旅行』


アディのように月に座った場面が一番初めに映画に登場したのは、『ペーパー・ムーン』ではありません。

1902年にジョルジュ・メリエス監督の『月世界旅行』の一場面に登場します。

名作映画は他の作品と共鳴し合うと言いましたが、まるで星座のように繋がっているものです。

ここで並べた講釈を抜きにしても、アディ役を演じたティータム・オニールを見るだけでも可愛らしくて、十二分に名作といえる作品です。

スポンサーリンク

関連記事

ヒューマンドラマ映画

がんちゃん映画Vision(ビジョン)あらすじ。岩田剛典の演技力は?

河瀬直美監督の映画『Vision』は、6月8日より全国ロードショー。 今やフランスをはじめ海外から高い評価を受ける河瀨直美監督。彼女が故郷の奈良を舞台に、『イングリッシュ・ペイシェントで米アカデミー賞 …

ヒューマンドラマ映画

実写映画『リバーズエッジ』二階堂ふみ・吉沢亮らの演技力の評価は

岡崎京子の原作漫画が行定勲監督の手によって映画化! 二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵ら若手実力派が岡崎ワールドを体現。 主題歌を担当するのは岡崎京子の盟友である小沢健二。 2月16日(金)より公開中の『リバ …

ヒューマンドラマ映画

映画グレイテストショーマンあらすじとキャスト。実話バーナムの評価とは

映画『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフが再び集まったミュージカル映画。 華麗な歌声を披露した映画『レ・ミゼラブル』のヒュー・ジャックマンが主演を務める、2018年見逃せない大作です。 大注目の2月16日 …

ヒューマンドラマ映画

映画『あさひなぐ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

大人気アイドルグループ「乃木坂46」の西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花らが出演した話題の映画『あさひなぐ』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『あさひなぐ』の作品情 …

ヒューマンドラマ映画

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

台湾の名匠エドワード・ヤンの代表作にして映画史上に残る傑作『牯嶺街少年殺人事件』をご紹介します。日本では92年に劇場公開され、ソフト化もされましたが、その後、複雑な権利関係のため、長らく劇場公開もソフ …

日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP