Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/07/11
Update

映画『今日も嫌がらせ弁当』あらすじネタバレと感想。篠原涼子と芳根京子が本当の親子のように喜怒哀楽をぶつけ合う

  • Writer :
  • もりのちこ

親子の愛情の形はそれぞれ。お弁当に込められたメッセージに涙する。

シングルマザーの母親と反抗期の娘。母親がとった愛情表現に感服です。

実際にAmebaブログで「デイリー総合ランキング」1位となった「Kaori(ttkk)の嫌がらせのためのお弁当ブログ」をもとに書籍化されたエッセイを、篠原涼子と芳根京子の共演で映画化。

アイデア満載のキャラ弁。手間暇かけた手作りのお弁当には見た目とは反対に愛情がいっぱい詰まっていました。伝えたいメッセージをお弁当に詰める発想の面白さ。

反抗期の娘に手を焼いているお母さん、お父さん。子供とどう向き合うべきか、映画『今日も嫌がらせ弁当』にはそんなヒントが満載です。

映画『今日も嫌がらせ弁当』の作品情報


(C)2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
【日本公開】
2019年(日本)

【原作】
Kaori(ttkk)

【監督】
塚本連平

【キャスト】
篠原涼子、芳根京子、松井玲奈、佐藤寛太、岡田義徳、村上知子、佐藤隆太、ダンディ坂野、小島よしお、スギちゃん、橋本小雪、中野聡子

【作品概要】
人気ブログ「Kaori(ttkk)の嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」の書籍化を受け、今回映画化もされた『今日も嫌がらせ弁当』。

監督は、『僕たちと駐在さんの700日戦争』『レオン』の塚本連平監督。自ら脚本も手掛けました。

母親・かおり役に篠原涼子。反抗期の娘・双葉役に芳根京子。また姉の若葉役に元AKB48の松井玲奈が登場。3人の仲良し家族ぶりにも注目です。

映画『今日も嫌がらせ弁当』のあらすじとネタバレ


(C)2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
ここは、自然豊かな八丈島。母親かおりと、まだ幼い若葉と双葉の姉妹は、楽しそうに海沿いを歩いています。

妹の双葉は「大きくなったら、一緒にレストランをやるの」と、本当にお母さんのことが大好きです。

なんてことを言っていたのも、12年前。夫の島次郎が事故で亡くなり、かおりは女手一つで姉妹を育ててきました。

長女の若葉は高校を卒業後、家を出て地元のお菓子工場で働いています。次女・双葉は反抗期の真っただ中。

毎朝、寝起きの悪い双葉との攻防戦を繰り広げ、お弁当を持たせるも、お礼の一言も言わない双葉。かおりの一方的な喋りにも、ラインで答える始末です。

かおりの一日は忙しく過ぎます。朝早くからお弁当を作り、双葉を送り出した後、仕事へ。夕ご飯を作りに家に戻り、夜は居酒屋でアルバイト。家では内職もしています。

2人の子供を育てることに一生懸命だったかおりは、姉妹に寂しい思いをさせてきたことを申し訳なく思っていました。

2人の姉妹もそんな母親の姿に寂しさを覚えながらも、愛情いっぱい育ててくれた母親のことが大好きです。

しかし、反抗期の双葉は素直になれず、かおりの言葉を聞こうともしません。そんな双葉に手を焼くかおり。

双葉は高校生になりました。高校へもお弁当を持って行きます。ある夜、かおりが内職をしていると、台所のお弁当箱が光り輝いて見えました。かおりは、良いことを思いつきました。

双葉は、相変わらず朝が苦手で、持たされたお弁当のお礼も言わず高校へと向かいます。

お昼の時間、お弁当を開けるとそこには、可愛らしい赤ずきんちゃんがいました。キャラ弁です。周りの友達に冷やかされ恥ずかしい思いをする双葉。

かおりは、高校生になった双葉に宣戦布告をします。「あなたが態度を改めるまで、嫌がることをします」。

「どうゆうこと」。怒鳴りながら帰ってくる双葉。そんな双葉の態度に「しゃべったな。しかも、完食だし」と、にやけるかおり。作戦は成功です。

それ以降、親子の弁当バトルは加速していきます。時間がない中で、弁当のネタに悩むかおりは、お笑い芸人のスギちゃんや小島よしお、恐怖の貞子弁当と暴走気味です。

完食しないと負けた気がすると、双葉も負けじと食べ続けます。

もともと料理の得意なかおりのキャラ弁は、見た目も味も評判になります。学校ではお昼の時間にキャラ弁を見に来る生徒でいっぱいです。

双葉の幼なじみ、達雄もそのひとりです。密かに達雄に思いを寄せる双葉はそのたびにドキドキ、母のキャラ弁が2人の距離を近づけてくれました。

キャラ弁攻撃は次の段階に移ります。それは、「皿は片せや!」などメッセージが書かれたお弁当へ進化します。

お弁当に書かれたメッセージはたちまち島中に知れ渡たり、帰り道では「双葉ちゃん、皿は片付けたほうがいいよ」と、皆に声を掛けられます。しぶしぶ、皿の片づけを始める双葉。どうやら、効果ありのようです。

かおりは、嫌がらせ弁当をネタにブログを開設します。嫌がらせ弁当だけど、手作りの愛情弁当は、面白いと話題になります。

東京では、シングルファーザーの岡野が、かおりのキャラ弁をまねて、息子の健太郎へのお弁当作りに奮闘していました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『今日も嫌がらせ弁当』ネタバレ・結末の記載がございます。『今日も嫌がらせ弁当』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
双葉は高校三年生になり、進路を決める時期に差し掛かっていました。

自分が何をしたいのか。島にいたいのか、出たいのか。自分の気持ちもわからない双葉は、「私は宇宙でたった一人なの」と、孤独感でいっぱいです。

そんな時、双葉が思いを寄せていた幼なじみ・達雄が、八丈太鼓で全国を目指し東京へ行くことを知ります。

自分も東京で就職して、達雄の側にいたい。双葉は東京で就職先を探すことにします。

「私、東京で就職する」。かおりにはラインで知らせるだけ。それでも、かおりは「あなたが決めたのなら頑張りなさい」と背中を押します。

達雄が東京の大会へ旅立つ時、双葉は勇気を出してお弁当を差し入れしようと決意します。素直ではないけれど、かおりにメッセージ弁当の作り方を聞きます。

反抗期の娘の変貌に驚くも、嬉しそうに教えるかおり。「頑張って」の文字入り弁当が完成しました。

お弁当を持って、フェリー乗り場に向かう双葉でしたが、達雄の元に同じ高校の女子がお弁当を持って現れます。親し気に腕を組む2人。それは初めての失恋でした。

落ち込む双葉の元へかおりは静かに寄り添います。「お弁当一緒に食べようか」。

そんな時、東京の就職試験の落選の知らせが入ります。恋も就職もダメだったショックで双葉は自暴自棄になります。

かおりは、お弁当でメッセージを伝えます。「無駄なことはない」と書かれたお弁当。それを、双葉は怒りで床にたたきつけてしまいます。「何をやっても無駄なんだよ」。すれ違う親子。双葉は、家を飛び出してしまいます。

家を出た双葉は姉の若葉の所にいました。若葉が出してくれたオムライスは、持丸家の定番でした。

「なんで持丸家の月末にオムライスが多いか知ってる?」姉の若葉の問いに分からないと答える双葉。「給料日前の家計にオムライスは最適だったからだよ」。

家の事情なんて気にしたことがなかった双葉は、母の苦労を知ります。何も知らず、わがままを押し付け困らせてばかりいた自分を反省します。

「ごめんなさい」。素直に謝る双葉にかおりは「やっぱり無駄なことはない」と書かれたお弁当を渡します。

双葉は、東京で食品会社の就職が決まりました。そして高校卒業まであとわずかです。

その日は突然、激しい雨が降りました。慌てて洗濯物を取り込むかおりは、外でそのまま倒れてしまいます。

自分のせいだと後悔する双葉は、島に残るから一緒にレストランをやろうと言い出します。

そんな双葉に、かおりは「いいかげんにしなさい。社会人になるんだから。今のあなたに何が出来るの?ここにあなたの居場所はありません」厳しい言葉を投げかけます。

どうしても素直になれない2人。それでも、卒業式のお弁当を作りたいと、かおりは病院を抜け出します。

一方、東京では、岡野のお弁当作りが続いていました。しかし、息子の健太郎はお父さんの作るキャラ弁を捨てていました。

それを幼稚園から知らされた岡野はショックを受け、健太郎を問いただします。「ママは僕の話を聞いてくれたもん」。健太郎はお弁当よりもパパと、もっとお話しをしたかっただけなのです。

ただの嫌がらせ弁当になっていたことに気付いた岡野は、健太郎の寂しい気持ちにも気付きました。

「憎くて、可愛くて、ムカつくんだけど、愛おしい」親が子を思う気持ちは、かおりも岡野も、どの親も一緒です。

八丈島では高校の卒業式が行われていました。朝方、若葉によって届けられた特大お弁当。双葉は、皆が集まる教室で母の最後のお弁当を広げます。

蓋を開けると、卒業証書が現れました。「卒業おめでとう」込められたメッセージは3年間の思い出を蘇らせ、感謝の気持ちを起こさせます。号泣する双葉。クラスの皆で美味しくいただきました。

卒業式から家に帰った双葉は、綺麗にお弁当箱を洗います。そして、母へ感謝の気持ちを込めてお弁当を作りました。次の日、双葉は東京に旅立ちます。

朝にお弁当を病院に届けたのは、またしても姉の若葉でした。「元気でね」と書かれたお弁当には、手紙が添えられていました。

お母さんの料理が大好きだから、就職先は食品会社に決めたこと、無駄なことは何もないと思えるようになったこと、そしてここまで育ててくれた母を尊敬していること。双葉の思いが素直に綴られていました。

若葉に無理を言って、双葉の見送りに向かうかおり。フェリーはすでに出航していましたが、手を振るかおりと若葉の姿に双葉が気付きます。

「愛してるよ!」叫ぶかおり。「お母さん、元気でね。いってきます!」大きく手を振り返す双葉。そこには、お互いを思う親子の愛が溢れていました。

双葉の見送りを終えたかおりと若葉は、島に観光に来ていた親子に会います。それは、東京から遊びにきた岡野と健太郎の親子でした。

お弁当が繋いだ縁です。これからも楽しい日々が続きそうです。

映画『今日も嫌がらせ弁当』の感想と評価


(C)2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

手作りのお弁当は、日本人には特に馴染み深いものです。かく言う私も、中・高と母から毎日、お弁当を作ってもらっていました。

基本的に和食中心の我が家では、魚料理が多く、なんとも渋いお弁当でした。友達のお母さんが作ったお弁当は、彩りも良く美味しそうに見え、正直うらやましいと思っていたものです。

しかし、大人になって気付いたことは、母は母なりに配色や栄養のバランスを考え、お弁当を作ってくれていたということです。

自営業で毎日忙しく働く母が、いつ時間を作りお弁当を作っていたのか。当時の私は、気にすることもありませんでした。文句を言ったこともあるかもしれません。

それでも母は、いつも変わらずお弁当を作ってくれました。母からの無償の愛に甘えていたのです。

映画では、娘の双葉は反抗期真っ只中です。自分のことばかりで、母親のかおりのことを思いやる余裕もありません。それはやはり甘えからくるものでした

そんな反抗期の娘に、会話を諦めることなく、果敢に話しかけて行く母・かおり。うざがられても、無視されても、世話を焼きます。

娘とのコミュニケーションを取るために、かおりはキャラ弁を作ることを思いつきます。そのメッセージの伝え方が素敵です。

見た目も派手で面白いお弁当は、年頃の娘にとって恥ずかしいものでしたが、いつしかお弁当に込められた母からのメッセージに気付きます。

高校卒業の日のお弁当は、かおりの思いと、双葉の思いが通じ合う傑作となりました。お弁当の蓋を開けた瞬間。涙があふれて止まりませんでした。

お弁当の中には、たっぷりの愛情が詰まっていました

映画で親子役を演じた篠原涼子と芳根京子は、本気で怒鳴り合ったり、笑い合ったりする姿が本当の親子のように見えました

篠原涼子は、時には意味不明なダンスを踊り、時には変顔で笑わせたり、天真爛漫な母親かおりを魅力的に演じています。忙しくて髪の毛ボサボサでも可愛らしい母親姿にほっこり。

また、姉の若葉役には元AKB48グループの松井玲奈が登場。素直になれない親子の中を取り持つ重要な役柄です。松井玲奈が本来持つ、ふんわりとした癒し系の存在感が全体を温かい雰囲気にしています。

まとめ


(C)2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

人気ブログ「Kaori(ttkk)の嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」をもとに書籍化されたエッセイを、篠原涼子と芳根京子の共演で映画化した『今日も嫌がらせ弁当』を紹介しました。

まさに今、親にお弁当を作ってもらっている学生の皆さん、そして、毎日お弁当作りを頑張っているお母さん、お父さんには必見です。

どんなに、ぶつかっても、すれ違っても、お互いを思う愛情があればきっと大丈夫。どんな形であれ、その思いを伝えることを諦めない限り、親子は分かり合えるのではないでしょうか

反抗期の娘とのユーモア溢れるバトルと、驚きのキャラ弁の数々をお楽しみ下さい。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『あゝ、荒野』無料視聴はU-NEXT。4話あらすじネタバレと感想も

今最も熱い若手俳優・菅田将暉の主演作が、寺山修司・原作の映画化として上映されます。 いよいよ配信版も、劇場版の後編にあたるストーリーに入っていきます。 第4話でもいきなり新次とバリカンの間に驚きの関係 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】愛しのアイリーン|映画監督吉田恵輔×内田春菊トークショーリポート

閉鎖的な地方の農村に、フィリピン人女性が嫁いだ事で巻き起こる騒動を描く、映画『愛しのアイリーン』。 吉田恵輔監督が現代社会が抱える問題点を、手加減無しで描く『愛しのアイリーン』。 今回は2018年9月 …

ヒューマンドラマ映画

映画『タイニー・ファニチャー』あらすじとキャスト。感想レビューも

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

映画『破戒』ネタバレ結末感想とあらすじ解説評価。間宮祥太朗の熱演による差別問題を現代に問いかける

部落出身であることを隠して生きる瀬川丑松の葛藤と苦しみ、理不尽な差別を描く 島崎藤村の不朽の名作『破戒』は、1948年に木下恵介監督、1962年に市川崑監督によって映画化。 60年の歳月を経て、202 …

ヒューマンドラマ映画

『FUNNY BUNNY』あらすじ感想と評価解説。映画化キャストの中川大志がダークヒーローを熱演!

世界を救うのは、いつだって想像力だ。 想像の先で、聞けなくなった声を聞こう。 『虹色デイズ』『ステップ』の飯塚健監督によるオリジナル戯曲『FUNNY BUNNY』が、中川大志を主演に迎え映画化となりま …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学