Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『鉄道運転士の花束』あらすじネタバレと感想。結末で見せた“気難しく不器用”な父親の決断とは

  • Writer :
  • もりのちこ

鉄道運転士が乗り越えなければならない大きな障害とは?


定年間近の鉄道運転士イリヤは、これまで28人をひき殺した不名誉な記録の持ち主。

自分と同じ道を選んだ養子のシーマは、鉄道運転士が乗り越えなければならない障害に悩まされていました。息子を助けるために、イリヤはある行動にでます。

ブラックユーモアたっぷりのセルビア映画『鉄道運転士の花束』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『鉄道運転士の花束』の作品情報


(C)ZILLION FILM (C)INTERFILM
【日本公開】
2019年(セルビア・クロアチア合作)

【監督】
ミロシュ・ラドビッチ

【キャスト】
ラザル・リストフスキー、ペータル・コラッチ、ミリャナ・カラノビッチ、ヤスナ・ジュリチッチ、ムラデン・ネレビッチ、ニーナ・ヤンコビッチ、ダニカ・リトフスキー

【作品概要】
各国の映画祭で、作品賞や監督賞にとどまらず、いくつもの観客賞や映画館賞を受賞している映画『鉄道運転士の花束』。

バルカン(旧ユーゴスラビア地)の大スター、ラザル・リストフスキーが自ら製作、主演を果たし、こちらも同地域を代表する女優、ミリャナ・カラノヴィッチと共演しています。

監督、脚本は、カンヌ国際映画祭短編部門で審査員賞受賞経験を持つ、ミロシュ・ラドビッチ監督です。

映画『鉄道運転士の花束』のあらすじとネタバレ


(C)ZILLION FILM (C)INTERFILM
雄大な自然の中を走る赤い電気機関車。運転席には、頬杖をつく背広を着た紳士と、犬が一匹。

線路の前方にはロマの楽団を乗せたワゴン車が立ち往生しています。列車はそのまま突き進み、衝突してしまいます。砕け散る車、宙を舞う人間。6人の楽団員が亡くなりました。

運転士のイリヤは、これまで28名の殺人記録を残し、引退間近となった鉄道運転士です。

仕事仲間も皆、「俺たちに罪はない」そう思いながら、殺人記録を更新して一人前の鉄道運転士へと成長してきました。

イリヤは、花束を6個抱え、殺した楽団員の墓参りに訪れます。悲しむ家族の前を平然と「鉄道運転士です」と挨拶をし、花束を手向けていくイリヤに、遺族は激怒し追い返します。

感情を失くしたように、いつも不機嫌なイリヤにも、心の痛みを感じた時寄り添ってくれる友人がいました。心理カウンセラーのヤゴダです。

彼女とは限りなく愛情に近い友情関係で結ばれていました。その日もまた彼女の所を訪れ、しばし癒されるイリヤ。30年間泣かずにため込んできました。

その頃、10歳のシーマは、児童養護施設を抜け出していました。両親は飛行機事故で亡くなったと聞いていたシーマでしたが、実は段ボールに入れられ捨てられていたという事実を知りショックを受けます。

失意の中、線路の上をぶらぶらと歩き続けるシーマ。そこに、イリヤが運転する列車がやって来ます。

「どけ!ガキ」。イリヤはめずらしく列車を止めます。「何のつもりだ」。「死のうと思って」。

自殺志願の10歳の男の子を家に連れて帰るイリヤ。イリヤの家は使わなくなった列車を改造したもので、車庫のような場所に他の運転士仲間も同様に住んでいました。

施設には戻りたくないと言うシーマを、仲間の家族たちは優しく迎い入れます。こうして、イリヤとシーマの奇妙な暮らしが始まりました。

シーマは成長し、今日は鉄道学校の卒業式の日です。シーマは鉄道運転士を目指していました。

しかし、イリヤは「俺が生きているうちは絶対ダメだ」と大反対。卒業したシーマを電車整備士にと、別の町に住む知り合いに預けます。

イリヤがシーマを鉄道運転士にしたくない理由は、過去の辛い経験からでした。鉄道運転士は、人を殺す仕事です。イリヤの最愛の人も列車事故で亡くなっていました。

列車の整備と洗浄の日々に、くじけそうになるシーマ。そんな時、運転士のリューバ伯父さんの誘いで、列車の運転を試させてもらうことになりました。

喜んで試し運転をするシーマに運転をまかせ、リューバ伯父さんは運転席を離れます。加速するスピード、前方の信号は赤信号です。踏切にはトラックが止まっています。焦るあまり、ブレーキも効きません。

パニックのシーマは、イリヤに電話をかけます。イリアの慌てるなという声も空しく、シーマは運転席から外へと飛び出します。

幸いシーマの怪我は軽く、命に別状はありませんでした。イリヤはシーマを激怒し、誘ったリューバ伯父さんまで殴りつけます。イリヤはシーマを本当の息子のように思っていました。

「奴は強くならなきゃならん」。イリヤはシーマを自分の手で、立派な鉄道運転士に育て上げることを決意します。

以下、『鉄道運転士の花束』ネタバレ・結末の記載がございます。『鉄道運転士の花束』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)ZILLION FILM (C)INTERFILM
みごと、鉄道運転士になったシーマでしたが、一人前になるために乗り越えなければならない壁にぶち当たっていました。

音沙汰なしだったイリヤは188日ぶりに、シーマの元に顔を出します。運転席に座るシーマは、酒臭く寝不足で顔色が悪いようでした。

シーマはイリヤに不安をもらします。「僕は誰かを引かなきゃ。いつ飛び出してくるか不安で仕方ないんだ。助けて」。

カーブに差し掛かるたびにブレーキをかけ、停止ばかり。シーマは、時間通りに荷物も運べない状態でした。

「何人も引いてお気楽だね」。そう言うシーマに、イリヤは「救った命を忘れたのか?」と殴ります。どうにか、息子を救ってあげたい。

それを聞いたイリヤの友人・ヤゴダは「私にキスして。そしたら私が引かれるわ」と申し出ます。ヤゴダは親子のことを理解していました。

ヤゴダの申し出に彼女の愛を感じたイリヤ。彼女の命を失うわけにはいかない。イリヤは、自殺志願者を見つけます。

橋の上の線路に、いかにも疲れ果てた男を発見。近づき、「どうせ死ぬなら協力してくれ。愛する息子を救いたいんだ。明日のこの時間、線路に横たわっていてくれないか」。

無茶苦茶な申し出に、あきれる自殺志願者。交渉は失敗に終わります。

イリヤは最後の手段に出ます。自ら、トンネルを抜けた先の線路に横たわります。時計で時間を確認するイリヤ。

そこにシーマの運転する列車がやってきました。表情は暗く、焦点もあっていません。

その時、トンネルの手前の踏切でトラックが立ち往生しています。驚いたシーマは警報を鳴らし、ブレーキをかけます。しかし、時すでに遅し。

車は列車に引かれ、車の運転者が目に入ります。リューバ伯父さん!?砕け散った車からみても、もう命は助からないでしょう。

列車はその勢いでトンネルに入ります。抜けた先にはイリヤが、横たわっていました。

「キキィー」。列車はイリヤの手前で止まりました。奇跡です。運転席からイリヤを見つけ飛び出すシーマ。「パパ。引いたよ!」。「良くやった」。喜び合う親子。

シーマの運転する列車の客席に、イリヤとヤゴダの姿があります。「この列車は運転士に似て穏やかね」。ヤゴダも嬉しそうです。

俺と息子は2人で35人殺した。俺たちには罪はない。でもお悔やみを。今日も、2人の鉄道運転士の手には花束が握られています。

スポンサーリンク

映画『鉄道運転士の花束』の感想と評価


(C)ZILLION FILM (C)INTERFILM
これまで28名をひき殺してきた鉄道運転士イリヤ。彼は「僕に罪はない」と、死を割り切る人並外れた感覚の持ち主です。

踏切に止まる車に突っ込む時のイリヤの表情や、不気味なジョーク、ブラックユーモアあふれるセリフに最初は戸惑います。

しかし、そんな彼が大事な人にだけ見せる人間的な一面が、妙に心に染みるのです。

故意にではないけれど、人を殺してきたイリヤは、家族も作らず孤独な暮らしをしていました。

そんなイリヤが、シーマの命を救ったことで、「自分と同じ思いをさせたくない」と息子を心配する父親の気持ちを見せます。

最後は自分の命を投げ出してまで、シーマを立派な鉄道運転士に育て上げようとします。

また、シーマの存在はイリヤの閉ざしていた心を柔らかく開いていきます。気難しいイリヤが不器用ながらも父親として愛情を注いでいく姿に心が和みます。

そして、愛する人を失って心を閉ざしていたイリヤが、自分を理解してくれるヤゴダの気持ちに向き合うようになります。

イリヤは、多くの「死」に直面してきたにも関わらず、愛する人の死だけは乗り越えられずにいました。幻覚を見るイリヤの姿は、ひどく物悲しく映ります。

イリヤは「死」に慣れたのではなく、慣れざる得なかったのだと感じます。

まとめ


(C)ZILLION FILM (C)INTERFILM
鉄道運転士を取り巻く仕事仲間や友人、そして家族。「死」が付きまとう人生をブラックユーモアたっぷりに描いた映画『鉄道運転士の花束』を紹介しました。

線路は幸せを運んでくる、ごくたまに。

抱える多くの悲しみを花束に変えて、ほんの少しの奇跡を信じ、人生を前に進もう。きっとその先には、幸せを乗せた列車が待っていることでしょう

関連記事

ヒューマンドラマ映画

サイレント映画『サタンジャワ』上映日時と開催場所。「響きあうアジア2019」にて生演奏付きで魅惑に浸る

モノクロ世界に漂うジャワ島のサタンが、立体音響のなかで浮かび上がる 国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン共催「『サタンジャワ』サイレント映画+立体音響コンサート」につきまして、詳細 …

ヒューマンドラマ映画

映画『それだけが、僕の世界』あらすじと感想レビュー。パク・ジョンミンら俳優陣の演技力は必見!

イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』が、12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。 伝説的スターであるイ・ビョンホン、超大型の若手俳優パク・ジョンミン、ベテラン女 …

ヒューマンドラマ映画

ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでる。|あらすじネタバレと感想。鯨のまち太地町への愛に満ちた作品

連続テレビドラマ小説『とと姉ちゃん』や映画『空飛ぶタイヤ』に出演した矢野聖人が主人公太一役を演じ、映画初主演作となる『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでる。』。 クジラの町、和歌山県太地町での全編オ …

ヒューマンドラマ映画

映画『バイス』ネタバレ感想と評価。実話ゆえに国のリーダーを選ぶ真価を問う秀作

バイス=悪徳という意味!? まさかの実話。史上最強で凶悪の副大統領。 主演クリスチャン・ベール、監督アダム・マッケイ、製作ブラッド・ピット、『マネー・ショート華麗なる大逆転』チームが再集結です。 大統 …

ヒューマンドラマ映画

『パパはわるものチャンピオン』ネタバレ感想。プロレスラー棚橋弘至ファン目線で解説

怪我のため、トップから転落し悪役に転身したレスラーと、その家族の物語を描いた映画『パパはわるものチャンピオン』。 家族をテーマにした作品ですが、1人のレスラーの生き様を描いた映画として、非常に見応えの …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP