Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/03/18
Update

映画『さよなら、僕のマンハッタン』あらすじとキャスト。上映劇場どこ?

  • Writer :
  • 西川ちょり

映画『さよなら、僕のマンハッタン』は、4月14日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他、全国順次公開!

マーク・ウェブ監督が『(500)日のサマー』で長編デビューする前から映画化を熱望していたという青春ドラマ『さよなら、僕のマンハッタン』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『さよなら、僕のマンハッタン』の作品情報


(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
The Only Living Boy in New York

【監督】
マーク・ウェブ

【キャスト】
カラム・ターナー、ジェフ・ブリッジス、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、カーシー・クレモンズ、テイト・ドノバン、ウォーレス・ショーン、ジョン・ボルジャー、ビル・キャンプ

【作品概要】
『(500)日のサマー』や『gifted/ギフテッド』などの作品で知られるマーク・ウェブ監督が、『(500)日のサマー』よりも描きたかった青春ドラマがついに完成。

サイモン&ガーファンクルの名曲にのせて贈るNYへのラブレターとなっています。

カラム・ターナー(トーマス役)のプロフィール


(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
1990年2月15日生まれ。イギリス・ロンドン出身。

2010年よりモデルとして仕事を始め、その後、俳優に転身。2011年の『ZERO』(David Barrouk監督)で映画デビューを果たします。

『クィーン アンド カントリー』(2014/ジョン・ブアマン監督)で、2014年に英国アカデミー賞ブレイクスルー・ブリッツの一人に選出され、NHKでも放映されたBBC製作のTVシリーズ『戦争と平和』(2016)にも出演しています。

その他『グリーンルーム』(2016/ ジェレミー・ソルニエ監督)、『アサシン クリード』(2016/ジャスティン・カーゼル監督)、第29回東京国際映画祭コンペティション部門上映作品でNetflixの『浮き草たち』(2016・未/アダム・レオン監督)などに出演。

2018年公開予定の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では、エディ・レッドメイン演じる魔法動物学者、ニュート・スキャマンダーの兄、テセウス・スキャマンダー役に抜擢されました。

今最も期待される若手俳優の一人です。

スポンサーリンク

ジェフ・ブリッジス(W.F.ジェラルド役)のプロフィール

参考映像:『ラスト・ショー』(1971)

1949年12月4日生まれ。アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス出身。

両親も兄も俳優という芸能一家に生まれ、1歳で俳優デビュー。

1971年にピーター・ボクダノビッチ監督の『ラスト・ショー』で第44回アカデミー賞助演男優賞を受賞します。

その後も『サンダーボルト』(1974/マイケル・チミノ監督)、『ザ・コンテンダー』(2000/ロッド・ルーリー監督)、Netflix製作・配信の『最後の追跡』(2016・未公開)でアカデミー賞助演男優賞にノミネート。

『スターマン/愛・宇宙はるかに』(1984)、『トゥルー・グリット』(2010/ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督)ではアカデミー賞主演男優賞にノミネートされています。

2009年、スコット・クーパー監督の『クレイジー・ハート』でついに第82回アカデミー賞
主演男優賞
を獲得しました。

その他、『夕陽の群盗』(1972/ロバート・ベントン監督)、『天国の門』(1981年マイケル・チミノ監督)、『白と黒のナイフ』(1985/リチャード・マーカンド監督) 『恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』(1990/スティーブ・クローブス監督)、「フィッシャー・キング」(1991/テリー・ギリアム監督)など多数の話題作に出演。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)ではアメリカのスパイ機関ステイツマンのシャンパン役を演じ、貫禄をみせつけました。

長年に渡りトップ俳優としてアメリカ映画界を引っ張る唯一無二の存在です。

本作では主人公トーマスに様々な助言を与える謎の隣人を演じています。

ピアース・ブロスナン(イーサン役)のプロフィール

参考映像:『007 ゴールデンアイ』(1995)

1953年5月16日生まれ。アイルランド・ダブリンの近郊ナバン出身。

イギリス・ロンドンのドラマ・センターで演技を学び、舞台役者として活動。『長く熱い週末』(1980・未公開/ジョン・マッケンジー監督)でスクリーンデビューを果たします。

米テレビシリーズ「探偵レミントン・スティール」(1982~87)で一躍有名俳優になります。

「007」シリーズ第17作『ゴールデンアイ』(1995/マーティン・キャンベル監督)で、5代目ジェームズ・ボンドに就任。

『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997/ロジャー・スポティスウッド監督)、『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999/マイケル・アプテッド監督)、『007/ダイ・アナザー・デイ』(2002/リー・タマホリ監督)を全て大ヒットさせ、「007」シリーズの人気を蘇らせました。

その他の出演作にロマン・ポランスキー監督のサスペンス映画『ゴーストライター』(2010)、南イタリアを舞台にしたラブロマンス『愛さえあれば』(2012/スサンネ・ビア監督)、ハラハラドキドキの脱出劇『クーデター』(2015/ジョン・エリック・ドゥードル監督)などがあり、アクションから甘いロマンスまで幅広い役柄を演じています。

2018年夏、大ヒットミュージカル映画「マンマ・ミーア!」の続編『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(2018/オル・パーカー監督)の公開が控えています。

スポンサーリンク

5.映画『さよなら、僕のマンハッタン』のマーク・ウェブ監督とは?

参考作品:『(500)日のサマー』(2009)

1974年8月31日、アメリカ、インディアナ州のブルーミントン生まれ。

ミュージックビデオを数多く手掛け、リーン・デイの「21 ガンズ」、AFIの「ミス・マーダー」などの作品で、MTVビデオ・ミュージック・アワードを受賞しています。

長編映画デビュー作『(500)日のサマー』でゴールデン・グローブ賞2部門ノミネートほか数々の賞を受賞。

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットとズーイー・デシャネル扮する男女の苦い恋の顛末を、ミュージカルシーンも含む軽快な演出で描き、世界中で多くのファンを生み出しました。

映画監督としても高く評価され、『アメイジング・スパイダーマン』(2012)の監督に抜擢。大ヒットさせ、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)でも監督を務めました。

また、2017年には『gifted/ギフテッド』を監督。7歳の天才数学少女を演じたマッケナ・グレイスの天才的演技を引き出し、家族映画の傑作として評価されました。

そんな彼が、脚本に惚れ込み、長年映画化を熱望していたという『さよなら、僕のマンハッタン』。果たして今回はどのような世界を展開してくれるのでしょうか。

映画『さよなら、僕のマンハッタン』のあらすじ


(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

トーマス・ウエブは、大学卒業を機にアッパー・ウエストサイドにある親元を離れ、ロウワー・イーストサイドのアパートで一人暮しを始めました。

そこで彼は風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出逢います。まだ何者でもない自分に悩むトーマスに、W.F.は様々な助言を与えてくれるのでした。

ある日、想いを寄せる古書店員のミミと行ったナイトクラブでトーマスは、父が愛人のジョハンナと密会しているのを目撃してしまいます。

早速、W.F.に相談し、助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるトーマス。

しかし、「あなたの全てを知っている」とジョハンナから囁かれ、謎めいた彼女の魅力に次第に溺れていきます。

W.F.とジョハンナと出逢ったことで、退屈で平凡だったトーマスの生活がにわかにざわめき始めました…。

公開上映される劇場は


(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

【北海道地区】
北海道 札幌シネマフロンティア 順次公開予定

【東北地区】
青森 フォーラム八戸 6/22(金)~

岩手 フォーラム盛岡 6/22(金)〜

宮城 MOVIX仙台 順次公開予定

秋田 ルミエール秋田 6/29(金)

山形 フォーラム山形 6/29(金)~

福島 フォーラム福島 6/22(金)~

【関東地区】
埼玉 MOVIXさいたま 4/14(土)~

千葉 千葉劇場 5/19(土)~

東京 丸の内ピカデリー 4/14(土)~
東京 新宿ピカデリー 4/14(土)~
東京 MOVIX昭島 順次公開予定

神奈川 シネマジャック/ベティ 6/9(土)~

群馬 MOVIX伊勢崎 6/22(金)~

【中部地区】
新潟 新潟・市民映画館シネ・ウインド 6/9(土)~

石川 シネモンド 6/2(土)~

長野 長野ロキシー 6/9(土)~

静岡 静岡シネギャラリー 5/12(土)~
静岡 CINEMAe_ra 5/26(土)~

愛知 ミッドランドスクエア シネマ 調整中

三重 伊勢進富座本館 順次公開予定

【近畿地区】
京都 MOVIX京都 4/14(土)~

大阪 なんばパークスシネマ 4/14(土)~
大阪 テアトル梅田 4/14(土)~

兵庫 神戸国際松竹 4/14(土)~

【中国・四国地区】
岡山 シネマクレール丸の内 6/2(土)~

広島 夢売劇場 サロンシネマ1・2 順次公開予定

香川 ホール・ソレイユ 5/26(土)~

愛媛 シネマルナティック 5/12(土)~

【九州・沖縄地区】
福岡 KBCシネマ 4/14(土)~

長崎 長崎セントラル劇場 6/9(土)~

熊本 Denkikan 順次公開予定

鹿児島 天文館シネマパラダイス 5/26(土)~

沖縄 桜坂劇場ホール 5/12(土)~

*上記に記載された上映される劇場の情報は、は4月14日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や順次公開される劇場もございます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページをご覧ください。

まとめ


(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

サイモン&ガーファンクルの名曲「ニューヨークの少年(The Only Living Boy in New York)」に乗せ、大人になりきれずに迷うニューヨークに住む青年の青春の日々が描かれます。

アラン・ローブによる脚本にマーク・ウェブ監督が惚れ込み、10年以上の歳月をかけて映画化を実現させました。

主人公の青年トーマスを演じるのは、人気急上昇中の英国俳優カラム・ターナー。誰もが悩み立ち止まる若き日々の姿を彼が如何に演じているか注目です!

謎めいた隣人W.F.には、ジェフ・ブリッジス、トーマスの父親にピアーズ・ブロスナンが扮しています。

父親の愛人ジョハンナを演じるのは、『アンダーワールド』シリーズ(2003~2016)などで知られるケイト・ベッキンセール.

TVシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』のミランダ役でブレイクし、『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』(2016/テレンス・デイビス監督)で主演を務めたシンシア・ニクソンや、『DOPE/ドープ!!』でオタク三人組の一人を演じ注目された若手女優カーシー・クレモンズなど、新旧豪華キャストの共演が実現しました。

セントラル・パーク、ブルックリン美術館、パティ・スミスも働いた古書店など、監督が愛するNYの名所もふんだんに登場するとのこと。

『(500)日のサマー』でLAを魅力的に撮ったマーク・ウェブ監督がどのようにNYの風景を切り取るかにも是非注目してみてください。

映画『さよなら、僕のマンハッタン』は、4月14日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他、全国順次公開されます!


(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『罪と女王』感想と考察。映画クィーン オブ ハーツは結末ラストまで女性監督が欲望で追い詰められた人間を描く

映画『罪と女王』は2020年6月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺、シネ・リーブル梅田、他にて公開。 『罪と女王』は、欧米の批評家から絶賛されたデンマークとスウェーデンの …

ヒューマンドラマ映画

映画『ビューティフル・ボーイ』ネタバレ感想。ティモシー・シャラメが朗読する詩が胸に迫る

すべてを超えて愛している 『君の名前で僕を呼んで』で大反響を巻き起こしたティモシー・シャラメがドラッグ依存で堕ちていく少年を演じた映画『ビューティフル・ボーイ』。 ドラッグ依存で苦しむ息子と、そんな彼 …

ヒューマンドラマ映画

映画『トイレのピエタ』ネタバレ感想。黒澤明の名作『生きる』の血脈を継ぐ力強い作品

最期の夏、世界にしがみつくように、恋をした。 画家を諦め、遂には余命宣告を受けた青年が、純粋と激情に溢れた少女と出会ったことで生きる意味と向き合うヒューマンドラマ映画。 人気ロックバンド「RADWIM …

ヒューマンドラマ映画

『エレファント・マン 』解説と内容考察。4K版で映画監督デイヴィッド・リンチが改めて“人間の尊厳”を問う

鬼才デイヴィッド・リンチの不朽の名作が4K修復版でよみがえる 第53回アカデミー賞にて、作品賞、主演男優賞、監督賞など主要8部門ノミネートされた、1980年製作の『エレファント・マン』。 この不朽の名 …

ヒューマンドラマ映画

映画『さよならくちびる』ネタバレ感想。ハルレオ主題歌を提供した秦基博&あいみょんの楽曲を門脇麦と小松菜奈が熱唱!

二人とも本当に解散の決心は変わらないんだな? インディーズで人気を誇る女性デュオ〈ハルレオ〉の二人は、解散を決めた。 門脇麦と小松菜奈が初共演。秦基博とあいみょんが映画のために書き下ろした歌を二人が奏 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学