Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『エデンの東』ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。ジェームズディーン名作おすすめは“父と子の深い愛”に涙する

  • Writer :
  • 谷川裕美子

永遠のスター、ジェームズ・ディーンの煌めく魅力を映し出す名作

ジェームズ・ディーンが映画初主演を務め、スターの地位を確立した青春映画の金字塔『エデンの東』。家族との愛に飢える孤独で純粋な主人公の青年・キャルと家族との確執を描き出します。

『欲望という名の電車』(1952)『波止場』(1954)の名匠エリア・カザン監督が、旧約聖書のカインとアベルの物語をベースにしたジョン・スタインベックの同名小説を実写化しました。

アカデミー賞で監督賞はじめ数々の賞にノミネートされたほか、ゴールデングローブ賞作品賞やカンヌ国際映画祭映画賞も受賞しました。

共演はジュリー・ハリス、レイモンド・マッセイ、ジョー・ヴァン・フリート。

スポンサーリンク

映画『エデンの東』の作品情報


(C)1954 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

【公開】
1955年(アメリカ映画)

【原作】
ジョン・スタインベック

【脚本】
ポール・オズボーン

【監督・製作】
エリア・カザン

【出演】
ジェームズ・ディーン、ジュリー・ハリス、レイモンド・マッセイ、ジョー・ヴァン・フリート、リチャード・ダヴァロス

【作品概要】
永遠のスター俳優、ジェームズ・ディーンの映画初主演作。彼はこの一作でスターの座に駆け上り、その後も『理由なき反抗』(1956)『ジャイアンツ』(1956)などの名作に出演しました。

監督を、アカデミー賞4冠の名作『欲望という名の電車』(1952)や8冠の『波止場』(1954)、『草原の輝き』(1961)、『紳士協定』(1987)など数々の名作を生み出した巨匠エリア・カザンが務めています。

ジョン・スタインベックの同名小説を原作に、後半部分をポール・オズボーンが脚色しました。

共演はジュリー・ハリス、レイモンド・マッセイ、リチャード・ダヴァロス。主人公キャルの母を演じたジョー・ヴァン・フリートはアカデミー賞助演女優賞を受賞しています。

映画『エデンの東』のあらすじとネタバレ


(C)1954 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

1917年、アメリカカリフォルニア州の静かな町サリナスに住むキャルは、列車の屋根の上に乗って漁港モントレーまで行き、中年女性のケートの後をつけていました。

酒場を経営する商売女のケートは、死んだと聞かされていた彼の母親かもしれない女性でした。会って話をしたいと言うキャルを、用心棒が追い返します。

帰宅すると、きょうだいのアロンとその恋人のアブラがいました。父のアダムと折り合いが悪いキャルに対し、アロンはかわいがられていました。

野菜を冷蔵保存するアイデアに夢中のアダム。しかしキャルは、アメリカが参戦すれば大豆トウモロコシで儲かるから氷はいらないと言ってしまいます。

ストレスから自分の感情をコントロールできず、氷を壊し始めるキャル。聖書を引用しながら彼を叱る父に、キャルは自分は昔から腐ってるがアロンはいい子だ、自分は悪だけ譲られたと落ち込みます。父は「違う。人は道を選べる」と必死で語りかけます。

生きている母についてキャルは父に問います。父は息子たちを苦しめないために嘘をついていました。

双子が生まれた後、東部に行ったと話す父に、母は悪人なのかと聞くキャル。父は、母には何かが欠けており、憎しみにあふれた女だったと答えます。そして「手がきれいだった」と。

自分がどんな人間かを知りたいからもっと話してとキャルはすがりますが、父は何も便りがないと言うばかりでした。

再びキャルはケートの酒場に向かい、彼女がイスで眠っていた部屋に入り込みます。手袋をした彼女の手をみつめるキャル。正座して話があるから聞いてほしいとケートに言いますが、保安官に引き渡されてしまいます。

父の旧友だった保安官は、アダムとケートの結婚写真を見せました。ケートが母と確信したキャルは、「ケートは悪い女だし僕も悪い子だからそうだと思った。母も父も憎い」と言います。

保安官はケートは美人で生き生きしていたこと、アダムは世間知らずだったこと、そして母が父を撃ったことを話します。

父さんがひどいことをしたのかと聞くキャルに、保安官は父はケートに尽くしていた、「父は善人だと忘れるな」と答えます。

野菜を氷らせながら鼻歌を歌う父を、キャルは笑顔で見ていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『エデンの東』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『エデンの東』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1954 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

父の出荷するレタスの収穫を、きびきびと手伝うキャル。サリナス・バレー産レタスと書かれた列車が待っています。

父は器具を工夫して仕事するキャルを、よくやってくれてると労います。

アーロンの恋人のアブラが弁当を届けにやってきました。彼女はキャルに、父に愛されていないかもしれないという寂しさを話します。

13歳で母が死んでから父がすぐに再婚してから、誰もが憎かったと話すアブラ。だから新しい母の3千ドルのダイヤを川に捨てたと言います。

父は自分の寂しさに気づくかなかったが、父より大人になった自分は父を許したと言い、話したら気が楽になったとキャルに語ります。要するにいまは普通の父で、母は嫌いなのだと。

キャルのアイデア器具は盗んだ石炭落としだと知った父は、キャルを叱ります。

冷蔵レタス列車が出発しました。しかし、その後汽車が雪崩で立ち往生し、氷がとけて大損害となってしまいます。

父のために金を稼ごうと考えたキャルは、取引に詳しいウィルに会いに行きます。戦争が起これば豆が高騰すると知りますが、資金には5千ドル必要と聞かされがっくりするキャル。

キャルはケートに会いに行きました。彼女はキャルが息子と気づいていました。彼の本名を聞いて聖書にあるケイレブと知り、もう一人の息子アロンの名も知ります。

アロンは善人で、ケートには僕の方が似てると話すキャル。

息子たちの様子を聞いたケート。農場が嫌いだというキャルに同意し、5千ドルを貸してほしいという彼が、ウィルと組んで大豆取引をしようとしていることを知ります。

善人に金儲けは汚らわしいねと父を笑い、父を撃ったのは自分を家に縛るつもりだったからだと母は冷たく言います。

「私を自由にしようなんて無理さ。聖人づらをして、聖書を読んだ。お前にもわかるんだね、あの聖人ぶりが。私に似ているね。人を見る目があるんだ。」

ケートはウィルを来させるように言い、キャルに「憎めない子だよ」といって金を貸してあげました。寂しげな息子を追い出してから、苦しそうに顔をしかめます。

やがて、アメリカが第一次大戦に参戦。その頃は、誰もがすぐに終わると思っていました。アロンは戦争には絶対反対だと言って、パレードをにらみつけます。

キャルは豆を育て始めました。

その後、多くの戦死者が出始め、戦争は長引きます。農場に帰りたくなったと話すアダムは、金を心配していました。キャルは父を慰めます。

祭りに行ったキャルはからまれていたアブラを助け、アロンとの待ち合わせまで一緒に遊ぶことになります。

観覧車の中で、アブラはアロンの愛への不安を語ります。アロンの考える愛は清く正しいが、それだけじゃないはずだと。そして、自分がとても悪く思えて混乱すると告白します。

「母親の代わりに、彼は私を善のかたまりだと思ってる。彼が愛してるのは本当の私じゃない。私はそんな善人じゃない。」

自然にキスするふたり。アブラはアロンを愛してると言って泣きます。

ドイツ系移民のオルブレヒトが反独の人々に攻撃する中にアロンが巻き込まれているのをみつけたキャルは、彼を助けるために輪に飛び込みます。

保安官が現れたことで事態は収束。アロンはキャルとアブラが一緒にいたのを知って、キャルに八つ当たりしました。すべてお前のせいだと言ってつかみかかる兄を、助けようと思ったのにと言いながらキャルは殴りつけます。

アロンを殴ってしまったことに傷つくキャル。アブラはキャルに、観覧車でのことは忘れて、何もなかったことにしてほしいと言いました。

父の誕生日にサプライズで家をアブラと飾り付けるキャル。父へのプレゼントに大豆で成功して得た金をきれいに包んで嬉しそうに用意していました。

一方のアダムは、徴兵委員としての辛い業務に苦しんでいました。しかし、家族に祝ってもらえて喜びます。

そこでアロンが突然、アブラとの婚約を発表しました。何ものにも勝る喜びだと言ってアダムは喜びます。しかし勝手なことを言われて怒っているアブラは、アロンを振り払いました。

キャルからの金を見て驚いた父は、大豆で稼いだと聞いて金を返してこいと冷たく言います。アダムは戦争で金儲けした息子を許せませんでした。大嫌いだと言って泣きながらキャルは家を飛び出します。

キャルを慰めるアブラを、アロンが呼び戻しに来ました。「彼女に手を出すな。お前はずるい。悪人だ。昔からひねくれもので迷惑してきた。だが許してきた。」

その言葉を聞いたキャルは、面白いものを見せるから一緒に行こうと、悪魔のような声でアロンを誘います。「母さんはことによるとまだ生きてる。一度だけ真実を見るがいい。目をつぶるなよ」

母のもとへと兄を連れて行ったキャルは、挨拶しろといってアロンを母に向かって突飛ばしました。ひとりで家に帰ったキャルはアブラに言います。

「パパは母や僕を愛さない。自分の正しさを押し付ける。もうパパの愛はいらない。役に立たない愛だ。もうどんな愛もいらない。愛なんて損するだけだ。」

そこに保安官から、アロンが酔って暴れており、軍隊に入る気でいることが伝えられました。

アダムは慌ててアロンを駅に迎えに行きますが、アロンは窓ガラスに頭突きして血だらけになって笑いながら列車で去って行きます。

あまりのショックに卒中を起こした父は半身不随となり、いつ死んでもおかしくない身となってしまいました。

保安官はキャルに冷たく言います。「カインは立ってアベルを殺し、カインは去ってエデンの東、ノドの地に住めり。お前も去れ。」

キャルは彼の言う通りだと言って、よそへ行くことを決めます。

父に会いに行ったキャルは、謝って泣きながら部屋を出ていきます。甲高い声で話す不躾な看護婦は、アダムはもう長くないとアブラに話していました。

アブラが必死でアダムに呼びかけます。

「愛されないほどつらいことはありません。愛されないと心がねじまがります。彼を許せとは言いませんが愛を見せて下さい。でないと彼は破滅です。彼の心の鎖を解かなければ、彼は一生罪人です。助けてあげて。なにかを求めてあげれば、彼はあなたの愛を悟ります。愛のしるしを。」

そして、キャルにも言いました。「お父様のきもちも聞かず泣き暮らすの?手遅れになるまえにお父様と話すの。心に届く道を探して。今を逃したら最後よ」

キャルはふらふらと父の部屋へ戻り、自分は生まれつき悪い子だと考えてきたが本当は違う、父が言う通り人は自分の道を選べるし、道を選ぶことが人間の資格なんですねと必死で語り掛けます。

そんな中、看護師が現れ無神経にコーヒーの場所を聞きます。思わずキャルは「出ていけ!」と大声で怒鳴りつけました。

キャルの声を聞いた父が話し始めます。「キャル、頼みがある。」

驚いて父をじっとみつめるキャルに父は言いました。「あの女 看護師 我慢ならん 替えてくれ」

「僕も嫌いです」

父が続けて何かをささやく口元にキャルは耳を寄せます。聞きながらキャルは涙をこぼし、アブラに父の言葉を伝えます。

「看護師はいらないって。僕にここで看護しろって。この僕にだ。」

アブラにやさしくキスするキャル。それから彼は、父のベッドの傍らにイスを置いて座りました。

スポンサーリンク

映画『エデンの東』の感想と評価


(C)1954 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

伝説のスター、ジェームズ・ディーンの魅力

名作『エデンの東』は24歳で自動車事故で早逝した伝説的スター、ジェームズ・ディーンの映画初主演作です。

本作の後、『理由なき反抗』『ジャイアンツ』という名作に出演するものの、彼が生きている間に世に知られることはありませんでした。

劇中の青年・キャルは家族の愛に飢えた孤独な青年ですが、ディーンもまた父からは冷たくされ、母を早くに亡くして孤独な人生を送ってきました。シニカルで傷つきやすい青年・キャルは、まさにジェームズ・ディーンそのものだったといえます。

キャルはいつも正しい善人の父と、父によく似た双子のきょうだいのアロンと暮らしていました。自分だけが善人ではないことに苦しんでいた彼は、自分とよく似たどこか不良じみた母の存在を知り、彼女に似ているから自分は父に愛されないことに苦悩します。

母の手がきれいだったという父の言葉を信じて母の手をじっとみつめたり、父の誕生祝をサプライズでしかけたりと、キャルはねじまがった性格の裏に、実は子どものようにとても素直な面を持ち合わせています。

しかし期待を裏切られるとコントロールのきかないとてつもない激情にかられ、すべてを破壊してしまうのです。

最終的にはひどい形でアロンを母に再会させ、彼の心を打ち砕いて戦地へと送り込むことになり、ショックを受けた父は卒中で倒れます。

本作は聖書における「カインとアベル」の物語をベースに描かれています。彼らはアダムとイヴがエデンの園を追われた後に生まれた兄弟です。カインは嫉妬から弟アベルを殺し、それが人類初の殺人となりました。「エデンの東」というのは、カインが追放されたノドの地を指しています。

劇中では、父の旧友の保安官がこの聖書の話を持ちだします。なんの権利があってかキャルをカインだと裁き、遠くへ去るようにと冷たく言うのです。

ただ父やアロンから愛されたかっただけのキャルでしたが、その代償はあまりにも大きすぎるものでした。いつも必死で、泣きそうな顔をしているキャルの持つ、こわれそうな繊細さと激しさ。

ジェームズ・ディーンの抱く孤独と、作中のキャルの孤独がリンクして溶け合った、神がかった魅力を放つ永遠の名作となっています。

二人の天使の存在

キャルにとって天使のような役割を果たすのはアロンの恋人のアブラです。彼女は13歳で母を亡くし、その後父がすぐに後妻をもらったことから、愛情に飢えて育ちました。義母のダイヤの指輪を川に投げ捨てた経験を持つ、キャルの寂しさを一番理解している女性です。

キャルが感じるのと同様、アブラは善人すぎるアロンを前にして自分を悪人かのように感じるようになります。また、アロンの愛が偶像を愛するようなもので、本当の自分ではない存在に向いていることにも気づくのです。

戦争の影が落とされる中、キャルとアブラが心通じ合うようになっていく一方、アブラとアロンの関係は壊れ始めます。

善人であるはずのアロンは、突然アブラに断りもなく、父の誕生日に勝手に婚約を発表するという暴挙に出ました。ひどい方法で縛りつけようとするアロンに、アブラは消すことのできない不信感を抱くようになります。

アロンも自分が悪いことに気づいていたはずです。しかし、お前も結婚したいと言っていたじゃないか、お前がキャルと親しくするからいけないんじゃないかと、アブラに責任転嫁していたことでしょう。

昔から苦労かけられてきた弟・キャルに彼女をとられることは、彼にとっては耐えがたい屈辱でした。弟に対してだけはあまりにも傲慢だったアロン。聖人と呼ばれる側の人間の落とし穴が見事に描かれます。

キャルもまた、そのことを敏感に感じ取っていました。卑屈になって甘んじてきた彼が、最悪の形でアロンにマウントをとりにいきます。母と強引に再会させたのです。家族の心にも人生にも大きな傷を負わせてしまったキャルは、だれよりも自分自身を傷つけてしまいます。

前半ではただのお気楽な少女に見えたアブラが、劇後半では成熟した女性としてキャルと父アダムの通訳のような大切な役割を果たします。

作品として素晴らしいのは、もう一人堕天使のような白衣の看護婦をつかわしたことです。瀕死のアダムの担当になったのは、甲高い猫なで声を出し、苦しんでいる家族に無頓着にコーヒーや退屈しのぎの本を頼むなんとも失礼な看護婦でした。自分がみた患者はすぐに死ぬなんてことも平気でいう、看護師としての資質も危ぶまれる女性です。しかし、彼女は最後に正真正銘、父と息子の白衣の天使となります

「出ていけ!」と彼女を怒鳴りつけたキャルの声で、緊迫した重苦しい空気が一気に吹き飛び、表情のなかった父の口元に笑みが浮かびます。

「あの看護師は嫌い」というひとつの大きな意見の一致をみたふたりは、真の天使であるアブラの言葉に素直に導かれ、互いの胸にあった空洞を埋め合うのです。

不随になった体を持つ父の看病を申し付けられて、喜びにむせぶキャル。彼の父へのあまりにも深い愛情に胸打たれます。静かに心寄り添う父と子の部屋に漂う神聖な空気。

どうかこの二人の家にいつかアロンも帰ってきてほしいと心から願わずにいられません。

まとめ

聖書物語「カインとアベル」をベースに描かれた感動作「エデンの東」。観終えた後も、ずっとジェームズ・ディーン演じる青年・キャルの泣きそうで純粋な瞳が脳裏から離れない一作です。

愛とは何か、罪を犯すとは何なのかについて深く考えさせられます。父アダムと母ケートの結婚も離婚も決して間違ってはいませんでした。しかし、キャルを孤独に陥れ、アロンと分け隔ててしまう原因となったことは事実です。

どうしようもない出来事の中で子どもの心を守ることの難しさとともに、互いに一歩歩み寄ることでその苦しみから少しずつ解放し合えることを見事に映し出します。

アブラのような天使のような人間は果たしてこの世にいるのでしょうか。こんな素晴らしい人に少しでも近づける生き方をしたいと願わずにはいられません。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『パドルトン』ネタバレ感想と考察評価。ラストの意味や“おじさんたちボヤキやボケ”から学ぶ人生の愛おしさ

『パドルトン』に見るおじさんふたりの温かな友情 Netflixオリジナル映画の『パドルトン』は、余命わずかで安楽死を選んだ男性が、親友にその手伝いを頼むという一風変わったストーリー。ロードムービーの味 …

ヒューマンドラマ映画

映画『GAGARINE/ガガーリン』感想評価と解説レビュー。宇宙飛行士の名のついた公営団地取り壊しを阻止したい少年の奮闘劇

映画『GAGARINE/ガガーリン』は2022年2月25日(金)より全国ロードショー! 『GAGARINE/ガガーリン』は、公営住宅地を舞台に、一人の少年が友人らと自分の住む団地に持ち上がった解体計画 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アマンダと僕』ネタバレ感想と評価レビュー。ラストでテロによる喪失と向き合う少女の強さから学ぶ

消えない悲しみへの寄り添い方。 笑顔を取り戻す時まで。 パリに暮らす幸せな家族を襲った突然の事件。残された24歳のダヴィッドと、その姪のアマンダ、7歳。 大切な人を失った悲しみも癒されないうちに、厳し …

ヒューマンドラマ映画

映画『虹色デイズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星】

映画『虹色デイズ』は、7月6日(金)より全国公開! 水野美波の同題人気コミックの映画化した。佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星といった若手のホープが揃った男子生徒目線で描く学園ラブストーリー。 ま …

ヒューマンドラマ映画

映画『ミッション・ワイルド』あらすじとキャスト!オススメ評価は?

映画「メン・イン・ブラック」シリーズ、缶コーヒーBOSSのコマーシャルなど、日本で圧倒的な認知度を誇る俳優トミー・リー・ジョーンズ。 2017年10月に開催された東京国際映画祭では、コンペティション部 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学