Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/04/30
Update

ろんぐ・ぐっどばい(森岡龍主演)あらすじ!元ネタ映画ネタバレも

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

森岡龍は俳優として、NHK朝ドラ『あまちゃん』や『ごちそうさま』に出演をきっかけに一躍人気者になりました!

また、森岡龍は2017年5月20日に公開される『ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助』で主演を務めています。

今回は間もなく公開されるこの作品と、それに関連したロバート・アルトマン監督の『ロング・グッバイ』を合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
いまおかじん

【キャスト】
森岡 龍 蜷川みほ 手塚真生 水澤紳吾 松嵜翔平 伊藤清美 諏訪太朗 松本妃代 コアブ(猫)

【作品概要】
いまおかしんじ監督は、2012年に公開された山下敦弘監督の『苦役列車』の脚本を務め、また、2016年に公開された『あなたを待っています』で注目を集めた監督です。

この作品は、いまおかしんじが大胆にロバート・アルトマン監督の代表作『ロング・グッドバイ』をアレンジしたオマージュの探偵ハードボイルド映画。

脚本は『マリア狂騒曲』の川崎龍太と、『さよなら歌舞伎町』の中野太。撮影は『ジェリー・フイッシュ』の鏡早智、録音は『まんが島』の弥栄裕樹。

2.注目度2017年No.1と呼ばれる森岡龍のプロフィール


ブレス HPから

俳優の森岡龍は1988年2月15日東京都出身。2004年に映画『茶の味』でスクリーンデビューを果たし、2005年に話題作としてヒットした『亡国のイージス』に出演。

2013年にNHK連続テレビ小説『あまちゃん』にレギュラー出演したことで人気に火が付き、2017に綾野剛主演で話題を集めたテレビドラマNTV『フランケンシュタインの恋』にもレギュラー出演。

2017年現在までに多くの映画・TVドラマに出演して俳優の幅を着実に積み上げてきました。

また、森岡龍はマルチな多才ぶりは、大学生の頃から制作している映画監督作品は、ぴあフィルムフェスティバルで入選するなど、俳優としてだけではなく映画監督にも関心があるようです。

2016年に彼が主演を果たした映画『エミアビのはじまりとはじまり』が公開され、その関係から『M-1グランプリ』にも出場するなど幅広い活躍が目立つ俳優です。

森岡龍の主な出演作品

2006年 『Sea of Dreams』佐藤太監督作品
2010年 『クリスマスの夜空に』宇賀那健一監督作品・『君と歩こう』石井裕也監督作品
2011年 『見えないほどの遠くの空を』榎本憲男監督作品
2012年 『豪速球』土屋哲彦監督作品
2014年 『青の光線』西原孝至監督作品
2015年 『ツチノコに合掌』池田将監督作品
2016年 『エミアビのはじまりとはじまり』渡辺謙作監督作品
2017年 『地の塩 山室軍平』東條政利監督作品
    『ろんぐ・ぐっどばい 探偵古井栗之助』いまおかしんじ監督作品
    『密使と番人』三宅唱監督作品・『最低。』瀬々敬久監督作品
2018年 『榎田貿易堂』飯塚健監督作品

2017年は、森岡龍の主演作品も多く、注目間違いなしの俳優のひとりに挙がっているようです。今年の森岡龍の活躍に目が離せませんね。

スポンサーリンク

3.映画『ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助』のあらすじ


(C)日本スカイウェイ

幼い頃に施設育ちの古井栗之介は今では雇われ探偵稼業。

育ての親である今日子から裏社会の危険な仕事を紹介してもらい、どうにか生活を食い繋ぎ生活をしています。

ある日、栗之介は元カノの女医ゆかりに衝撃の事実を告白されてしまう。

その矢先、自殺した娘柚子に盗まれた500万円を探してほしいという会社社長からのキナ臭い依頼が舞い込んできます。

栗之介は正体不明でギャンブル好きのオカマにストーキングされながらも柚子の身辺を調査をしていくが…。

栗之介が告げられた衝撃の事実とは何か?また、迷宮入りした難事件を栗之介は解決することができるのか?

3.ロバート・アルトマン監督の『ロング・グッドバイ』とは?

いまおかじん監督のリスペクト映画『ロング・グッバイ』!

【公開】
1974年(アメリカ映画)

【監督】
ロバート・アルトマン

【キャスト】
エリオット・グールド。スターリング・ヘイドン、マーク・ライデル、ヘンリー・ギブソン、ニーナ・バン・パラント

【作品あらすじ】
私立探偵フィリップ・マーロウはメキシコに向かう友人ハリーを自動車で送りに行きました。しかし、その翌日に警察に身柄を拘束されてしまいます。

その理由はハリーの妻の命が奪われたことでした。だが、今度はメキシコでハリーが自殺したことが伝えられ、マーロウは無事に釈放。

その後、マーロウはアイリーンという女性から作家である夫を捜してほしいと依頼が舞い込みますが…。

映画ファンに愛される鬼才ロバート・アルトマン監督


(C)2014 sphinxproductions
レイモンド・チャンドラーの最高傑作として知られるハードボイルド小説「長いお別れ」を、鬼才ロバート・アルトマンが映画化に挑んだ作品です。

監督アルトマンと俳優エリオット・グールドの華麗なるコンビがそれまでにはない独特のマーロウ像を生み出した作品として愛されている映画です。

日本公開されたのは1974年のことですから今から40年以上前。いまおかじん監督と俳優の森岡龍が大胆にこの映画をアレンジしながらもオマージュを捧げたことに注目したいです。

ぜひ、2作品を比較して観ることで、いまおかじん監督とロバート・アルトマン監督の男の人生観を深掘りをしてみたいですね。

また、鬼才ロバート・アルトマン監督をよく知らないあなたや興味を持たれた方にお薦めしたい映画があります。

2015年に日本公開された『ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男

『M★A★S★H マッシュ』『ナッシュビル』など、様々なジャンルで代表作を残し続けてきた、“アメリカ・インディペンデント映画の父”とも呼ばれたロバート・アルトマン監督。

ハリウッド映画製作システムと対峙して戦いながら、自由な作風で多くの映画人に尊敬をされ、観客に愛されたアルトマン監督の実像に迫ったドキュメンタリー。

アルトマン作品には欠かせない俳優エリオット・グールドや、晩年のアルトマン監督と師弟関係でもあったポール・トーマス・アンダーソンたちの証言を記録しています。

また、アルトマンが家族を撮影したプライベートのホームムービー、さらにはアルトマン監督の肉声からアルトマン作品の裏側とロバート・アルトマンの監督人生を描いた作品。お薦めしたい1本です!

スポンサーリンク

まとめ

2017年に注目したい俳優の森岡龍が、エリオット・グールドが探偵マーロウに挑んだように、探偵の古井栗之助をどのように演じてくれるのかとても楽しみです。

また、森岡龍はこの作品の主題歌も歌っています。そこにも要注目ですよ!

東京のユーロスペースでの公開は、5月20日〜6月2日。初日舞台挨拶は22:20から予定されています。

また、愛知の名古屋シネマテークと大阪の第七藝術劇場での公開は、6月3日〜6月9日。詳しくは各劇場へお問い合わせください。

ぜひ、短い期間での順次公開のため、劇場で観られる貴重な機会の『ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助』をお見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ハクソー・リッジ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

俳優としても有名なメル・ギブソンが10年ぶりに監督した作品です。 日本での公開は6月24日予定ですが、沖縄戦を舞台にしたこの戦争映画はアカデミー賞など様々な賞にノミネートされた話題の映画です。 『ハク …

ヒューマンドラマ映画

映画『帰れない二人』ネタバレ感想とレビュー評価。ジャジャンクーが描く時代が生んだ悲劇

激動の時代を生きた男と女の18年間。 変わりゆく生活の中で変わらぬ思いとは。 2018年製作、中国・フランス合作映画『帰れない二人』は、中国の激動の時代を生きた男と女の18年間を描いた人間ドラマ。 2 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハニーボーイ』レビュー評価と意味解説。ルーカス・ヘッジズがラブーフの現在の姿を演技力で体現

映画『ハニーボーイ』は2020年8月7日(金)よりロードショー。 人気子役からスター俳優への階段を駆け上がったのち、飲酒などのトラブルで世間を騒がせたシャイア・ラブーフ。 ラブーフが、そんな自分自身を …

ヒューマンドラマ映画

映画『虹色デイズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星】

映画『虹色デイズ』は、7月6日(金)より全国公開! 水野美波の同題人気コミックの映画化した。佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星といった若手のホープが揃った男子生徒目線で描く学園ラブストーリー。 ま …

ヒューマンドラマ映画

野外映画ねぶくろシネマ2017柏の葉T-SITE・雨天の場合は?

夏休み最初の週末2017年7月22日(土)に、野外映画ねぶくろシネマ@柏の葉T-SITEで『ヒックとドラゴン』を無料上映されます。 「映画×ファミリー×アウトドア」をキーワードにピクニック気分で映画が …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP